« レシピ:きゅうりの3分ピクルス | トップページ | 運動モデルドール登場 »

社会派エコは苦手です

東京は、今日も夏のようなお天気。梅雨は明けたんでしょうか?三連休もお仕事の私は、5月に行った伊豆の伊東の海にある、くじら岩の写真を眺めて、涼しい気分とイメージを盛り上げようとしているのでした。。。

0718-ItoSeaRock

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!エコとか環境運動を押し付けられるのがめんどくさいあなた、こちらかロゴマークを押して、賛成・応援クリックをどうぞ
DietSiteRankingTagこちらは、ブログではないHPがメイン。2度手間ですが、こっちもぽち→はいと2度押して、他のダイエットサイトもチェック!

でも、人間ってほんとに、本能的に自然や緑が好きですよねえ

海や田舎は好き嫌いがあるものの、緑・植物やきれいな空気がきらいという人はまずいません。都会のオフィスやマンションでも、やたらに観葉植物やらベランダガーデニングでグリーンを取り入れようとしますしね。

なんでだろ?と考えたら、やはり植物が二酸化炭素を吸ってきれいな酸素に変えてくれる、その酸素がなければ動物である自分は生きられない、というのを、本能的に分かっているからなんでしょうね。

特にこのクルーズの時は断食中だったので、海風が自分の空っぽの胃やカラダを流れていくのや潮の香りに敏感になっているのがわかって、
「ああ、私も地球という大きな流れ(生態系とか空気の流れ)の一部なのね~。肉体がほろんだら、この海の水やら土の一部に還るんだ」と、自然に気持ちよく、ちょっとロマンチックに感じられました。

とはいえ、すみません。私は、エコ優先派ではありません。最近、LOHASについて記事を書いたら、私をエコ派かと思ったらしく環境保護団体らしきところからの長~い”~ねばならない”という説得メールを頂きました。が、美健楽ダイエッターは、基本的に自分の美健楽、自分が気持ちいいことが第一。環境とかエコは、自分の美健楽のサポートになるとおもうからこその、”ついで”にエコくらいで、あまり興味はないのですよ。

どっちかというと、社会派エコは苦手。環境保護とかエコとかいう運動をしている、エコ優先な社会派エコなひとたちって、えらいと思うけどついてけないことが多いです。なぜなら

・ 自分の気持ちよさや便利さを犠牲にして、エコ優先にしている、それを人に押し付けてい来る人が結構多い

・ 自分より環境や地球優先だから、自分自身が美健楽になることをサボっていて、あまり美健楽なルックスやオーラがある人が少ない (なんか、思いつめてとんがった感じのオーラのエコ”信奉者”も多い)

・ 環境を大切にせねばならない、ごみをへらさなきゃとかいう、”~ねばならない”思い込みが多くて、心がスムーズに流れていない、がちがちな感じがする

から。もちろん私の主観と偏見も入ってますから、社会派エコの方々、すみませんが気にしないでね

でも実は、うーん、告白しちゃうと、私大学時代、”環境学”専攻していて、環境庁の関連施設で研究に明け暮れ、なんと環境学で理工学士号持ってるんですわ。つまり、日本の環境の専門家ネットワークのど真ん中にいて、いまだに友人にはそれ系の専門家が多いということ。元環境学の専門家のくせに、本人、環境学やらエコと聞くと、洗脳されそうで逃げ出す。。。というエコ苦手です

でも、環境の専門家ネットワークのまっただなかで働いていたからこそ、
「日本の環境・エコ系の人たちって、なんかまじめで思いつめすぎていて、付き合っていても無味乾燥でつまらない」
と思って、ぜんぜん違う分野に就職した、という背景(トラウマ?)があるのです。

ただ、エコ運動や研究の状況も、少しずつはやわらかく、実用的になっている気はします。私が研究していた頃は、環境学=お金にならない学問ということで、ほんとに地味でビンボーな研究でした。でもその後すぐ、
【私が飛びついたものは数年後に流行る!】
の法則(?)どおり、なぜか環境学ブームがやってきて、一変!環境のプロである友人たちは結構ひっぱりだこで、多少華やかな”実用的”研究に携わっているようです。例えば、トヨタのプリウスのエンジンの開発研究とかね。こういうエコなら私もまだ理解できるし、好きだな。

自分の美健楽より、環境・地球・エコを優先する人たち
【社会派エコ】

に対して、美健楽ダイエッターのように、

自分の美健楽や気持ちよさが第一、エコはそのサポート
【ついでエコ、自分派エコ】

と今後呼んで行きます。

自分優先っていうと、わがままっぽいけど、自分自身が美健楽で、”流れ”のよい気持ちいい心と体でないと、気持ちの良い環境や地球の大切さって本当に実感できないと思います。もしくは、自分自身の美健楽を損なわないと、アトピー等の環境汚染が原因の病気にならないと、分からない。だから、自分の美健楽が環境よりまず大事と、堂々と言っていいんじゃないでしょうか。

自分の美健楽を追求していたら、”ついで”にエコにもなっていたくらいの”楽”な気分を求める人が、実は今、日本にとても増えています。こうしたついでエコ派は、美健楽ダイエッターやオーガニック好き、ヨガにはまっている人等の中に多いので、エコ苦手の私も多少は取り入れてるんですよ。そのうち、美健楽ダイエッターの”ついでエコ”の例、美健楽ダイエッターはエコとどう付き合っているのかについても、記事にする予定。お楽しみに。

【今日のサマリー】美健楽ダイエッターは自分の美健楽、体と心の気持ちよさ優先、エコはそのついでの【自分派エコ、ついでエコ】。自分よりエコが優先する、【社会派エコ】は苦手なんで、”~ねばならない”攻撃は止めてね。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。
このテーマに関して、なるほどもっと続編の関連記事を読みたい!と思われたら、
↓こちらを押してリクエストクリックをお願いしますbanner_03Blue

7月 18, 2005 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/5015644

この記事へのトラックバック一覧です: 社会派エコは苦手です:

コメント

結局、己の主義主張をひとさまに「押し付けない」ということでしょうかね。
こういう考えもあるし、こういう考えもいい。ちなみに自分はこう考えている、と。
私も、自分なりに出した結論はこうだ!ってのがありますが、違う考えの方があることは承知してます。
ただ、真っ向から否定されるとムッとしますけど(笑)

投稿: mama | 2005/07/20 16:50:20

★コメントありがとうございます。相互リンクについては一定基準でこちらからお願いしてますので、過去記事を検索してご覧ください。

あと、私は...すみません...エコ優先ではなく、自分の美健楽優先主義でございます。でもまあ、個人がそれぞれ優先したいものをすればいいんじゃないかなあ~と思ってます。違う意見があるほど面白いし。ishii-chanさんのこれからのロハス記事も、楽しみにさせていただきますね。

★nnさんのローハス(2)読ませていただきましたが、私が今後ブログで書きたいことを、予測したりまとめていらっしゃるのは、私にはちとやりにくい。まあ当たっているところもあればおお外れもありましたけれど(笑)。

うちの引用・リンクは嬉しいのですが、なるべく私のブログの内容には深く触れず、”分析”しないでいただけると、ありがたいです。これから書くテーマを広げにくくなるのと、私も一介のダイエッターですので、あくまで個人的、主観的な意見ですから。

私も、そちらの記事を読ませていただいて、なるほど~とかそれは違うかも~と思いつつ、でも同じようにLOHASにご興味をもっている方々のいろんな意見の違いを楽しみにしております。

投稿: 桜子 | 2005/07/20 14:18:12

最後から2番目の段落、全く同感です。過去の「トラウマ」ネタも、ちょっと身につまされるのですが、よくわかります。
自己犠牲だの献身だのも、ときに大切だと思います。ただ、それをインチキ臭くなく、自然体でできるのは、日ごろからエゴをよく可愛がり、よく可愛がられて、心に余裕のある人だと思います。私も少しずつ自分なりにいろいろ軌道修正をしているところです。

あと、少し思ったのは、「美」の感覚に関するジェンダー差について。男の場合、硬さ、厳しさ、ストイックさがある程度あった方が、美しいような感じがします。力の強さ、かもしれません。まだ頭の中がゴチャゴチャで、何が言いたいのか自分でもよくわからなくて、すんません。

ダイエットの話題の邪魔にならない程度に、またこの話題の続きをアップしていただけたら、うれしいです。どうもお邪魔しました。

投稿: nn | 2005/07/19 20:54:14

こんばんは、ishii_chanです。
いつも楽しみに拝見させていただいて
おります。私もダイエッターのはしくれですが
やはり、男性と女性では、ダイエットに対する考え方や視点が随分、違うみたいですね。
そういう意味からも、いつもたいへん参考にさせていただいております!
僕もエコやロハスには関心を持っており今後
記事にしようと思ってます!僕もエコ優先しよう。。

ふつつかなお願いかも知れませんが、相互
リンクをお願いすることは可能でしょうか?
当方のブログ内容を確認いただいた上、ご
検討いただけましたら幸いです。
私のほうは、リンクさせていただきました!

投稿: ishii_chan | 2005/07/19 0:30:08

コメントを書く