« お芋とダイエッターの付き合い方 | トップページ | レトルト玄米ごはん »

コンビニ食のニセ・ダイエット志向

コンビニ食・弁当は、多少改善はしているものの、まだまだ美健楽ダイエッター向きではないです。質の良い健康野菜を、低カロリーな調理法で大量にとることができないからです。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね! 日曜の朝は面倒だからコンビニでも行って食べるものをGet!というあなた、ここをクリック&この記事を読んでからでかけてみてね!

その原因は、健康志向でない従来の一般客、主として若者が、「安くておなかいっぱい」メニューを求めるから。そのために、一見健康志向の振りをした「なんちゃって健康志向」で、その実、下のようにしてデブフードメニューであることが多いのです。完全なデブフードではなく、健康志向なふりをしているのでだまされやすい。私もよくだまされてますが、気をつけましょう。

・ ご飯や糖分という安くてお腹がふくれるカーボと
・ 若者向けの脂身の多い安い肉がメインで、
・ それを油でぎとぎとにする調理法やマヨネーズで舌触りをよくしている

具体例として、コンビニで典型的な例を写真に撮ってきました。

1031-ConveniVegi1.jpg左が、口の周りが添加された脂でギトギトになって気分悪くなった豚汁。右も「温野菜」はいいのにクリーム仕立ての高カロリースープ。

1031-ConveniVegi2.jpgこれがコンビニの「野菜サラダ」なんだけど「カーボの油和え」というほうが正しい。マヨネーズドレッシングを付けるな!マヨネーズで和えるな!まあ、私は買いませんけど、この記事のためにコンビニでこそこそ写真を撮っている怪しい客の私...

"具たくさんのみそ汁やスープ”: 
一見火を通した野菜が多種類食べられるダイエットの定番メニューの豚汁にだまされた。「コクをだすため」とやらで口の周りが油だらけになるほど豚の背脂をわざわざ後から入れて、カロリーを上げてくれていたのにがっかり。

また野菜のクリームスープとか、生クリームやバターたっぷりのホワイトソース仕立てにするなー!!油を添加しないふつうの豚汁、クリームスープなら生クリームではなく豆乳仕立てとかにしてくれればよいのに、といつも思います。

”ドレッシング別添えの10種類の野菜サラダ”: 
これも、「野菜」がほとんど水で栄養価の低いレタスで重増し、じゃがいも、かぼちゃやとうもろこしといったほぼカーボ(糖質)だけのデブ野菜で満腹するように企んでいる。ドレッシングもわざわざカロリーの高いマヨネーズベース。ノンオイルとかにしちゃうと、おなかいっぱいの満足感が得られない若者から苦情がでるから、”脳内麻薬”を出す典型的商品のマヨネーズで”薬漬け(!?)”にしている。

こういう風に、従来の顧客に嫌われないためどうしても”安くておなかいっぱいデブフード”から抜け出せないコンビ二が、健康志向の高い消費者のために新コンセプトのコンビニを作りはじめてはいます。それが、

ナチュラル・ローソン:
健康系商品を集めたコンビニ。おにぎりでも玄米おにぎり、サラダの種類が多い、などといった従来のローソンより健康をより意識した品揃え

ファミマ!:ファミリーマートのちょいと高級なビジネス・エリア向けの新コンセプト。外資系企業の多い高級オフィスビルの近くに開き、ビジネスパーソンのお昼、夕食、夜食、おやつになりそうな、グルメ食品を揃えている。外国人は健康志向もたかいので、自然と健康志向な食品も多くなっている。

私はさっそく行ってみたのですが、やはりまだまだ「なんちゃって健康志向」の域をでていない品揃えでしたね。玄米おにぎりはまずいし、ファミマ!のサラダはドレッシングが別売りで買えるのはよいけど相変わらずレタスでかさ増しして誤魔化しているし。一般消費者はだませても、上級者ダイエッター(ダイエット・マニア?)はだませませんぜ、という程度のレベルでした。コンビニさん、頑張って!

多分、「安くて腹いっぱい、カロリーや栄養バランスは二の次」というデブ志向の消費者がまだまだ多くて、本当に美健楽なダイエット食を作っても売れない、デブラーから文句がでるのでしょう。また、コンビニの商品企画をしているチームに、真剣にダイエットをしている人がいなくって、「健康フードってこんなもんでいいでしょ」と頭だけで考えて作っている様子が商品から伺えます。

コンビニの商品開発部のみなさま、ダイエッターや私に商品を作らせてよ~といいたいくらいだけど、実は私、コンビニは見捨てています。使えるようになるには、健康志向の消費者がもっと増えなくては、ということで時間がかかりそうなので。コンビニに行くとチョコとかのデブフードもついでに買っちゃうというのもX。だから私がコンビニで購入するのは、雑誌&マンガ(配本が早いから)、野菜ジュース、栄養ドリンク(手っ取り早くカフェインがほしいとき)、お酒(深夜に買えるから)、冬のおでん(大根は一応温野菜だから)くらい。

私がダイエット食を買うのは、コンビニではない別の店なんです。ということで、次回は私のお気に入り、美健楽なダイエット食が買える店・チェーン店や、スーパーで買えるおすすめダイエット食(お惣菜じゃないよ)をご紹介します。良かったら、みなさんのお気に入りダイエット食(お店で買える、持ち帰りのできる食事)を教えてくださいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!記事への感想投票をどうぞ!記事の内容が結構面白かった、役に立ったよ、と言ってくださる方はこちらか左のロゴ(←)を押して投票ください。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

10月 31, 2004 23 食事(バランス系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/1817923

この記事へのトラックバック一覧です: コンビニ食のニセ・ダイエット志向:

コメント

あさぎさんへ

いつもコメントありがとうございます。そう!家とカラダの対比の例、分かりやすくてよいですね。人間の細胞は3ヶ月(だっけ?)くらいで変わるらしいので、3ヶ月いい食事をしていれば、生まれ変われるってことらしいですよ。

コンビニは、ダイエットにはまだまだですが、健康志向のふりをしだしたということは、デブフードを食べているデブラーでも一応健康のことが気になりだしている!、という消費者の変化を反映しているもの。

こうした、”気分だけダイエット”のデブラーがもっとダイエットを勉強して賢くなれば、コンビニもなんちゃってダイエットフードで目先のごまかしができなくなり、より”本物”の美健楽なダイエット食をつくらざるを得なくなると、長期的には期待しています。

次回以降は、長期的にもっと増えてくる本物の健康志向ダイエッターに、すでに狙いをつけて美健楽な食事を売っている、お店&チェーン店を紹介していきたいと思っています。お楽しみに。

投稿: 桜子(あさぎさんへ) | 2004/10/31 15:55:08

上級ダイエッターさんにはコンビニ食は鬼門でしょう。私も昔から空腹で行っても食べたいと思えるものがなくて閉口していたので、今でも料金払い込みの時しか利用していません。
でもデブフード産業に対する需要が高い現状では健康志向を意識してくれるだけでも、無いよりマシと思っています。結局、意識している人はちゃんと選んで調理したり、食べたりしているでしょうし、デブフード好きの人はきっと脂たっぷり満腹感の得られる商品を手にしているのでしょう。
桜子さんの仰るように「ダイエット中だからあれもだめこれもだめと思わずに少量ずつ色々食べること・・・」これなんですよね。家を建てる際に、良い建材で手抜き無しを希望するように、体を作るために、良い食材で(調理法を含め)体に良いものかどうか吟味することができれば…と思います。
これからも桜子さん期待してます!

投稿: あさぎ | 2004/10/31 14:40:18

コメントを書く