« 美健楽的ラーメン店の条件 | トップページ | ---------------☆--------------- »

二日酔&酒後ラーメン防止法

ラーメン・ネタが続きましたが最終回の今日は、酒好きダイエッターも必見の【お酒のあとのラーメン衝動抑制法(二日酔い防止法)】です。

ラーメンだけではなく、お酒のあとは甘いもの(私はハーゲンダッツのチョコレートバー・アイスクリーム!)やらお茶漬けなどの塩味のスープものが食べたくなりませんか?こうした「酔った勢い食い」を防ぐ方法です。また、この方法を実行すると体内で早くアルコールが分解され、深酒した翌朝の二日酔いが格段に軽くなって早くダイエットモードに戻ることもできます。酒好きの私が、カラダを張って編み出し、何度も実証済みの秘策です。

お酒のあとにラーメンが食べたくなる理由は2つ。

0629WineEbisuCafe.JPG【写真】酒好きダイエッターの私のお気に入りバーのひとつ、恵比寿ガーデンプレイス近くの亜米利加橋Bar。平日の5-7時はHappy Hourでドリンク200円引きで、まあまあ質のよいグラスワインが飲めます。ニューヨークやパリのサイド・ウォーク・カフェのようなので、いつ行っても必ず外国人がいて外国にいる気分も味わえますよ。

・ アルコールの分解には塩分と水分が必要なので、それがたっぷりのラーメンスープが飲みたくなる(理科系の学生だった昔、アルコール分解の化学式を書いて勉強しました)

・ 食べすぎ、飲みすぎのカラダに入った脂肪が脂肪、高血糖値が高血糖値、デブフードがデブフードを呼ぶ悪循環が起きている。ラーメンのあとにさらにアイスクリームとか甘いものまで欲しくなるのはこの理由。(この悪循環は結構無意識にやっているので、今度デブフードを食べたときに意識してみて。「あっ、デブフードがデブフードを呼んでいる」と冷静に意識するだけで、多少がまんできる抑制力になります。)

よって、対処方法は2ステップ:

Step1: お酒を飲んだ後お店から帰る前に、
電解質の入った甘いスポーツドリンクのポカリやダカラ330mlを、塩を多めになめながら一気飲みする。アルコール分解でカラダは脱水症状になりがちだから、塩分、水分のほかに電解質も補ってやると、アルコール分解が促進される。お酒のあとのラーメンと甘いものへの欲求も抑えられます。

注意: ちなみにポカリスエットなどのスポーツドリンクは人間の体液に近い成分なので、カラダが脱水症状を起こしがちで糖分も必要な緊急時、酔っているときや吐いてしまったとき、風邪の菌と戦っているときなどは、水よりもこちらを飲むのが正解。お医者さんもよくポカリをお勧めしますが、別にポカリでなくてもアクエリアスでもダカラでも安いものでいいのよ~。あと、だからといって(だじゃれではない)、スポーツ時にスポーツドリンクをがぶ飲みするのはバツ。スポーツドリンクは結構カロリー高いので太るし、スポーツ時は過剰の糖分は要りません。常温水を飲みましょう。

Step2: また自宅についてベッドに倒れこむ前に、
飲みたくなくてもさらに、500mlくらいの常温水を一気する。多量の水で、寝ている間のアルコール分解をさらに促進します。(外で大量の水を飲むとトイレが近くなるので、これは自宅でやるのが無難。)

この2つをやっておくと、朝起きたとき二日酔いのつらさが全然違ってくるし、二日酔いからの回復も早くて、次の日の午後にはダイエットモードに戻れます。無理は禁物ですが、自己責任でお試しあれ。

☆☆☆ 今日のサマリー(まとめポイント)☆☆☆

☆ 【お酒のあとのラーメン衝動抑制法(二日酔い防止法)】は、水、塩分、スポーツドリンクを多めに、ちょっと無理しても飲むこと。二日酔い防止にもなりますよ。自己責任で試してみて。


ここまで読んでくださってありがとう。

ダイエッターだけどお酒やラーメンも大好きだっ!というかた、
ふむふむなるほど~と思ってくださったかた、
そうかな?もうちょいがんばれよと思ってしまったかた、

LoveUsa.gifここを押して(クリックして)、そんな気持ちをランキングへGO!


コメント&トラックバック注意・免責事項: 
本サイトで、宣伝・商業行為のためのトラックバック、他人を不快にさせるコメント等はご遠慮下さい。不適当とみなした場合、サイト管理者は投稿者に無断で削除、変更できる権利を保有します。(サイト管理人:桜子)


6月 29, 2004 30 レシピ(水・飲物系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/863422

この記事へのトラックバック一覧です: 二日酔&酒後ラーメン防止法:

コメント

金ブタさん、

こんばんは。おっしゃるように、スポーツドリンクはカロリー的に考えて、ダイエッターが毎日飲むものではないですよね。医者の兄によると、これは栄養状態のよい体液と同じ、つまり点滴の中身のようなもの。入院して点滴をばんばん打たれると太るのも、カロリーが高い証拠です。

アミノ酸飲料の効用や「カロリーオフ」のスポーツドリンクに入っている人工甘味料に関しては、私はあんまり信用していないのでそのうち記事にするつもり。日本食品分析センターというところに勤めていた友人によると、カロリーだけの問題ではなくて、マーケティング的にいろいろ根の深い弊害がありそうです。

あと、金ブタさんの飲み比べ企画の結果が知りたい!一番高評価だったのはやはりシェアNo1のポカリですか?

投稿: 桜子 | 2004/07/01 6:06:24

桜子さん、こん●●は~。
以前私も、自分が管理しているサイトで「アミノ酸飲料&スポーツドリンク飲み比べ」という企画をやったことがあります。
( ´-`)oO◯(今考えると、ものすごくしょうもない企画ですけど……)
完全に私の独断で味を評価した企画だったんですが、アクエリアスはポカリに比べてすごく甘いんですよね~。その差は「ガブ飲みすれば太る」ということを実感できるほどでした。しかしアクエリアスに比べて甘味が抑えられているポカリでも、含有するエネルギー量は27kcal(100mlあたり)。これを毎日積み重ねれば、ダイエットにはかなりのマイナス要因になります。ですから、スポーツドリンクを毎日飲む方は、“身体への吸収力”を少し妥協しても良いのであれば、サントリーの燃焼系アミノ式やアサヒのアミノダイエットなど、アミノ酸飲料で代用してもいいかもしれません。この二つのアミノ酸飲料でも、エネルギー量は完全にゼロではありませんが、その量を数分の一に抑えることはできます。ま、お酒は飲まないことに越したことはないんですけどね~。

投稿: 金ブタ | 2004/06/29 19:58:04

コメントを書く