« 自家製玄米ごはん(炊き方&冷凍法) | トップページ | 15分で黒蜜&白玉レシピ »

米国がダイエット発信地なワケ

秋深し、というかもう初冬?あっという間の11月です。昨日写真を片付けていたら、昨年の秋に行ったパリの街路樹マロニエ(とおもうけど)の落ち葉の写真をみつけ、「最近海外に行っていないなあ」と旅ココロをかき立てられてしまいました。この秋にアメリカ出張の予定だったのですが、仕事の都合で日本にいなければならなくなったので、もう半年以上海外に出ていないのです。

実はこのブログは、「次の長期海外出張が入ったらそれを区切りに止めよう」と思っていたのですが、そのきっかけを失ってしまい10月の末で半年も経ってしまいました。元々、「ブログって見ているとすぐ飽きらているから、ランキング50位から落ちそうな3ヶ月くらいをめどに止めよう」と気軽に始めたのです.

が、予想外に書きたいネタが切れないのと、意外に(!?)飽きられずにみなさまからの応援クリックを頂いてランキング50位内に留まっているので、続けています。ありがとうございます。「まだこのサイトを続けてね」とリクエストしてくださる方は、こちらを押して応援クリックをお願いします。

1103-ParisAutumu.jpg
【写真】旅心をかき立てられたパリのマロニエの落ち葉と町並みの写真。サンジェルマン大通りのバス停の屋根がシースルーで落ち葉がきれいにのっかっていました。ヨーロッパは結構行き飽きたのと、今1ユーロが137円と非常に高いので、行きにくいですね。ユーロより割安感のある米ドルが使えるアメリカのほうが、今は旅行先としてはおすすめです。

海外旅行は仕事と趣味の両方で、今まで軽く100回以上は出かけています。趣味としては、だいたい食べ歩きと趣味のダイエットの新しいトレンドを求めてでかけることが多いです。行き先は欧米の先進国が多いですが、特にアメリカとフランス、イギリスはダイエットの旅としてははずせません。アメリカはダイエット法、フランスは美容法、英国は健康法の、それぞれ発信地だからです。

【なぜアメリカがダイエット法の発信地なのか?】

アメリカはダイエットの最先進国なので、ダイエット情報・最新方法を勉強によく行きます。太っている人が多いのと、いろいろ論理的・科学的に研究するのが好きな国民性なので、新しいダイエット法はたいがいアメリカから始まっています。

日本で流行るダイエット法も、たいていアメリカで流行っているものを1-2年後に、日本人が日本人向け、日本で実施しやすいようにアレンジして広めたものです。例えば、アトキンス・ダイエットという低炭水化物ダイエットは、日本でトータルワークアウトやリセット・ダイエットにアレンジされています。GI値というアメリカの医学的理論は、ある日本人ビジネスマンによって「低インシュリンダイエット」と名づけられてアレンジされ、数年前に日本で大流行しました。

特にカリフォルニアとフロリダはダイエットの発信源地。ビーチ(海岸沿い)が多く肌の露出度が高い、お金持ちが多く済むリゾート地であるため、お金に糸目をつけずにやせたい!という人が多いので、食事、運動、メンタルセラピー、エステなどのあらゆる分野での新しいダイエット法が常に生まれているところです。

「あれっ、でも新しいダイエットってハリウッド有名女優の○○さんもやっている、というパターンが多いからハリウッドから始まるんじゃないの?」と私は以前思っていました。ところが、アメリカの西海岸と東海岸に合わせて5年ほど住んでみて、アメリカの中でもダイエット法の流行の仕方(流行らせるためのマーケティング?)に一定の法則があるらしいと気づきました。それは

【アメリカでのダイエット法の流行り方】

1)カリフォルニアやフロリダ; ここで、医者、ダイエットトレーナー、パーソナルトレーナー、セラピストなどがダイエット法を発明、もしくはアメリカ以外の国の定番ダイエット法をアレンジしてアメリカに持ち込み、その周りの一般人の間で口コミで広がる

2)ハリウッド(カリフォルニア・ロスの近く): その新しいダイエット法に、トレンドリーダーであり仕事でダイエットが絶対必要なハリウッドの女優やシンガーがいち早くとびつき、「私は新しい○○ダイエットでこれだけやせた」と雑誌で語り、雑誌を通じてさらに話題になる。

特にダイエットマニアでダイエット法流行の発信源!とされているのが、マドンナ。「あのマドンナもやっている○○ダイエット」というのは、お約束のように聞きますよね。これはマドンナがお金をもらって宣伝しているわけでなく、彼女はあらゆる珍しい、新しいダイエット法をかたっぱしから試してみるダイエット・マニアなようです。

3)ロス・ニューヨーク: 雑誌社がそのダイエット法の創案者に話を持ち込んで本を書かせるとその本が、ニューヨークかロスの大きな本屋さんの売り上げランキングとかでベストセラーになる。そうすると新聞やマスコミも取り上げて、そのダイエット法が大々的に流行し始める。

雑誌・新聞メディアで取り上げられると、ニューヨークのセレブやウォール街のエリートビジネスパーソンにも流行。ニューヨークにはヨーロッパ(英仏)のお金持ちも別宅(別荘)マンションを持っていることが多いので、そのダイエット法がヨーロッパ(英仏)にも飛び火することもあり。

4)日本へ:アメリカで流行りだして1~2年たつと、アメリカ留学やアメリカの本でそのダイエット法を勉強した日本人が、元のダイエットの名前を変えて多少アレンジして、日本では「新しいダイエット法」として売り出す。

とはいえ、アメリカもすべてのダイエット法を発明しているわけではなく、世界の定番ダイエットをアレンジして持ち込むことも多いです。例えば「ヨガ」はご存知インドの修行法のひとつ。ただそのままだと、精神論や宗教色が強くてダイエット法としてはアメリカ人に受け入れられなかったのです。そこで実用的思考のアメリカ人たちが、宗教色を排除し、その呼吸法をクローズアップして深呼吸=ストレス解消・代謝アップに効果的!と実用的効果を強調。また別のアメリカ人は、ヨガの筋トレ効果に注目し、そこをボディビルダーの筋トレ理論と結び付けたりしてアメリカ人に受け入れやすい「筋トレ」として売り出しました。

つまり、インド「ヨガ」がアメリカ人によって「ヨガエクササイズ」や「パワーヨガ」にアレンジされて、アメリカ人に受け入れられてメジャー化したというわけ。だから「ヨガ」はインド発だけど、ダイエット法としてのヨガは「ハリウッド発」とか「アメリカ発」のダイエットとされているのです。アメリカ人はなんでも実用的なダイエット法に変えてしまう天才だなあとよく思います。

日本発の定番ダイエットや健康法も、アメリカでアレンジされて日本に逆輸入されると「おしゃれ」にみえるようで、日本や欧米で流行しやすいです。今マドンナがはまっている”マクロビオティクス”や、欧米の豪華リゾートのスパで結構見かける、”REIKI"、”SHIATSU"なんかがそうですね。

(注意:ただしマクロビをアメリカでアレンジしたのは日本人です。たしか日本の桜沢さんが日本の古来食をベースに始めて、ボストンに”支部”を作った久司さんとそのアメリカ人スタッフたちがUSで広めたはず)

上級者ダイエッターとしては、常にアメリカの最新ダイエット法を注目しておかねば、ですよ。ということで、この年末、突然ですがアメリカに行くことにしました。西海岸に仕事の用事があるので、それにクリスマス休暇をくっつけます。アメリカのお友達がご実家でのクリスマスに誘ってくれたので、仕事のあとそちらに寄らせていただいて、アメリカ人のご家庭でのファミリークリスマスに久々に参加させて戴く予定。

西海岸は、サンフランシスコに寄って、ローフードの発祥地、ロクサーヌというレストランに行こう!ともくろんでおります。ローフード(生食)ダイエットはからだを冷やすので私はあまりやっていないのですが、ロクサーヌの料理はとてもきれいで芸術的と評判なのと、そのレストランの場所がサンフランシスコの北部の風光明媚そうな場所にあるので、レンタカーをとばして行ってこようかと。アメリカに行くとストレス解消を兼ねて、景色のよいところをドライブするのも趣味なのです。

そのほかにもカリフォルニアは美健楽なものがいっぱい。流行から定着しつつあるフュージョン料理(色んな国の料理をミックスした多国籍料理)の発祥地でレストランもレベルが高いし、ナパ・ソノマバレーというワインの名産地もあります。あと、日本人にはあまり知られていない情報ですが、ナパ・ソノマ地区にはなんと”泥の温泉Spa”があるのですよ。日本の普通の温泉とはちょっと違うのですが、硫黄分の強い泥&温水が湧き出るエリアがあって、日本の砂蒸し温泉のようにこの泥のお風呂に首以外をずっぽりと埋められて入ります。こうした世界の珍しいSpa体験記と自分のダイエットへの応用法なども、そのうち公開する予定です(でも写真の整理が追いついていないのですが)

でも、海外旅行中はこのブログの更新どうしようかなあ。いつも出かけている場所のホテルならネットにつなげられるんですが、知らないところはなかなかつなぐのが大変なんですよね。まあ、海外実況レポートする方法をなんとか旅行までに考えて見ます。みなさまも「今、こんなダイエット法がアメリカで流行りだしているらしいけどどうなの?」という、カリフォルニアで調べてきてほしいネタがあればコメント残してくださいね。一時の一部の流行でなくて今後定番化していきそうな”本物”ダイエットやサプリなら、調査してまいります。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!記事への感想投票をどうぞ!アメリカの最新ダイエット法にご興味のある方はこちらか左のロゴ(←)を押して投票ください。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

11月 3, 2004 72  旅先別(海外) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/1851208

この記事へのトラックバック一覧です: 米国がダイエット発信地なワケ:

» たくさん食べれば、そりゃ太る。汗かかなきゃ、やせない。 トラックバック 「癒し」と「くつろぎ」の美容、健康、ダイエットっ。
たくさん食べれば、そりゃ太る。汗かかなきゃ、やせない。 バージンステップ 七段目 ■ダイエットに有効な音楽の聴き方〜アウトプット型ダイエット〜 は... 続きを読む

受信: 2004/11/03 11:43:16

» 日本人と外国人の違い 1 トラックバック  QOL向上委員会   〜ステキに生きる為に〜
欧米人、特にアメリカ人は運動を生活の一部として考えている人が非常に多いです。 会費の安いスポーツクラブへ行くと外国人がたくさんいます。 それは、、、 続きを読む

受信: 2004/11/03 12:40:40

» ダイエット:アメリカにいるメリット・デメリット トラックバック 健康キレイ!Kimikoのウェルネスビューティ
5月ゴールデンウィーク明けに各地でアロマコーディネーター協会主催でコミュニケーシ 続きを読む

受信: 2005/03/28 19:06:19

コメント

moriwakiさんへ

ありがとうございます。イケメンPT(FI)、moriwakiさんのサイトへもときどき立ち寄らせていただいてますよ。運動系でもなにか新しいダイエット情報とかがありましたら、調べてきますね。

投稿: 桜子(moriwakiさんへ) | 2004/11/05 23:05:47

こんにちは。いつもいつも勉強になります。まさに生きた情報の提供者ですね。
コメント書くのは久しぶりですが、いつもチェックしています。出発までにダイエット情報あったら書き込みますね。

投稿: moriwaki | 2004/11/03 12:38:43

コメントを書く