« アメリカNo.1ヘルスリゾート訪問記(1) | トップページ | アメリカNo.1ヘルスリゾート訪問記(3) »

アメリカNo.1ヘルスリゾート訪問記(2)

キャニオン・ランチのあるニューイングランド地方について、ちょっと雑談です。

このキャニオン・ランチの近くにバーモント州というところがあり、私はそこに留学してました。そう、ハウス・バーモント・カレーのバーモント州らしいです。でもバーモント州にカレーはないのになぜ?それは、昔、ハウス食品の社長さんが、バーモント州を訪れて名産のリンゴを食べたそうです。そして日本に帰国して、

「新製品のカレーの味をまろやかにするためリンゴを入れよう。さて新商品の名前は、リンゴと蜂蜜とろ~りとけてるから、そうだりんごといえばバーモント。バーモントカレーだ!」
となった、という噂が日本人留学生の間で流れてました。

バーモント州やキャニオン・ランチの周辺は、ニューイングランド地方といって、

スキー場や牧場、メープルシロップの森などがあり、自然あふれるアメリカ人の憧れのカントリーエリア。ニューヨーカーやボストニアンが、冬にスキーにいくスキーのメッカでもあります。私が訪れた今年の3月でも、雪が20cmほど積もって、「雪の上を歩くウォーキング」というエクササイズもありました。

日本のスキー場につきもののカレーはもちろんありませんが、そのかわりスキー場に必ずあるのが、チリコンカンといわれる豆とひき肉を赤いチリペッパーで煮込んだ料理。辛いものが苦手なアメリカ人にしては珍しいメキシコ料理です。やはりスキーをして冷えた体を辛いものであっためたいのですね。私はUSのスキー場は50ヶ所以上いっていますが、どこにでも必ずありました。

辛いものはからだをあたため、代謝を上げて、やせるのにも効果あり。そのうち、ローカロリーな辛いものレシピもアップしますのでお楽しみに。

4月 20, 2004 72  旅先別(海外) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/469249

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカNo.1ヘルスリゾート訪問記(2):

» ワシントンでバーモント・カレーを食べる トラックバック WASHINGTON 通信
 昨日から妻がイスタンブールへ出張のため、これから約2週間はシングル・ファザーということになります。ということで、昨夜の夕食は僕がハウス食品の「バーモント・カレ... 続きを読む

受信: 2004/05/18 0:58:26

コメント

VEGAさん、

コメントありがとうございます。ブログコンサルタントを名乗るお方を発見したのでそのお力を借り、試行錯誤でブログをリニューアルしています。

ブログについて女性の友人から「教えて」の声も増えてきたので、今度、女性向けに「3時間で立ち上げるおしゃれなホームページ(ブログ)セミナー」も企画中。このサイトでもそのうちお知らせしますので、ご興味があれば見てくださいね。

投稿: 桜子(管理人) | 2004/04/27 4:07:56

本格的なホームページに変貌中!訪問するたびにリニューアルされていてこれからがとても楽しみ。きれいな写真をたくさんUP‐LOADして見せてくださいませませ。VEGA 

投稿: VEGA | 2004/04/26 23:19:53

はじめまして。トラックバックありがとうございます!
なるほど、Vermontといえば、林檎の産地でしたね。
林檎といっても「青森カレー」では新味がないし。
バーモントに目をつけた社長さんの慧眼ですね。

投稿: snow_ny | 2004/04/21 2:12:27

コメントを書く