« ココロケアの2大目的 | トップページ | 食欲を制する切り札の心ケア »

目標意識系ダイエットで動機づけ

第2条:【目標意識系ダイエット】で、ダイエットを続ける動機付けをさらに強めるを、A子さんの具体例で説明します。第1条でやせてキレイになって愛される(自信をもつ)ために美健楽ダイエットするぞ!と強く決意した後には、第2条:【目標意識系ダイエット】で、そのダイエットのやる気をさらにアップ・継続することを狙います。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね! 【2週間集中ダイエット】連載中!ダイエットより複雑なまとめ記事を書くのが大変で疲れ気味の私に、連載継続希望の応援クリックをお願いいたします。

1211-XmasSweat

【写真】街はクリスマス一色ですね。フランスのユーロスターの駅で買った、クリスマスのお菓子。チョコレートコーティングの中身は、ドライフルーツとナッツがどっさりのクリスマス・プディング風チョコスポンジケーキ。欧米のプディング風お菓子は、ずっしりと食べ応えがあって、スパイスとお酒がぷんぷん効いているとこが、私好みです。もちろん、お砂糖たっぷりのデブフードなんですが、ドライフルーツとナッツはビタミンの宝庫だし、このくらいの小ささなら、生クリームたっぷりの苺ショートケーキとかよりもましかと思います。

第2条:【目標意識系ダイエット】で、ダイエットを続ける動機付けをさらに強める 

【目標意識系ダイエット】とは、
【頭で思うだけではなく、具体的に数字・文章・イメージを記録し、ダイエットの目標をはっきりと意識しつづけるダイエット法】のこと。

この【目標意識系ダイエット】に属するダイエット法は、以下のように世間にたくさんあるので、どれでもひとつ、自分の体質・ライフスタイルに合いそうなものをA子に選んでもらい、やってもらうことにしました。
・ 【ダイエット日記】
・ 【イメージ・トレーニング】
・ 【測るだけダイエット】(本が出版されています)
等々。

これらに関する記事を過去に書いているので、ご興味のあるかたはそちらも読んでみると、もっと詳しく分かります。
・ 【ダイエット日記】について、
ダイエット・ブログ分析(1)
ダイエット・ブログ分析(2)

・ 【イメージ・トレーニング】について、
オードリーでイメ・トレ (2004 07 15)
良いイメ・トレvs.悪いイメ・トレ (2004 07 17)
イメ・トレのダイエット効果 (2004 07 18)
願えば叶うイメ・トレ心理学 (2004 07 19)

既成の【目標意識系ダイエット】ダイエット法は、少しずつ違ってみえるように作ってありますが、基本は一緒。最低限以下の事をやってもらえればよいと思います:

・ 体重、体脂肪、食べたものなどの数字や項目をひとつ以上、毎日記録する、
・ 写真、絵、文章などの目標イメージをひとつ、毎日一定時間(寝る前3分とか)考えてそうなれる!と自分に刷り込む。

これをやることで、「自分がダイエットしている」意識をはっきりさせ、数字やイメージなどの具体的目標を毎日記録することで、効果が目に見えるので、ダイエットをすることが喜びになってヤル気が持続できるというメリットがあります。

A子さんはTV番組でちょっとブームになった【測るだけダイエット】にも興味があったようです。これは体重等を毎日グラフにして、グラフが右下がりになっていくのに喜びを感じてダイエットを続ける原動力にするというだけのダイエット。食事制限とか運動とかなしでも、意識するだけ、測るだけでやせるという触れ込みのもの。右下がりのグラフを右上がりにしないよう、自然と食事や運動に気をつけて太らないように気をつける、という性格の人ならいいと思います。

が、A子さんはグラフをまめにつける自信・時間の余裕がないとのことで、結局は以下の簡単なやり方にすることにしました。

・ 毎朝体重をはかって自分の手帳の片隅につける

・ 叶美香風、でも自然な、胸とウエストの差が大きいメリハリボディを自分の顔・雰囲気でイメージして、毎晩寝る前にそうなった自分をイメトレする、


ちなみに叶姉妹の胸とウェストの差はあまりに不自然なので、ダイエットであれを目指すと実現不可能で、ダイエットストレスに陥ると思います。叶姉妹そのものではなく、自分の体型でも実現可能な目標イメージをイメトレするのが、大切です。(これについては、過去の記事:良いイメ・トレvs.悪いイメ・トレに詳しく書いてあります。)

さて次回は、第3条:【意識系ダイエット】で、食欲本能をコントロールするについて。やはり、食欲を制するものがダイエットを制する、大切なポイントです。

ココロケアの記事は、「すっごく好き!」というダイエット上級者と、「退屈~」というダイエット初心者にはっきり分かれます。でも従来の食事と運動だけのダイエットより、最近はこういうココロケア、つまりメンタル(精神)重視のダイエットという傾向が定着しつつあるよう。

ダイエッター上級者ほど、心とカラダは一体なので、食事と運動をダイエット・モードにするには、ちゃんと心ケアしてやらないとリバウンドする、ということが身に沁みているのです。

この後ココロケアから、食事→代謝アップ→運動型ダイエットと進んでいくので、もうしばらくお付き合いください。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!連載中の【2週間集中ダイエット企画】ですが、初心者にはむずかしいココロケアの話なのでちょっと人気が落ち気味。あまりに人気がないようだと別ネタに切り替えるべき?と思いつつ書いている今日この頃。ココロケアも興味あり!のダイエッターの方は、こちらか左のロゴ(←)を押して継続希望クリックをお願いいたします。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

12月 11, 2004 10【1ココロケア分野】: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/2227759

この記事へのトラックバック一覧です: 目標意識系ダイエットで動機づけ:

» ダイエット成功のワケ トラックバック お気楽主婦のダイエット挑戦記録
桜子さんの『美健楽ダイエット』 続きを読む

受信: 2004/12/16 22:24:14

» 勉強ができる人になるために トラックバック 現代社会への仮説と提言
著者: 和田 秀樹 タイトル: この差はなにか?勉強のできる人できない人―頭の問題か?やり方か?環境の問題? 学生はもちろんのこと、社会人になってか... 続きを読む

受信: 2005/03/28 17:34:15

コメント

私はNYバレエ団のバレエエクササイズビデオがお気に入り。バレエも、オードリーヘップバーンのような優雅な物腰になれそうで、いいエクササイズですよね。全身が鏡に映るのも、イメトレできていいところ!

そのうちバレエエクササイズ格付けレポートを書こうと思っているので、BBS・掲示板のほうに、バレエエクササイズのメリットとデメリットを教えてくださると嬉しいです。


投稿: 桜子(管理人) | 2005/08/02 13:33:23

はじめまして。20代後半からジワジワと増え続けとうとう40キロ台から60キロ台に乗りました。これじゃいかんと思いたったのが35歳くらいの頃でしたか・・・。それからは万年ダイエット。あれやこれや試しました。2年前からひょんなことからバレエのレッスンを始めました。これが動機を維持するのに役に立っています。とにかく体脂肪率20%くらいの人に混ざって30%の私が鏡にうつっているのです。腕の太さ胴体の厚み、イヤでも薄っぺらにしたいと思う今日この頃です。

投稿: ミチコ | 2005/08/01 19:32:23

そうですね。

美健楽ダイエットは、ライフスタイルをダイエットモードに変えて一生楽しんでダイエットする方法なんで、動機付けがかなり重要だと思います。

投稿: 桜子 | 2005/03/31 20:07:37

はじめまして。

ダイエットを取扱った内容ではありませんが、「動機づけ」という共通のテーマでしたので、トラックバックさせていただきました。

それにしても「動機づけ」とは、重要でかつ難しいテーマですよね。

投稿: T-Takeda | 2005/03/28 17:38:07

まなさんへ

初コメントありがとう。

帰国というとアメリカですか?もしアメリカなら、だしが効いた複雑で繊細、素材が新鮮な日本の食べ物って美味しい!って改めて感じますよね。私も海外出張から戻るたび、まず食べたくなるのはかつおだしの効いた関西風うどんです。

私は2年間のアメリカ留学で5kg増えて、戻すのに2年ほどかかりました。増えたのにかかった時間と同じくらいかかるもんなので、焦らず生活を美健楽モードに変えて、ダイエットを楽しみましょうね。

投稿: 桜子(まなさんへ) | 2004/12/15 20:35:35

はじめまして、まなと申します。いつも楽しく真剣に読ませていただいております。今回は、ココロケアということで期待してます。私は帰国後、日本の食べ物って美味しい!&ストレスにより増加した体重を何とかしたいと日々思いながらも、何もできない意志の弱い人間です。桜子さん、楽しみにしてますので健康に気を付けて、続けてくださいませ!

投稿: まな | 2004/12/11 16:54:59

コメントを書く