« ダイエッター的リゾートの選び方 | トップページ | 施設断食後のリバウンド防止法 »

チョコレートダイエットを斬る!

チョコレートシロップを作っていて、最近、話題・定着モードのチョコレートダイエットに関しての徹底分析記事を書こう、と思い立ちました。実は去年の11月にこの本の発売日からあたためていたネタなんですが、ちまたでどのくらい人気がでるものか様子見していたのです。最近、ちょっと騒ぎすぎ?と思い始め、食品メーカーさんもこの本の影響を受けだしている気がしてきたので、ついにこのダイエット法をばっさりと評価分析してみることにしました。

チョコレートダイエット

【チョコレート・ダイエット】というのは、タレントの楠田枝里子さんが昨年11月に発売したダイエット本です。

ダイエッターにはチョコレート好きが多いので、
「もしや、大好物のチョコレートを好きなだけ食べるだけで、ダイエットできるの?」
「ダイエットにはチョコは厳禁だと思っていたけど、ダイエットになるなら食べてもいいの?」

という、希望・幻想を抱かせてくれるので、今売れているようです。いろんなダイエットブロガーさんも取上げているし、もちろんチョコレート中毒気味の私も発売日に、タイトルにつられて読みました

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!ダイエッターなのにチョコレート大好き!な方、チョコレート依存症気味でなんとかしなきゃの方、こちらを押してチョコレート・ダイエット記事続編へのリクエストをどうぞ。

でも、このチョコレートダイエットとはなにかとかいう、普通のことやよいしょ記事は書きません。私はずばり、このチョコレートダイエット法へのオリジナルな分析評価と、それをどう自分のダイエットに生かしているかを、ディープに書いてみます。この記事を読めば、多分本を読まなくても、チョコレートダイエットをご自分のダイエットに応用できるはず、というお役立ち記事をめざします。

ずばり私の結論と、この本への美健楽的評価は:

☆ (星ひとつ、役立つ点もあるけど強力お奨めするほどではなし)

内容の要点としては、

「ダイエットにチョコを食べてもいいよ。ただし、
・ カカオ分70%以上のビターチョコをごく少量(1日2-3かけ程度)で、かつ
・ ちゃんと美健楽な、バランスのとれた腹八分めの食事と、適度な運動をするという条件つき、でね」

チョコを好きなだけ食べられる、チョコを食べるだけでダイエットできるというのは、まったくの幻想です

事実、本をよく読むと、楠田枝里子さんはお母様が栄養士さんなので、小さい頃からちゃんとした美健楽な食生活(腹八分のバランス食)が身についている人。また運動も好きでちゃんとやっているようです。

その王道の美健楽なライフスタイルをやっているうえで、血液サラサラ効果(代謝アップ)があるカカオポリフェノールが多い、ビターチョコレート(ミルクチョコよりカカオ・ココアバターが70%以上と多いもの)を少量食べているだけ。

しかも、
「ビターチョコは、胸焼けがするのでたくさんは食べられないのがいいところ」という趣旨のことも書いています。

つまり、砂糖や植物オイルがメインの日本の安物チョコ菓子を、チョコレート(砂糖分)中毒でどか食いしてしまう一般人とはまったく状況が違いますし、参考になりません

でもね、この本が売れている理由は、
「チョコを好きなだけ食べられる、チョコを食べるだけでダイエットできる」
という幻想を、マーケティング的に意図的にPRしていて、そう誤解しているチョコレート中毒のダイエッターが多いからだと思います。

だって出版社が、あのマーケティング上手な幻冬舎ですから。「奇をてらったネタで、短期集中ダイエットでないと、日本のダイエット読者には売れないし話題にならない」と割り切っているようです。よって、

「チョコレートでダイエットするという意外性」
「ナイスプロポーションの楠田枝里子」
を前面に押し出して、

「バランスのとれた腹八分めの食事と運動」をしていることは、ひっそりと書いておく。それを読者がどうとるかは個人の責任、ということで。

本をしっかり読み込んで、マーケティングにムードにだまされないように、賢く自分のダイエットに応用しましょうね。というように、私は全体的に辛口の評価です。

が、【☆ひとつにしたお役立ちポイント】としては、

確かにカカオ分70%以上のブラックチョコだと、チョコレート中毒者でも胸焼けがしてたくさん食べられず、量を抑えられるような気がする

カカオポリフェノールを【代謝アップのためのサプリメント】とみなせば、たしかにダイエット中にチョコを食べる罪悪感から逃れられて少量を味わって食べられる姿勢になり、チョコレート中毒患者にはココロケア的メリットがあるから(まあ、赤ワインポリフェノールでもりんごポリフェノールでも、ポリフェノールなら同効果なんですけどね)

という2つのメリットを感じたから。

【美健楽ダイエッターはこの本をどう生かすか?】

・ 安物チョコではなく、カカオの含有量を確かめてできるだけ70%以上のカカオ分の高いビター・ブラックチョコに切り替えましょう。70%より多いと苦すぎて食べにくく、少ないと糖分、脂肪分が多いので、カーボ・チョコレート中毒でどか食いしがちです。

・ カカオ含有量の書いていないチョコは、以前私が記事にしたように、原材料名をみて選ぶ。ここは含有量の多い順にかかねばならないと法律で決まっているので、カカオマスがなるべく前にきている(含有量が多い)チョコを買いましょう

・ このビターチョコを1日せいぜいひとかけ、ふたかけ(約80-100kcal分)、じっくり味わいながら食べましょう。

・ でも、それだけではやせません。ちゃんと美健楽ライフスタイルをしたうえで、上質のブラックチョコを、代謝アップのサプリメントとみなして少量ゆっくり食べる、というサポート的な使い方です。


ちなみに私は、元々ミルクチョコ大好き!で、ブラック・ビターチョコは苦いので嫌いだったのです。が、最近、自分で編み出したチョコ・トレーニングで、ブラックチョコへの好みの切り替えに成功しました!このチョコ・トレーニングのやり方とおすすめチョコレートについて、リクエストが多ければ次の機会に書きましょう。

また、この本の人気の影響か、実は最近、じわじわとブラックチョコ・ブームも起きているのにお気づきですか?コンビニに行って、じーっとチョコの棚をみてください。こういう新発売のブラックチョコの話も書きたいです。リクエストしてね。ではまた。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!記事への感想投票をどうぞ!記事の内容が結構面白かった、役に立ったよ、と言ってくださる方、ダイエッターなのにチョコレート大好き!な方、チョコレート依存症気味でなんとかしなきゃの方、こちらを押してチョコレート・ダイエット記事続編へのリクエストをどうぞ。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

3月 21, 2005 23 食事(バランス系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/3380607

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレートダイエットを斬る!:

コメント

★>>カカオ分70%のビターチョコでもスイス製とか多少高級になると口当たりよく作ってあって

口当たりよいということは、脂肪分や砂糖が多いのです。カカオマスの含有量にかかわらずこれが多いものは、”カーボ・チョコレート中毒”(砂糖+脂肪分は最悪)になって、止められない止まらないことになりがちのようですね。カカオマスはなるべく前で多く含まれており、でも砂糖とココアバターを含む脂肪分は後ろで少ないものを選ぶといいと思います。

オーガニックは、うーん、美味しい物とまずい物があって、オーガニックだから美味しいわけでもないかなあ。アメリカのチョコは以前書いたように、砂糖の甘味のタイプがハーシーズに習っていて人工甘味料っぽいのできらいです。オーガニックだったら、自然食料品店で売っている創健社のチョコか、第三世界で売っているオーガニックチョコがお気に入り。でもこれらはブラックチョコではないので、止められないのですよね。ふうっ~。

美味しくてでも食欲コントロールできるチョコは、成城石井とかでベルギー産(チョコはスイスでもフランスでもなくベルギー産が一番美味しいことが多いです)でカカオ分の高い脂肪・砂糖分の少ないものを選ぶことが多いです。意外にダースのブラックチョコとかもカカオ分少ないですが、たくさん食べられなくて手に入りやすくていいですよ。

チョコネタでこれだけ書ける、チョコオタクな私でした。

★>>私も好きなので)そんなに甘くはないですね

はい、だからビターなほうがいいんですねっ。(笑)

投稿: 桜子 | 2005/03/23 4:59:55

チョコレートダイエットってチョコレート好きな人には凄く関心があると思うけれど、(私も好きなので)そんなに甘くはないですね。参考になります

投稿: natsuko | 2005/03/22 14:15:55

桜子様

チョコレートダイエット、私が予想していた通り辛口批評でしたね。私もチョコレートを食べてやせるなどというむしのいい話はないんじゃないかと懐疑的だったのです。私自身チョコレート中毒患者(?)で、様々なチョコレートが好きですが(ホワイトチョコレートは例外)、カカオ分70%のビターチョコでもスイス製とか多少高級になると口当たりよく作ってあって、2-3かけでは終わらなくなるときがありませんか?2-3かけで終わらせようとするには非常に堅固なウィルパワーが必要となります(笑)ので私には無理です!アメリカには結構オーガニックのチョコも売ってありますが、桜子さん、お好きですか?やはりふつうのよりオーガニックのカカオ分70%のチョコを選んだ方が良いのでしょうか?

投稿: Mima | 2005/03/22 8:12:42

コメントを書く