« オフロテラピー・ダイエット | トップページ | 美健楽なカクテル・レシピ »

岩盤浴ダイエット・ブーム分析

昨日、【岩盤浴】が上級ダイエッターにはやりだしているとちらっと書いたら、北の方の方々から情報をいただきました。岩盤浴の発祥地とされているのが、秋田県のとある温泉地で、北海道や北東北あたりで岩盤浴の店をチェーン化する動きがあるようですね。東京でも、六本木や新宿など、すごい勢いで【岩盤浴の店】が増えているようです。

いつもは、ブームのダイエット法はとりあえず様子見で1-2年は手をださない私ですが、岩盤浴は昔からある健康法の焼き直しなので興味あり!ブームの裏分析をしています

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね! 今日の記事の【岩盤浴で代謝アップ】にご興味のある方、岩盤浴は未体験だけどサウナやゲルマニウム温浴は大好き!という方、継続記事のリクエスト・クリックをお願いします。

【岩盤浴】とはなにか?
実は理論的にはそんなに新しいものでもなくて、以前からあったコンセプト。簡単にいってしまえば、【遠赤外線効果をもつ特殊岩盤を温めて、その上に寝転がるサウナ】。鹿児島のような温泉地では、もともと地熱が高いので、あたためると遠赤外線効果を出す成分入りの天然岩盤がたまたま地表にあると、その上で寝転がることで【岩盤浴】していることとなります。

【岩盤浴】の定義としては私がざっと観察したところでは、

・ “遠赤外線”を放射するとされる成分入りの、特殊な“石”を使用すること
・ その石を温めてその上に着衣のまま寝転がること

温泉の地熱を利用した世界の療法としては、鹿児島には有名な砂蒸し温泉というものがあり、またアメリカの西のカリフォルニア州カリストガには泥蒸し温泉があります。これらは私が体験したところ、岩盤浴同様の効果がありますが、砂や泥は“遠赤外線”効果をおおきくはうたっていないため、これは岩盤浴のジャンルにはなりません。また、温泉の地熱ではなく温熱療法ということで見ると、韓国のオンドル、トルコ(またはイスラム系)のハンマームなどが似ているでしょうか。

【岩盤浴】の効果としては、
・ 石からでる遠赤外線(プラス、マイナスイオン効果)のおかげで、体内の水分子が揺さぶられたり反応したりして小さくなる

・ 小さい水分子のおかげで、さらさらの汗を大量にかき、血液もさらさらになる

・ 脂肪を燃やすという代謝の働きがアップ

・ ダイエット・美肌・健康効果

ということらしいです。まあ、定番人気の【サウナ】【ゲルマニウム温浴】などの、新バリエーションのひとつと思えばいいでしょう。

ただ今までは、岩盤浴という呼び方ではなく、「温石療法」「低温度サウナ」などと、全国の温泉地でさまざまに呼ばれていたようなので、ひとつの療法として認められにくかったのでしょう。それを、たぶんどこかの賢いビジネスマンが【岩盤浴】と名前をつけてブランド化、チェーン化して商売にしだしたのが、最近のブームの原因ではないかと踏んでいます。

また、ラクーア(東京・後楽園の温泉施設)でサウナ・温熱療法専門のフロアができて人気なので、サウナほど苦しくなくて楽に汗がかける温熱療法に注目が集まっている、ブームになる下地があったともいえます。

わきが治療で名前を売っている、「汗の専門医」というキャッチフレーズを自分でつけてなかなかPRの上手な五味医学博士というお医者さんがいるのですが、彼あたりがこの【岩盤浴】のカリスマになるべく、このブームや岩盤浴PRに一役買っているようです。

ブームや最新ダイエット機器には踊らされないよう慎重な私ですが、【岩盤浴】に注目しているのは、もともと温泉地で伝承されてきた、「理由はわからねどカラダにいい」とされる民間療法だから。何年か時代を経て、【時間】をかけて伝承されている健康法で、ある程度の【人気】があるという、定番・ロングセラーなダイエット・健康法は、一般的に効果がある確率が高いという持論をもっているためです。

ただ、理論は納得できて、時代を経て伝承されている歴史があっても、ブームにはやはりうさん臭いところもあるのでまだおすすめはしません。最近できている【岩盤浴】の店は、効果があるとされる石を天然ではなく合成しているようだし、温泉熱でもなく機械的に温めているだけ。温泉地にはふつうに存在する、健康効果があるとされる種々の温泉成分も存在しないので、温泉地で伝承されてきた温石療法とまったく同じではないからです。

もう少し、医学的には遠赤外線効果というものは証明されているのか、なにより実体験をいくつかの店でもっとやってみたり口コミを集めて、効果が実感できてからだに残る感じがするか、というのを確かめていきたいですね。このサイトをみている体験者の方、ご意見、ご感想をコメントくださるとうれしいです


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!今日の記事の【岩盤浴で代謝アップ】にご興味のある方、岩盤浴は未体験だけどサウナやゲルマニウム温浴は大好き!という方、継続記事のリクエスト・クリックをお願いします。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

1月 28, 2005 39【3温気アップ分野】 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/2720781

この記事へのトラックバック一覧です: 岩盤浴ダイエット・ブーム分析:

» 話題の岩盤浴と汗の秘密 トラックバック 考える★アシ
連日の雪、雪、雪・・・毎日の雪かきで体はもうボロボロ。あー温泉にでも行って癒されたいけれどそんな暇もない。そこで、今や札幌市内で流行っている新しい温泉「岩盤浴」... 続きを読む

受信: 2005/02/07 1:25:25

» 都内に岩盤浴のお店がオープン!〜ストーンエステ・ロッシュ トラックバック からだにいいこと探そう
今日は蒲田に新しくオープンしたストーンエステ「ロッシュ」を紹介します。 石の上に寝ているだけで大量に発汗し痩身や美肌に効果絶大の「... 続きを読む

受信: 2005/03/09 20:08:52

コメント

コメントを書く