« 秋晴れの桜島 | トップページ | 旅行中のダイエット対策セット »

肉はダイエットにNG?

昨晩記事を更新しようと思っていたら、仕事の打ち上げの食事会と飲み会で帰ってきたのが1時過ぎ!そのまま寝てしまい、朝の5時に起きてこれを書いています。昨晩、記事チェックしてくださったかた、ごめんなさい。今日の8時には鹿児島を立つので荷造りしなきゃなのですが、なんか習慣でブログを更新している私。習慣って恐ろしい、いや、ちゃんとブログを更新する原動力となって、頼もしいです。

今日はこれから、近くの温泉に行ってきます。鹿児島の温泉を巡っていて、海外のスパ施設と比べて面白いダイエット効果比較ができそうだなあと思い、その記事を書くために写真と資料集めをしているのです。近々、この記事もアップしますので、お楽しみに。

1019-KinkowanHotelSpa.jpg【写真】お気に入りの鹿児島の温泉のひとつ、錦江高原ホテルの立ち寄り湯。鹿児島の温泉はふつうの公衆浴場で320円なのですが、ここはホテルで観光用なのでちょっとお高くて1000円也。でも鹿児島市と桜島、錦江湾を一望できるこの絶景は、なかなかほかにはありません。


さて今日は、私が時々遊びに行っていてトラバもよくしてもらっている、ダイエット・ブロガーの金ブタさんのところでお答えした内容が、結構10-20代の若いダイエッターやローカーボダイエッターからよく聞かれる質問なので、急遽転載しておきます。それは、
「ダイエットに”肉“は良くないのか?」
ということ。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね! 記事を書く励みです。
応援クリックをお願いします。

私のブログでは、肉は“悪いたんぱく質”といっておりNG。基本的には“良いたんぱく質”である植物性の豆や豆腐、肉より魚介類がダイエット向き、とお勧めしています。肉が“悪いたんぱく質”で美健楽ダイエット向きでないと思う理由は、

- たんぱく質部分の肉に、脂肪がくっついていて高カロリーなことが多い。特に、日本で美味しいとか高級とされている霜降り肉は、肉というより肉の間にはさまった“脂肪”の味で美味しいと感じさせているので、ダイエット向きではない
- 肉類と肉類の脂肪は、子宮内膜症などの婦人病の原因になると言われている
- 元々大量に肉を食べる食習慣、胃腸の作りでない日本では、肉の値段が高くて、気“楽”に食べられない

私自身も子宮内膜症という婦人病がきっかけで食生活改善とダイエットに目覚めたこともあり、基本的にはシーフードベジタリアンで、肉は普段あまり食べません。たんぱく質は、“良いたんぱく質”である、植物性の豆・豆製品や魚介類(マグロなど脂肪の多い赤身の魚を除く)から摂るようにしています。しかし、だからといって厳しいベジタリアンや菜食主義者、マクロビアンのように「肉は一切だめ」とも思っていません。肉には肉の食べるメリットがあると思うからです。そのメリットとは医学的には証明されにくい経験的なものですが、

+肉は、豆類・魚介類に比べて、筋肉・血液になりやすい、効率がよいたんぱく質のような気がする。10代から20代はじめまでの特に男性が肉を好むのは、成長期のカラダが欲しているから、つまり肉はカラダの筋肉・血液を作ったり成長させたりするのに一番適しているから、という感じがしています。
+肉は、スタミナ(持久力)の素。スタミナというのはいわゆる体力のこと。徹夜続きの仕事をしたり、ぶっ続けでなにかをやるときのスタミナは、肉食動物の欧米人にはかなわないなあと思うことがよくあります。
+メンタルな面で、向上心、上を目指すエネルギー、セクシーさの素になる。
+人間は元々雑食動物なので、肉も多少は食べるほうが、バランスが取れて安定した体と心になるような気がする。

最後の2点は、肉を食べないベジタリアン系の人たちと接していて、経験的に感じたことの逆説です。ベジタリアン系の人は、顔つきが”植物化”して穏やかで、平和主義者も多いです。その反面、ころころ気分が変わるお天気屋で心のバランスが不安定な人や、「すこしは向上心をもってがんばれよ~」と思ってしまうくらいエネルギーややる気のない人も、普通の食事の人に比べて多いような気がします。過度の野心はXですが多少の向上心や上をめざすエネルギー、セクシーさといったメンタルな要素は人間に必要だと思います。

ということで私の結論は、
基本的に、ほどほど筋肉をつけてスリムになりたい25歳以上のダイエッターは、
・ たんぱく質は豆類・魚貝類から主として摂る。
・ 肉は脂質の少ないものを厳選して、脂肪をなるべく落とす調理法で、控えめに食べる。特に女性は婦人病を避けるためにも、肉類は控えめに。
・ ただ、1ヶ月に1-2度くらい、徹夜仕事に備えてスタミナをつけたい時とか、女性は生理前後のホルモンバランスが変わって「肉が食べたい!」という本能的欲求が高まった時などは、我慢せずにしっかり食べる。
一方、肉を食べたほうがいい人は、
・筋肉を成長させるべき若い人(20才くらいまで?)
・筋肉を"マッチョ”といわれるくらい肥大させたい人、筋肉増強目的ダイエッター
(主として男の人、女性は肉を食べても筋肉になりにくい)

私も月に1回くらいは、ホルモンバランスの関係で”焼肉”モードになるので、ここぞとばかりカロリーを気にせずに、新大久保の韓国料理店で食べまくっています。通常1日3食で1300カロリー程度のダイエット食の私が、この1食で多分1500-2000カロリーくらいは摂っているのですが、大丈夫。ダイエットや断食でカラダの中が解毒・浄化されているせいかカラダが肉の”悪い”脂(毒)を嫌って、食後3時間くらいで自然に気持ちよくお通じがあって、肉を“排出”してしまえる体質に変わりました。他の上級ダイエッターの話を聞いていても、カラダをデトックス(毒消し)する美健楽ダイエットな生活が身につけば、私のように体質改善できるようです。

まあ、あれも絶対だめこれも絶対だめというダイエットは長続きしないし、反動も怖い。また、人間は雑食動物なので、バランスと適量はちゃんと考えるけど、まんべんなく食べるというのが、美健楽ダイエットのシンプルな原則。肉も絶対だめではなくて、適度に適切なものを。デブフードタイプのお肉でも、楽しむときは楽しみましょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!記事への感想投票をどうぞ!記事の内容が結構面白かった、役に立ったよ、と言ってくださる方はこちらか左のロゴ(←)を押して投票ください。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

10月 19, 2004 27 レシピ(プロティン系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/1717942

この記事へのトラックバック一覧です: 肉はダイエットにNG?:

» 肉の日 トラックバック 「妻に、本当に、痩せて頂きたい」ブログ
焼肉屋さんに行ったら、「毎月29日は肉の日」って出てたり しますけど、妻は毎月1回は「肉、肉、肉〜。焼肉食べたい」と 身の程知らずなことを口にします。 もち... 続きを読む

受信: 2004/10/20 0:38:43

コメント

こんにちわ!肉の中でも、鶏むね肉は良質のたんぱく質があると聞いたのですが、実際はどうなんでしょう?桜子さんはどう思われますか?

投稿: kana | 2006/02/25 2:35:12

まりあさん、

私も基本的にシーフードベジタリアンですが、肉を食べる時はがっつり派。年末にいってきた、肉の本場アメリカ・カンザスのアンガス牛のステーキ!というのも(過去記事に写真あります)いいですが、日本の薄切り肉レシピも結構好きですよ。

>>ゴマをすりすりしてオリジナルのたれをつくって

私もバーミックスですりたての白ゴマが大好き!オリジナルたれのレシピ、ぜひコメントで教えてくださいっ!

投稿: 桜子 | 2005/02/11 7:12:13

わたしも、基本はベジタリアンですが
肉!っていうモードのときはがっつり食べます。
でもね、しゃぶしゃぶって、100グラムあたりの値段が高いし、レースのようにひらひらとおしゃれなのでたくさんたべた気になるけど、案外200グラムとかで充分満足しちゃうんですよね。ゴマをすりすりしてオリジナルのたれをつくって、白菜、ネギ、豆腐、、、至福の一時です。おにくばんざーい

投稿: まりあ | 2005/02/09 20:02:51

ナミナミさんへ

コメント&クリックありがとうございます。断食(固形物断ち)のメリットとかお肉の功罪といったことは、医学的に証明されていない”民間療法”のようなものですが、経験的には「そうそう、わかるな~」ということが多いですよね。

医者や管理栄養士のダイエットでは、こうした民間療法や体験法は「根拠(データ)なし」といって悪いダイエットとみなしがちです。が、美健楽ダイエットでは、医学的根拠のあるものも、根拠はなくても効果を実感できる民間療法も、両方お伝えしていきたいと思います。

また「そうそう」という記事には、賛同クリック&コメントをお願いしますね。それを、みんなに効くダイエット法なのかどうか、ということを判断する目安にもしているので、大変参考になります。よろしくお願いします。

投稿: 桜子(ナミナミさんへ) | 2004/10/20 8:22:02

ご無沙汰してます!「主婦のから騒ぎ!」のナミナミです。
断食の記事も読ませていただいてます。
急性すい炎で入院したときに10日間の絶飲絶食で点滴のみ
の入院生活を送ったのですが、本当に体の中がすっきりしたのを実感しましたよ。舌が味に敏感になっていて、食べ物の
甘さや、体にいい食物がす~っと吸収されるのを実感しました。お医者さんに言われたのは、やはり肉類はNG。霜降り
なんて絶対駄目!現在は、完治したものの食生活には気を使いますね・・・健康管理をしなければいけない年齢なので。
何事も適度が大切なんですよね!
今回も「うんうん」とうなづきながら読ませていただきました。
これからも楽しみにしています。
応援の気持ちを込めて1クリックしま~す!

投稿: ナミナミ | 2004/10/19 14:22:58

コメントを書く