« グルメ&ダイエットな食生活 | トップページ | 豆乳カスピ海ヨーグルトの裏技(1) »

お酢のダイエット・レシピ

生姜紅茶にブレンドしているお酢、【奄美のかけろまきび酢】についてご質問をいただきましたのでそれを含め、【我が家のお酢コレクションと世界で集めた美健楽レシピ】をご紹介します。

実は私は、日本の一般的なお酢がちょっと苦手。からだに良いというのでいろんな種類を試してきましたが、ツーンときてほかのすべての味を隠してしまうようなきつさが嫌なのです。でもロンドンに住んでいたときに、イギリス名物フィッシュ&チップスにたっぷりのお酢と、塩を少々かけて食べるおいしさに感動。海外では日本と違って、そのまま飲めるくらい柔らかい酢が主流のようですね。それ以来、

1)薄めずに使える柔らかい酢、
2)すっぱいだけでなく複雑な深みのある味
3)ミネラル分の多い天然醸造酢
にこだわって集めています。以下、写真と美健楽レシピです。

VineggarCollection.jpg【写真】我が家のお酢(ビネガー)コレクションです。奄美のかけろまきび酢、紅玉梅酢、6年物のバルサミコ酢、赤と白のワインビネガー、後左端は酢ではないですが沖縄のシークァーサー(ひらみレモン)

【奄美のかけろまきび酢】

生姜紅茶レシピのところでもご紹介した、【奄美のかけろまきび酢】は、奄美諸島の加計呂間島で、さとうきび100%から作られた天然醸造酢です。グルメショップの成城石井で3800円くらいで売っています。(小さいサイズは1500円くらい。)特徴は、

1)原料がさとうきびなのでほんのり黒砂糖風味、
2)そのまま飲めるくらいまろやかで深みのある複雑な味、
3)ミネラル分が多い割りに塩分が少ないので健康的

これのレシピは、
● 同じ原料、出身地同士なので、黒糖生姜紅茶に入れるのに相性ぴったり
● そのまま水やお湯で割ってはちみつを入れると、脂っこいものを洗い流してくれるさっぱりドリンク
● まろやかなのでそのまま食べ物にかけても美味しい。お刺身や焼きそばなどにかけるとさっぱりとして旨みが増します

【6年物のバルサミコ酢】

バルサミコもずっと苦手で、10種類以上を買っては試し、あまり使えずに捨てました。これはやっとめぐり合えた、好みにあった味。代官山のチェリーテラスで最近売り始めた廉価版の6年もので2000円くらい。バルサミコって25年ものとか古くなればなるほど、赤ワインのように複雑味が増して、おいしく高級とされます。が、私は6年ものくらいのほうが適度な複雑味で食材とあわせやすいと思います。

特にこれにお勧めのレシピは、【苺のバルサミコ漬け】。苺を洗って半分に切り、バルサミコ酢をかけるだけ。ちょっと時間を置いて冷蔵庫でマリネするとより美味しい。砂糖を入れずとも、苺の甘酸っぱさとバルサミコ酢が意外にマッチします。

【赤と白のワインビネガー】

これはサラダのドレッシング用。生野菜はからだを冷やすので、普段は温野菜しか食べません。ですがフランスでとてもおいしいサラダ2種に出会ったので、そのドレッシングを再現してホームパーティ用に時々作ります。

1)ニース風(南仏)サラダ: ドレッシングは、アンチョビ(缶より瓶詰めが美味しい)を包丁でたたいて細かくしたもの、レモン汁、オイル、白ワインビネガー、塩、胡椒を好みで適当に混ぜる。具は、南仏らしく、オリーブ、トマト、ゆでたポテト、ゆで卵、レタスなど。(詳しいレシピはここ。)


2)リヨン風サラダ: フランス第2のグルメの都、リヨン。ちょっとカロリー高めですが、ドレッシングは、かりかりに焼いたベーコンみじん切り、赤ワインビネガー、マスタードと塩、胡椒を適当に混ぜる。具は必ず必要なのがポーチトエッグ(半熟卵や温泉卵でもOK。温かいこと)。あとレタスなど。(詳しいレシピはここ。)

【紅玉梅酢】

料理好きの私は、マクロビオティック料理法もちょっとかじっていて、そこのお勧めのお酢として通販で買いました。これは梅酢ドリンク(酢を冷水で薄めて、好みで蜂蜜などを入れる)や、きゅうりなどの淡色野菜を漬物器で漬けるときに自然海塩といっしょに入れるとおいしいです

【番外:沖縄のシークァーサー(ひらみレモン)】

すっぱさ調味料のひとつ。輸入レモンは防カビ剤などが心配なので、レモンは国産を使います。なかでも沖縄の姉のところに遊びに行ったときにシークァーサーを食べ、その柔らかな味が気に入りました。最近の沖縄ブームのおかげで、グルメショップや通販でも手に入ります。これと鹿児島の焼酎で、「南国つながり」の極上チューハイを作って飲んだりします。(やはり酒飲み)

お酢は苦手、あまり好きではないと言いつつ、結構持っていますね。お酢のおいしさに目覚めさせてくれたイギリスのフィッシュ&チップスの、お酢と揚げ油の混じった美味しさをヘルシーに再現したいと思っているのですが、揚げ物だけになかなか難しい。今度イギリスに行くときに、お酢を買ってきて研究してみます。


この記事がお役に立ったり、おもしろかったりした方は、
下記のURLをクリックして、応援よろしくお願いします。

【人気blogランキング】 http://blog.with2.net/link.php/2747

5月 5, 2004 30 レシピ(水・飲物系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/539652

この記事へのトラックバック一覧です: お酢のダイエット・レシピ:

» 夏はダイエットをしてはいけない? トラックバック アーユルヴェーダ
夏って肌の露出をする時期ってこともあり、とかく女性はダイエットを考えますよね?それでやっぱり運動しかない!って運動をしてみる。すると汗だくでげっそり。やせたはい... 続きを読む

受信: 2004/07/20 8:29:56

コメント

フィシュ&チップスのお酢は、天ぷらの油を中和するだけでなく、油と混じってえもいわれぬ風味になります。この次は、うーんとかけてお召し上がりください。確か、白っぽい酢と黒っぽい酢の2種類から選べたと思います。良かったら、どんなお酢なのかお店の方に尋ねてみて、教えてくださると嬉しいです。

イギリスはここ数年確かに高くつきますので、仕事でないと行きたくないですね。他のEU諸国より物価も30~50%くらい高い感じです。まだまだ景気がよいので、通貨が高止まっているようです。

ただロンドンを離れて地方に行くとそうでもないので、私は昨年ウォーキングの本場、湖水地方に行きました。これから一番人気になる有酸素運動は、ウォーキングだと思います。と、普段の旅行でもダイエットから離れられない私でした。

投稿: 桜子(管理人) | 2004/05/06 1:25:20

桜子様、質問にお答え頂き感激しています。うーん、フィッシュ・アンド・チップスというのは酢をかけるものだったんですね。勉強になりました。今まで何も知らないで、イングランドでもスコットランドでも、塩だけをかけて満足して食べていました。きっと、あの、テーブルとかカウンターにある意味不明の容器の中身が酢だったのか、と後悔しています。今度イギリスに行くときには・・・。しかしここ数年、ポンドが高止まりしているように感じませんか?イギリスに行っても、物価高を感じてしまい、昔のように散財しなくなった私ですが、桜子さんはどうですか?

投稿: かけろまきび酢 | 2004/05/05 22:22:55

コメントを書く