« 15分で黒蜜&白玉レシピ | トップページ | 良い黒砂糖の選び方2 »

良い黒砂糖の選び方1

今日はリクエストを多く頂いた、【黒砂糖の選び方】。でもその前に、作り方と黒砂糖のダイエット・健康効果を簡単に説明します。それでないといい黒砂糖である理由がわかりにくいので。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね! 黒砂糖を使ったレシピに興味ある方は、ここを押してリクエスト・クリックをお願いします。

昨日の【15分で黒蜜&白玉レシピ】へのリクエストクリックが少なかったのですが、やはりこれってお料理好きな人には珍しくないレシピなんでしょうか?

1105-1Kurosato.jpg
【写真】最近は喜界島の黒砂糖で、東京のマスコミに乗じて”高級ブランド化”を図っているものもあります。左はその1つで、普通の黒砂糖の2-3倍のお値段がするもの。私には、味はふつうのものと変わらないと思われましたが、パッケージデザインや形が高級チョコレート風ですね。高級志向な人へのお土産にはいいかも。でもレア物でなかなか売っていません。それも稀少性をあおる、マーケティングの一種かもですが。

【作り方とダイエット・健康効果】

・黒砂糖は、さとうきびを圧搾して汁を絞りだし煮詰めて、凝固剤である石灰分(天然のさんご礁由来成分など)を加えて固めたもの。白砂糖はこのさとうきび汁を分蜜して精製し、純粋な糖分だけをとりだしたものなので、吸収されやすく血糖値をいっきに上げ下げする。その結果、空腹感が募ってしまったり、キレやすくイライラしてしまうらしい。

・一方、黒砂糖のメリットは、

+さとうきび汁を固めるのに石灰を使うので、石灰のカルシウム(ミネラル)が多く、カルシウム・サプリのようなもの

+精製していないのでいろんなビタミン・ミネラルが入っている。これら”不純物”や未精製であるおかげで、白砂糖と違って血糖値をゆっくり上げる

デメリットとしては、
-未精製なので味にクセ・雑味があって主張が強いので、繊細な味のケーキや素材の味を生かしたい野菜の煮物などの料理には向かない

【良い黒砂糖の選び方】

1)産地; 喜界島>奄美大島>沖縄の順におすすめ
2)原材料: “さとうきび100%”を選ぶ
3)固まりタイプと粉末タイプを使い分ける:
4)色は薄め、固さは(固まりタイプなら)固めな方がダイエット向き

それぞれ説明します。

)1.産地; 喜界島>奄美大島>沖縄の順におすすめ

最近の沖縄ブームで、黒砂糖は沖縄がよいと思っている観光客が結構多いが、私のおすすめは奄美諸島の喜界島と奄美大島産。奄美諸島では、昔から黒砂糖をお茶菓子として毎日ちょこちょこ食いするという食習慣があり、お酒も「黒糖酒」というラム酒風の地酒が有名な本場。

その奄美の人たちの間の、昔からの密かな口コミでが「黒砂糖は喜界島が最高」ということ。自分でも黒砂糖を栽培している人が多いので、観光客には絶対言いませんけどね。

喜界島産が最高とされる理由は、色が薄い茶色で、あっさりしていてクセがないから。喜界島は奄美大島や沖縄諸島の多くの島とは違ってさんご礁が隆起してできた島なので、土にも石灰分を多く含んでいる。黒砂糖の栽培に相性がいい水はけのいい土壌で、黒糖に入れる石灰分も豊富なので、黒砂糖の栽培に最適らしい。

奄美はさんご礁の島ではなく喜界島よりは下とされるが、沖縄のものよりは色が薄めで味にクセが少なく繊細な味で美味しい。沖縄より観光地化されていないので、昔ながらの小規模生産で、手作り工程が多いのかなあと思います。沖縄産は色が真っ黒で、しょっぱかったりするなどいろんな雑味がある気がします。

長くなったので、続きはまた明日。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!記事への感想投票をどうぞ!記事の内容が結構面白かった、役に立ったよ、と言ってくださる方はこちらか左のロゴ(←)を押して投票をお願いします。

11月 5, 2004 23 食事(バランス系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/1870003

この記事へのトラックバック一覧です: 良い黒砂糖の選び方1:

» ビンゴ!粉黒糖♪ トラックバック パルのカラダもおうちもスッキリ大作戦
桜子さんの「良い黒砂糖の選び方1」みなさんは読みましたか? あたしも記事のリクエストをしていたんですが、待ちに待った記事です。 実はあたし。とにかく早く黒糖を手... 続きを読む

受信: 2004/11/06 21:19:25

» [macrobi]喜界島の黒糖 トラックバック 日々果報者
>> カホクの喜界島黒糖(150g 300円) 今回の断食中、糖分を適量摂るようにしたらめっちゃラクだった。 で、お気に入りが「喜界島黒糖... 続きを読む

受信: 2005/02/01 22:43:39

コメント

かわみね地区だったかなあ?私は鹿児島のたねやさんから黒砂糖を仕入れているのですが、彼は喜界島のなんとかという地区まで行ってわざわざ仕入れてるって行ってました。今度鹿児島にいったら、確認してみます。

あと、黒砂糖の新糖って、なんかやはりおいしいですよね。昔、離島で昔ながらの牛にひかせる絞り機で絞り、昔の製糖機でつくられた、できたてほやほやのあったかい黒砂糖を食べたことがあるのですが、気を失いそうに美味しかった。。。強烈な記憶です。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/12/10 22:45:30

>桜子さん(管理人さん)
喜界島の中でも、川嶺(カワミネ)地区の黒糖が一番ですよー^^
十二月の中旬から本格的な刈入れ時期なので、おいしい黒砂糖にご期待ください。

投稿: 黒糖 太郎 | 2005/12/08 21:55:35

おお、黒砂糖つくりとはすごい。

喜界島の中でも、なんとかという地区の黒砂糖が特上とされているらしいので、ちゃんと場所も確認して見学してみてくださいね。

また、喜界島に行かれたら、現地でしかわからない情報や写真を送っていただけると、うれしいし、掲載させていただくかも!よろしくお願いします。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/12/08 12:03:05

勉強になりました。
近いうちに喜界島へ黒糖を作りに行きます。
喜界島の黒糖が評判と知りうれしく思います。
がんばっていい黒糖つくります。

投稿: 黒糖 太郎 | 2005/12/06 0:06:31

茶カーボ糖分は、慣れると美味しいですよね。からだにじわ~としみこんで血糖値がゆっくりあがるのが分かります。

と書いていたらおなかがすいたので、黒砂糖レシピのひとつ、黒砂糖とはちみつにワインをちょっぴりで作った、白花豆の甘煮を食べてきます。

投稿: 桜子 | 2005/02/02 13:26:36

桜子さんオススメの「喜界島の黒糖」、探して買ってみたらとてもおいしくて超お気に入りです!いろんな黒糖を食べ比べしてみたいな~。

ここ8ヵ月ほど、砂糖と果物は極力摂らず、糖分は「黒糖」「メイプルシロップ」「玄米甘酒」「玄米水飴」などで摂るようにしています。結果、アトピーが軽減し、体調がよくなりました。

美健楽な黒糖おやつレシピ、今度教えてくださいね~!(トラバさせていただきました☆)

投稿: 果報者 | 2005/02/02 9:28:18

コメントを書く