« 施設断食後のリバウンド防止法 | トップページ | オーガニック食品はダイエット向き? »

チョコレート中毒患者向けチョコ

今日からダイエットに弾みをつけるために、また朝型に変更して5時起きした桜子です。ダイエットの”引き締めモード期”には早起きして朝から体温・代謝を上げたほうが、一日中、食事・運動もきちんとやれるんです

先日のあるある大事典で「冷えはダイエット・健康の大敵」というのをやっていましたが、あるあるに言われる前から、冷えがダイエットに悪いということは、ずっと言っていましたし、石原医師の持論でもあります。朝からしっかり黒砂糖生姜紅茶でカラダを温め、自宅のエアロバイクで軽い有酸素運動、スポーツクラブでジャグージまで、仕事前にやってきます。あっもちろん、この記事を書いて更新してからね。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!元々、超夜型の私が朝5時に起きることができるようになったのには、”最後の秘策”があるんですよ~。早起きしてダイエットに弾みをつけたいダイエッターの方、こちらをクリックして教えて!リクエストをどうぞ。ダイエッターのくせにチョコばかり食べてるんじゃない!でも止められないのよね!の方も、応援お願いいたします。

0323-BlackChoco
【写真】こちらは、最近国産メーカーでのブラックチョコ・ブームにのってでてきた定番チョコのブラックチョコバージョン。なかでもこのダースとクランキーは私のお気に入り。ダースはダイエッターにもまあOK、クランキーはデブフードなんで気をつけて。この記事の最後にこれらについて書いてますのでそっちも読んでね、

チョコレートダイエットの質問にお応えしていたら、記事になりそうなくらい長い文章を書いてしまいました。よって転記・追加して記事にしてしまいます。

ご質問:「カカオ分70%のビターチョコでもスイス製とか多少高級になると口当たりよく作ってあって食べだすと止まらなくことがありませんか?」

という趣旨のご質問があったので、
【もっと詳しいダイエット向きチョコレートの選び方】です。

)”口当たりがよい”ということは、つまり脂肪分や砂糖が多いのです。カカオマスの含有量にかかわらずこれが多いものは、”カーボ・チョコレート中毒”(カーボの砂糖+脂肪分は止まらない度が最悪)になって、私の経験上でも止められない止まらないことになりがちのようです。

カカオマスはなるべく成分表示の前に記載されていて多く含まれており、でも砂糖とココアバターを含む脂肪分は後ろで少ないもの、を選ぶのがコツです。

2)オーガニックチョコならいいの?ということでは必ずしもないです。美味しい物とまずい物に極端に分かれます。普通の食材や野菜は、オーガニックだと”本物の味がする””味が濃い”などの理由で美味しいとされるのですが、チョコには当てはまらないこともあります。また、オーガニックワインは最低!いままで美味しいオーガニックワインに当ったことがありません。(なんででしょう?)

注: ただ、デブフードですが、私の好きな止められない止まらないチョコレートは、自然食品店でしか買えないオーガニックチョコが多いですね。以前記事でもご紹介した創健社の黒ゴマぎっしりチョコとか、第三世界ショップで売っているオーガニックチョコがお気に入り。でもこれらはブラックチョコではないミルクチョコなので、止められずにどか食いしがち。気をつけてください。

3)チョコの国別でいえば、ヨーロッパと日本のチョコがアメリカよりも美味しいことが多いです。ダイエット食品があふれているアメリカですが、アメリカのチョコは以前も書いたように、砂糖の甘味が”ハーシーズ”に習っていてうすぺっらい甘味の人工甘味料(サッカリンやアスパルテーム風?)っぽいので、ヨーロッパ風の”リンツ”に習ったまろやかでリッチな甘味に慣れている日本人にはまずいです。

4)美味しくてでも食欲コントロールできるチョコは、成城石井とかの高級グルメ食品店に行き
・ベルギー産(チョコはスイスでもフランスでもなくベルギー産が一番美味しいことが多いです)で、
・カカオ分の高い脂肪・砂糖分の少ないものを選ぶ
と当ることが多いです。

フランス製の製菓用のチョコだと、カカオ分がなん%と明示してあって選びやすい。ヨーロッパは日本と違って、カカオ分が高くないと”チョコレート”と呼べないという食品法があるので、カカオ分が高いものが多くてよいのです。日本は15,6%しかカカオが入ってなくても”チョコレート菓子”と呼べたりする、カカオマス後進国ですから、気をつけてください。

4)でも、その国産メーカーの市販品でも、最近チョコレートダイエットの本のせいかブラックチョコが流行っています。定番チョコがブラックバージョンを出したりもしているのですが、これが意外に美味しいんですよね。

私のお気に入りが、【ダースのブラックチョコ】。カカオ分少なめ(45%)ですが、ミルクチョコバージョンよりたくさん食べられないし、手に入りやすくていいですよ。価格が安い国産チョコだと、カカオマスは高くついてたくさん入れられないようなので、高くても40-50%くらいなようです。

一方、デブフードですが、美味しくてレアなブラックチョコが【ロッテのブラッククランキー、ほんのりうま塩味】。そうあの超ロングセラー定番チョコ、クランキーのブラックバージョンです。でもこれ、なんか初期のモスバーガーみたく、マイナーな田舎のコンビニにしか置いてないんですよ。めったにお目にかかれない。ドイツ産らしき岩塩が入っていて、チョコとなぜかマッチしていて、はい、止められない止まらないの危険なチョコです。

5)私がチョコレートの好みをミルクからブラックに変えるために使ったチョコレートをご紹介、しようと思ったら、写真がどこかにいっちゃった~。あとで見つけたらアップします。

チョコネタでこれだけ書ける、チョコオタクな私でした。ではこの辺でやめて、スポーツクラブへいってきます。よい一日をお過ごしください。(早起きすると一日が長くていいですねっ)


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!記事への感想投票をどうぞ!記事の内容が結構面白かった、役に立ったよ、と言ってくださる方はこちらか左のロゴ(←)を押して投票ください。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

3月 23, 2005 25 食事(甘味系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/3402966

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレート中毒患者向けチョコ:

» チョコレートといえば トラックバック カルフール幕張を制覇する
 カルフールでは、世界の食品が豊富だ。そこが売りなのだから当然だが、バレンタイン 続きを読む

受信: 2005/03/23 8:08:55

» 少し体が軽くなった様な〜? トラックバック なにわダイエット塾
ここでチョコ食ったらマズイ!と自分に言い聞かせてダイエット中です! でも、無性に食べたい! 続きを読む

受信: 2005/03/23 22:34:32

コメント

みなさまコメントありがとう。いや~、世の中には私のようにチョコレート中毒な方が多いもんだと心強く思いました(笑)。

お酒中毒(?アルコール中毒までいかない程度ね)の脱し方、私が長い記事を短時間で書ける理由、
運動後の食欲の抑え方、
私の早起きの秘密、
へのご質問・リクエストは、書きたい記事リストに入れておきますね。

投稿: 桜子 | 2005/03/25 1:01:32

チョコ、私も大好きです。ですが、桜子さんのチョコ断ちをしてから、中毒症状が出なくなりました。ありがとうございます。さらにお願いなのですが、ぜひ、早起きの秘密が知りたいです。楽しみにしてます、どうぞよろしくお願いします!

投稿: mana | 2005/03/24 16:05:53

桜子様

お忙しい中、私の何気ないチョコレートに関する質問に答えていただき感激です!ありがとうございました。大変参考になりました。また、コメントされているチョコレート中毒患者の方たち(笑)のいわゆる中毒ぶりが私のそれと共通点があるので多少救われた気がします(笑)

私の中毒解決法として、チョコレートよりましかなと思い代替品としてドライフルーツを食べ始めました。基本的に私は干いちじくや干マンゴーが大好きなので食後にこういうものを食べ始めました。でもカロリー面では結構これらも高カロリーであったりするのですよね。私も黒砂糖を食べたいところですが、アメリカでは質の高いブロック状の黒砂糖にお目にかかったことないのですよね。

あと、私は毎日ジムで2時間近くエクセサイズをするのですが、エクセサイズをした後の食欲ってかなりのものだと思いませんか?これが元凶です。どんなにエクセサイズしても食欲を抑えられるムシのいい方法ってないものでしょうか(笑)。ジムに行く一時間以上前にはお腹の負担にならないように、フルーツスムージーを作って朝食としています。この中にはフルーツ最低3種類(バナナとラズベリー、マンゴは必ず入れます)、プレーンヨーグルト、クランベリージュース(またはざくろジュース)、液体クロロフィル、wheat germ、大豆プロテイン(粉)などが入っています。あまりボリュームのある朝食だとエクセサイズしている時に辛くなってしまうのでこの程度に抑えていますが、お昼になる前にお腹空いてしまってだめですね。そしてお昼プラスデザートをドカ食いしてしまうという悪循環。何のためのエクセサイズなのかわからなくなっているかもしれません。ごめんなさい、チョコレートの話題からそれたコメントになってしまいました!

投稿: Mima | 2005/03/24 12:49:46

気持ちのいい詳細な文章ですね。
さすがと感心せずにはいられません。
そしてみんみさん同様「この人は本当にどんな生活をしているんだ」感に包まれてしまいます。

私もチョコレートは大好きなので「ヨーロッパのチョコのほうが美味しいな」程度は感じていましたが、これを読んで「なるほど」と勉強になりました。

「ブラッククランキー」探してみます。

投稿: moriwaki | 2005/03/24 8:25:45

桜子さんこんばんは。

桜子さんって一体どんな生活をされているのですか?
お仕事もお忙しそうな上にMM、BLOG等書いて、しかも本当に内容がとても濃い。
週末にはお料理の作りおき、一体何者なんだ!っていつも感じます。
普通じゃないです!

それはさておき、以前にもコメントさせていただきましたが、私は自分で私以上のカーボ中毒患者はいない!と自負しています。
チョコレートを食べだしたら箱食いなんてもんじゃありません。
コーヒー好きなのでミルクチョコレートが好きなのですが、銘柄問わず(ブラジル等のチョコレートとは言えないものはパス)、あるだけ食べてしまいます。日本で言えばアルファベットチョコレート一袋なんて当たり前、アメリカのスーパーで売っているようなファミリー向けの袋入りのチョコレートも一気に食べてしまう勢いです。
罪悪感いっぱいで次々と口に放り込んでしまって、後から自分を嫌いに思うんですよね・・・。

そんな私がダイエットを始めたついでに中毒を脱することができたのは桜子さんのおかげなんですよ~。
私の場合、チョコレート中毒以前のカーボ中毒(桜子さんのおっしゃるとおり、ポテトサラダまで止まらない)なので、中毒症状のでるものはもう食べるの止めちゃいました♪
そしたらなぜか、チョコレートをみても食べたいって思わなくなったんですよ。
食べ始めたら止まらないだろうけど、食べなきゃそれですむんですよね。

ひとつだけ止められないもの、それはお酒。これも飲み始めたら止まりにくい。
チョコレートと違うのは、チョコレートは欲しなくなるけれどお酒は体が欲するんですよねえ(-"-)。
どうしてもって場合は食事を減らして飲むんですけど、ある程度飲んでしまうと、以前桜子さんがやってしまったように私も満腹中枢がおかしくなってドカ食いしちゃうんです。それを分かっていても「絶対今日はドカ食いしないから!」って思って飲んでしまったり・・・。
これってなんとかならないもんですかね?

果報者さんに引き続き、長くなってしまってすみません。


投稿: みんみ | 2005/03/23 20:20:39

桜子さん、おはようございます。「チョコ中毒」は、私も興味があって調べたことがあります。チョコって、砂糖・カフェインといった中毒になりやすい物質に加え、テオブロミンなどの「幸福物質」も含まれているとか。確かにやめるの難しいですよね~。自分のBLOGで記事にしたことがあります。http://d.hatena.ne.jp/kahoumono/20040912#p2

私もかつては「チョコ箱食い」していたクチですが、最近は随分おさまりました。長文になりますが、「私がチョコ中毒を脱した方法」と、あともう一つ「オーガニックチョコ」について記しておきます。少々「エコ押しつけ」っぽい内容になってしまうかもしれませんがご容赦を。

■1. 私がチョコ中毒を脱した方法

ズバリ、「チョコの代わりに、喜界島黒糖のブロックタイプをカリカリ食べる」です。桜子さんご伝授の方法と言っても過言ではありませんね。風味豊かで、しかも甘みはチョコより強いから、「こりゃチョコは要らないわ~」って感じでした。たくさん摂り過ぎると問題だけど、白砂糖・質の悪い油脂・添加物が入ったチョコよりも、ミネラル豊富なそのまんまの粗製糖の方が、ずっと健康的かなと思います。

■2. オーガニックチョコ・自然派チョコ・フェアトレードチョコ

いろいろな商品がありますが、食の安全性から考えると、「糖分」「カカオ」「ミルク」の質と、「乳化剤を使っているか否か」がポイントだと思います。

糖分は精白糖より粗製糖の方が体によく、糖分・カカオ・ミルクともに、有機農業などに取り組む小規模農家で生産しているものだとBESTではないでしょうか。典型的な換金作物である砂糖・カカオ、その多くは、ジャングルを伐採して広大な農場をつくり、農薬等を大規模散布して、単一栽培されていると考えられます。(なお、世界的なカカオの大産地では、違法な児童労働も問題になっています)

また、乳化剤(大豆レシチン)は、大豆の遺伝子組み換えが心配なので、含まれない方がよいけれど、乳化剤を使わないチョコは溶けやすいんですよね・・・。

こうしたコトを知っていくと、「大量生産しているチョコって、どんな原材料使ってるんだ?」と想像してしまい、コワくてコンビニでチョコ買えなくなってくる(笑)。これって「チョコ恐怖ダイエット」になる??

(長文になってしまいスミマセ~ン!)

投稿: 果報者 | 2005/03/23 10:43:58

コメントを書く