« アメリカNo.1ヘルスリゾート訪問記(2) | トップページ | ダイエットの右腕、愛するキッチン用品たち »

アメリカNo.1ヘルスリゾート訪問記(3)

「お金持ち用のリゾートやスパがたくさんあるアメリカで、なんでここがそんなに人気なの?」

キャニオン・ランチで友達になった、旅行三昧の引退暮らしをしているお金持ちのアメリカ人マダムに聞いたら、彼女は見事に一言で答えてくれました。
「ここは【健康がテーマの、大人のディズニーランド】ね。」

さらに一気に続けて、
「ここでは、自分の(ココロとからだの)ことだけ考えていられて、自分を大切にすることだけに集中できるの。私は「癒し」が売りの、日本の“ユフインオンセン”(由布院温泉のことらしい)にも行ったけれど退屈したわ。私は豪華なリゾートでだらだら休んでいるだけの癒しには飽きたの。エキサイトメント(楽しみ)が必要なのよ。

ここでは自分の美と健康を向上させるためのいろんなプログラムがあって、1日中わくわくと楽しめる。普通のリゾートや旅行と違って、旅行友達を探したり計画したりチップに頭を悩ませずに済む。思い立ったときにひとりでこれて楽しめて、しかもキレイで健康になれるなんて最高じゃない?」

つまりここの特徴をまとめると、
1.【健康(ウェルネス)】に徹底的に特化したコンセプト: 
単なる「癒し」を超えて積極的に健康になれる「ウェルネス」へと、ライフスタイルまで変えられる、というのがうたい文句。わかりやすく健康といっているが、実質は美、健康、楽しさの美健楽(ウェルネス)を追究している。

2.医学から美容まで、からだとココロの【総合的サポート】: 
からだとココロの美と健康のプログラムが充実していて、料金に入っている。お医者さんから栄養士、精神療法士、フィットネストレーナー、ヨガトレーナー、エスティシャン、はては占い師さんまで、220人のゲストに対して770人のスタッフが、よってたかってアドバイスしてくれる。

3.【ウェルネス(美健楽)ライフのためのやる気付け】:リゾートで楽しんで終わり、ではなく、自宅でも実践できるウェルネス(美健楽)の方法を勉強できたり、自分の生活全体を美健楽にしようというやる気を起こさせてくれる。具体的には、「スーパーでの美味しくてよい食品の選び方」「禁煙やチョコレート依存症を直す方法」などを教えてくれ、自宅に帰っても電話アドバイスでフォローしてくれる。

ということ。最近日本の「癒し」に物足りなくなっていた私は、これだ!と思ったのでした。

いま日本で「癒し」のリゾートといえば、温泉のある離れの一軒宿でのんびりお湯に浸かって、夜は贅を尽くした懐石料理とお酒が定番。まあそれも好きなんだけど、こんな「癒し」じゃまずやせられないし、思いっきりご馳走を食べたあとはひとまわり大きくなった自分のおなか周りが重くて、罪悪感もあって、気分悪い。美健楽、つまりきれいで健康になれて気分も楽しくなることを目指す美健楽ダイエッターには、ちょいと違うなと思っていたのです。

美健楽というのも、実はウェルネス(Wellness)の日本語訳として私が考えついたもの。ウェルネスとは、直訳すると「(自分の)すべてがよいこと」、つまり「からだとココロのトータルな美と健康を目指す」、という意味。直訳するとわかりにくいので、美健楽という漢字をあててみました。私は元々健康だったので健康には特に興味なかったけど、

【美】キレイになることと美味しいものが好き
 ↓
【健康】本当にキレイになるには、美味しくてからだによいものを楽しく食べて、からだの内側から健康になることが必須条件 
 ↓
【楽(ココロ)】さらにキレイで健康な人でも、ココロが楽しくなければストレスでどか食いしたり、生きがいをなくして健康を損ねてしまう

という風に、美健楽は1セット、トータルで大切なのね、と大病をして気づいたのでした。このバランスが取れていないひと、不健康に肌の荒れた美人女優とか、健康オタクだけど外見にかまわないエコロジストおばさんとかは、やはり本当にキレイではないなと、私は最近感じます。

ということで、前置きが長くなってなかなか実体験リポートにたどりつかずすみません。PCからの写真のアップロードの仕方がよくわからないので、キャニオン・ランチの写真が準備できてないというのもあるんですが。次回以降は、ウェルネス、(美健楽)の最新ノウハウ満載の、US No.1ヘルスリゾート、キャニオン・ランチの実体験リポートにたどりつけるよう頑張ります。(だれかココログのPCからの写真のアップ方法を教えて~。携帯からはできるんだけどね。)

4月 21, 2004 72  旅先別(海外) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/471416

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカNo.1ヘルスリゾート訪問記(3):

コメント

コメントを書く