« 健康番組&雑誌利用のコツ(2) | トップページ | やせたい理由(1) »

定番と流行・新作ダイエット

ダイエットには定番と流行・新作ダイエットがあると思います。女性に分かりやすい例えでいえば、ファッションと同じで、定番と流行りものがあるのです。

Sweat-Shirokuma1.jpg【写真】蒸し暑いのでダイエットとは無関係ですが涼しげなデブフード。鹿児島名物、喫茶店むじゃきの白熊氷です。あらゆるフルーツやなぜか煮豆などがてんこ盛りに入った練乳かけのかき氷。鹿児島のひとはみんな知っていて、鹿児島の喫茶店には必ずあるようです。

流行・新作ダイエットは、TVの健康番組や雑誌が取り上げたり、または欧米で流行りだしたダイエットを参考に、日本人のダイエット・カリスマが日本人向けにして本やTVで売り出してブームになるもの。今なら、にがりダイエット、マイクロダイエット、玄米系ダイエット(玄米菜食、自然食、マクロビオティックなどを含む)、ケビン山崎さんのトータルワークアウト・スポーツクラブに代表される高プロティンダイエットなど。

定番ダイエットは、

流行・新作ダイエットの中でブームが過ぎても固定ファンがついて、定着しているもの。カロリー計算、半身浴、ヨーグルト(カスピ海ヨーグルトなど)など。私は、定番ダイエットを、3年以上人気が続いて、ある規模の固定ファンが1年以上続けているダイエット、と定義しています。

定番ダイエットは、多くの人に効果があって続けやすい。つまり美・健・楽のうち、「健」康効果があって気「楽」に続けられるからこそ、定着して定番に昇格できるのだと思います。流行・新作ダイエットは、準定番となって定番ダイエットに昇格していくものはごくわずか。ダイエット業界にはいんちきや誇大広告商品も多いため、たいていは1年以内にブームが終わって忘れ去られてしまいます。

だからといって、流行・新作ダイエットにとびつくのはダメ!とも思いません。なぜなら、

1)新しい調査・発見の結果、効果のある新しいダイエット理論が含まれていることもある: 

昔は「水を飲んでも太る」とされていたのですが、ミネラルウォーター・ダイエットの流行以降、「代謝アップのためには水を多めに摂ったほうがよい」というのがダイエットの新常識になりました。

2)自分に合うダイエット法(食材)を実行していても、カラダが慣れてきて効果が落ちてくるため、同じ理論・効果の別のダイエット法(食材)に変更する必要がある: 

例えば、私は便秘改善のために、「ミネラル・ウォーターの」コントレックスを毎朝飲んでいました。ところが3ヶ月ほどしてカラダが慣れてきてだんだん効果がなくなってしまったので、カスピ海「ヨーグルト」に変更。これも6ヶ月ほどで効果が薄れてきたので、流行していた「きな粉牛乳」をヒントにきな粉&黒砂糖を混ぜて効果アップしています。

3)なによりも、同じダイエット法・食材ばかり続けているとマンネリになって、精神的に楽しめなくなってくる。

つまり美健楽ダイエットの「楽」に反するんですね。運動選手や男の人は、同じ食事や筋トレプログラムをもくもくと続けていても大丈夫なひとが多いようですので、変化を求める傾向は女性のほうが強いのかも。トータルワークアウトの食事の写真をみて、ささみとひじき、ゆで卵の繰り返しなので私には絶対耐えられない!と思いました。これに耐えられるひとは、よほどストイックで意志の強い人だなと、尊敬しちゃいます。

ということで、私の美健楽ダイエットは、定番ダイエットをベースにしつつ、流行・新作ダイエットも適宜取り入れている。比率としては定番:流行・新作=8割:2割というところでしょうか。

以下は、具体的に今日現在やっているダイエットですが、1のマインドフルネスと5加圧式トレーニングが新作ダイエット、2は定番になりつつある流行の生姜紅茶プチ断食ダイエットです。あとは全部定番ダイエットですね。

1.ココロケア部門:マインドフルネス
2.食事部門(減カロリー):朝食に生姜紅茶を摂る事による1食置き換えダイエット
3.食事部門(バランス):カロリー計算(おおざっぱです)
4.代謝部門:半身浴
5.運動部門(筋トレ):加圧式トレーニング
6.運動部門(有酸素):エアロバイク

まあ難しく考えるより、ファッションと同じと考えればカンタン。{自分に合った定番を守りつつ、流行・新作にもトライしていいとこを取り入れて、自分に合ったものを組み合わせ、カスタマイズしていく」ということです。ファッション同様、自分をもっとも美しく、ベストにするダイエットを実現しましょう。

☆☆☆ 今日のサマリー(まとめポイント)☆☆☆

☆ ダイエットにはファッションと同じで、定番と流行・新作ダイエットがある。TV番組や雑誌でブームになる流行・新作ダイエットにも、トライするメリットはあります。

☆健・楽効果のある定番ダイエットをベースにしつつ、流行・新作ダイエットも組み合わせて、自分に合ったダイエットをカスタマイズ!自分を最も美しくベストにするダイエットを実現しょう。


ここまで読んでくださってありがとう。
次の下線部のURLをクリックして(押して)、人気ランキングにあなたの清き1票をお願いします。
【人気blogランキング】 http://blog.with2.net/link.php/2747

6月 8, 2004 10【1ココロケア分野】: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/731845

この記事へのトラックバック一覧です: 定番と流行・新作ダイエット:

コメント

Vegaさん、

またまたありがとう。雑誌好きなVegaさんは、月々の雑誌代がかさみそうですね~。わたしは速読が得意なので、単行本なら立ち読みで15分ほどで読めてしまうので、意外に本や雑誌を購入していません。大企業のお友達からもらったりとか。最新号のan anとクロワッサンもダイエット特集でしたね。読みにいかなくちゃ。(本屋さん、ごめんなさい)

例外的に、ダイエット先進国のアメリカの最新ダイエット本は、ネット通販で購入してます。最近、筋トレとしてのベリーダンスに興味をもち、アメリカの本やビデオを検索したら、「フィットネスとして、ヤセるベリーダンス(初心者向け)」といった、ずばり探していたビデオがありました。アメリカ人は、ダイエットにかける情熱がすごいです。

投稿: 桜子 | 2004/06/12 18:38:56

桜子さん
La Vie de 30ansの6月号、体美人化計画第2弾「魅了するカラダになろう」はストレッチから浄化まで食べ物以外のポイントを広く浅く取り上げています。

ELLE7月号 世界の美人セレブのそれぞれのダイエットやエクササイズの方法を紹介している「セレブが教える秘密のダイエット」はダイエッタ‐に元気をくれるかもしれません。運を開くため女優は日々努力している!オーガニックレストラン23軒の紹介もあって、実行せず眺めているだけの私にも参考になりました。美しく在りたいためのパワーが必要な人は読んでみてください。Vega

投稿: Vega | 2004/06/12 12:20:01

Vegaさん、

いつも、情報とご意見ありがとうございます。ダイエット商品に関しては、この新作・流行ダイエットの記事で書いたように、新しそうなものを試してみるメリットもあるので、いいのではと思います。ただ、とびつくのではなく、自分にとって美・健・楽かどうかじっくり吟味する必要があると思いますね。

長者番付に出たスリムドカンやDHCの商品も、「私には合っていてとても効果があるっ!」と思えるひとにはいいのでは?ある商品だけに頼り切りになってしまっては、経済的にも気分的にも「楽」ではなくなるので、ダイエット商品と他のダイエット方法を組み合わせるバランスのよさも大切だと思います。

投稿: 桜子 | 2004/06/11 17:39:35

桜子さん

長者番付けにエステ・健康食品関連産業の人がランク入りして、すごいマーケットになりましたね。いろいろな商品が溢れていますが、これどう思います?http://www.gigatrade.jp/prodf5/?i=latm01 以前、香港からきた映画関係の女性から、「小さな頃からウエストをきゅっと締める帯をして毎晩寝ていた」と聞いて、彼女のウエストラインは努力でつくられたのだと納得しました。きれいになるって、大変ですね。 VEGA 

投稿: Vega | 2004/06/09 9:04:07

コメントを書く