« ヨン様野菜ダイエットの裏側 | トップページ | 宴会コースメニューでもダイエット »

“野菜が主食”の王道化

昨日のスパスパの“ヨン様ダイエット(ヨン様式ダイエット)いいとこどり、野菜ダイエット”を見て、あまりにうす~い内容なんで笑っちゃいました。一言でいえば、【1日に黄・赤・緑・黒・白・5色の野菜を食べよう】。野菜のソムリエ(候補)の私としては野菜をPRしたいですが、それでもちょっとねえ~って内容でした。

まあまるきり嘘でも悪い内容でもないんですけど、この5色野菜だけ10日間のうち6日食べてればやせるというのは、この野菜の成分の働きのおかげではないでしょう。ばくばく食べていた肉やお菓子をやめれば、それだけ摂取カロリーを控える「腹八分(減カロリー)になるので、2-3kgは落ちますって。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね! 野菜がメインって、具体的にはどんなメニューやレシピを食べればいいの?というご興味のある方は、ここを押して続編記事のリクエスト・クリックをどうぞ!

0121-Lunch
【写真】たくさんのリクエストクリックにお応えして、昨日の私のお昼ご飯写真公開。どんぶり一杯の野菜のカレースープ煮(というかスープカレーというか)、全粒粉25%入りトースト目玉焼きのせ、みかん1個。野菜がなんにもなかったので、冷凍野菜を使い、製作時間は10分。手抜き、あっいや、お気楽なミドルカーボレシピ、でもひと味違えて美味しく作るコツは、次回詳しくご紹介します。

ほんとに”いいとこどり”というか、”製作や視聴者をあおるのに都合のいいところどり”するんで、TVの健康番組はすごいです。製作スタッフもご苦労してるんでしょうけど。

ヨン様も、他の雑誌記事によると、野菜ばっかり食べてたわけではなく、ちゃんと良質のカーボとプロティン(鶏のささみ)も控えめながらしっかりバランスを考えて食べていたようなんで、”野菜だけ食べてりゃやせる”と信じ込まないように。

ちょっと、色んな野菜の食べ方パターンを比べてみます。○はおすすめの美健楽な食べ方、Xは美健楽ではないのでやめときましょってことです。

【○野菜をメインに食べる】

【野菜をメインに食べる】というのは、どのまっとうなダイエットでも共通して言っていること。その理由は、
・ 野菜は、カーボ、プロティン、ファット(いわゆるカラダに必要な三大栄養素、PFC)も入ってはいますが、ごく少量なのでローカロリー
・ そしてPFCをうまく働かせる潤滑油の、ビタミンとミネラルが豊富な”天然のサプリ”だからです。

だから、野菜をメインにどーんと食べる。でもそれだけじゃ、ビタミン・ミネラルは十分でも、PFCが足りないから、良質のPFCを厳選して控えめに食べる、と考えると分かりやすいです。そうすると、自然に【腹八分(減カロリー)のバランス食】という、美健楽ダイエットがず~といってきた、世界の定番ダイエット理論でもある食事法になるわけ。

【X野菜だけ食べる】

でも逆に、野菜だけ食べていたら?天然のビタミン・ミネラルサプリだけ飲んでいたら、カラダをつくる基礎になるPFCが外から入ってこないので、多分2-3日で低糖症状(カーボ不足)で倒れるでしょう。野菜サラダばかり食べてて貧血になる女性はたいがいこのパターンです。

【X短期間だけ野菜もカーボも一切食べない(ゼロカーボ)】

アトキンスのようなゼロカーボに近いダイエットには、野菜も禁止!するものもあります。トータルワークアウトもそう。これは野菜の中に入っている少量のカーボすら許せない!という極端なプロティン至上主義者のダイエット。そう、プロティン・パウダーやビタミン剤をやたら飲んで、筋肉を異常に肥大させたいムキムキのボディビルダーさんたち、マッチョ願望者の特殊なダイエットなので、例外。

”カーボと脂肪を全くとらずにいれば、カラダに溜め込まれている脂肪分が使われる”ことを期待しているのですが、これって”飢餓状態”のスイッチが入るわけですから、短期間でもカラダへの負担がものすごい。私も無謀にもこれを人体実験したとき、一日中食べ物のことばっかり考えちゃいましたよ。

この手のダイエットはたいがい、「短期間ならゼロカーボでも大丈夫!」って言っていますけど、その医学的安全性は証明されていません。またビタミン剤を飲まねば、野菜のビタミン・ミネラル分という潤滑油がないので、プロティンで筋肉を作ったり、体内脂肪を燃やしたりというのも大変難しいものになりそうです。


ということで、適度にしなやかで美しい筋肉を目指す、普通の人の美健楽ダイエッターには、【野菜がメインな食事法】というのが、世界の定番、いや王道理論になりつつあります

私が野菜のソムリエになる(予定)だから、【野菜ダイエット】をおすすめしてるんじゃないですよ。ダイエットを研究していて、「野菜がメインな食事法というのが、やはりダイエットの定番、いや王道だな」とわかりだしたから、「それではもっと野菜に詳しくなって、ダイエットの効果を上げよう」とも思い、野菜のソムリエ資格に興味をもったというのが事実です。

でも、「野菜がメインの低炭水化物ダイエット」をおすすめすると、多分また勝手に誤解して文句いってきたり、自己判断ダイエットする人がいそう

「じゃあ、やっぱり野菜サラダばっかり食べていればやせるの?」

それもちがーう!ここでいう野菜=レタスじゃないっ!日本では野菜といえば、貧弱~な栄養しかない水分90%のレタス・サラダのイメージで、外食産業にもそれがまかり通っているので、仕方ないんですけど。

じゃあどんなもんが、
正しい野菜ダイエット
=緩やかな低炭水化物(ロー&ミドルカーボ)ダイエット
=美健楽的ミドルカーボダイエット
なのか?

今日の写真、私の美健楽的野菜メインのお昼ご飯の写真からも分かるいくつかのキーポイントを、次回かんたんにつくれるレシピとともにご紹介します。

野菜メインの食事って、具体的にはどんなレシピで、どんな野菜やメニューやを食べればいいの?というご興味のある方は、ここを押して続編記事のリクエスト・クリック(in 人気ブログランキング)をどうぞ!野菜のソムリエ、ベジフル・マイスター(になる予定)の私ですので、野菜レシピ開発もできなければならないのです。元々、勝手に美健楽レシピ考えるの得意ですけどね。サルでもつくれる美健楽レシピをめざします。

1月 21, 2005 23 食事(バランス系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/2637394

この記事へのトラックバック一覧です: “野菜が主食”の王道化:

» 炭水化物ダイエット12日目 トラックバック 低炭水化物ダイエット!2週間
一食目)納豆オムレツ(納豆3パック、卵2個)、野菜スティック少々二食目)カレイの煮付け、麻婆豆腐、オクラ、卵サラダ、肉吸い三食目)八宝菜、大根千切り風(笑)おや... 続きを読む

受信: 2005/01/22 5:38:42

コメント

桜子さん、こんにちは。

私は野菜大好きです。母親も野菜好きで、よく温野菜にしたりして、どんぶりいっぱい(よりも多いかな?ボール一杯)の野菜を食べたりします。そういうのって、野菜だけでもおなか一杯になるのですが、バランス考えて、魚やささみ、脂身抜きの肉、納豆や豆腐とか一緒に食べてます。

ですが...こういう食事を晩御飯にしたとき、なぜか次の日体重ふえてるんですよ。トイレの後に計っても増えてる。

何がいけないんですかねぇ...食べすぎなのがNGなのでしょうか。

投稿: どら((=゜♀゜=))  | 2005/01/21 14:33:25

コメントを書く