« H)デブ化(リバウンド)実験 | トップページ | 日本古来の知恵でダイエット »

H)炭水化物中毒はデブの元

ごはんや甘いものが止められない私って、なんて意思が弱いの…と自分を責めていた失敗ダイエッターへの朗報?が「炭水化物(カーボ)中毒」説です。デブフードが止められないのは、あなたの意思というココロの問題だけではなく、タバコ中毒のようにカラダが「炭水化物中毒」になっているのかも。ココロの原因以前にカラダが原因、と言われたらちょっとほっとしませんか?続きを読む前に、ここを押して(クリックして)、本日も1日1クリック応援にご協力お願いします。

0814Croquette.jpg【写真】あまりジャガイモ好きではない私ですが、これははまっている吉祥寺のサトウ精肉店のコロッケ、とこちらのほうがずっと有名なメンチカツ。コロッケは油ものだしカロリーも高いし1日1個で止めとこう、と理性がささやくのですが、「夕食代わり」と称して3個ぐらいぺろっと食べちゃうのですよ。あっ、これも「炭水化物中毒」のせいかしら…(言い訳がましく)

さてこの「炭水化物中毒」説という面白い最新流行ダイエット理論は、アメリカ在住でウェルネス・カウンセラーの友人kimikoさんが、2週間前に来日したときに教えてもらいました。この「炭水化物中毒」説は、結構他のダイエット理論、ローカーボ・ダイエットとか低インシュリンダイエットととかともつじつまの合う説ということで私は注目しています。流行に終わらず準定番理論として今後ダイエット「常識」になっていくかもしれないと思っています。

【炭水化物中毒ってなに?】

炭水化物、つまりごはん類や砂糖類を食べ過ぎると、「意思の力では止めにくい、【カラダの反応としての中毒性(習慣性)】が起きるということ。つまり、ご飯類や砂糖類ばっかり極端に食べているとカラダが勝手に慣れて、それ無しでは生きられな~いという、タバコのような軽い中毒、習慣になるってことらしいです。カラダよりココロが原因であることが多い依存症や過食症とは、微妙に違います。

私はパーティの翌日、ご飯類のひとつであるジャガイモ(ポテトサラダ)でこれを実感しました。私は元々、ジャガイモやポテトサラダって、そんなに好きでもないんです。お腹にもたれる感じがいやなので。だから宅配のジャガイモが大量に余っていたので、「よし消費するチャンス」ということでパーティ用に料理しただけ。

それなのに、パーティでも、パーティの翌日でも、「食べたくもないのに、ポテトサラダをパクパク食べ続けてしまう自分」に気づいて、「ああこれがkimikoさんが言っていた炭水化物中毒か」と思いあたりました。「残すともったいない」根性ではありませんよ。サラダ用にマッシュしたポテトは冷凍保存が可能なので、無理に食べなくてもよい、というのは分かっていました。ココロでは「胃にもたれるし食べたくない」と漠然と思っているのに、なんか手や口が勝手に欲して、惰性で食べ続けてしまったのです。

また、その食べ物を食べてから少し時間がたつと、さっき食べたばかりなのに空腹感に襲われたり、いらいらしたり少し手が震えたりといった、「軽い低糖症状」な感覚も体験しました。それを鎮めるためにまた食べる、の繰り返しでお腹ぽっこりのデブと化した、と前回書きました。まだお腹が重いよー。コメントいただいたブログ・ダイエッターの美咲さんが書いてくれたように、「お腹って、でっぱるのはすぐなのに、引っ込むのにはすごく時間がかかりますよね」、そう、そうなんですよ~。

【中毒かどうかの見分け方】

では、中毒か、単に「好き」なのか、の見分け方はなんなのでしょうか?その新説の文献や依存症などの治療体験から、以下3つにまとめられるのではと思います。2)3)は依存症や過食症でも同じことが起きます。「中毒」の見分け方の一番のポイントは、ココロはあまり欲しがらなくても、カラダが勝手に惰性で食べてしまうという1)惰性食いでしょうか。

1)惰性食い: お腹が空いていないとき、それを別に食べたいと強く思わない時でも、なんとなく惰性で食べてしまう、

2)一気食い・ばっかり食い: 通常で考えられないほどの量を一気に、その食べ物ばっかりを食べてしまう。

3)意思の力でコントロールできない: その食べ物が身近にあると、少しで止めようと思っても無意識に手がのびて、止められなくなる

【炭水化物中毒を起こしやすい食品】

こうした中毒症状をおこしやすい炭水化物とは、

「白い炭水化物で大量に食べるチャンスが多いもの」

というのがアメリカでの説。炭水化物は、ごはん類と砂糖類の2つに分かれますが、その両方の例をあげれば、白いパン、白いご飯(玄米とかの茶色ではない)、ジャガイモ、そして白い砂糖。アメリカでは、白いパンやポテトチップ、ケーキやドーナッツ(白い小麦粉と砂糖、脂質のカタマリ)、コーラ、チョコレート(チョコは茶色だが含まれている糖は白い精製糖です)中毒、などというのが確認されているようです。

日本人がよく「ごはんを食べないと落ち着かない」とか「飲んだあとの締めにお茶漬け」といったりしますが、それも実は軽い炭水化物中毒で、カラダが習慣になっているのかもしれません。

でも、だからといって「カラダが自然と欲しているから」「わたし炭水化物中毒だから」とか口実にして、ダイエッターのくせに炭水化物をどか食いしちゃいけませんよ。炭水化物は脂質の次に、からだに蓄える脂肪となって、デブる原因なのですから。次回以降に、

【なぜ炭水化物中毒が起きるの?】
【中毒と依存症・過食症との違い】

を分析して、ダイエッター必見、
【炭水化物中毒の脱し方】

をお届けします。さっきクリックし忘れた人、ここをクリックして期待票を投じてお待ちくださいね。


ここまで読んでくださってありがとう。

データとカラダを張った(!?)実体験を交えてダイエット研究を続けているのも、応援してくださる皆さんのおかげ。ランキングが下がったり嫌がらせメールがあると「つまんないのかな?ブログなんて止めちゃおうかな~」とも思うこともあるのですが、皆様の応援クリック&コメントで頑張るエネルギーを充電しています。

下の「人気ブログランキング」ロゴや文中クリック・ポイントを1日1回押して、引き続き応援よろしくお願いします。(1つのパソコンからは1日1投票以上できませんのでご注意を。)

【1日1クリック】応援してね! ←このロゴを押したら1投票になります

8月 14, 2004 24 食事(HLカーボ系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/1192789

この記事へのトラックバック一覧です: H)炭水化物中毒はデブの元:

» 炭水化物中毒・・・かも トラックバック ゆいまぁる
このところの精神不安定にともなう過食のため、体重が信じられないほど増えている・・ 続きを読む

受信: 2005/02/19 19:45:40

コメント

ひささん、

コメントありがとうございます。サイトみましたよー。BOOCSダイエットについて書かれていたのに興味を持ちました。私も試して挫折したので。

BOOCSは九州の大学のお医者さんのダイエットで学べるいいところもあるけど、ダイエッターの食欲をちょっとなめていると思います。1日一食なに食べてもいい、といわれるので、その一食でふつうの5食分食べてしまって失敗してる大エッター(わたしだ!)が多いよう。どなたかが書かれていたように、
・1日一食しか食べられないほど時間的に忙しい
・その一食が糖尿病食のように(一食400~500kcalくらい)減カロリーでバランスのよいものである
・その他の2食はスープやジュース程度(つまり2食置き換えダイエット)
という条件が揃わなければまずやせないと思います。

ひささんの1押しダイエットはなんですか?

投稿: 桜子 | 2004/08/16 16:43:41

はじめまして。時々ですが…ダイエットネタ書いてます。良かったら見にきてください(^^)過去ネタはカテゴリーのdietを見て頂けたらと思います。

投稿: ひさ | 2004/08/16 0:25:02

今、まさに中毒中です。
見分け方の3つとも当てはまっています。
かりんとうなのですが、芋けんぴとか…。
かりんとうは一握りで100カロリー超えるのに
食べ始めると「後一個…」「後一個…」が続いて
気づくと一袋の半分以上なくなっています。
家においておかなければいいのですが、
高齢の家族がいて夏バテに少し食べると元気が出るらしく…
私が食べてしまっては意味ないんです。
脱し方期待してます。

投稿: yappari44 | 2004/08/15 11:55:48

コメントを書く