« 岩盤浴ダイエット・ブーム分析 | トップページ | 世界遺産食材スナック »

美健楽なカクテル・レシピ

出張から飛行機で東京に戻ってきました。飛行機に乗る前や機内で、なぜか私が飲みたくなるカクテルがあります。日本はカクテルは甘くて女・子供が飲むもの、というイメージがあり、果汁たっぷりで高カロリーでもあるので、ダイエッターの私はめったに飲みません。

しかしこのカクテルは、出張で欧米によく行く機会があり、そのエグゼクティブやファーストクラス・ラウンジで、かっこいいビジネス・エリートの欧米男性がこれを飲んでいるのをよく見かけて、真似するようになりました。レシピもとってもお気楽・簡単な美健楽ドリンク・レシピなので、作ってみてください。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね! 美健楽レシピは相変わらずたくさんのリクエストをいただいています。レシピファンの方は、ここを押して、他のレシピへもリクエスト・クリックをお願いします。

そのカクテルとは、
【レッド・アイ】。
あとで写真をアップしますが、鹿児島空港のラウンジのフリードリンクコーナーで自分で作ったレッド・アイ・カクテル・それに、空港で買った、お気に入りの揚立屋のさつま芋いりさつまあげ、揚げたてあつあつと一緒にいただきました。いや~、夕方便だったし、夕食代わりだし、と言い訳する私…

レシピは、ビールとトマトジュースを2:1で混ぜるだけ。ただ空港や機内でうまくつくるには、ちょっとしたコツがあります。

1)ラウンジの生ビールサーバーなら、まず普通にビールをガラスコップにサーバーから注ぐ
2)サーバーはコップちょうど1杯になるようにビールを注いでしまうので、その1/3を飲む
3)2/3量に減ったビールにトマトジュースをそそぐ
4)カクテルコーナーにある、こしょう、タバスコなどを振りいれてややスパイシーにするのもGood!

飛行機の中でも、ビール(国内線普通席は有料)とトマトジュースはたいがい置いてあることが多いので、キャビンアテンドさんに、ビールとトマトジュースを両方もらって混ぜる!という自作レッドアイも作ります。このカクテル、ちょっと通っぽいので、レッドアイと注文してもこれを知らないキャビンアテンドさん、多いんです。説明するのも面倒なので、自作するのが一番。

なんでレッド・アイが飛行機で飲みたくなるのか、美健楽的にもヘルシーなのかという理由ですが、ウォール街のエリート白人男性に聞いてみたことがあります。

・ 材料がトマトジュースとアルコール度数の低いビールだけなので健康的
・ 同じような作り方でウォッカとトマトジュースでつくるカクテル【ブラッディ・マリー】が有名だが、それより軽くてすっきりする
・ 材料がシンプルなのでどこでも入手できて作りやすい
・ タバスコやこしょうを入れるとスパイシーで体があたたまる
・ 軽い酔い心地なので、機内で眠るための睡眠薬代わりやアペリティフ(食前酒)にぴったり
・ さらに、あまり大きい声でいえないが、軽いカクテルなので、機内の夕食に深酒して二日酔いになり、起きて朝食のときにのむ、迎え酒にもぴったり。

とのこと。飛行機の中で飲んだくれているのがばればれなお答えですが、もともと”迎え酒”する人の赤い目のようだから【レッド・アイ】という名前になったという説もあります。

アメリカではこの【レッドアイ】や【ブラッディ・マリー】用のスパイシーなトマトジュース、【ブラッディ・マリー・ミックス】(商品名)が売られているほど。アメリカ系航空会社に乗ったら、このスペシャルなトマトジュースとビールをオーダーして、アメリカンエリート気分で楽しんでみてください。一応、ヘビーなカクテルよりましな、美健楽カクテル・レッドアイのご紹介でした。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!美健楽レシピは相変わらずたくさんのリクエストをいただいています。レシピファンの方は、ここを押して、他のレシピへもリクエスト・クリックをお願いします。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

1月 29, 2005 30 レシピ(水・飲物系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/2736356

この記事へのトラックバック一覧です: 美健楽なカクテル・レシピ:

コメント

コメントを書く