« あるある大事典ラッシュ! | トップページ | 今月2誌め掲載!見逃し報告 »

日本の低炭水化物ダイエット

さて、昨日のあるある大事典の影響で突然低炭水化物ダイエットにめざめた方も、以前から興味があったり実践していたりする方にも役立つ、【日本のローカーボダイエット(低炭水化物ダイエット)最新事情】です。あるあるで紹介していた”あるある流低炭水化物ダイエット”とやらも、実はアメリカで流行っているダイエットの焼き直し!?ではと、鋭く分析いたします。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!昨日のリクエストクリックが予想以上に多かったので、明日更新予定だった記事を今日アップしました。ありがとうございます。おすすめ低炭水化物ダイエット法の記事を、明日読みたい方は、こちらをクリックして、またリクエストしてください。

0110-LowCarbBars
【写真】ダイエットの本場、カリフォルニアのスーパーマーケットには、ローカーボ(炭水化物抜きと低炭水化物ダイエット)のための栄養バーがたくさん。一番人気は棚割りからもわかるように、Advantage(アドバンテージ)というブランドですが、Low Carb Diet barやZone Diet Barなど、たくさんの種類があります。これは、カロリーメイトとは違って、ドライフルーツ、ナッツ、大豆プロティンなどを固めて、いろんな栄養剤をミックスし、これを食べるだけで、カーボとプロティンを理想の割合で食べることができる!というお手軽なすぐれもの。でもやはり、カーボの少ないアトキンスダイエット向けのもの(Advantageなど)は不味く、カーボが多めのZone Diet barはそこそこ美味しいんですよ。世の中の美味の元は、カーボと脂肪!ということがよく分かります。

私が昨日の記事で書いたのは、

【アメリカで人気のローカーボダイエット法】

食べることができるカーボ(炭水化物:ごはん類や砂糖類のほかに、野菜にも多少含まれる)が少ない順、つまりカーボ不足で低糖症状がおこりボーっとしてつらい順に、

1.アトキンスダイエット
(ゼロカーボ=炭水化物抜きダイエット。ごはん類、砂糖はもちろん、野菜に含まれるカーボもだめ)

2.サウスビーチダイエット
(ローカーボ=低炭水化物ダイエット。ごはん類、砂糖はだめだが、野菜に含まれるカーボはOK))

3.ゾーンダイエット
(ミドルカーボ=炭水化物(ごはん類と野菜に含まれるカーボ)を、全摂取カロリーのうち40%分食べてOK)

それぞれ、どれだけカーボ(炭水化物)を食べられるかによって、ゼロ、ミドル、ローカーボ・ダイエットとなります

では、これらのアメリカ発のダイエット法が日本人によってアレンジされて、日本ではどんなダイエット名で人気化しているか、独断と偏見で言い切ってしまいましょう。

【日本でのアメリカのダイエット法の焼き直し、低炭水化物ダイエット】

・ アトキンス→トータルワークアウト

・ サウスビーチ→リセットダイエット

・ ゾーン→ゾーンダイエットや4・3・3ダイエットと訳されている。日本人がアレンジしたダイエットはまだなかったが、昨日放送の”あるある流低炭水化物ダイエット”がそれにあたりそう。

トータルワークアウト、リセットダイエットならば、最近日本でよく耳にしますよね。これらはアトキンスダイエット、サウスビーチダイエットを日本人向けにアレンジした、ゼロカーボやローカーボダイエットの焼き直しなのです。ダイエット先進国アメリカの人気ダイエットを日本に持ってくるというのが、世界のダイエット法の流行サイクルである!というのは、過去の記事:米国がダイエット発信地なワケ (2004 11 03)で解説しています。

ダイエット法の内容に関しては、「自分が発明した」という知的所有権は成立しにくいので、アメリカのダイエットをベースにしても別に”盗作”にはあたりません。(ダイエット法の名前には所有権が成立するので許可なく真似できません)アメリカで定着しつつあるダイエット法をすばやく取り入れ、日本人に分かりやすいネーミングややり方をちょいと変えて、新しいダイエット法のようにPRしたもん勝ち!というのが、ダイエットの流行づくりの世界です。

そして昨日放送された、”あるある流低炭水化物ダイエット”。これは、”低炭水化物ダイエット”と呼んではいますが、実は炭水化物(ごはん類)を1日90g食べるので、ミドルカーボのゾーンダイエットの焼き直しダイエットともいえると思います

ゾーンでは、カーボを全体の摂取エネルギーのうち40%とりますが、”あるある流低炭水化物ダイエット”では、全体の20-30%とさらに少なめに押さえているという点だけが違います。(注: ちなみに日本人は本来、カーボを全体の摂取カロリー比のうち70-80%ほど食べている、”高炭水化物”な農耕民族ですので、あるある流にしろゾーンにしろ、炭水化物はふつうに食べる量の1/3から1/2しか食べられません。)

多分、あるあるの製作スタッフのどなたかが、ゾーンダイエットがアメリカでけっこう人気があるのに日本ではまだブレイクしていないのに目をつけて、”あるある流低炭水化物ダイエット”として日本人向けにアレンジしたのだと想像します。賢いな~。

明日は、

・ これら3つのローカーボダイエット(低炭水化物ダイエット)のうち、どれが今後生き残って定番化していくかのローカーボダイエットの日本でのトレンド予測、
・ 低炭水化物ダイエットをやってみたい方はどのダイエット法を選べばよいのか、ずばりアドバイスとおすすめ本、です。
よそでは読めない大胆予測&アドバイスは、必見です。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!昨日のリクエストクリックが予想以上に多かったので、明日更新予定だった記事を今日アップしました。ありがとうございます。おすすめ低炭水化物ダイエット法の記事を明日読みたい方は、こちらをクリックして、またリクエストしてください。

投票数が伸びれば続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断して、別の記事にするという基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

1月 10, 2005 24 食事(HLカーボ系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/2517469

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の低炭水化物ダイエット:

» 低炭水化物ダイエットを解説しているブログを発見! トラックバック 【発掘あるある大事典2】ウォッチングブログ
きのうのあるある大事典の低炭水化物ダイエットについて、詳しく解説されているブログ... 続きを読む

受信: 2005/01/10 20:41:54

» 低炭水化物ダイエットねぇ・・・ トラックバック プレステでダイエット!
『あるある大辞典』の反響って凄いんですね! 沢山のダイエットブログが例の「低炭水化物ダイエット」を話題にしているので、気になってきました。 だけれど、テレビを見... 続きを読む

受信: 2005/01/11 11:38:47

» ダイエットは考え方ひとつ?*ダイエット[29日目] トラックバック お気楽主婦のダイエット挑戦記録
仮名まるまる大辞典という番組で低炭水化物ダイエットが取り上げられて、いろいろなダイエットブログでこのダイエット法への異論反論などを見かけることが多くなったように... 続きを読む

受信: 2005/01/12 20:19:47

» ダイエットについて ずばり言うわよ! トラックバック 文明への灯〜経済的自立と自己実現のために
あたしを誰だと思ってるの?細木数子よ?今日は毒舌でいくわよ。私ダイエットは嫌いよ。人間はねえ、健康になれば自然に痩せるの。だから健康こそ目指すべき目標。なのに、... 続きを読む

受信: 2005/01/22 15:23:59

コメント

aboさん、

ゾーンダイエットは、カーボの極端な制限がないミドルカーボなので私のお気に入りですが、名前がわかりにくいので日本ではいまひとつブレイクしてないようですよね。あと、レシピが、日本で作るにはちと厳しいかも。私の記事でなんどか紹介しているアメリカ製のZone Barはとっても美味しくてお気に入り。アメリカの友人に1本150-200円で買ってきてもらってます。こういう美味しいゾーンフードが日本でももっとでてくるといいですね。なにか美味しいゾーンフードをご存知でしたら教えてください。

投稿: 桜子 | 2005/02/04 23:53:47

桜子様 はじめまして。
こちらのサイトで低炭水化物ダイエットを勉強させてもらってます。私に合うのはどのタイプかなぁと思案していましたが、ゾーンを基本にしたダイエットをやってみることにしました。
あるある流低炭水化物ダイエットも炭水化物1日90gにアレンジするのではなくて、素直にゾーンでやった方が辛くないのでは・・・?などと一人つっこんでみたい気持ちでいます。
私はパンが大好きなので、たまに衝動的に買い込んでしまうという悪い癖があるのですが、長期的な食習慣としてゾーンをやっていこうと考えているので、あまり規制を厳しくしない方がいいかなと迷っています。どこまでストレスをコントロールできるかがポイントになってくると思うのですが・・・。
最近日本でも4・3・3ダイエットという名でダイエット食品がでてきているみたいですね。バーのタイプだけだと思いきや、レトルト食品まで!これからが楽しみです。

投稿: abo | 2005/02/04 23:32:53

Mimaさんへ

アメリカ在住の日本人の方のコメントは、生きたダイエット最新情報なのでうれしいです。アメリカは知的エリートやお金持ちはお金に糸目をつけない最先端ダイエットでスーパーボディなのに、平均的アメリカ人は本当にデブですよね。おっしゃるように、”量と砂糖の取りすぎ”とだと思います。

玄米は、GI値がひくくてゆっくりと血糖値を上げ下げする良い茶系カーボなので、血糖値が下がると欲しくなる甘いものに対する欲求もゆるやかなのです。このへんのことは、甘いものへの食欲コントロールについて書いた時に詳しく書いているので、過去記事を探してよんでみてくださいね。

RETA さんへ

>>ローカーボダイエットの利点はありますが、欠点は以外に知られていません。

日本ではローカーボダイエットが流行りだしたばかりですから、たしかにまだまだですね。私はアメリカで聞いたり、自分で試したりしたので、Mimaさんが書かれていらっしゃるようなことを実体験しました。

投稿: 桜子( Mima&RETA さんへ) | 2005/01/14 22:12:37

こんにちわ。私以上のダイエットフリークと拝見しました。
ローカーボダイエットの利点はありますが、欠点は以外に知られていません。
もし良ければ遊びに来てくださいね。

投稿: RETA | 2005/01/12 0:04:59

桜子様
アメリカ在住の主婦です。このアトキンス・ダイエットはこちらで絶大な人気を誇り、フツーのスーパーでもアトキンス仕様の食品類が溢れています。実際私の周りの人達で成功した人が数人いますが、かなり劇的にやせています。でも私のような日本人=ご飯はやめられない者には絶対無理ですし、友人の中国系のお母さんはこのダイエットで内臓をおかしくして血尿が出たとも聞きます。何か偏りがあるように私には思えます。アメリカ人に関して言えば、私はダイエット云々という前に食べる量と砂糖のかたまり炭酸飲料水系の摂取を減らせば一番効果的だと思うのですが。いくらダイエット・コークを飲んだからといって、フレンチフライのビッグサイズを食べてたら効果なし!

私は桜子さんの影響もあって玄米食を最近始めたのですが、これがとても調子良いのです。豆類も3-4種類一緒に入れて炊きます。今までどうしてもコントロールできなかった甘いものが玄米食を始めてからそれほど食べなくても大丈夫になったのです。玄米食と甘いものに関連はあるのでしょうか?完全に甘いものを食べないというわけではないのですが、食後のデザートという習慣性が多少断たれたという感じです。まだ体重の変化は見られませんが、これから期待しています。

投稿: Mima | 2005/01/11 8:34:51

コメントを書く