« 運動せずに代謝アップ法 | トップページ | “野菜が主食”の王道化 »

ヨン様野菜ダイエットの裏側

今日の、スパスパ人間学で 「ヨン様式ダイエット簡単いいとこ取り!」というのを放送するようです。TV欄の番組紹介、「独占ヨン様プライベート映像、野菜の力10日で腹8cm減 」というのを読んで、ひそかに喜んでしまった私。うそ臭いダイエットやデータが多いので、めったに見ないTV健康番組だけど、今日は録画して見よう。それはなぜ?ヨン様ファンだから、じゃないですよ。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね! なんで野菜ダイエット(=ローカーボ&ミドルカーボ)がいいの?具体的にはどんなメニューやレシピを食べればいいの?というご興味のある方は、ここを押して続編記事のリクエスト・クリックをどうぞ!

(注:昨日の【運動以外の代謝アップ法】の続編記事は、リクエスト・クリックが今ひとつの割りにリクエスト・コメントが多いという、?な状況なので、ちょっと様子見中。コアなファンが多いけど一般ウケしないのかな?絶対続編読みたい!という方は、snowdropさんのようにコメントでアピールし続けてくださいませ)

0120-VegiSC
【写真】アメリカの農業とダイエットの聖地カリフォルニアの朝市では、こーんなきれいで美味しい野菜、しかも有機野菜(ビオ)が普通にどっさり売っています。んっ?カリフォルニアということは、この州でダイエットしていたヨン様も、こんな野菜を食べていたのかな。元々私は野菜嫌いだったのですが、それは野菜といえば水分90%のレタスサラダ!という、日本にまかり通る変な常識のせい。レタスは今でもきらいで、カラダを冷やすのでめったに食べません。栄養価の高い美味しい野菜を美味しく調理すれば、野菜はカラダに必要なものだからカラダが喜んで、美味しいと思えるようになります。

いやヨン様、嫌いじゃないんですけどね。

親しみやすいアジア人の顔のくせに、アメリカ人のような歯が浮くくどき文句を女性に堂々と言える韓国人男性。照れ屋の日本人の自分のダンナには、そんなセリフ言ってもらえなかった、これからも一生言ってもらえそうにないから、きゃーとなってしまうウブなおばさまたちの気持ちも分からないではない。韓国人男性は空港でバラを一輪もって女性を出迎えるらしく、「空港でバラは基本」というロマンチストらしいし。

でも、英語が日本語と同じ感じで聞けて、欧米人男性にしょっちゅう「きみは最高だ」「きみの爪のかたちまで美しい」などと、無理やりにでもいいとこみつけてくる大げさなくどき文句や社交辞令を言われなれている、英語のできる日本人女性や、最近は若い日本人男性もクサいほめ言葉を堂々と女性にいえるようになってきた(いいことだっ!)ので、若い日本人女性。私を含めてそういう人は、ヨン様や韓国人男性にははまらないと思います。「ああそう、はいはい」って感じで。言われ慣れてるもん(ごめんなさい)

おおっと、韓国人タレントブームの分析に話がずれてしまいました。今、韓国で話題の韓国健康ブーム“モムチャン(韓国語で最高のカラダ)=Well-being”が美健楽とコンセプト似ているなあと、1年ほど前から思って注目しているって記事も書こうと思っているので、韓国人のダイエットにはひそかに注目しているのですよ

ヨン様を”モムチャン”にしたダイエットも分析していて、「韓国人のダイエットもふくめ、どんなダイエット法でも必要とされているのは“野菜”だなあ」と再確認。今日のスパスパで、「おおっ、“ヨン様が野菜でダイエットした”ということで、また野菜がクローズアップされそうだ」と思って喜んでいる次第。

実は私、先週ベジタブル&フルーツ・ジュニア・マイスター(以下ベジフル・マイスター、通称野菜のソムリエ)の資格試験を受けて、1ヵ月後の合格通知待ちをしているんです。「スパスパで取り上げられたら、また野菜ブーム、そして野菜のソムリエが注目されるぞ~」と思って、喜んでいるわけ。

最近ダイエット・健康関連の仕事も始めたので、信用力アップのためなんらかの“食事系ダイエット関連資格”が必要だなあと思って、12.5万円も投資してこの資格をとることにしたんだから、人気資格になってもらわなきゃ~(本音)。野菜のソムリエって何?という方は、過去記事:野菜のソムリエ増加中!をみてね。1ヶ月後には私も長谷川理恵と同じレベルの、野菜のソムリエになる、予定(落ちたら追試だ…)。

さて、【ヨン様の野菜ダイエット】とは、まだ番組をみてないのでなんともいえませんが、実は【低炭水化物ダイエット(ローカーボ~ミドルカーボダイエット)】食事法のことだと思います。あるあると同じ“低炭水化物ダイエット”と呼んじゃうと差別化できないから、“ヨン様ダイエット”とか“野菜ダイエット”と呼んだほうが、また別の新しいダイエットのように聞こえるし。まあTVの常套手段です。(TV局のみなさま、突っ込みの激しいかわいくない視聴者ですみません)

雑誌で彼のダイエット法の記事を読んだところ、米国ロサンゼルスでパーソナル・トレーナーについて、【低炭水化物(ローカーボ~ミドルカーボ))ダイエット食事法とハードな筋トレ】をしていたようですね。アトキンスに近い厳しめの炭水化物控えめな食事法だったようですが野菜は禁止してなかったので、トータルワークアウトのようなゼロカーボではないようです。それでも、やはり米好きアジア人の韓国人の彼にとっては、炭水化物を減らすのが非常につらかったようです

先週、低炭水化物ダイエット(ローカーボ・ダイエット)についての記事を書いていたら、

「ごはん類(カーボ)を減らして肉(プロティン)ばっかり食べるダイエット」

と勝手に誤解して、それはけしからんと文句言ってる人々にうんざりしているので、ここで言っておきます。

「低炭水化物ダイエット(ローカーボ~ミドルカーボダイエット)とは、
“野菜”が主菜、“ご飯類”と“肉・魚・豆”が副菜の、
野菜をメインに食べる【野菜ダイエット】だ~っ!」

あ~、すっきりした。炭水化物を減らして肉食べるんじゃなくて、“野菜”でお腹一杯にするんです。そして、“ご飯類(カーボ)”と“肉・魚・豆(プロティン)”は控えめに(でもある程度はしっかり食べる)!当たり前?だから野菜サラダたくさん食べてる?それはまた、大間違い。

なんでこれがダイエットにいいの?具体的にはどんなレシピで、どんな野菜やメニューやを食べればいいの?というご興味のある方は、ここを押して続編記事のリクエスト・クリック(in 人気ブログランキング)をどうぞ!野菜のソムリエ、ベジフル・マイスター(になる予定)の私が、習いたての知識も総動員して、でもダイエッター目線で実践的に、分かりやすく説明させていただきます。

リクエスト・クリックやコメントが多かったら(1日1押ししかできませんが)、調子に乗って、私がいま食べている、美健楽的ロー~ミドル・カーボごはんの最新版写真とかも大公開しちゃいますよ~。あまりに簡単過ぎて30分以内にできてしまうお気楽クッキングなんで、公開するもの恥ずかしいんですけど。今日のごはんなんか、なーんもなかったので、冷凍野菜素材を使って製作時間10分の、それでも完全バランス美健楽料理。う~む、躊躇しつつもリクエストお待ちしてます。

1月 20, 2005 23 食事(バランス系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/2636595

この記事へのトラックバック一覧です: ヨン様野菜ダイエットの裏側:

コメント

桜子さんみたいな生き方に憧れて、日々悩みながら桜子さんを目指している女学生です^^私は極度の便秘症なので、今は美・健・楽の便秘解消法を探しています。人体実験してますよーーーうひっ。ただ……人体実験すると、お金のかかりようがすごいですよね。色々な方法を試すので(涙)桜子さんの日々の苦悩がわかります…ブログをひとつひとつアップするだけでも、すごく大変なことなのに…ご苦労様です!値が張るけど、最近コントレックスを買って飲んでいます。私は水をガブガブ飲んでしまうタイプなので、飲みにくいコントレックスがちょうど良いみたいなんです。それでも、2ℓ近く飲んでしまいますが…便秘症でむくみが激しいタイプなので、毎日この時期は辛いです。冷え性は悪化するし…桜子さんも、風邪などには充分気をつけてください!!

投稿: えり | 2005/01/20 20:20:17

いつも楽しく拝見しているのですが、最近寄せられる意見に少々慨嘆したので桜子さんを応援したくコメントしました。
「美健楽ダイエット」は無責任な短期集中減量ダイエットを奨励しているものではありません。他人任せで楽して短期に減量しようとする人は他を当たった方が良いと思います。
私がこのブログに注目しているのは健康的なダイエットの情報を発信しているからです。どの情報を選択するかは個人の自由ですが、それだって自身の悪い生活習慣の方が勝っていれば、良い結果が得られるものではありません。
どんなダイエットでも良いうたい文句だけを丸呑みにして短慮していては進歩はありません。自分に合う方法か否か判断し、取捨選択しながら良い方向へ進んで行けるように上手に活用してもらいたいと思います。

投稿: あさぎ | 2005/01/20 14:54:16

コメントを書く