« 美健楽ライフサイクル | トップページ | 栗原さん御用達八百屋&品川漢方ミュージアム »

美健楽ライフ”スタイル”・ダイエット

さて昨日記事にした、美健楽ライフ”サイクル”の4つのモードの説明をして、それから今日の美健楽ライフ”スタイル”ってなに?という結論に行きたいと思います。サイクルとスタイルは違うから、あれっ昨日と同じタイトルだって思わないでくださいね。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!美健楽サイクルと美健楽ライフスタイルに賛成・共感してくださった方は、こちらを押して応援クリックをお願いします5・1までの限定ブログまたは総合50位以下で執筆打切り公約中!応援よろしくお願いいたします


0418-SakuraCake
【写真】お知り合いからもらっちゃいました。なんと【桜のケーキ】。まあ桜といっても桜の塩漬けが少々入っているだけなんだけど、このケーキただもんじゃない。なんと白いんげん豆と茶色の糖分で甘みを出していて、バターを一切使っていないヘルシーモードのケーキなのです。でも卵やらクリームは使っている。普通のデブフードのケーキほどカロリーや脂質が多くはない、でもマクロビケーキほど完全には美健楽ではないということで、まあ玄米に対する五穀米のように、”ダイエット初心者向け”といえましょう。ケーキは食べたい、でもマクロビケーキじゃヘルシーすぎて物足りないって人用。

こんなものをいただいちゃうから、ヤセモードから”毒・依存症”になって、デブモードになるのは避けられないのね。でもこんな美味しいものをまったく食べずにやせている人生って、あんまり楽しくないから、たまにはいいんです。このケーキ、お味も結構美味しかったです。品川の漢方ミュージアムの中のカフェで買ったそう。あそこのカフェのランチは、美健楽なごはんなんでおすすめ。よく行きます。ケーキは最近始めたみたいで初めて食べたけど、結構Goodです。ということで美健楽な店にリスト入りさせようっと。

昨日書いた、【4つのモードの美健楽ライフサイクルの説明】です:

1)体と心の流れがよくなっている【ヤセモード期】
   ↓
 <流れを止めてしまう”毒”の原因、記念日どか食い・
   ストレス増加・生理・病気などが起きてしまう>
   ↓
2)デブ・スパイラルに陥って、カーボ中毒、チョコレート中毒など起きまくる、【中毒・依存症期】
   ↓
3)体と心の流れが滞ってしまう【デブモード期】(=体と心が”毒”でせき止められている状態)
   ↓
4)一念発起、体と心が”流れのよい快感”を求めて、【ダイエットモード期】を決意
   ↓
4-1)ダイエットモード前半は、まず、プチ断食、代謝アップ(エステ・マッサージ・呼吸法)など、ココロケア・食事・代謝アップ等で、毒を断ち切る、【デトックス(解毒)期】
   ↓
4-2)ダイエットモード後半は、ココロケア・食事・代謝アップにさらに運動も加えて、【流れアップ期】
   ↓
1)最初の体と心の流れがよくなっている【ヤセモード期】に戻って、美健楽ライフスタイルが定着

体と心の流れがよくなっている快感を知っている、美健楽ダイエットに成功したことがある人=上級・美健楽ダイエッターは、その気持ちよさを求めて、また自分にあった美健楽ダイエット方法を知っているので、【デブモード期】から【ダイエットモード期】への移行が、自分でコントロールできるようになります。だから時には、「この旅行では思い切りデブフードを食べて楽しむぞ。帰ったらダイエットモードにして、すぐヤセモードなライフスタイルに戻せるから」と、意図的にどか食い・グルメを楽しみます。自信があるのです。

でも美健楽ダイエット以外の、極端・過激・短期的などの苦しいダイエットや特定のダイエット法やダイエット食品に依存して痩せた人は、この移行ができません。またできなくなります。例えば、20代の頃は私も、下剤や過激な運動、3食某マイク○ダイエットなどで、つらい思いをしてやせました。だから、食べ過ぎても下剤やマイク○ダイエットで戻せるからいいや、と楽観してたら、いや~体がそのつらさや単調さを覚えていてしっぺ返しされました

よしっダイエットだっ!と、それらを口にすると、むかむかして食べられなくなってきてしまったんです。(下剤はともかく、マイク○ダイエットが悪いのではなく、特定商品を苦痛を伴う方法で多用・依存したのが、悪いんだと思います。)運動にしても、過激なもので痩せると、けがやどうしてもそれを再開できなくなるというふうに、体と心にしっぺ返しされます。

【美健楽ライフサイクルから考えた、
美健楽ライフスタイル(ダイエット)とは?】

私が1年ちかく書いてきた美健楽ダイエット、美健楽なライフスタイル・ダイエットとは、【ダイエット期】と【ヤセモード期】だけのことではありません。人間生きている限り、ストレスや病気、なんらかのきっかけで、【毒・依存症期】と【デブモード期】でリバウンドすることは必ずあります。(え~、私もしょっちゅうです。ストレスの多い仕事なのと、グルメの誘惑に弱いんで)だから、美健楽ライフスタイルとは、4つの期全体を通じての、心の持ちようのことなのです

常に心に、美健楽ダイエットするぞ、できるだけBETTERな、より美健楽なこと(食事・運動・代謝アップ・ココロケア)をして、ヤセモードの”体と心の流れがよい”気持ちいい状態になるべく近づこう。と思い続けて、できるだけ美健楽なことを実践する、より美健楽なライフスタイル全体のことです

そうすることで、リバウンドを最小限に抑えられますし、ダイエット・ヤセモードにも移行しやすくなる。自分の体と心を美健楽な状態に、コントロールしてもっていける”美健楽ダイエッター”になれるのだと思います。

そうして、【美健楽ダイエッターになる最大のメリットは?】

そう、”痩せたい理由”の過去記事に書いたように、自分の「理想の自分」になれるんで【自分を愛することができる(自信がもてる)】ようになります

若い頃、過食や拒食、いろんなストレス性の心の病気のデパートだったころ、自分が大嫌いだった私ですが、この美健楽の境地にたどりついた30代から、自分が大好きになれました。(あややのような若さゆえ、愛された子供ゆえの、天真爛漫な”ナルシスト”ちゃんとは違いますよっ←ってわかる人にしかわからない例えだわ…実はあややファンの私です。)

って、なんか今日が最終回のまとめみたくなってます。ちょっと早いですがこの辺で...
というわけではなく、あと2週間、応援よろしくお願いします。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!記事への感想投票をどうぞ!美健楽サイクルと美健楽ライフスタイルに賛成・共感してくださった方は、こちらを押して応援クリックをお願いします。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

4月 18, 2005 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/4778927

この記事へのトラックバック一覧です: 美健楽ライフ”スタイル”・ダイエット:

» <ダイエット部門>今日のオススメNo.1ブログ発表! トラックバック 決定!今日のオススメNo.1ブログ
<ダイエット部門>今日のオススメNo.1ブログは「桜子の美健楽ダイエット・ダイアリー」です。 まずは、次の管理人さんのコメントをお読み下さい。 【美健楽ライフサイクルから考えた、美健楽ライフスタイル(ダイエット)とは?】 私が1年ちかく書いてきた美健楽ダイエ..... 続きを読む

受信: 2005/04/18 23:02:20

コメント

ブログを始められたばかりなんですね。私の相互リンクに関しては、一定のポリシーがありまして、来るものこばまずではないのです。一定の期間と、実力を見せていただいた”美健楽ダイエッター”の方々に、こちらから相互リンクをお願いするという形に厳選させていただいております。そうでないときりがなくなり、毎日相互リンクせねばなくなってしまいそうで、すみませんがその時間はありません。

申し訳ありませんが、検索でリンク ポリシーとかで検索していただいて、過去記事をご参照ください。ご理解いただければ幸いです。

投稿: 桜子 | 2005/04/21 23:50:44

はじめまして、Coupleと申します。
是非貴社サイトに私のサイトをご紹介いただければと思い、
貴殿ページを下記ページにリンクを貼らさせていただきました。
お手数でございますが、可能でしたらトップページでなくても構いませんので、相互リンクお願いいたします。

(コメント本文中での他サイトへのリンクは、宣伝・誘導目的リンクと線引きが難しいので、コメント上の必要性がないかぎり、個人の方でも一様に削除させていただいています。ごめんなさい。by桜子)

サイト名:夫婦のダイエット写真日記
サイトURL:(削除
サイト紹介文:夫婦の写真・体重を公開するダイエット・ドキュメンタリーです。実践した方法や商品も紹介していきます。
サイトバナーURL: (削除)

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Couple | 2005/04/19 21:59:07

みなさん、コメントありがとう。silkさんも、お勧めしていただいてありがとうございました。

美健楽ダイエッターの条件はやはり、
・いままでダイエットでの数々の痛い失敗を乗り越えてきた
・自分なりのダイエット法(美健楽ダイエットの極意)にたどり着いて、自分の体と心の美と健康をコントロールできる自信がついた、
・美健楽(ライフスタイル)ダイエットの”悟り”を開いている、
ことだなあとの意を強くしました。ダイエットジプシーの時期は、ある意味必要悪なのかもしれませんね。自分で悟りに達するための。

でも、こういう手痛い失敗をせずに、私が10代半ばにダイエットを始める時期に、正しいダイエットを教えてくれる”美健楽ダイエッター”の先輩が欲しかったなあと思います。

学校でも家族も、お医者さん・栄養士さんダイエットのような”定番・理論的”なダイエット~食事と運動~は教えてくれましたが、実践的とはいえない退屈なものでした。だから、ついもっと目新しくて一見美健楽そうな、怪しいダイエット~りんごダイエットなど~に走っちゃったんですよね。

理論と実践の両方を総合的に教えてくれるダイエット専門家、ダイエット指導者はなかなかいない、というのが、間違ったダイエット商品やダイエット法がのさばってダイエットジプシーから搾取している現状を、作っているのかもしれません。

投稿: 桜子 | 2005/04/19 6:14:12

桜子さま。
はじめまして。
「決定!今日のオススメNo.1ブログ」管理人のsilkです。
実践された方しか書けない内容なので説得力があり感銘を
受けました。 コメントを拝見しましても高い支持を得て
いらっしゃるのが分かります。
あと2週間とのことですので早速、私のブログで紹介させて
頂きました。
突然のコメントおよびTBをお許し下さいませ。
ありがとうございました。

「人気blogランキング」にクリックしておきました。

投稿: silk | 2005/04/18 23:17:45

桜子様

何か美健楽の総括的メッセージが強くなってきて私も寂しく感じます。桜子さんのように経験豊富・優秀・冷静で論理的な判断力を兼ね備えた人が発信するメッセージを聞けなくなると思うと、残念としか言いようがありません。

桜子さんもよく強調されている美健楽的な流れということを私も時折考えます。この流れというものは自分の生活がバランスのとれたものでないと実現できないことだと思います。身体とメンタルな部分そしてもう少し深く掘り下げてスピリチュアルな部分この3つのバランスが取れて初めて安定するものだと考えています。

私が目指す美健楽とは、この3つの部分のバランスが均等にとれたものであり、それぞれに過不足がない状態です。具体的に書いていくとキリがないので書きませんが、私の場合このバランスを実現させるための手段としてダイエットをしているようなものです。ダイエットに必要なものはたくさんありますが、その中でもセルフ・コントロールは大切です。このセルフ・コントロールはメンタルな部分、スピリチュアルな部分でも重要な役割を果たします。飽食の時代であり、あまりにも選択肢がありすぎる現代において、私が目指すシンプル・ライフはとても困難なことです。特にアメリカのような過剰生産、資本主義の国では殊更です。私も20代、30代前半まで洋服やバッグも数多く持っていたいタイプでしたが、今はどれだけ数を絞ってムダを少なくするかにこだわっています。そして上手にブランド物をリサイクルのお店(近所のノン・プロフィットのお店)で買って、2-3年着たらそれをまたその店に寄付する。これも一種の流れですよね(笑)。このように生活のムダを省く(ダイエットする)ということも流れをよくする意味で私にとっては重要なことです。家の中がモノで溢れかえっているとイライラするタイプです(笑)。しかし、子供も2人いますし、夫は読書と本のコレクションが趣味なのである程度諦めているところも多々あります(笑)

大きな意味でダイエットを考えると、ダイエットの極意はムダをそぎ落として選択していく過程を通して何らかの束縛から解放されることだと思いませんか?

何かうまくまとまりませんが、今日の桜子さんの記事を読んで以上のことを考えました。

投稿: mima | 2005/04/18 12:50:12

桜子さん、こんにちは。

今日の記事を読んでまた嬉しくなりました。
まさしく、私は「美健楽ダイエッター」だと思います。
自分をコントロールするまでに費やした経験や期間も
無駄では、なかったのだと痛感します。

あと2週間・・・。
考えれば考えるほど、寂しい限りです。

投稿: 沙希 | 2005/04/18 10:27:46

ひとのためではなくて、自分のためのボディコントロール。
いつまでも自信を持つことができるこころとからだ。
私も痛い思いをたくさんして学びました。
いえ、もちろんその途中ではありますけど。
あと2週間で終了されるのはもったいないですね。
桜子さんの今までの投稿は仕事の合間にこっそりと、いえ、堂々と拝見しています。
応援しています。

投稿: mama | 2005/04/18 10:07:55

コメントを書く