« 桜子が今実施中のダイエットとAA法 | トップページ | 最新アンチエイジング医学を一言で »

アクティブ・エイジングに変更します

おとといの記事で、美健楽ダイエット&“新アンチエイジング”派宣言をしたばかりなんですが、いきなりキャッチコピーを変えることにしました。題して、

【美健楽ダイエット
   &“アクティブ・エイジング”派宣言】

新アンチエイジング
=”アクティブ・エイジング”

と名づけます。訳すと

積極加齢
=積極的、前向きにエイジング(老化)と付き合っていく生き方

ということです。アクティブエイジングは、きれいな年齢の重ね方を楽しみながら研究して、

70代までは年齢不詳のエイジレスビューティ
=80代以上になったら、自然なしわも魅力的なかわいいおばあちゃん

になるのが最終目標です。

旧アンチエイジング
=”アンチエイジング”

とはちょっと違います。抗老化というと、やはり老化はいや!という否定的で、そのためにしわを消したり必死な感じがしませんか?

アクティブ・エイジングに変えようと思った理由は、医者のアンチエイジングとの差別化のため。おととい、アンチエイジングの記事をかいたすぐあとに、某有名なお医者さんが”アンチエイジングセミナー”をひらき、オープンしたての自分のリフティング手術がメインのクリニックをマスコミに公開したという記事を読んだんです。

最近、米国アンチエイジング認定医とか、お医者さんでアンチエイジングを語る人が増えているのですが、彼らの内容をみると、やはりリフティング(しわとり手術)とか、薬物療法によるデトックスとか、ちょっと”人工的”なものに、個人が頼るような受動的なアンチエイジング法が多いのですよ。これらは従来の旧アンチエイジングと同じなんですが、米国アンチエイジング協会と組んだり、米国留学したというお医者さんだったり、外国の香りを漂わせて、ちょっとスマートにおしゃれにしているのが特徴です。

私はこれら表面的なアンチエイジングを否定はしませんが、もっと個人の前向きに好奇心や生きがいを持って生きていくというココロを重視したり、個人が自分の手にきれいになれの念を込めて自分をケアしてやるという、”個人の生き方”での能動的なアクティブエイジングを目指したいのです。リフティングと一緒にされるのはちょっと違うかなあと思って、変更することにしました。

ということで、アンチ・エイジングではなく、美健楽ダイエットはアクティブ・エイジングを目指します。よろしくお願いします

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!アクティブ・エイジングしてみたいと思ってくださった方は、応援・記事のリクエストクリックしてくださいね!
DietSiteRankingTag人気ブログランキング以外の競合も育てないと、強制削除など独占の弊害もあってよろしくないな。と、賛成して頂ける方は、2度手間ですが、こっちもぽち→はいと2度押してやってください。

お願い:  このサイトは、アフィリエイトもスポンサーもない個人サイトで、みなさまのご声援クリックだけを励みに続けています。ここの情報けっこう役に立つな!頑張って続けてね!と思ってくださった方は、
↓こちらを押してご声援クリックをお願いしますbanner_03Blue

9月 9, 2005 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/5838721

この記事へのトラックバック一覧です: アクティブ・エイジングに変更します:

» 私は太り気味です トラックバック やさしい医療をめざして-新しい神経内科
医師は忙しくて、運動できない上に、食事も不規則で、ストレスも強く、そのための酒量 続きを読む

受信: 2005/09/09 19:27:59

» 砂糖なしでもおいしいホッ(*^^*)とできるやさしいお菓子 トラックバック 砂糖なしの”あまくておいしいなごめるお菓子”
はじめまして。”なごみ”です。 3歳と0才の2人の育児をしながら、時間を見てはせっせとお菓子作り。 なんだかんだで毎日のようにキッチンに立っては・・・がさごそ・・・。 しばらくするとなんともいえないいい香りがオーブンから。 娘はいっしょに作るのが大好きで型ぬきをしたり、混ぜてみたり。 小さな手で一生懸命作っている姿は、ほほえましくなってしまいます。 昔は卵、バター、白いさらさらのお砂糖たっぷ�... 続きを読む

受信: 2005/09/10 0:30:41

コメント

あっ、Yuksaさん、ごめんなさ~い。Yumiさんもいるのだ。ほんとにHNって、よみづらいし、リンクがついているのでコピーもしづらいのよ。

でも以前、それを間違えないようにと気を使ってタイプしていたら、それが面倒でお返事コメントつけなくなってしまうというジレンマがおきたので、さいきんはHNをあまり書かないようにしてたんですよ。間違えられると気分よくないしね。でもこういう風にどんどん指摘してやってくださると、ありがたいです。ありがとね。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/09/13 7:33:35

こんにちわ!執筆活動おつかれさまです~
でも、頑張りすぎて体調崩されないでくださいねっ!

ところで、すごく細かいツッコミで申し訳ないです!
私の名前は「Yuki(ユキ)」ではなく「Yuka(ユカ)」です~

でも確かに間違えやすいわ・・・
文字も小さいし(汗)


>★Yukiさん、

投稿: yuka | 2005/09/13 2:00:17

おおっ、みなさま、アクティブエイジングの名前とそのコンセプトに賛成・共感コメントありがとうございます。積極的に美しく歳を重ねる!っていいですよね。

★ドクターレボリスさんのような、ちゃんと実践もしている美健楽ダイエットに賛同してくださるお医者さまが増えてきたのは、心強いです。ありがとう。肥満治療しているデブの医者って多いですからね~。

★スがジーさん、通販商品はつい買いたくなるけど、効果があったためしがないのはなんででしょうね?効果があると、つぎの商品が売れなくなるから!?だと最近気づいた、桜子です。

★Yukiさん、
>しかも一日中ずーーーっと座り仕事なので、
腰も痛いし脂肪も痛い!

わたしもいま一日中ひきこもり執筆生活なので、毎朝50分のエアロバイクだけはぜったい続ける!以前腰痛でひどいめにあったんです。そのとき美健楽ダイエットマスター仲間からきいたオススメが、ストレッチポール!スポーツクラブとかでもおいてあるんで、試してみてくださいな。腰痛にいいですよ。気持ちいいです。

★>加齢に対して前向きな考え方って少ないですね。

まあ日本は男性が、女性は若いほどいい!という人が多いマザコンとロリコンが多い国ですから、特に女性の加齢にきびし~んですよね。でも40過ぎても女をすてていない素敵な女性が、最近ふえてきて、よき目標にさせていただけるのでうれしいです。

★トラバありがとうございます。留守中に、うちのブログを引用リンクしていないトラバがふえています。

そういうところには、うちのトラバ基準を書いた記事をトラバさせていただき、削除させていただきます。ごめんなさい。ちゃんと引用リンクした、誠実なトラバさんにもうしわけないので。

削除に懲りずに、またちゃんと引用リンクしてから、とらばってやってくださいね。ただし一部引用リンクしてなくても、読者のかたやわたしに役立ちそうな記事のブログさんは、残すこともあります。でも基本は誠実な引用リンクつきトラバ!でおねがいしますね。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/09/11 9:13:34

ランキングナンバー1の方へ恐れ多くもTBさせてもらいました。
アクティブ・エージングの理屈!なかなか説得力抜群ですね!
一般的なantiaging大敵活性酸素に対抗する身体の抗酸化力が、瞬時に手を添えるだけで分かってしまう=バイオフォトニックスキャナーを紹介してます。
応援クリックして帰りますね!遊びに来たら応援お願いしますね。

投稿: エバー | 2005/09/11 2:01:04

そういえば加齢に対して前向きな考え方って少ないですね。
アンチエイジングという言葉自体も加齢に否定的ですし。

この発想の転換はこれからのナチュラル志向にぴったり重なるものですね。

投稿: QOL向上委員会 | 2005/09/10 11:28:29

おひさしぶりです、yukaです!
今回の記事、とても興味深く感じます。
私もそろそろ三十路が近くなってきました。
しかも一日中ずーーーっと座り仕事なので、
腰も痛いし脂肪も痛い!

ああっ、こんなんじゃ、将来的にはトドになってしまうわ!
と考えてしまう今日この頃(苦笑)
きれいな年齢の重ね方出来ると良いなぁ・・

ということで(どういうことだ!?)
アクティブ・エイジングを目指す美健楽ダイエットを私も応援します!
ではまた!

投稿: yuka | 2005/09/10 0:27:17

はじめまして!
ランキングでお見かけして飛んで来ました。
私は通信販売で購入したスレンダートンという
お腹に巻くベルトで、指示通り毎日30分のエクササイズを
行っているのですが、全く効果がありません。。。
もう1年3ヶ月1日も欠かさずに
継続しているのですが、さっぱりです。
これから色々と勉強させて頂きますので、
また遊びに来ますネ☆
よろしくお願い致します。

投稿: スガジー | 2005/09/09 21:48:39

 私は太り気味の医師ですが、もその意見に賛同いたします。皮下の脂肪を吸引したり、移動するとどうしても脂肪の下の組織と皮膚のつながり方が非生理的になりがちです。
 がんばって、食事と運動などで、人の持つ生理的な方法で痩せていくことが大切と思っております。食事の時間が大切であることが、DNAレベルでも解明されました。ご参照ください。

投稿: ドクターレポリス | 2005/09/09 19:25:46

コメントを書く