« 知的な大人のクッキング | トップページ | おから使い回しレシピ »

豆を気“楽”に食べるには

「ダイエッターは豆を食え」と、美健楽ダイエットでは常々書いておりますが、ローカーボダイエットでも、ハイカーボダイエットでも、いろんなダイエットでもお薦めされているダイエット食材が「豆(植物性タンパク質)」なのです。最近は、大豆に多く含まれるイソフラボンも健康食材として注目を集めているので、私も豆類レシピが増えつつあります。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね! 豆をもっと食べたいなあと思っているあなた、ここをプチッと押して応援をよろしくお願いします。

OkaraBrg-01Large.jpg【写真】今回のおから使いまわしレシピではおからも手作り!というか、自家製豆乳の副産物。普通のおからは豆腐屋さんやスーパーでも、かなりお安く買えるので、そっちを買ったほうが手作りより安くつくかも。写真の出来立ての自家製豆乳を冷やして飲んだら、やはり市販品の調整豆乳より美味しかったです。豆乳とおから両方欲しい人は、ジューサーを買って手作りしてみるべし。

ただ、豆・豆類の欠点は、「調理に時間がかかる」と「値段が高い」こと。これをクリアして豆を気楽に食べるコツは、
【手間ヒマを省いてくれる厳選台所器具の導入】と
【まとめ買い&使いまわし&フリージング】

私は、ジューサーや圧力鍋を導入し、アメ横などで大量に豆を購入して一度に大量に下ごしらえ・調理、そしてフリージングするようになってから、ほとんどお肉を食べずに済むようになりました。豆は値段が高いといっても、良いお肉に比べるとずっと割安ですので、お財布にも優しいです。

いろんな豆・豆製品の中でも、おからは前からなんとかもっと使いたいなあと思っていた食材のひとつ。そんな【おからの使いまわしレシピ】を開発しました。一度に、おからハンバーグとミートローフ、おからキッシュに、ちょっとがんばっておからギョーザまで作ってフリージングすれば、とっても美健楽なダイエット!手順の写真やお薦め台所器具とともに、次回からご紹介していきたいと思います。

10月 11, 2004 27 レシピ(プロティン系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/1649545

この記事へのトラックバック一覧です: 豆を気“楽”に食べるには:

コメント

バカンスを終えて、フル充電ですね。南仏とイタリアのダイエット法、ぜひこっちにコメントでも、ご自分のサイトにでも、レポートしてくださいね。楽しみにしてます。

投稿: 桜子(kimikoさんへ) | 2004/10/14 21:54:24

ヤッホー桜子さん!ウェルネスビューティのKimikoです。
昨日南仏&イタリアの美食と文化の旅からカリフォルニアに戻ってきました。イタリアのトスカーナ地方モンタルチーノから産出される「ブルネッロ」ワインの美味しいの、ゲットしました。イタリアでも最高級とされるワインで、イタリアワインのイメージをくつがえす深さとバランスの素晴らしさ。また飲みに来てね。
南仏もイタリアも、ハイファット、ハイカーボ、にもかかわらずアメリカよりもずっとスレンダーな方々ばかりでした。もちろん彼らに聞くと、量は少なめだし、エクササイズをしている人も多い。美食を楽しみながらも、自分自身のスタイル(体型、ファッション共に)に対するコミットが強いからこそ、スリムで活動的でいられる。美健楽のコンセプトと共通すると感じました。
また、いろいろとグルメ、健康情報、仕入れてきたので交換しましょう!

投稿: Kimiko | 2004/10/12 8:39:53

コメントを書く