« 欧米日の美健楽デザート比較 | トップページ | クシ・デリ&カフェの感想募集 »

シュガーレスチョコでチョコ中毒ケア

ここ数日すっかり甘いものの記事づいている桜子です。なぜか?ダイエット引き締めモードで、仕事の締め切りに追われてあんまり寝ていないストレス、そして女性ホルモンバランスが崩れる高温期前ということで、カラダが甘いものを求めているようですね。で、ドカ食いしないように、記事に書いて写真をみて、発散しているらしいです。自分でも今気づきました。甘々記事におつき合いいただいてありがとうございます

数日前の【チョコレート・スイーツ中毒の治し方(改訂版)】の記事のさいごに、

>>ちょこっと追加で
3.【美味しいシュガーレスチョコのマインドフルネス食い】について明日続けて書きます

と続きの予告をして忘れてました。その続きです。

昔は不味いものが多くて食べられなかったし、日本では不味いシュガーレスが多いですが、最近アメリカでは、下の写真のような美味しいシュガーレスチョコがやっとでてきました。シュガーレスチョコの美味しいものでしたら、吟味して黒砂糖やブラックチョコのように、どかぐいしないで済むチョコレートの代用品として使うことができます。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!今週で3月も終わり!このブログも残すところあと1ヶ月となりました。こちらを押して、最後まで応援クリックをお願いいたします(なんか選挙演説みたい?)仕事で徹夜したのにブログを更新している、ブログ中毒気味の管理人の励みになります(笑)よろしくお願いします。

0328-USSugarlessChoco

【チョコレート・スイーツ中毒の治し方】(改訂版続き)
前回の記事はこちら


3)【美味しいシュガーレスチョコのマインドフルネス食い】

シュガーレスチョコとは、チョコレート中毒を引き起こす悪白カーボの精製白砂糖の代わりに、人工甘味料などの”カラダに砂糖と認識されないので吸収されない甘味成分”を使ったもの。舌では十分甘味を感じますが、カラダは砂糖として認識しないのでそのまま排出し、カロリーにならないのです。(だからシュガーレスチョコを食べ過ぎると、そのまま排出=おなかがゆるくなることがあります)白砂糖成分がはいっていないか少なめなので、カーボ中毒のためのドカ食いは起こりにくいです。

でもシュガーレスチョコとはいえ、油分・カロリーはあるので無制限に食べてもOKではありません。また、砂糖がまるきり入っていなくて人工甘味料だけだと、脳とカラダが相反する認識、「これは砂糖だ」「いや砂糖ではない」を行うことになり、不自然なのでよいこととは思えません。少なくとも舌は甘味で満足するのに、脳への糖分エネルギーは与えられないので、適度に本当の砂糖分をとらないと、カーボ中毒ではないけれど「脳のエネルギーを求める」ためのドカ食いが起こります。

よって、シュガーレスチョコは、全くの砂糖なしではなく、多少は本物の砂糖を使用しているもの、できれば良茶色糖分(黒砂糖、蜂蜜、メープルシロップなどの粗精製糖)を使っているものを選ぶのがカギです。

チョコやスイーツを全く断ち切る!のは、人生の楽しみを失ってしまって寂しい。でも、チョコやスイーツに狂って食べまくるのは、食欲に支配されてデブまっしぐら。チョコやスイーツへの食欲をどうコントロールし、ダイエット向きの美健楽スイーツを選び、デブフードとも少量をどう賢く楽しむかというのが、美健楽ダイエットの目指すところ。食欲コントロールできるようになったら、デブフードでも週に1回くらいなら、罪悪感なしで楽しめるという心理的メリットもあります。

さらに、美健楽ダイエットで体質がかわってくると、こういうデブフードなチョコやスイーツが、心理的・体質的にまずく感じるようにもなってくるんです。白砂糖の強烈な甘さがきーんときたり、添加物・保存剤の「変な味」で気持ち悪くなったりするんですよ。

逆に「しょぼいケーキだなあ」と思っていた、マクロビケーキがものすごく美味しく感じられたりして。私、いま一番好きなケーキは、チャヤマクロビオティクスのケーキですね。材料がすべて香り高く、ものすごく手の込んだ感じがして、しみじみと美味しいです。

でも、生理前後のホルモンバランスが変わるときや週に1回は、なんでも好きなケーキ、チョコを食べていいことにしていて、吟味して罪悪感なしに楽しんで食べています。こういうカラダがほんとうに糖分を必要とするときの無理な制限は、反動でのドカ食いを引き起こしてこわいので逆らわないこと。食べ過ぎず制限しすぎず、美健楽ダイエットの50点主義でいきましょう。

最後に、この記事の前の記事や関連・続きはどれ?とか、続き記事を一度によみたいと思われたら、左欄の目次か、下の【24食事(甘味系)】のカテゴリをクリックしてでも探せます。私が”続き”を書くように記事を分けるのは、それでひっぱってアクセス稼ぎを狙っているわけではないです。実際、”続き”は避けて一話完結にしたほうがみなさまの反応はいいし、”続き”でアクセス数は上がらないことはこの10ヶ月の経験で証明済み。

でも、私が”続き”記事にしてしまうのは、「長すぎる記事は読みにくくて不評」だからです。字を小さくすれば入るかもだけど、私のサイトの大きめ文字って、実は読みやすいってひそかな人気なんですよね。個人的にも、字が小さくて長くて改行の少ない記事は、内容が素晴らしくても読まなくなります。面倒だから。(年寄りだから?)

某マーケティングサイトさんの記事がそれで、読まなくなってしまったのが残念です。逆に私の、途中で切っても長い記事をよんでくださる読者のみなさまには、本当に感謝しております。自分でも長くて読みにくいと思っているのに、よくまあ…

でも、”続き”で記事を分けると、読みにくいことはたしか。しかしこのサイトは左欄の目次をかなり細かく分けて、しかもタイトル一覧でみることができるよう、検索しやすい裏ワザを使ってあるのですよっ!ぜひ左欄の目次やカテゴリ分けもご活用くださいね。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!記事への感想投票をどうぞ!記事の内容が結構面白かった、役に立ったよ、と言ってくださる方はこちらか左のロゴ(←)を押して投票ください。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

3月 28, 2005 25 食事(甘味系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/3470458

この記事へのトラックバック一覧です: シュガーレスチョコでチョコ中毒ケア:

» 1日1ココア。 トラックバック スロー図鑑
ココアがすきだ :-D チョコ中毒に類似か?いつも朝食時に飲む。 以前は、毎朝コーヒー派だったけど、ある時 なんとなく体が「コーヒーもういりま... 続きを読む

受信: 2005/03/30 23:25:52

コメント

コメントを書く