« マクロビオティック・ダイエット:★★ | トップページ | 天然酵母パンの店@恵比寿 »

マクロビオティック2(続き):★★

昨日のマクロビオティック・ダイエット格付け評価の続きで、私がマクロビにはまりきれなかった、はまりたくない理由と、格付けの総合評価の理由です:

0805-KusuKusuCake
【写真】クシ・マクロビアカデミーのスイーツクラスで習う、クスクスの”ケーキ”。うーん、どうケーキだといい張っても、地味臭い穀物のクスクス(パスタの一種)をゆでてジャムを塗ったもので、おかゆにジャムを混ぜてたべてるような味、しかも激甘なんですよ~~。私は甘すぎて不気味で、2口しか食べられなかったのに、【美味しいっ!】と全部平らげてたマクロビ信奉者のおばさまがた、ほんとに美味しいんですか???そういう味覚オンチの人たちとはお友達にはなりたくないな…

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!マクロビオティックはほどほどでいい、デブフードのケーキも食べたいぞと思うあなた、こちらかロゴマークを押して、賛成クリックをどうぞ

DietSiteRankingTagブログ以外の有益サイトが多いこちらですが、変な業者サイトも多くて笑える。2度手間ですが、こっちもぽち→はいと2度押して、他のダイエットサイトもチェック!

【私がマクロビを守っていない点とその理由】

X動物性の肉や油、乳製品、卵や牛乳はNG: 私は週に1-2回は低脂肪のお肉も少量食べます。牛乳はからだが冷えるのでなるべく豆乳にしています。ヨーグルトはカスピヨが好きだし、水切りヨーグルトは生クリームの代わりに使えるので食べてます。卵も節約の味方だし、華やかなお菓子作りに欠かせないので食べていますね。

X玄米ごはんが主食で、カーボ(ごはん類)を全体の食事量の50-70%(公称50-60%だが、実際には70%くらいだと思う)くらい摂る、ハイカーボ食。私は3食玄米にすると胃にもたれる感じと胃が広がるのがいやなので、野菜を主食、玄米は副菜のミドルカーボ食にしている

X南国産食材のバナナ・フルーツや黒砂糖は陰性だからということで避けているが、私は夏には体の熱を中からさげるために食べることも多い。

マクロビが流行ると、酪農農家、南の国の人々、特に発展途上国の多い南国の国々の産業が打撃を受けそうですね。それって、発展途上国いじめにならないんだろうか???

【総合評価】
マクロビオティック・ダイエットの格付け評価: ★★

美健だけど、制限が多くて値段も高くつくので楽じゃないので★2つ。でも、アトピーや病気の人にも効果ありそうだし、ほどほどに取り入れる価値・効果はあるから、リピーターがついて定番ダイエット化していくでしょう。

ただ、久司さんも79歳とご高齢なのに、そのカリスマ性に頼って日本で売り出しているので、彼がいなくなったら創始者の桜沢さんがなくなったときのように、グループが分裂する危険性があるかも。お子さんがアメリカにいらっしゃるらしいけど、なんかもう日本系アメリカ人という感じで日本のビジネスにはタッチしていないみたいだし。やはりカリスマビジネスは、それが心配ですね。

(追記:のちに、日本のマクロビオティックは、久司さんの名前貸しで、実体は長野の通販化粧品会社アルソアの社長さんがリードしていると判明。なら、久司さんなしでも、なんとかなるかも。また久司さんは数年前、孫より若いんじゃ?という、30代の元秘書と噂の日本人女性と再婚。HPや料理教室で、ふたりならんで堂々の結婚報告。2000年以降、前妻(ガンで死去)と長女がガンになり、2008年現在、ご本人もガン闘病中とのこと。それを聞いた私は、がちマクロビアンを完全に止めました。)

【+美健楽ダイエッターにとっての良い点・-悪い点】

+ 美健楽: 日本の伝統食のよさを取り入れているので、一定の美健楽効果がある
+ 美健: 玄米のお通じ・デトックス効果で、美肌も期待できる

+ 楽: 玄米菜食していると体質が変わってきて、デブフードである動物性脂肪やお肉・白砂糖などが、脂っぽい、甘すぎると感じられて、好きでなくなり食べる量が減らせる
+ 楽: 草食動物のように、怒らず穏やかな気持ち、性格に変わってくる

- 美楽:玄米菜食は”地味めし”で幸福物質を含む白砂糖やを使用しないので、食べる驚きとか楽しさといったグルメの喜びが、デブフードよりは少ない(特にデブフードになれている最初の頃)
- 楽:体質が草食動物化してしまうので、食べられるものが限られてきて、外食や付き合いが難しくなる
- 楽: 田舎で畑を耕してくらしたいというスローライフ思考に走り勝ち。バイタリティやエナジーが低下して欲や向上心がなくなってくる

- 楽:マクロビアンの性格はよくいえばまじめ、または「~を食べてはいけない」という制限もきつい。
- 楽:「マクロビのものはなにを食べても美味しい」という思い込みが激しかったり、久司さんを神格化して崇拝しているマクロビ信奉者も多い。心が思いつめていて流れていない感じがする(追記):とはいえ自分も半年ほど、がちマクロビアンやってたときは、そうだったかも。やってる本人は、見えてないんですよね。それが盲信というもの)

- 美:病的にがりがりに痩せて色白な、枯れた(ツヤと水々しさがない)”仙人化””植物化”した人が多い。美健楽ビューティではない:
正式にマクロビにはまってしまう人って、アトピーや拒食症を治したいという”病気”の方が多いようで、がりがりに痩せて脂っけのない”仙人化・植物化”してしまう人も多い。よって、ちょっと私の目指す艶のある美健楽ビューティとは違うのです。カリスマの久司さんのお肌も、決してきれいとはいえず、歳相応の枯れたおじいちゃんという感じ。がっかりでした。やはり人間は雑食動物だから”肉”も週に1-2回は食べないと、肉食動物的な艶、セクシーさ、エナジーをなくしてしまうのかもと、マクロビアンをみていると思います。

美健楽ダイエットでは、【ほどほど、BETTER、50点主義】をお勧めしているので、こうした完全にマクロビオティックにはまっちゃった人の話はあまり参考にしていません。なぜなら体質がベジタリアン・植物化して普通の人とは違うし、マクロビオティックのどんな不味い食べ物を食べても、

「素材の味が味わえて、美味しい~」

と、マクロビであるだけで感激しちゃう、美味しいと思い込んでいる方々が多いから。クシ・マクロビ・アカデミーのスイーツコースに通ってみたら、こういう”信奉者”がクラス45名の半分以上いましたね。上の写真のような、激甘のデザートでも、どうしても”おかゆ”にジャムかけたとしか思えない”スイーツ”でも、「美味しい~!」というので、正直ついていけません。まあ、実際完全にカラダがマクロビ化したら、美味しく感じるというか思い込めるようですが。

ちなみに私は、一時まじめにマクロビにはまりかけました。が、

「田舎に帰って、畑でのんびり自給自足しながらスローライフ生活もいいな」

闘争心や向上心がなくなってきたのと、肌にツヤやハリがなくなって植物化してババくさいルックスになってきたので、あわてて元の世界・習慣にもどってきました。いまは、マクロビの教えを半分程度だけ守る、ほどほどマクロビアンです。あのマドンナも、一時熱心で厳格なマクロビアンだったのに、最近では肉食に戻ったらしいです。やはり、肉を食べないとセクシーさやツヤ、エナジーがなくなるのに気づいたのかしらね。

ということで、私がマクロビにはまりたくないのは、艶とみずみずしさ、そして向上心をなくしたくないから、またそういうがりがりに仙人化したマクロビ信奉者や久司さんをみていたら、【ああいう肌にはなりたくない】と思うから。精神的に平和主義になるのはいいことですが、ほどほどの野心や向上心も必要だと思うのですよ。

もちろんこれは、個人の価値観の違いなので、マクロビの方々のスローライフ的価値観も否定はいたしません。自分が好きな生き方を、自分で選ぶということで。ただ、時代は今、スローライフのブームが終わり、もう少しアクティブな、美健楽=ウェルビューティの時代になってきているような気がしています。どう思いますか?

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

昨日のアンケート結果で、ダイエット口コミ記事がいい、分析記事がいいという人が4:6くらいのようでした。今日まで様子をみてリクエストクリックがすくなければ、昨日、今日のような長編分析記事は止めて短め記事や口コミ情報に変更します。そちらのほうが考えずにすむので、記事執筆にかかる時間が”楽”そうなんですよ~。

と、すぐ美健”楽”に流れがちな私にカツを入れるため、分析記事ファンの方は、
↓こちらを押してリクエスト・応援クリックをお願いしますbanner_03Blue

8月 5, 2005 24 食事(HLカーボ系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/5304711

この記事へのトラックバック一覧です: マクロビオティック2(続き):★★:

コメント

コメントありがとう。ストイックでないマクロビオティック、

ゆるマクロ?
なんちゃってマクロビアン?
ハーフマクロビアン?

とにかく、そういうものを広めていきたいですよね~。

でもマクロビをやっている人のブログを読むと、、
「自分は適当にマクロビをやっています」

と、一見柔軟に考えているようなことを書いているのです。が、そのくせ人のブログのコメントに、

「お前は正しいマクロビを知らない」

と、決め付けコメントしてきたりする、がちがちマクロビアンのおっさんとかいますからね。

~ねばならない
~べきだ
という言葉を使わないように、また、他人にマクロビを語らないように、私は自戒しています。

投稿: 桜子(管理人) | 2006/01/10 20:51:55

はじめてコメントさせていただきます。
私もクシアカデミーに通って勉強しています。
私もお肉は食べます。ケーキも食べます。
1日の半分はマクロ料理を食べてます。
玄米も大好きです。マクロ料理にしてから自分の体調がわかるようになり調整して食べてます。ストレスためないで食事をする事が大事だと思いますしこんな食事で7キロぐらいやせましたよ。うちの社長も心筋梗塞になりましたけど入院している間に先生の許可をいただきマクロ弁当にして、退院後薬も三ヶ月で飲む事をやめマクロの食事でがんばっています。定期検査では健康な人より丈夫な心臓になっているそうです。いろいろな方がいますがあまりストリックにならないでマクロ料理を楽しめたらいいと思うんですけど!

投稿: ヒカル | 2006/01/05 14:00:56

>>かなり痩せはしたのですが肌つやがなくなり、私の場合なんとなくどす黒くなってしまいました。

うーんやっぱり。ほんとに、【マジ・マクロビアン】な信者の方々って、がりがりツヤなし黒ずんだ人=通称玄米焼けが多いと、絶対に思います。玄米の色素が移るのかなあ。

だから私は【ゆる・マクロビアン】。マクロビの教えと普通のデブフードの生活の、まんなかあたりでいるという、バランスをとっているのが一番いいんじゃないでしょうか?なにごとも、のめりこみすぎて信者になっちゃうと、弊害がでるのだと思います。

わたしも一時マクロビ方向にかぶれすぎてしまって、いろんな約束事でがんじがらめになって、疲れきったことがありました。~せねばならないというマジマクロビアンの押し付けを避けて、自分自身の思い込みをゆっくりゆるめていって、デブフードもたまには楽しんで、ゆるマクロビアンくらいの美健楽ダイエッターになってくださいね。お大事に。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/09/03 19:15:47

私も一時期(2年くらい)マクロビにはまりました。しかし勉強すればするほど 完璧に続けるのは無理なんですよね。在宅勤務とかで一人暮らしなら可能かもしれませんが・・・
かなり痩せはしたのですが肌つやがなくなり、私の場合なんとなくどす黒くなってしまいました。
そして桜子さんの言うように、ホント性格が植物化してきました。
特に仕事にたいして。東京の第一線でチャキチャキやってたのが、なんか疲れちゃって田舎に帰ってきました。まあ、それは、後悔してないんですが。
今は少しづつ、広げていってます。マクロビが原因で軽くノイローゼ+摂食障害になっちゃったし。今は快方に向かってると思います。
結局何事もほどほどがいちばんかなあ!

投稿: まあや | 2005/09/03 10:32:25

>>もし、きちんとマクロビのことを知りたいと思うようでしたら、当ブログまでお越し下さい。

↑あの~、いま通っているクシマクロビクラス(ちなみにパトちゃんこと、マクロビパパさんの師匠のクラスです)で、マクロビ信奉者の方々に同じことを10人くらいに言われました(笑)から、結構です。

私は、久司さんが”できることをやればいいんですよ。肉も食べてOKです”とおっしゃっていることも知っていますし、パトちゃんを含め、クシ財団の考え方はけっこうゆるめなので好きです。

が、それを実践している”まじめなマクロビ信奉者”のルックスが、がりがりの”玄米焼け”で魅力的でなく、自分の考えを押し付けがましいのが苦手だと言っているんですね。その人たちに、「私は艶ハリと向上心のために、肉も食べるよ」と言ったら、「しんじられな~い!」とか騒いで、いかに肉が体によくないか説教するとこがきらいです。もちろん、”マクロビファン”にもいろんな価値観の方がいらっしゃるとは思いますけど。

うちのクラスは半分くらいがこうした”信奉者”のみなさんのようですが、なぜか全員ご自分の”マクロビ・ブログ”を持っていて、

「きちんとした正しいマクロビを知りたいなら、(うちのブログを)みなさい」

って自信たっぷりにいうので、見に行ったら、はっきりいって自己満足でくだらないことが多いです。久司さんの5000円もする新刊本とかあらゆるマクロビ本を読むと、ぜんぶ書いてあることばっかり。”自分の考え”や”自分に合わせてカスタマイズする主体性”がないのは、どうしてでしょうか?

”正しい”かは、自分の体質やライフスタイルに合っているかで自分で決めるもの、もしくは世間一般の大多数の人がどう思うかで決まるものなので、マイナーな一マクロビアンが、なんで他人のダイエットにとって”正しい”とか”きちんと”と言い切れて私におすすめできるのか、その意味のない自信はどっからくるのか、疑問です。

マクロビをやって10歳以上若くかっこよく見えるアンチエイジングなマクロビアンな人なら、その写真をブログ上でアップすれば、私を含め、みなさんこぞって、その方のお話を聞きたくなると思いますよ。マクロビという特定ダイエット法を提唱・”正しく”広めたいなら、自分が魅力的であることが必須です。

でも残念ながら、私は今のところ、どこのマクロビカフェやスクールでも、クシアカデミーの広告塔であるパトちゃん以外に(彼は外国人だからかっこよく見えるというメリットがありますよね)、特に男性で、魅力的な方をみたことがありません。なぜ?ぜひ、自分のルックスをアピールしてマクロビをPRできる、説得力のあるかっこいい日本人シェフの登場をお待ちしてます。(マクロビパパさんの職場のシェフTさんも、ちょっとがりがりに痩せすぎで怖いです…)

投稿: 桜子(管理人) | 2005/08/07 10:02:54

なんだかいっぱい誤解があるようです。
よりきちんとした情報を流さなくてはと、思いました。

日本において商用媒体で広まる過程で、マクロビオティック・ダイエットの「ダイエット(本来、食事法という意味の単語)」の部分が強調されて広まったことが原因でしょう。食事法の表面部分のみが取り上げられ、
その本質が伝えられることがなかったからです。
その流れも今変わりつつあるように思います。

マクロビでも肉を食べても良いんですよ。
もし、きちんとマクロビのことを知りたいと思うようでしたら、当ブログまでお越し下さい。


投稿: macrobi papa | 2005/08/07 6:10:22

桜子さん、コメントありがとうございます。

>そりゃ、”健康”なマクロビを訴えている人が、病人より不健康な肌をしていたら、信用問題ですからね(笑)

確かにそうですね(笑)
色白な方だったので、私が見たときに、七難隠してしまったのでしょうか。
とってもかわいいおじいちゃんでしたので、好感の気持ちの方が先に立ってましたし。

>病院でも、寝たきりで、エンシュア(マイクロダイエットよりずっとよい医療用栄養ドリンク)だけで生きている人たちの肌って、しみひとつなく透き通るようにきれいですよね。

以前、長い間エンシュアで、食事を取られている方が入院されていましたが、確かに肌はきれいでした。つるつるとして、気持ちがよくて、
ナースの間でも「これって肌にいいのかな。○○さんの肌すべすべだもんね」とよく話していました。

>クシとオーサワは、別に仲悪いわけでもけんかしてるわけでもないけど、交流や協力関係はないようですね。お互い意識はしてるけど、無視という感じでしょうか。

なるほど~。
しかもさらに細かく分かれていて、それぞれの交流もあまりない感じ…不思議ですねえ。
マクロビ・カフェorレストランは、まだ横浜のチャヤ・マクロビオティック・カフェしか行けていないので、そのうち他の所も行って、実際のお店の感じや、メニューを比べてみたいですね。
「食べたい!」の気持ちが一番ですが(笑)

投稿: めぐみ | 2005/08/06 10:05:46

私もバッサリ系の桜子さん分析が大好きなので、どっちかをえらべと言われたら(笑)、分析記事です。でも、口コミも興味あり(笑)
ワガママですいません。

投稿: mama | 2005/08/05 19:37:19

めぐみさん、看護婦さんでしたものね~。でも、病気の人と久司さんを比べちゃ、だめですよ~。そりゃ、”健康”なマクロビを訴えている人が、病人より不健康な肌をしていたら、信用問題ですからね(笑)

私は、断食やらアンチエイジングをやっている、実年齢より5-20歳若くみえるすごい人たちをたくさん見慣れているので、久司さんは

”意外に普通”

だったのでがっかりしたんです。最低でもやはり実年齢より3-5歳は若く見えてほしいですよね。そのほうが、カリスマとしては説得力があるから。

でも、病院でも、寝たきりで、エンシュア(マイクロダイエットよりずっとよい医療用栄養ドリンク)だけで生きている人たちの肌って、しみひとつなく透き通るようにきれいですよね。実はそちらのほうが、マクロビの食事法より、アンチエイジングなのではとひそかに思っております。

クシとオーサワは、別に仲悪いわけでもけんかしてるわけでもないけど、交流や協力関係はないようですね。お互い意識はしてるけど、無視という感じでしょうか。

でも、クシ・ガーデン・デリとクシ・マクロビ・マルシェカフェ同士も、お互いの店のことを聞いても、「うちとは違うんですよ~」と冷たくあしらわれたので、なんかいろんな流派に細かく分かれているみたいな感はあります。同じクシさんの名前を借りて商売してるんだから、姉妹店くらいに仲良くすればいいのにねえ。。。

投稿: 桜子・管理人 | 2005/08/05 12:30:41

久司さんの肌、綺麗だと思ったんですけどね~。
私の場合、ほぼ毎日見ているおじいちゃん、おばあちゃんが患者さん(症状として顔色不良とされるある慢性疾患の病院)なので、そう思ったのかも。

マクロビはオーサワ式、クシ式とあるのは知っていましたが、両者がそんなに仲が悪いとは知りませんでした。大きな組織にはいろいろあるのですね。

桜子さん、私分析記事がいいです!
口コミ記事になっても、桜子さんはきちんと
コメントを書いてくださるでしょうけど、
桜子さんの分析で偏りがちなダイエットを修正したり、新しいことをとりいれたりしているので。ファンなんです。続けてください!

投稿: めぐみ | 2005/08/05 10:25:04

コメントを書く