« メディア掲載歴を追加しました | トップページ | 祝!Yahoo!登録サイトになりました »

美健楽なお酒1:ワイン会

私のサイトをよく読んでいただいている方はご存知ですが、私は“酒好き”です。美味しいお酒を少量、味わいながらゆっくり飲むのが好き。昔は、仕事の付き合いで飲まねばならないと理由にしてお酒を大量に飲む“酒飲み”でした。

が、お酒が肥満や婦人病(生理痛)の原因になっているらしいと気づき、カラダによくて美味しいお酒やお酒の選び方・飲み方を研究しました。ダイエッター&グルメ向けお酒情報として、記事にしていきたいと思います。ダイエッターだけどお酒も大好き!という方は、こちらをクリックして賛同票をどうぞ。

0928WineParty1.jpg0928WineParty2.jpg



写真は代官山の有名フレンチ・レストランPachion(パッション)からのデリバリー、タラのブランダード(すり身みたいなの)、スモークサーモン、アンチョビ&卵の前菜。小さいほうの写真はシャトーディケムのデザートワイン、Y(イグレッグ)1杯1500円。多分1本1~1.5万円くらいかな。

凝り性な私の酒修業(?)歴は、仕事で欧米に行くことが多いので世界のお酒も飲み歩き、特にフランスは、有名ワインエリア、シャンパーニュ、ブルゴーニュ、シャブリ、ボージョレ、ボルドー、南フランス、ロワール、アルザス、をすべて制覇。またカリフォルニアワインもブームになる前、15年ほど前に初めてナパ・ソノマ地区を訪れてワインの美味しさに感動し、5~6回は行っています。有名ワインもさんざん飲み倒し、サントリーワインアカデミーのワインクラスなどにも通いました。

その結果、今の結論は、
「お酒も、美味しくて、健康によくて、気楽(安い)に飲める“美健楽”なものが一番!」

つまりコストパフォーマンス(以下コスパ)にこだわるので、投機的に値段が吊り上げられている最上級有名ブランドは、おごりやパーティでしか飲みません。ワインスクールでソムリエやエキスパート資格を取るのも数十万円かかってコスパ的にバカらしいので、仕事にする人以外は要らないと思います。

【私のお酒の飲み方の基本】は、

・上から2~3番めの質のものを少量飲む(コスパにこだわる)

・外すといやなので「自分の好みや体質に合った味・質のものを外さずに選べる」程度の知識は勉強してから飲む(世間迷惑なうんちくはたれない)

・普段飲むのは美味しくてカラダにいいお酒、カラダに悪いお酒はごくたまに
という感じ。

今飲んでいる美味しくてカラダにいいお酒というのは、いい赤ワイン、黒焼酎お湯割り、日本酒など。これを1日1杯、夕食の食前酒(アペリティフ)や晩酌としてか、寝酒(ナイトキャップ)としてゆっくり飲む、というのが普通。“悪い”お酒であるビール、ウィスキーなどの蒸留酒などは、ものすごく暑いときや旅先などでした飲まないです。旅に行ったらそこの土地の食べ物&飲み物が一番カラダに良い、というのを信じてますし、まあそれよりも単に好奇心が強いだけかな。

先週の土曜に行った、恵比寿ガーデンプレイスのワイン・ショップ、【ワイン・マーケット・パーティ】のワイン会はコスパがいいのでお薦めです。ここは実は、ガーデンプレイスの大家さんであるサッポロビールが経営しているので、会社やブランドの宣伝、消費者調査を兼ねているのか、値段の割りに内容が充実したイベントをよくやってくれます。e-shopも持っていてホームページはこちらをクリック

今回のワイン会も、チケットは5000円(普段は3000円)とやや高めでしたが、付加価値がいっぱい。

・vin de paysやAOCクラス級のワインが20~30種類飲み放題。店頭価格で2500~5500円くらいのワインなので、普通レストランで飲むとグラス1杯900~2500円くらいでしょうか。

・食べ物は今回なんと、代官山の有名フレンチレストラン、パッションのデリバリーで、本格的フレンチメニュー。タラのブランダード、ハーブ入りソーセージ、くりぬいたブリオッシュに入ったサーモン・サンドイッチなど。「パッションのデリバリーとはすごいですね」とスタッフに言ったら「今回は頑張りました!」と言ってました。

・チーズやドライフルーツも、お店で売っている輸入品の試食を兼ねているので、珍しくて質の高いものが多種類ありました

・締めは軽く、エスプレッソと2種類のクッキー。

デザートはもう少し充実してもいいかなと思いますが、どちらにしろお腹一杯で酔っ払い気味だったので、もう食べられませ~んという感じでした。あと、この手のイベントに時々視察に来ているサッポロビールの社長さんに会えるという付加価値(?)もあります。

飲み放題ワインとは別に有料ですが、超高級ブランドワインの試飲もあります。コスパ重視の私はめったに手を出さない有料試飲ですが、今回は「ソーテルヌ」のトップ有名ブランド「シャトーディケム」の激レア白デザートワイン(デザートワインのくせに辛口)「Y(イグレッグ)」がでていたので、それだけ1杯1500円で試してみました。予想通り、値段ほどの価値はないなあと思いましたが、シャトーディケムはアメリカ人と日本人が買い占めてしまうらしく地元フランスでも飲めなかったので、まあこれも経験のひとつということで。その他に、シャトー・マルゴーやオーパスワンという有名どころもあったので、ご興味のある方は有料試飲もどうぞ。

ちなみにこの手のワイン会は2~3ヶ月に1度やっていて、お店で告知されていないので、来るのはこの店の会員さんやご近所さんがほとんど。このワイン会って恵比寿のお金持ち限定でしょ!と思いがちですが、でも実は、情報を入手するのはだれにでも簡単。お店のホームページで無料で会員になったら会員報が送られてくるのでそれに告知されていますし、このホームページでも告知されます。また会員になれば、店頭でワインを買うときも10%引きというメリットもあります。私はひとりでもワイン会のチケットを予約購入して出かけているので、向こうでお会いできるかもしれませんね。

あれっ、単なるグルメ情報になってるな。まあ美健楽ダイエッターにはグルメダイエッターも多いのでいいでしょ。今後、なぜ赤ワインや日本酒、焼酎がカラダによいお酒なのか、ダイエッター向きのお酒の選び方、飲み方といったダイエッター向けの情報と、「バカ高いワインスクールに通わなくても、好みのフレンチワインが分かる・選べる方法」などのグルメ情報を混じえてお届けします。レストランでデートのとき、ワイン選びで恥をかくことがなくなりますよ。

ダイエッターだけどお酒も大好き!という方は、こちらをクリックして期待票もどうぞ。

9月 28, 2004 60ダイエットな食べ歩き: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/1540537

この記事へのトラックバック一覧です: 美健楽なお酒1:ワイン会:

コメント

コメントを書く