« 本格カレーでダイエット | トップページ | 手作りポカリ風ドリンク・レシピ »

脱水予防のスポーツドリンク

ダイエットしてて暑いときって何を飲みますか?

ダイエットの本には「カロリーゼロの水」がお勧めされているけれど、実は酷暑や運動時の脱水予防には水や水のがぶ飲みはバツで、ポカリスエット系(ニア・ウォーター系)のスポーツドリンクが良いのです。

「知らなかった。水やお茶を飲んでたよ」というかたは、
ここを押して(クリックして)びっくり度を教えてください。

0721Pocali.jpg【写真】ポカリ、アクエリアスのボトルと、友達が飲んでたダカラの成分表。この記事を書くためにボトルからひっぺがして頂いてしまいました。ご協力ありがとう。

これを実感したのは医者の兄からのアドバイス。以前一人暮らしの友人が高熱のため嘔吐してたとき、携帯で兄にTELして緊急アドバイスを求めたら、

「病院に連れて行く前にポカリスエットをたくさん飲ませろ。」
「水じゃないの?水はもう飲んでるけど。」
と聞くと、
「吐いたときは水分や塩分・糖分も出して、体が脱水症状になりかけているので、水よりも体液に近い成分のスポーツドリンクがいい。水はかえって体液を薄める。」とのこと。

慌ててポカリを買ってきて500mlほど飲ませたら、30分ほどでかなり楽になって動かせるようになったので、病院に連れていって事なきを得ました。一人暮らしの方、急に高熱や吐き気を覚えたとき用に、常に1Lのポカリスエット(別にアクエリアスでもいいんですけど)を常備しておいたほうがよいですよ。

ポカリ系スポーツドリンクは、体液に近い電解質(+と-イオン。つまり単なる塩分なのですが)と栄養分としての適度な糖分が含まれている、ので、嘔吐や汗をかいて脱水症状を起こしかけた体に良いとのこと。病院の点滴もこれに近い成分らしいです。

スポーツドリンクも種類が色々あって、なんでもいいってわけではないので、化学専攻で理工学修士の私が、簡単な見分け方のポイントをお教えしましょう。
【脱水予防スポーツドリンクの正しい選び方のポイント】は、
栄養成分表示をみて
1.電解質(ナトリウムとカリウム)成分が他の成分より多くて主成分になっているもの
2.甘味料(アスパルテーム、ステビアなど)ではなく、糖分(ブドウ糖、果糖、砂糖などの単糖類)も多少は入っていること
3.なるべくローカロリー(単糖類糖分入りならふつうは100mlで30kcal前後)

具体例として、ポカリスエットの成分表示を、見分けるポイントなもののだけ抜き出して分析してみると、

栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー27kcal
炭水化物(糖質)6.7g
ナトリウム49mg
カリウム20mg

原材料名:(多く入っている順に)
砂糖、ぶどう糖果糖液糖、果汁、ぶどう糖
食塩、塩化K、塩化Mg


「ひえぅ~、昔、化学でならったK(カリウム)やらMg(マグネシウム)やら難しそう!」と怖がるのはちょっと待って!化学なんかわかんなくても大丈夫。この表示から読み取ればよいのは、上に書いた1-3の点。
1)ナトリウムとカリウムが他の成分より多くて主成分で、それの原材料は食塩や塩化物なのね
2)炭水化物(糖質)も結構入っているけど、それは砂糖やブドウ糖、果汁という甘味料でない本当の砂糖(単糖類)が原料。
3)そしてカロリーは一日1L飲んだら27X10倍=270kcal。結構高カロリー。
ということ。

ちなみにアクエリアスは、

栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー21kcal
炭水化物(糖質)5g
ナトリウム25mg
カリウム19mg

原材料名:(多く入っている順に)
糖類(高果糖液糖)、はちみつ
塩化Na、クエン酸Na、塩化K


となって、基本的にポカリと同じく単糖類糖分と塩分が入った脱水対策向きスポーツドリンク。でもポカリよりナトリウム(塩分)が少なめ、糖分は本当の砂糖(単糖類)だけど、砂糖ではなく果汁やはちみつがメインで、ポカリよりカロリー控えめ、ということが分かります。

あとダカラは、ポカリとアクエリアスとは違って、単糖類糖分も少し入っているけど甘味料(スクラロース)を混ぜてさらに低カロリーにしているのが分かります。

栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー10kcal
炭水化物(糖質)2,5g
ナトリウム12mg
カリウム25mg

原材料名:(多く入っている順に)
砂糖、食物繊維、含有米胚芽抽出物
塩化K、塩化Ca、塩化Mg、
甘味料(スクラロース)

実は2の、本物の砂糖(単糖類)を多く使っているスポーツドリンクは、最近減っているので間違えないように注意して。最近のダイエット志向にあわせて【カロリーゼロ】とかを売り物にしているスポーツドリンクは、本当の糖分の代わりにカロリーゼロやら低カロリーの人工・天然甘味料や糖アルコールを多用していることが多いのです。甘味料では人間の舌は満足しても、脳のエネルギーなどの栄養分にはなりにくい(吸収されにくい)ので、カラダの体液成分補給には本物の糖分を使っているドリンクがお勧め

私のお気に入りは色々浮気したけど、人気No1のポカリスエットがクセが少なくてGood。アクエリアスは塩分を抑えている分甘味がきついし、ダカラも甘味料のせいで味にクセがあるんですよね。一般に甘味料をまぜると低カロリーにはなるけど本物の砂糖よりまずいんです。みんな無意識に知っているから、甘味料入りのダイエットコークより砂糖入りのコークのほうが美味しくて売れているのです。でもまあ、見分け方のポイント1-3さえ押さえておけば、味、カロリー、安さのどれを優先してもOKです。

ただこうした本物のお砂糖入りポカリ系スポーツドリンクは、ダイエッターにとっての大問題がふたつ。カロリーが高いこととお腹がすきやすくなること。一日に1~2L飲むと270~540kcalにもなって、1日1300kcalの食事量に押さえている私の半分ちかいカロリーを取ってしまうではないですか。あと、ブドウ糖や果糖はGI値が高く急速に血糖値を上げて急速に下げるので、空腹感を感じやすくしてしまいます。

ということで、こうした【市販の脱水予防ポカリ系スポーツドリンクを飲むときの一工夫】
・ お水で2倍に薄めて飲む、または
・ ポカリ系スポーツドリンクを製氷皿で凍らせて、コップ1杯の水に4~5個入れて溶かしながら飲む。(このとき氷のなかにミントの葉っぱなぞをいれると、見た目にも香りとしてもおしゃれで、お客様にもだせるおもてなしドリンクになります。)
・ 1日1Lくらいを目安に、あまり冷たくしすぎずにちびちびと飲む。

でも一番いいのは、手作りポカリ風スポーツドリンクを作ること。
「えっ、ポカリスエットなんて手作りできるの?」
って思うでしょ。でも私一応化学科出身だから、というのはあまり関係なくて、科学的に成分さえ考えれば、市販の健康食品は手作りできるものが多いです。だって特許とってる技術があるわけでなし、要は塩水と砂糖水まぜたものなんだから。

しかも、手作りだと自然海塩や未精製の茶色の糖分など上質の材料を使えて、市販品に入っている酸化防止剤などの添加物・保存物を加える必要もない。美味しくてヘルシー、その割りに大量に作っても安くついて節約になると、まさに美健楽レシピ!。手作りポカリつくってみた~いと思って下さる方は、ここを押して(クリックして)意思表明をどうぞ。ご要望が多ければ、明日レシピをアップする予定です。

☆☆☆ 今日のサマリー(まとめポイント)☆☆☆

☆ 【脱水予防スポーツドリンクの正しい選び方のポイント】は、栄養成分表示をみて
1.電解質(ナトリウムとカリウム)成分が他の成分より多くて主成分になっているもの
2.甘味料(アスパルテーム、ステビアなど)ではなく、糖分(ブドウ糖、果糖、砂糖などの単糖類)も多少は入っていること
3.なるべくローカロリー(単糖類糖分入りならふつうは100mlで30kcal前後)


☆ 【市販の脱水予防ポカリ系スポーツドリンクを飲むときの工夫】は、
・ お水で2倍に薄めて飲む、または
・ ポカリ系スポーツドリンクを製氷皿で凍らせて、コップ1杯の水に4~5個入れて溶かしながら飲む。(このとき氷のなかにミントの葉っぱなぞをいれると、見た目にも香りとしてもおしゃれで、お客様にもだせるおもてなしドリンクになります。)
・ 1日1Lくらいを目安に、あまり冷たくしすぎずにちびちびと飲む。
でも一番いいのは、手作りポカリ風スポーツドリンクを作ること!


ここまで読んでくださってありがとう。

「結構役立ちそうな情報だったよ」という方は、こちらをクリック!


コメント&トラックバック注意・免責事項: 
本サイトで、宣伝・商業行為のためのトラックバック、他人を不快にさせるコメント等はご遠慮下さい。不適当とみなした場合、わたくしが投稿者に無断で削除、変更してしまいますので悪しからずご了承くださいませ(サイト管理人:桜子)

7月 22, 2004 30 レシピ(水・飲物系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/1016309

この記事へのトラックバック一覧です: 脱水予防のスポーツドリンク:

» アクエリアスとアミノ酸 トラックバック オス豚の筋トレ日記(仮)
em>今日の数値  体重:67.5kg 体脂肪率:23.3% 筋肉量:49.1kg 基礎代謝量:1480kcal/日 今日のトレーニングメニュー  サ... 続きを読む

受信: 2004/07/24 14:11:27

» [macrobi]自家製スポーツドリンク トラックバック 日々果報者
>> 2日間の本断食が明けて、今日から復食期(理想は3日間)。今日はゆっくりとお風呂で半身浴。もちろん「毒よ〜汗となって体外へ出でよ〜」と念じながら・・・。 でもって断食期なので、低血糖が怖い。そこで自家製スポーツドリンク風をつくってみた。 材料は黒糖・天然塩・梅酢・そして水。適当に空きペットボトルにブチ込んでシェイクし、試飲してみると・・・。 ・・・う〜ん、何だかビミョウな味。飲めないほどマズイわけじゃないんだけど、市販品に比べると、どうしても間抜けな味。市販品には大... 続きを読む

受信: 2005/05/03 19:44:27

コメント

Vegaさん、

金ブタさんのサイトにもぜひ、そのファンコメントを残して、人気ブログランキングに1票を投じてさしあげてきてくださいませ。

投稿: 桜子 | 2004/07/22 23:23:31

桜子さん
金ブタさんって面白いですう。今日のコメントで、思わずクリックしてサイト訪問してしまいました。ストイック、ユニークそして楽しい!ブタのマスクなんて不要な気分。桜子さんも金ブタさんもとてもすてきな世界に生きていますね。VEGA

投稿: vega | 2004/07/22 23:12:42

お早いお返事、ありがとうございます。

>でもこれってブラインドテスト(ブランドを隠して飲み比べ)ですか?

残念ながらブラインドテストではありません。具体的な方法は、ポカリ→水→アミノ式→水→ポカリ→……という風に何度も繰り返して、
「こっちの方がンマイ!ヽ(・∀・)ノ」
と判断を下すという、いたって幼稚なものです。しかしブランドを隠したところで、この順番はひっくり返らないと思いますよ。確かに2位と3位の差はものすご~~~~~く微妙ですけど、3位と4位の間には大きな溝があるような気がします(私の偏見ですが)。

>金ブタさんのスポーツドリンク論も楽しみにしています。

( ´-`) ……。
楽しみにされるほどのものではありませんよ。それに“論”とつけられるほど、立派なものでもありません。いつもの上げ足取りです。
(・m・ )プ

明日は“にがりダイエット”上げ足を取らなければならないので(゚ー゚)、スポーツドリンクは明後日あたりにアップさせていただきますね。

投稿: 金ブタ | 2004/07/22 20:50:43

金ブタさん、

ご無沙汰です。Jugemのみなさま、どうしてるやら心配していました。

>私の場合は水道水を使いますが……、ミネラルウォーターの方がいいでしょうね、やっぱり。
水道水でもいいですよ。塩やら砂糖をいれて水の味がわからなくなるし、ビタミン・ミネラルは茶色の砂糖から補給できるから、これにミネラルウォーターはもったいない。でも水道水は塩素が気になるので、一度沸かしてさました水がよいと思います。


>“アミノ酸飲料&スポーツドリンク飲み比べ”という、ものすご~くしょうもない企画を立ち上げたことがありました。

そうでしたね。ミネラルウォーターの記事のときにお聞きしてました。その結果からもやはりポカリがNo1でしょ。でもこれってブラインドテスト(ブランドを隠して飲み比べ)ですか?でないと有名ブランドやCMを多くしているブランドの評価が、高くでてしまいますよね。

>(アミノ酸飲料とスポーツドリンクを混同してしまっている点は、どうか見逃してやってください……)

手元に燃焼系アミノ式があったのでチェックしてみました。アミノ酸系スポーツドリンクは、ダカラに流行のアミノ酸を加えたもので、基本は同じニア・ウォーターともいえますよ。

でも「水分補給」のポカリと違うのは、「ダイエット」を強調しているので、アミノ酸を加えかつ甘味料でカロリーダウンした点。

私はドリンクで必要なアミノ酸がとれるとも思わないし、そのアミノ酸で筋肉がつくられてダイエットになるとも思わないので、余計なアミノ酸の入っているアミノ系飲料には触れませんでした。どうせ一時のはやりもので、もうすでにペプチド飲料などに人気を奪われているようなので。

目先を変えて新しくみせるマーケティングにだまされないためにも、しっかり成分表示を理解しましょう、という意味をこめてこの記事を書きました。金ブタさんのスポーツドリンク論も楽しみにしています。

投稿: 桜子 | 2004/07/22 20:26:46

こん●●は。
ご無沙汰しております、金ブタです。

blogを管理している会社側の都合で一週間以上も更新できずに苦しみましたが、“ウワサの”ライブドアへ緊急避難しました。今後もチョクチョクお邪魔させていただきます。
<(_ _)>ペコリ

>吐いたときは水分や塩分・糖分も出して、体が脱水症状になりかけているので、水よりも体液に近い成分のスポーツドリンクがいい。

以前、自分が作った弁当にアタって病院にいったとき、私も同じことを言われました。
(・m・ )プ
下痢や嘔吐の症状があるときは、それを押さえ込むような薬は常用せずに、悪いものを身体から出し切って、スポーツドリンクで体外から新しい水分を補給するのがイイんですって。

>お水で2倍に薄めて飲む

これは私もよく使います。特に、アクエリアスについては味が濃いので、スポーツの前後は適度に薄めた方が飲みやすいかもしれません。私の場合は水道水を使いますが……、ミネラルウォーターの方がいいでしょうね、やっぱり。


さて、話は変わりますが、スポーツドリンクについては私も思うところがあります。以前、私のサイトをテスト公開したとき、“アミノ酸飲料&スポーツドリンク飲み比べ”という、ものすご~くしょうもない企画を立ち上げたことがありました。主に“味”について5種類のドリンクを評価したのですが、そのときの記憶をたどると、その順位は
 1位 ポカリスエット
 2位 燃焼系アミノ式
 3位 アミノダイエット
 4位 アクエリアス
 5位 アミノサプリ
だったと思います。

( ´-`)oO○(アミノ酸飲料とスポーツドリンクを混同してしまっている点は、どうか見逃してやってください……)

詳しい内容は、また後日トラバさせていただきますね。それではまた。

投稿: 金ブタ | 2004/07/22 18:54:12

コメントを書く