« 美健楽オフ会リポート | トップページ | 5・1までに書きたいネタ・リスト »

究極の黒砂糖@かごや(鹿児島)

暖かい鹿児島、と昨日の記事に書いたら、いきなり昨晩雪が降って鹿児島も冬に逆戻り。春はまだちょっと先のようですね。でも、鹿児島で【究極の黒砂糖】をみつけてしまってハッピーな桜子です。

美健楽ダイエットでは、黒砂糖を少量ちょこちょこ食べることで、甘いもののどか食いを避けることをおすすめしてます。でも実はおいしい黒砂糖を探すのは結構たいへん。私自身は産地である奄美大島の知り合いから直送していただいているのです。が、「美味しい黒砂糖が買えるお店を教えて」というメールを読者の方々からいただいて、お勧めできる店がないのでちょっと困っていました。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!ダイエッターなのに甘いもの大好き!な方、お菓子依存症気味でなんとかしなきゃの方、こちらを押しての美健楽スナック記事のリクエストをどうぞ。限定ブログあと2ヶ月をきりました。1日1回の応援クリックを習慣にしてくださるよう、よろしくお願いいたします

ところが今回、鹿児島で【究極の黒砂糖】をうっている、

【珍味かごや】(0120-77-6141)さん

を、通りがかりにみつけてしまいました。
0306-Kagiya1

そのまえに【黒砂糖の選び方】の復習を少々。産地ブランドとしては、
1.喜界島
2.それ以外の奄美諸島(奄美大島、沖永良部島、徳之島など)
がおすすめで、沖縄産はいまひとつ、と過去記事にかいたので、キーワード検索で探してごらんください。

お店としておすすめしていたのは、
・ 東京でしたら、日比谷にある鹿児島物産館にたまに喜界島や徳之島産の黒砂糖がでます(ただしすぐ品切れになります)、
・ 自然食料品のお店やインターネット通販でお取り寄せ
くらいだったんです。

今回見つけたいちおし黒砂糖が買えるのは、鹿児島の中央駅近くの商店街にある【珍味かごや】さん。ここ、「珍味」といいながら、実は鹿児島の美味しいもので比較的健康によさそうなもの、つまり美健楽フーズを扱っている新しいお店なのです。

そしてこれが、塊で桶に入って売られている、喜界島の黒砂糖!です。若い店長さんが大きな包丁でがんがんとダイナミックに一口サイズに叩き割って、袋詰めして売ってくれちゃうんです。
0306-kagiya2Kuro

一袋250gで480円が基本で、さすがにブランド化して有名になりつつある喜界島産はちょっと高いかなあ。普通は一袋300-400円くらいですから。でも、これはその価値がある、すっきりとした、でもじんわりとした甘味が特徴的です。固さも、固すぎず柔らかすぎず、ベストな固さです。

普通の黒砂糖との違いは、

・ 一般の黒砂糖はちょっと精製というかプロセスした分蜜糖をまぜたりしていることが多いのですが、これは絞ったままプロセスしていない上質の茶カーボな黒砂糖なので、次々あとをひくというカーボ中毒になりにくいです。少量で満足できる上質な茶カーボの甘味なので、ダイエッター向きなのです。

・ 喜界島産は土質や製法の違いで確かに美味しいのですが、小さな島でブランド化しているので、本当に美味しい生産者のものは奪い合いで、地元の人にしか手に入りにくいようです。ここの店長さんは、お話を聞くと鹿児島の老舗デパートにも卸している、食品生産・卸メーカーさんの息子さんで、アンテナショップとしてこのお店を新しく開いたそう。ご自分で喜界島や他の奄美諸島まで出かけて、いい商品を見つけて買い付けていらっしゃるので、やはり美味しいものが入手できているのですね。

このお店のある中央駅近くの商店街は、実はさびれて古臭い感じの老舗商店街でした。つぶれたお店も多かったのですが、九州新幹線が開通して中央駅が新しくなったにぎわいを受けて息を吹き返しつつあります。つぶれたお店の跡に、若い人が経営する新しい感覚のお店、おしゃれな古着着物の店やらこうしたかごやさんなんかがぽつぽつとできているところ。観光客の方も中央駅は必ず通る観光スポットなので、ぜひたずねてみてくださいね。

ただこのかごやさん、あんまり商売っ気がなさそうで、積極的に通販とかネットショップはまだやっていないそう。電話してくれれば宅配便で発送ならします、とのことでしたので、電話番号を載せておきました。この喜界島黒砂糖のほかに、分蜜糖の通常黒砂糖もあるので、私のおすすめがほしい方は「桜子さんおすすめの方の黒砂糖」と指定したほうがいいかも。ちなみに私が何袋か買占めにいくので、私のせいで売り切れてしまったらごめんなさねっ。

もうひとつ見つけたすぐれもの美健楽フード、このお店が自分とこで作っている、【黒糖そら豆】も美味しいです。そら豆を、黒砂糖、はちみつ、グラニュー糖、菜種油(植物性のよい油)でうすーくコーティングしたもので、甘すぎずそら豆の風味も生きています。こちらも1袋480円。

悪白カーボのグラニュー糖は入れないでほしかったけど、よいプロティンのそら豆をよい茶カーボの黒砂糖、はちみつ、よい脂質の菜種油、を使っているから、プロティンを多めにとりたいローカーボダイエッターにはこちらもお勧め。ただしどか食い禁止、あくまでちょこちょこ食いスナック用ですから。

ということで、鹿児島にきてまで美健楽ダイエット・フーズをつい探してしまっている、ダイエットが趣味の桜子でした。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!記事への感想投票をどうぞ!記事の内容が結構面白かった、役に立ったよ、と言ってくださる方はこちらか左のロゴ(←)を押して投票ください。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

3月 6, 2005 60ダイエットな食べ歩き: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/3191650

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の黒砂糖@かごや(鹿児島):

コメント

うっ、黒みつレシピはかんたんだと思っていたのに、そういう間違い方ができるのか~、と感心しました(笑)。まあ楽しく試行錯誤して、自分なりの分量ややり方にアレンジしてくださーい。

投稿: 桜子(管理人) | 2006/02/03 20:44:04

『オチ』がついちゃいました

朝起きてみたら、黒砂糖をいれたカップがない、ない!…ダンナにきいたら、飲み残しのコーヒーと勘違いして捨ててしまって、カップも綺麗に洗ってくれちゃってました…とほほ、カップまで洗ってくれちゃ、責めるに責められない(泣)

黒みつ作りはなかなか奥が深いですねぇ…(私だけですねっ、はい)

投稿: 松竹梅 | 2006/02/02 22:31:01

うわー、ご指摘の通りでした。今ほど様子を見てみたのですが、こりゃどーみてもバシャバシャ、おもいっきり水っぽい状態です。ホントにほんのちょっとの水分でよかったんですね、ひたひた、では、おもいっきりばっしゃばしゃ状態でした(泣)。
で、うまいこといくかどうか?????ですが、ダメモトで黒砂糖のカタマリを3、4片足してみました。時間差はあるものの、まぁ実験、実験…で。
…ですが、それでもかなり水っぽいかんじ…ホントに水分はちょっぴりでいいみたいですね。ええーい今日のは実験だいっ、次こそはっっ!

投稿: 松竹梅 | 2006/02/02 4:13:54

松竹梅さん、

こんばんわ~。別に気にしなくていいですよ。答えるのが面倒になったら、カテゴリのとこのXXで探して!で終わりますから。気が向いたら答える、っと。

ひとつ気になったのは、ひたひたのお水???

塊の黒砂糖を溶かすには、ごくごく少しのお水でOK。下のほうにほんのすこしお水がありさえすれば、自然に下から溶けて、自分の重みで朝までに全部溶けると思います。少なめの水で始めて、濃度が高くなりすぎてとけきれないようなら、あとでお水を足す、くらいが、水っぽくならずにいいと思います。

あと、早くとかしたいときは、お湯とかぬるま湯がいいかも。ご参考まで。

投稿: 桜子(管理人) | 2006/02/02 3:25:32

桜子さん、こんばんは。
カキコしてしばらくしてから、「ああ~~ッ黒蜜シロップのことちゃんと書いてあった~~ッッ」っとオノレの注意力のなさを嘆いていました…のに、お返事頂きましてホントに恐縮です…あちゃーやっちまった!!!てな反省文はここまでてなことで…
早速黒みつ作り始めました。カップに喜界島黒砂糖とひたひたの水を入れて放置。時々ゆすったりして。甘いものが苦手な自分にはスイーツに使う必要がないのでとろみはいらないので、私の場合はレンジは不要でした
…この固ーーい黒砂糖、水にしばしひたしてると、「あららっ???」と思う程溶けていくのがちょっと面白かったりして。どっちにしましても、ホントに過去ログちゃんと検索すればわかるのに安易な「教えてちゃん」になっちゃってゴメンナサイ!!コスタリカ産粉末黒砂糖ショック!!…でついつい…でした~
明日になったらいつものゴッツイ固~~~い黒砂糖がとろとろシロップになっているかなーなんて、ちと楽しみです。

投稿: 松竹梅 | 2006/02/02 2:55:20

粉末は、固形の黒砂糖ほど味の違いがわかりにくいので、あまりこだわらなくてもいいと思います。かごやさんのも固形黒砂糖も、柔らかめのものでも、自分で粉にするのは不可能だと思います。アメリカ製のなんでも粉々にしすぎちゃうマジックブレットならできるかもしれませんが、これ返品予定なのでこわくて実験できません(笑)

粉砂糖を探さなくてもよい方法を、特別にお教えしましょう。それは、固形黒砂糖で”黒蜜”をつくって、それをシロップとしてお茶やコーヒーにいれればいいのです。簡単黒蜜レシピは過去記事にUPしてありますが、ほんと簡単で、

固形黒砂糖をコップにいれ、お水を少々いれて一晩ほおっておくだけ。自然に水にとけて勝手に黒みつになります。そのままでも1週間くらいもちますが、レンジで1-2分チンするととろみがついて黒みつらしくなります。って、レンジなかったんですね、ごめんなさい。水で溶かしただけの黒蜜シロップ、試してみてください。

投稿: 桜子(管理人) | 2006/02/02 0:34:08

桜子さん、こんばんは。

ずいぶん前の記事へのコメント(質問)で恐縮なんですが、黒糖生姜紅茶に入れる黒砂糖で、こちらの「かごや」さんのほかで、粉末状のものでおすすめの銘柄ってあるでしょうか?
私はいつも近所のスーパーで売ってる某メーカー(楽天とかでも、ここのしか売ってないので、普及品なのかなー)の喜界島産・100%さとうきびのものを使ってるのですが、なんせ固ーいかたまり。熱湯の紅茶に入れてもなかなか溶けず、最近は生姜+紅茶のみのを飲みつつかたまりをぽりぽりかじるようにしてます(一度フードプロセッサーで粉末にしようと試みたのですが、あとになって桜子さんの過去記事読んでシェーッ!!と思っちゃいました…幸い歯こぼれは免れましたが、フープロのモーターから異臭がしたので諦めました)。で、今日別のスーパーで、粉末の100%さとうきび「オーガニック黒糖」なるものを発見!あ~あるとこにはあるのねっ!と思ってほくほく買って帰ってみて…あっ、産地確認するの忘れた!と、成分表示を見てみたら「原産国:コスタリカ」…がーん(泣)
田舎暮らしなものですから、大きな街のようにいろいろ試せないのが無念。
そんなわけで、粉末のもので、通販でも手に入りそうな銘柄のものってご存知ないでしょうか?もしご存知でしたら教えて下さいませませ(最近「教えてちゃん」になっちゃってスミマセン)。
そういえば↑「かごや」さんのは「固すぎず柔らかすぎず」とのことなので、フープロで粉砕できるのかな?または紅茶に入れても溶けやすいのかな…???

投稿: 松竹梅 | 2006/01/30 23:58:53

ぐうぜんかごやさんを見つけるとは、すごいっ!ご縁があったのと、「かごやさんに行きたい!」という強い想いのおかげだと思いますよ。

>>ご主人いわく「桜子さんはスリムな方でしたよ~」

よっ、よかった、セーフッ!これで、「桜子さんぽっちゃりした方でした~」とか言われようなものなら、かごやさんから、もう買わないから。(大人げない…)というのは冗談ですが、かごやさん、デブフードもちょっと味濃いめ(鹿児島なんで)ですが美味しいんですよね。焼酎にも合いそう。楽しい旅行になったようでよかったです。

>>単なるダイエットにとどまらずにその奥にも目をむけ愛を持って分析している桜子さんにはいつも頭が下がりますm(__)m。

今日のココロケアダイエットがブーム?という趣旨の記事に書いたように、食事と運動だけじゃ、ダイエットに飽きたりいきづまったりするので、最後にはココロケア(メンタル)が大切だと、悟りを開く方が多いよう。

拒食症も、単にやせたいというよりも、幼い頃の心の傷が原因で「太ること」で自分を守っているケースがほとんどだと、医者の知り合いやアメリカの心理学者の友人が言っておりました。

医療関係のお仕事をなさるなら、これからますます、メンタルに重きを置いてくださいね~

投稿: 桜子 | 2005/04/02 22:12:02

 はじめまして。以前からちょくちょくのぞかせてもらっていました。幅広い話題と、しっかりした分析・文章構成、そして「美健楽」ダイエットを追及する姿にただひたすら感心していましたが、なかなか発言する勇気がありませんでした。ですが、今回鹿児島で桜子さんオススメの「かご屋」を発見したので感動のあまり(笑)トラバすることにしました。

 私は大阪在住の学生なのですが、今回クラブの大会で鹿児島へ行きました。自由時間があったら、ぜひかご屋さんへ行きたいな~と思っていたのですが、電話番号はメモし忘れるし、ホテルの人に聞いてもわからないといわれるし、半ば諦めていました。が、本能の赴くままに商店街をふらふらしていると、燦然と輝く(ホントに金色ですもんね)「かご屋」の文字が!
 嬉しさのあまりご主人に話しかけ、長々と立ち話をしてしまいました(仕事中なのに!)。ご主人いわく「桜子さんはスリムな方でしたよ~」。
 一人暮らしのクセにお徳用黒砂糖を買い込み、毎日噛っています。非常に感覚的なのですが、カラダが喜んでいる感じがします。もっと厳密に言うと脳みそがダイレクトに糖分を消費しているようなカンジがします。

 しかも、ご主人に教えてもらった酒屋さんで鹿児島名産の芋焼酎を買い込み、かご屋のおつまみを買い込み、クラブで宴会という迷惑な先輩ぶりを発揮する、というおまけまでついてきましたが・・・(笑)。

 ここでちょっと私の話をすると、私はまがりなりにも医療系の学校に通っています。体の仕組みについては一通り知っているのですが、それでも「ダイエット」は非常に難しいです。ただ単なるカロリーカットではハッキリ言って成功・維持はほぼ不可能です。学校がら、拒食症の方にお会いすることもあり、そういうときに女の人の場合は心理的な要因が強くあるケースも多いことを感じます。「ダイエットは強い意志さえあればできる!」と思われがちだし、実際そう思っていらっしゃる方も多いと思います。しかし、圧倒的にそれではカタのつかない場合が多いのではないでしょうか?だからこそ、単なるダイエットにとどまらずにその奥にも目をむけ愛を持って分析している桜子さんにはいつも頭が下がりますm(__)m。

 ちょっと重たい話になってしまって恐縮です(^^;。なにがともあれ桜子さんのおかげで非常に楽しい鹿児島旅行を送ることが出来ました。ありがとうございました。

投稿: kimidori | 2005/04/01 19:35:15

食欲刺激しちゃってすみません!

>>外側からのケアも大切だけど、やっぱり内側から食生活のケアも大切だと最近ひしひしと感じています。

同感です!そうでなければ、内側から輝く美健楽オーラもでませんからね。

投稿: 桜子 | 2005/03/08 23:01:49

はじめまして、mariと申します(^^)
前からちょこちょこ遊びに来させていただいていました。

黒いものって体にいいんですよね!
私も黒ゴマやひじきなどなるべくとるようにしてしていますけど、黒砂糖もありましたよね♪

甘党だし、これはいい事聞いちゃったという感じです(^^)
外側からのケアも大切だけど、やっぱり内側から食生活のケアも大切だと最近ひしひしと感じています。

とてもためになる情報がいっぱいなので、いつも楽しみに見にきているので更新頑張ってください!

mari☆

投稿: mari☆ | 2005/03/07 8:52:44

かごやさんのお店素敵ですね。写真でみても、雰囲気がほんまもん。急に黒砂糖の香りがして、たべたーい!気分です。カシオペア

投稿: カシオペア | 2005/03/06 19:24:32

TSURUGIさんにはあとで個別メールでお答えしますね。

”黒砂糖”ファンのみなさま、コメントありがとうございます。

お母様が食べていらっしゃった、そう私も昔、島育ちだったころ、母や祖母がお茶受けとして黒砂糖をひっきりなしにかじっていたのを思い出します。いま思えばあれは、血糖値を安定させる長寿健康法だったんですね。

クロボー、知ってます。鹿児島では、“げたんは”とか“くろんぼう”とよんだりするなつかしいお菓子です。ただ、中の生地に悪白カーボの小麦粉と白砂糖が使ってあったりするので、これ食べだすとやめられないとまらないで一気食い、どか食いするのが難ですね。美味しいです、デブフードは。

投稿: 桜子 | 2005/03/06 17:56:18

黒砂糖・・香ばしくて好きです(^○^)♪
よく食べるのが・・・
昔からある、「クロボー」っていう駄菓子・・けっこうハマリます
素朴な味わいで、スナック菓子より体にはいいですよね

投稿: mahalo | 2005/03/06 17:02:44

はじめまして!
最近、少し太り気味&暴飲気味だったので
参考になるブログを探していましたら、桜子さんの
ブログにたどり着きました。

黒砂糖ってなかなか売ってないですね、、
僕も子供の頃は、母が好きだったと言う事も
あって、よく、おやつで食べていたのを思い出しました!


投稿: ゴロー | 2005/03/06 15:54:02

こんにちは、いつも楽しく拝見させたいただいています。

実は、ワタシも甘党なので、
この究極の黒砂糖。一度味わってみたいモノです。

あと、桜子さんにリクエスト。
もし既出だったらごめんなさいですが、
トランス脂肪酸についての桜子さんのお考えなんぞを聞いてみたいです。

投稿: TSURUGI | 2005/03/06 15:40:35

コメントを書く