« 低カロリーな美味アイスクリーム | トップページ | カスピ海ヨーグルト最新作レシピ »

ダイエット料理を助けるキッチン器具比較(2)

前回に続いてキッチン器具比較です。今日は【選び方、使いこなしのコツ】です。私のキッチン器具たちの使い方は、【野菜仕事】と【グルメ仕事】に分かれます。

【野菜仕事】とは、週に1回とっている有機野菜・果物の宅配にあわせて、2~3時間かけて、まとめて下ごしらえをすること。ミキサー、ハンドミキサー、フードプロセッサー、ジューサー、ミルサーを、使い分けます。まとめて作って小分け冷凍・冷蔵しておくので、毎日の食事のしたくはは15~30分で済みます。「時間と手間の、週1貯金」というわけです。

VegiShigoto【写真】水菜のペースト、玉ねぎのみじん切りなど、「野菜仕事」が終わったあと冷蔵庫にストックされた有機野菜たち

【グルメ仕事】とは、そのキッチン器具でしか作れない、外食では食べられない、美味しヘルシーなものをつくること。例えば、●ジューサーでの生姜紅茶のための生姜キューブ(氷)作り、
●ハンドミキサーでの練り白ゴマ作り、
●フードプロセッサーでつくる天然酵母のスコーン、
●フードプロセッサーでひき肉から作る鶏肉だんご、
●ミルサーでの粉だしのまとめ作り、
などがあります。

市販品とは香りと味が段違いなので、わざわざ手作りにする価値があります。私は基本的におうちゃくな性格なので、手作りなんて面倒なことはいや。でも、天然酵母パンのしみじみ~とした焼きたての美味しさを提供してくれるお店が近所にないので、3日かけてパンを焼きます。そんなグルメな動機で行う仕事です。

この2つの仕事を楽にやるためにキッチン器具が必要なのですが、1~4万円はする結構お高いお買い物。失敗買いや使わなくなっちゃったということがないように、賢い選び方と使いこなし方を徹底研究しました。

【失敗しない選び方】

1)自分が第一になにをしたいかという主機能や、その器具でしかできない機能に絞って選ぶ

2)ミキサー、FP、ミルサーを兼ねるバーミックスは、少人数用(1-2人分)、キッチン器具ビギナーには、便利でお勧め。(ただし、使いこなしにコツがいるので、セミナーやビデオが必要。)

私もハンドミキサーのバーミックスは購入してから2年間、使いこなせずにほったらかしでした。説明書どおりにしてもうまくできなかったのです。バーミックスの輸入・販売店のチェリーテラスが代官山の本社でセミナーをしていることを知り、直接使い方のコツを習ったことで、使いこなせるようになりました。使い方のビデオ(チェリーテラスで販売)をみたり、使いこなしている人に直接コツをならったりしないと使いこなせないと思います。

3)ジューサー、ミルサーは用途がかなり限定的なので、頻繁、大量に必要でなければ、手、おろし金、ガーゼ、すり鉢で代用する。大量に必要になってきたら、購入を検討する。

4)洗うのが簡単というのは、使わなくなるかのポイントなので一番重要

店頭で実物をみて、実際に洗う状態にばらして確かめましょう。私は、外国製のデザインが美しいミキサーとかに興味がありましたが、実際に触ってみると重すぎ、かつ洗いにくくて、購入をあきらめました。

5)買うときは、店頭で実物をみて確かめ、でもネット通販や通販、テレビショッピングで買うのが安いことが多いです。(お店の方ごめんなさい)

私はかなり値段チェックして買うのですが、ネット通販の【厨房屋】さんか【価格コム】といった価格比較サイトで調べて安いところで買うことが多いですね。ネット通販だと、新商品以外は希望小売価格の20%オフは当たり前って感じです。テレビショッピングでは時々やけのように安い値段でているので、衝動買いではなく「欲しいと目をつけていた機種」が出ていればお買い得です。

【しまいっぱなしにならない使いこなし方】:

1)その器具でなにをしたい、その器具で作ると市販品よりとても美味しいという、得意手作りメニュー・レシピを持っておく。

例えば、ジューサーで人参、生姜の絞り汁を氷(アイスキューブ)にする、フードプロセッサーで玉ねぎの大量みじん切りやささみのひき肉作り、などです。

2)使うときは一度に大量に作って、小分けして冷凍しておく。

冷凍時は、冷凍ナイロンバッグやサランラップ、耐熱ガラス容器にいれます。冷凍ナイロンバッグのコツとして、大きめのものを買い、中身を少なめにいれて2つか4つ折にしておきます。こうすると、使うときに1ブロックづつ使えるし、ひとつひとつラップで包まなくて済んで便利です。

3)棚にしまいこまず、すぐ使えるように出しておく

Concent私はひとつのオープン棚にまとめておき、その棚から動かさずにそのまま使えるように配置しています。(以前の記事【ダイエットの右腕、愛するキッチン用品たち】に棚の写真があります)またコンセントの抜き差しが面倒なので、写真のように、電気代も節約できるスイッチ付の特殊なコンセントを使用しています。

4)使ったらすぐ洗う。でないと、こびりついてたいへんなことになり、二度と使う気にならない。

日本人は器用なのでなんでも手でと頑張りがちですが、手先があまり器用でなく大量調理する欧米の主婦はこうしたキッチン器具が大好き。だから機能的かつデザインがよくて、長く使えるロングセラーのキッチン器具は、クイジナートやバーミックスのように欧米の輸入品が多いです。私も欧米の友人たちからのクチコミで、こうした器具を知りました。

また、日本人でもお料理好きな人たちや有名シェフは、こうした人気キッチン器具を使っています。なんでも手で、器具を使うのは手抜きと頑張るのは、時代遅れ。自分に本当に必要なキッチン器具と手をフレキシブルに使い分けて楽に料理をするのが、ヘルシーな食生活を続けるコツです。


この記事がお役に立ったり、面白かったりした方は、

下記のURLをクリックして、応援よろしくお願いします。
【人気blogランキング】 http://blog.with2.net/link.php/2747

5月 12, 2004 32 厳選キッチン用品 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/573492

この記事へのトラックバック一覧です: ダイエット料理を助けるキッチン器具比較(2):

» 野菜漬け トラックバック southern palace**blog
大量の野菜をネットで購入した!!大きなダンボール1箱分と言う無謀で大量の野菜は冷蔵庫に収まりきらずみなみを悩ませた。 続きを読む

受信: 2005/07/21 6:48:30

コメント

コメントを書く