« -----------------------☆----------------------- | トップページ | 美健楽的ベランダ・ガーデニング(3) »

美健楽的ベランダ・ガーデニング(2)

今日は、グリーンの選び方。ガーデニング初心者の頃は、とりあえずハーブの本をみて、初心者に育てやすいものを選んでまず植えていました。ところが、バジルなんか茂りすぎて花が咲いてしまっても、使い方やレシピが分からない。慌ててバジルペーストとかを本をみて作ってみたけど、口に合わなくて全部捨てたり、無駄だらけ。その経験からいろいろ学びました。手入れが楽なのは当たり前。そのほかに、ハーブの本とは違うこんな基準で、グリーン・ハーブを選んでいます。

Hiyajiru1.JPG【写真】今日は夏のように暑かったので、今年初収穫の青じそものっけて【宮崎風冷や汁】を作りました。その他の具は、味の干物を裂いたもの、新玉ねぎを水にさらしたもの、きゅうりの塩もみ、歯ごたえのアクセントにとんぶり。冷たく冷やした白味噌の味噌スープをかけて、お茶漬け風に頂きます。夏は食欲なくてもこれならいける!という、夏バテ対策食です。

【美健楽ダイエット向きグリーンの選び方】

1フレッシュ(生の取れたて)ならではの美味であること;

フレッシュなほうがドライより数段美味しいハーブで、これでなければという美味しいレシピを持ちます。例えば、フレッシュ・バジルならではのトマトとバジルのパスタやディル入りオムレツ。シンプルなレシピほど素材のフレッシュさが強調されて美味しいです。

2自分の「好き」な香り効果があること;

自分の好きな香りを持ったハーブを選ぶこと。私の場合、青しそ、香菜(シャンツァイ、パクチョイ)、ディルなど。

日本料理は素材の新鮮さを追求するあまり、ハーブの複雑な香りを避けている気がします。しかしハーブの香りは薄味を補い、食欲・空腹感を満足させてくれるダイエット効果が高いよう。洋ハーブはもちろん、和ハーブ、アジアン・ハーブなどからも、好きな香りのハーブを選びましょう。

3自分がたくさん使うもの;

ガーデニングを始める前に、まず自分の好きなハーブ・ダイエットレシピを見つけましょう。ドライハーブやフレッシュハーブを購入してこのダイエットレシピを作ってみて、大量に使うようになったらベランダ・ガーデニングで育てることを考えます。

ハーブ・ガーデニングは「少しだけ使えて便利」とよく言われますが、少ししか使わないネギなどは、安いときに大量に買って冷凍したりドライもので十分。また、よく使い方を知らないハーブを植えても、使いようがなくて無駄です。

4自分がいい想い出のあるグリーンを選ぶ:

私の場合、南フランスのイメージのオリーブ、アメリカの美味しいブルーベリーマフィンのイメージのブルーベリーの木を植えています。それらを見るたびに旅先でのいい想い出が蘇り、リラックス効果倍増です。
5みてくれが美しいこと:

最近節約ばやりなので、ガーデニングというと、ねぎの根元を植えたり、キャベツの芯を水栽培したり、というTV番組がよくあります。これは便利で経済的なのかもしれませんが、所帯じみていて美的ではないので私はやりません。ココロが貧乏くさくなるのは避けましょう。

この次は、いよいよ実践編。
【美健楽ダイエットお勧めグリーン・リスト】
【美健楽ダイエット的手抜きガーデニングのコツ】
あと、
【美健楽ダイエット・ハーブ・レシピ】
です。

この記事がお役に立ったり、面白かったりした方は、

下記のURLをクリックしてください。応援よろしくお願いします。
【人気blogランキング】 http://blog.with2.net/link.php/2747

5月 30, 2004 31 レシピ(その他) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/680572

この記事へのトラックバック一覧です: 美健楽的ベランダ・ガーデニング(2):

コメント

コメントを書く