« “野菜が主食”の王道化 | トップページ | 成功ダイエットの共通真理 »

宴会コースメニューでもダイエット

昨日、プレゼン&新年会で久々に飲みすぎてしまった桜子です。初めてお会いする方が多く、人と知り合うのが大好きな”パーティ・アニマル”な私としては、もうそれだけでハッピーにお話しまくってしまうんですが、予想どおり(?)残念だったのはお料理。典型的な安い(3000円)宴会コースメニューでした。

まあ、ここのお店が悪いのではなく、外食ってこのお値段ならどこもこんなもんです。幹事さんをせめているわけではないので、今日の記事を読んでいるかもの幹事さん、また昨日お会いしたみなさん、誤解しないでくださいね。私が幹事でも予算を考えると、こういう宴会コースメニューを選んじゃうと思いますよ。選択の余地ないですから(注;昨日お会いした方、もしコメント残していただく時は”桜子さん”で、お仕事&経歴の話はなしでお願いしますね。)

今日は、【典型的安いコースメニューに遭遇してしまった飲み会で、美健楽な食べ方を維持する方法】についてです。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!昨日お会いした方々、最近新年会で安い典型的宴会コースメニュー食べたなあという方、ここを押して訪問記念・応援クリックをお願いします!それを励みに記事書いてますので、よろしくお願いいたします。

0122-HomeParty
【写真】うちの最近のホームパーティ(つまり”宴会”)メニューはこんな感じ。野菜がメインで良質のプロティンとカーボを少量。これは女性向けだったので、ちょっとヘルシーすぎですかね。ダイエッターでないひと、男性がいるときは、良質カーボやチーズ、お肉のメニューも追加します。まんなかはめんたいこのヨーグルト・ディップです。人参は硬いのが苦手なら、冷え性の人なら、電子レンジでちょっとチンすれば、あっという間に温野菜!になります。

その典型的宴会コースメニューとは、

・前菜: オードブル盛り合わせ(スモークサーモン、チーズかまぼこ、生ハム、などの赤身魚と肉系動物性タンパク質)
・サラダと魚: マグロの刺身をのせたレタスメインの野菜サラダ・青しそドレッシング
・肉: 一応ウィンナーシュニっツェル風に見せかけてうす~くしたトンカツ
・締めのご飯系: ベーコンとチーズのピザ

見事にデブフードな、
・ 悪プロティン(タンパク質): 悪い脂が多く高カロリーの赤身の魚と肉系動物性たんぱく質
・ 悪ファット(脂質): とんかつの油、悪プロティンの脂、ベーコンの脂
・ 悪白カーボ(炭水化物): 精白小麦粉100%のピザの分厚い台
三悪PFC(プロティン、ファット、カーボ)の揃い踏みです。

しかも、料理法がまたわざわざ高カロリーになるようにしてるし

・ ヘルシーなはずのレタスサラダにわざわざ高カロリーのマグロをのせる
・ とんかつのお肉をけちるためにウィンナーシュニっツェル風に見せかけてうす~くし、さらにトンカツにしてカロリーと脂、カーボ(衣の小麦粉)を大幅アップ
・ ピザもわざわざ高カロリーなベーコンと油ぎとぎとのピザチーズ

というふうに、コストの安い悪ファット(悪い油)、悪カーボ(悪い白カーボ)を思いっきり使って、コストの高い悪プロティン(赤身の肉・魚系)が少なめでも、食べた~という満足感がでるように狙っているのです。日本の外食産業の典型的なやり方なのです。また、良いPFCはローカロリーなので、デブな人には満足感がなく文句がでるので、使うのを避ける傾向もあります。

しかし、いい美健楽の傾向・トレンドも発見!ひそかに美健楽志向は世間で高まっていると言い続けているのですが、これもその証拠だと思いましたね:

・ 以前はレタスサラダといえばフレンチドレッシングべったり!だったのが、油少なめの和風ドレッシングになっている
・ オードブルの下にも、とんかつの下にも、生野菜が相当量敷いてある。つまり”つま”みたいな添え物ものだが、結構量が多くなっている
・ さらにその添え物のバリエーションが豊か。玉ねぎスライス、せんぎりキャベツ、レタスと、結構バラエティに富んでいる。(以前はレタスとかパセリ一辺倒だった)

ということで、コースメニューで料理を選べなかったので、私はあらゆるお皿から、この添え物生野菜を集めまくって、メインとしてぱくぱく。そしてごく少量の、マグロの刺身2切れとピザ2口でプロティンとカーボを控えめに取って、美健楽なお食事にしたのでした。

とっても上質のお肉や魚がでてくるパーティなら、美健楽食生活を一時忘れてその日は心置きなく食べまくる!→そしてデトックスでリバウンド分を戻すというのをやるんです。けど、こういうまあまあのお料理のときは、安い悪い肉・脂・カーボで太るのは悔しい!なんとか美健楽的ミドルカーボな食生活が維持できるよう、食べ方を自然に考えてしまう、ダイエットがしみついている自分が怖いです。

それにしても外食産業さんに言いたい。美健楽にメニューを改善しているのは評価しますが、さらにお願い!

「温野菜のサラダ・ローカロリー・ヨーグルトディップ添えを、コース・メニューにいれてくれ~。レタスサラダはもうやめましょうよ。」

でもレタスサラダを入れる経営者の気持ちも、わからなくはないんです。それは、多くの人が「サラダといえばレタスサラダ」と思い込んで期待するから。そして、レタスはとりあえず安くてかさが多く見えるから。また、こういう宴会メニューの利用者・幹事は若い独身男性が多いので、普段洗うのがめんどうな生野菜を食べる食生活をしていない。だから、こうした外食の際にカラダが「たまには生野菜を食べとかんと」と要求して、「野菜サラダ~」と欲しがる男性も多いから。

ということで、【安い宴会コースメニュー・新年会で選択の余地がなくても、美健楽的な食べ方をする方法】のまとめです

1.男性との競争率が激しくドレッシングのカロリーが高い野菜サラダは見捨てて食べない。食べるとしたら、ドレッシングがかかってないところ。

2.忘れ去られがちでなにもドレッシングかかっていない、料理の”つま”(添え物野菜)を狙う。(私はトンカツの下のキャベツは、味見して油がついてたので止めました)

3.添え物野菜をメインにして、副食として、比較的カロリーの低そうな動物性タンパク質とカーボ(ご飯系)をごく少量食べる。でも生野菜だけをむしゃむしゃ食べるのはカラダが冷えるので、カラダの体温を上げる塩か少量のタンパク質を味付けとしながら、いっしょに食べる。

これで実は、昨日記事にした【野菜がメインの食事法】になります。ちなみに、宴会の最中に、この記事のような解説をする、野菜ばっかり集めているのを周囲の人に悟られるのは、絶対止めましょう。このデブフードが美味しいと思っている人も多いし、雰囲気ぶちこわしの世間迷惑なダイエッターになってしまいます。にこやか~にお酒でもついでまわったりしつつ、談笑しつつ、ひそかに選んで食べるのが大切です。

そして、より正しい【野菜がメインの食事法】のキーワードのひとつは【温野菜】でした~。どらさん、私が記事に書く前にコメントでずばり指摘しちゃだめですってば。でもまあ、上級ダイエッターさんはみんな気づいて実践してますよね。だって、自分で自分のダイエットや健康法を管理できるようになった人が行き着くところはみな同じ。その共通点をまとめていくのが”美健楽ダイエット”のコンセプトのひとつですから。世界の定番ダイエット・理論のいいとこどり。だから、どらさんのように、わたしもこんなことしてます、これがダイエットには大事だと思います!というコメント、大歓迎です。よろしくね。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!昨日お会いした方々、最近新年会でこんな宴会コースメニュー食べたなあという方、ここを押して訪問記念・応援クリックをお願いします!

1月 22, 2005 23 食事(バランス系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/2657083

この記事へのトラックバック一覧です: 宴会コースメニューでもダイエット:

コメント

桜子さん、こんにちは。

桜子さんの記事より先にキーワード書いちゃって、むふふ、うれしいなって感じです♪(桜子さんの先手行ってみたいし?)

さて、飲み会の席、確かにこのごろ野菜が多い!
私が行くときって、なぜかこの添え物系の野菜が多くあまってるんですよ。野菜を見ると自動的に反応してしまう私。ひたすら食べまくってます。とんかつの下敷きは確かに油のせいでまずいからさけてますけど。それにサラダだと高い野菜が、一杯あるのにもったいないですよね。

でも、飲んで楽しくおしゃべりしながら野菜食べてるので、変な目では見られてないです。

投稿: どら((=゜♀゜=))  | 2005/01/22 15:45:42

コメントを書く