« 美健楽関連の企業・スクールリスト | トップページ | あるあるデトックス辛口評価 »

美健楽資格の選び方

昨日の【美健楽関連の企業・スクールリスト】に対して、

「どの学校・資格がいいのか、どう選んだらいいのか、分からない」

というお悩みの声を2-3頂きましたので、コメントでお返事したのを元に、【資格・学校の選び方】を記事にします。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!美健楽・ウェルネス系の習い事やビジネスに興味のあるあなた、こちらかロゴマークを押して、賛成・リクエストクリックをどうぞ
DietSiteRankingTagブログ以外の有益サイトも怪しいサイトも、サバイバルランキングしてるのがこちら。2度手間ですが、こっちもぽち→はいと2度押して、他のダイエットサイトもチェック!

【美健楽・ウェルネス系資格・学校に通う目的】

美健楽・ウェルネス系の資格をとったり学校に行ったりする目的として、2つあります:

目的1.自分の知識として学ぶ習い事派
目的2.その資格を元にビジネスをしたい派

まあ、習い事派も、「いつかはこれが転職や就職、再就職に役立つといいな」

と、目的2のビジネス派になれる期待を抱いていると思うんですけどね。でもとりあえずどちらの目的かによって、選ぶ基準とかけられる金額が変わってくると思います。

【ウェルネス系資格・セミナー・学校の選び方】

でもどちらにも共通していえるのは、

・ ウェルネスの関係の資格で、”安定”してずっと価値がある資格というのはまだできてないから、まだ様子見したほうがいいこと

いきなり20万円とかの資格に飛びつくのは危険です。ベジフルやマクロビの例で見る限り、習い事派の方々でも、10万円ちょっとくらいまでなら、”資格”と名がつけば、けっこう出す人も多いようですけど、みんなお金持ちだな~と。やはりいつかはこの資格を元に、オーガニックカフェを開くぞ漠然と思っているので、”この料理セミナーは将来への投資だわ”と思っている人が多いのでしょう。

・ 資格をとるというより、自分と価値観や理念が同じで、こんな美健楽な人になりたいとあこがれることができるカリスマな講師で選ぶほうがよいこと。つまり、先生の”質”重視で、学校や資格を選びましょう。

私がMBAのプログラムで学んだことは、どんなにおもしろそうなテーマであっても、どんなに流行りのテーマでも、講師が教えるのがへたな専門バカ、技術バカだったり、自分で実践できていない専門家(太っている医者とか)の講師だったりすると、まず役にたつことは習えません。お金をドブに捨てることになります(私のいま習っている、ベジフルの中級コースがそうです)

でも目的2のビジネス派の人は、資格や学校に頼りきるのは考えもの。自分のビジネスを成功させるのは、他人が作ったあてにならない”民間資格”に頼って成功できるほど、甘くはないです。ラッキーにも”勝ち馬”にのれることは、あるかもしれませんがね。他人の知識、意見、資格は参考程度で、自分でオリジナルの自分ブランドなビジネスをつくり、セルフプロディースするのが不可欠だと思います。

ちなみに私は、基本的にはこのブログの主読者である、”普通のダイエッター”の立場、目的1の習い事派の立場でこのブログを書くようにしています。よって、いろんな資格や学校がでてくるほどおもしろいし、それを経営している人とかを分析したり、どの企業が勝つのか予測したりするのが楽しいです。習い事派にとっては、楽しんでお勉強できる選択肢が増えるのですものね。お気”楽”で、すみません。

でもいくら”習い事”といえ、私のベジフル・マイスター中級資格のように、美健楽ダイエットの役にも立たないし、知識としても偏ったくだらない授業を受けるのがうんざりするような、選択ミスは犯したくないですよねっ。よって、こうした資格・学校の口コミ、または「この人に美健楽系のセミナーを受けてみたい」という専門家の評判口コミも、集めていきたいと思っています。みなさまのご協力もよろしくお願いします。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。
このテーマに関して、なるほどもっと続編の関連記事を読みたい!と思われたら、
↓こちらを押してリクエストクリックをお願いしますbanner_03Blue

8月 8, 2005 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/5363418

この記事へのトラックバック一覧です: 美健楽資格の選び方:

» ダイエット事始め。心も体も「Living」を目指せ! トラックバック おいしいリビングフード・ダイエット
   カフェグローブをご覧の皆様、こんにちは! ... 続きを読む

受信: 2005/08/11 7:36:01

コメント

★わたしもあるあるデトックスで、リンクさせていただきました~。ありがとう。

★>>スクールもねずみ講と思ってみたことはありませんか?

まあそういうとこもありますが、スクールに関しては日本人、特に女性は道を極めたい気持ちがつよいまじめな人が多いから、国民性ではないでしょうか?それも”転職・仕事に役立つ”と言われるとぽんと大金をはたいちゃうという性格も。だますほうも悪いけど、だまされるほうも悪い…これ、自分にも言い聞かせてます(笑)

★>>この前、エステの試験監督のバイトを
しました。

私も某エステ系資格の試験問題作りに少しアドバイスしたのですが、

「なにが役立つ実践的知識か」

よりも

「どう難しくして権威のある資格に見せかけるか」

が先に立って難問奇問を好むような経営者だったので、さっさと逃げました。

資格ビジネスの裏をみちゃうと、なかなか信じられる資格はないですね。

★>>結局、自分が何を求めているのかが最重要課題になる

結局、mamaさんのいうように、

「自分が求めているものをはっきりさせてから、それを満たしてくれる資格、先生を選ぶ」

につきるでしょう。現実は、

「自分が求めているものはぼんやりとしてよくわからないから、資格勉強で教えてもらいたい。または資格さえもってれば、食えるかも」

という、資格に期待しすぎて頼っている人が、ほとんどなんでしょうけど。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/08/10 13:08:07

カイロの学校もですけれど、選ぶのって難しいですよね。結局、自分が何を求めているのかが最重要課題になると思います。

投稿: mama | 2005/08/09 15:43:25

はじめまして。

この前、エステの試験監督のバイトを
しました。
結構難しい問題でした。

たかが資格、されど資格。
資格と実力と経験がすべて
そろっているのが一番ですね。

むずかしいですけど。。

投稿: ブリジットになろう♪ | 2005/08/08 23:19:42

スクールもねずみ講と思ってみたことはありませんか?ココロからなにか学びたい、と思っているので、入学したり、弟子入りしたり、その時点ではかかる費用なんて関係ないほど、価値があるのですが、そこの先生・権威が、よーく後で検証すると価値はほぼ0かもしれなかったり、伝達能力にかけている以前に、中身がなかったり。伝達能力満々カリスマ的、でも結構でたらめだったりします。それって、このごろとみに増えている気がするのです。 概して、日本の習い事は高すぎの気がします。

投稿: ネネ | 2005/08/08 20:58:35

今日の記事でこちらのURLを貼らせていただきました!
毎日 楽しく読ませていただいてます。復活後も絶好調ですね♪

投稿: ナミナミ | 2005/08/08 16:23:39

コメントを書く