« 某ケータイサイトでココロケア | トップページ | 癒しよりアクティブな美健楽とは »

アメリカの最新美健楽NLP

おはようございます。今日の東京は朝からすっきり晴れて朝晩は涼しい、すでに初秋の気持ちいい空気を感じます。もう9月ですね。

おとといちらっと予告した、美健楽ダイエットニュース!第2報は、

お友達の米国在住ウェルネス・カウンセラーのKimikoさん(うちのリンクサイトさんでもあります)が、3日前から来日して我が家にご滞在中ということ。彼女は私の美健楽ダイエッター仲間、アメリカ支部(あるのか!?)でもあり、美健楽ダイエットの本場、カリフォルニア在住なので、もう美容・健康・ダイエット、そして彼女の本業のココロケア(メンタルケア)の最新情報の中で生活している人。私は日本の美健楽(ウェルビューティ)のトレンドを、彼女からは今後日本で流行りそうな今アメリカで流行っている最先端美健楽ダイエット情報を、ふたりで息継ぎする間もなく(?)美健楽談義と情報交換しています。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!アメリカの最先端美健楽ダイエット情報って面白そうと思ってくださった方は、こちらを押して応援・リクエストクリックしてくださいね!
DietSiteRankingTagブログ以外のHPも含め、有益サイトも怪しいサイトも、ごちゃ混ぜランキングサイトがこちら。2度手間ですが、こっちもぽち→はいと2度押して、他のダイエットサイトもチェック!

ここにはちょっと書けない業界裏情報もありますが、ふたりの情報を付き合わせると、今の日本とアメリカの、ウェルビューティ業界のビジネストレンド、どこがどんなウェルビューティを仕掛けているかが見えてきて、ダイエッターとしてもMBAをもつビジネスパーソン同士としてもとっても面白い。加えて彼女はとても+(プラス、ポジティブ)なエナジーを発している方なんで、ここ数日、粘着質なEメール・コメントに吸い取られていた私のエナジーが再充電、いや増幅される感じで気持ちいい。あまり寝ていなくてもね。

みなさま、ネットの世界での顔の見えない神経戦に疲れたら、やはりキレイな前向きな美健楽エナジーをもった人と、じかに会ってお話しましょう。エナジーが1+1=3で増幅されて元気になれます。自分が落ち込んでいるときは、陰湿な人、悲観主義者、落ち込んでる方=負のエナジーを発している方たちはなるべく避けたほうがよいです。

さてKimikoさんとの話ででた、アメリカの最新美健楽ダイエット情報をひとつご紹介: 美健楽ダイエットにも応用できそうな、最先端でトレンディなココロケアの心理学、【NLP理論】(神経言語プログラミング)をご存知ですか?ダイエットのトレンドリーダーでもある、美健楽ダイエット・マスター達人仲間の間でも、いまひそかにNLPに興味をもつ人が増えています。

これって簡単に言ってしまえば、心の動きをなんとなくではなく論理的に分析し、自分や人の心をコントロールできるようにしようという、主として”健康な人のための”心理学です。従来の心理学は、精神系の病気治療向け、病気の人のために発達してきたのですが、NLPは健康な人がより”楽しく”(美健楽の楽ですね)になるため、よりHappyになるための心理学というのが新しいところ。これが、今後、美健楽ダイエッターのココロケアとして応用できそう、これからダイエッターにも流行りそうだね~という話で盛り上がってました。

私の美健楽ダイエットは、「ココロケア」と私が名づけた、ダイエットの動機維持や食欲コントロールなどの”自分の心を自分でコントロールできるようになること”を、とても重視してます。だって過去記事で書いたように、太ってしまう理由は自分の心に問題があるからだし、やせたいと思う理由も心の問題なんですよ。

なのに、世間にあふれる流行のダイエット法は、食事法や運動など、カラダのことばかり。食事を制限して運動すりゃやせると言われても、それが実行できる人が少ないのは、心がコントロールできる”意思”の強い人が少ないから。その”意思”が強い人も心を無視して押さえつてやっていれば、そのうち心の造反でどうしてもダイエットできなくなってしまいます。

いい例が、ダイエット本が売れたSM○PのKくん。確かに厳しい食事制限と激しい運動でかっこいいカラダになりましたが、あっというまにリバウンド。しかも今、ダイエットする前の+20%増しくらいに太っているし。別の例は、選挙に忙しそうなほりえもんさん。トータルワークアウトでやせたと自己申告してましたが(あまりやせて見えなかったけど)、もうリバウンドで首周りが以前にも増してタルタルのぶよぶよじゃないですか?こういう人たちを、やせると太るを際限なく繰り返す、”ヨーヨーダイエッター”と呼んだりします。アメリカではエリザベス・テイラーが有名なヨーヨーダイエッターですね。

こうした人たちは、【もうやせるコツはわかったから、必要になればまたダイエットしていつでもやせられる】と思っているのですが、私が見る限り無理です。なぜなら自分の心がコントロールできてないから。食事と運動のカラダだけのダイエットでやせても、きっとまた太りますし、そのうちカラダのダイエットをしようとしても、どうしてもカラダが動かず気がすすまず、とりかかることすらできなくなってデブのままになります。

こうしたカラダのダイエットだけのヨーヨーダイエッターには、自分の心を自分でコントロールしてやるためのココロケアの指導が必要です。ココロケアとは一般的にいえば、心理学のこと。この心理学の世界、とりわけ心理学の本場アメリカでいま最先端でトレンディな心理学が、【NLP理論】なんです。

日本ではようやく最近このNLP理論がアメリカより輸入され、主としてビジネス向け、企業研修などで、【営業マンが顧客を説得する方法】として、【他人の心をコントロールしようとするワザ】として流行ってきているようです。おすすめ本は、私もNLP入門書として読ませていただいた、千葉英介さんの【心の動きが手にとるようにわかるNLP理論】。ただし、これダイエッター向きではないビジネス向けぽいですね。

私は、このNLPって、女性向け、ダイエッター向けに、【自分の心をコントロールする】ためにも役立ちそうだなあと思って、ダイエッターの立場から興味があるのです。そして、Kimikoさんは、本場アメリカのNLPの総本山と言われる、カリフォルニアのサンタクルーズのNLPU(NLP大学)でトレーナー資格をとった人。実際そのままサンタクルーズに住み着いてしまって、100人以上のダイエッターにカウンセリング指導していらっしゃる貴重な日本人女性で、私のココロケアの家庭教師みたいなもの(すみません!)。

千葉英介さんも、実はこのサンタクルーズの大学でもコースをとって勉強なさったらしく、Kimikoさんはむこうでお会いしたことがあるとのこと。サンタクルーズ市を中心に、日本人NLP指導者のゆるやかなネットワークができてつつあるようですね

ただ、こうした心理学っておかたすぎたり、ビジネス向けだったりして、ダイエッターや女性にはとっつきにくいのが難点。また、カウンセリングは形のないノウハウなんで、それを盗まれたりまねされたりしないように、指導者がなかなか簡単には教えてくれないんですよ。いろいろもったいぶって、ものすごく値段の高い企業ビジネスセミナーにしたり1時間数万円の個人レッスンになっちゃうので、普通のダイエッターには気軽に手がでないんですよね。まあ彼らも数百万円という指導者養成セミナーに”自己投資”しているので、理解できる部分もあるけれど。

私のように、難しいNLP理論をかみくだいてミーハーにわかりやすく”ぶっちゃけ”系にして語るダイエッターが、ダイエッターや女性のための”お気楽ココロケア”として、翻訳・応用できないかな~と研究中です。NLPを元になにか具体的なお役立ちノウハウをみつけたら、ここでご紹介したいです。チョコレート中毒”治療”をNLPをつかってどう治すか、とか、ヨーヨーダイエッターのためのNLPとかね。

ですが、まずはNLPをダイエットのために応用してみたいと思っていらっしゃる日本人の方、よろしかったら、情報交換したいのでメールでもくださいね。お待ちしています。


お願い:  このサイトは、アフィリエイト収入ゼロでスポンサーもない個人サイトで、みなさまのご声援クリックだけを励みに続けています。ここの情報けっこう個性的でオタクで面白いから、頑張って続けてね、と思ってくださった方は、
↓こちらを押してご声援クリックをお願いしますbanner_03Blue

9月 2, 2005 10【1ココロケア分野】: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/5749361

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの最新美健楽NLP:

コメント

★沙希さんも、いらっしゃいませ。やはり美健楽ダイエット・マスターの沙希さんとも、よくシンクロしますね~。

★LAからSFは飛行機で1時間、サンタクルーズはSF空港から車で2時間くらいです。

でもたぶんLAにも、NLPを使うカウンセラーはたくさんいると思いますよ。トライアルプログラムもあると思うので、もしアメリカでNLPを受けてみる機会があれば、ぜひ本場レポートをお願いします。

★あらっ、Kimikoさんってば、NLPの伝道者・指導者なもんだから、さりげにNLPのPRしてるわねっ。私は、自分はカウンセラーに向いていない性格なもので、NLP指導者になる気はない一介のダイエッター。

お客様(ダイエッター)が本当に求めている、まずは簡単、実用的で、1回5000円くらいの”お試し”グループレッスンを作ってくださるよう、ここで公にでもお願いしておこう。

1回1万円以上の個人レッスンを継続的に受けなきゃいけないなんて、普通のダイエッターには、”楽”ではないですから。お願いしまーす。

★そうそう、落ち込んでいるヒトを無視ということではないのですが、自分が落ち込んでいるときに同じように負のエナジーを発しているヒトと一緒にいると、負のエナジーも増幅されるものなので、お互いのためによくないんですよ。

私は、ANEGOオーラのせい、あっいやおかげで色んなヒトから悩み相談をもちかけられることが多いのですが、その相談者リストを作っています。

そして、自分が+正のエナジーを発して余力があるときに、「おおっ、この+プラスエナジーを有効利用しよう!」と、リストした人達のところに電話をかけ、「お待たせしました、悩み相談に乗らせていただきます」ということが多いです。でないと、一緒に暗くなってしまって、解決になりませんから。

とはいえ最近では、私がヒトに会いたくないほどものすごく落ち込むのは3年に1回くらいで、通常は+エナジーなことがほとんどです。美健楽の”楽”のコントロールが、少しはできるようになってきたのかも。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/09/03 19:00:25

こんにちわ^^

>自分が落ち込んでいるときは、陰湿な人、悲観主義者、落ち込んでる方=負のエナジーを発している方たちはなるべく避けたほうがよいです。

同意見です。
ほんと自分がまいっちゃってるときに、またさらにまいっちゃってる人と一緒にいてもどんどん負の世界に引き込まれていっちゃいますもんね。

投稿: KOSE | 2005/09/03 18:10:54

桜子さん、
ウェルネスカウンセラーのKimikoです。私のほうこそ、たくさんのインスピレーションと知識をいただき、桜子さんからとっても楽しく学ばせてもらってるんですよ。
NLPは、応用範囲が広く、しかも一般的にとりいれやすい心ケアのメソッドです。そしてウェルネスやダイエットなど具体的に焦点をあてた本を、ぜひ書きたいと思っていたところで、桜子さんの鋭いご指摘、これは早く着手するモチベーションとなりました。
私の日本での活動も、桜子さんをはじめ、多くの方にご興味いただき、ぜひ良い形でご報告できるようがんばりますね。

投稿: Kimiko | 2005/09/03 15:36:23

はじめまして。LA在住セニョリータMです。
ロスに居ながらぜんぜん知りませんでした。
もっと詳しく知りたいです!
どうぞよろしくお願いします。

投稿: セニョリータM | 2005/09/03 13:46:18

桜子さん、こんばんは。

わ、私も釣られちゃいました(笑)
実は昨日、こちらのblogの「ココロケア部門」を改めて全部読んでいたところでした。
今日の記事には、びっくりしました!
私もすっごく興味があります。
紹介してくださるのを楽しみにしています。

投稿: 沙希 | 2005/09/03 1:11:07

ふっふっふっ…美健楽ダイエット・マスター達人が2名、TSURUGIさん、mamaさん、釣られましたね~。

このように、NLPココロケアは、上級ダイエッターになるほどなぜか興味をもちやすい、通好みなんですよね。うまくダイエットに応用できて、値段の安いグループレッスンとかがあれば、日本のダイエッターにもはやるココロケアだと思うんだけど。

>>実際に私はNLPである食物アレルギーが消滅しましたよ(笑)

mamaさん、これっ!ぜひ記事にしてください。みんなのためになるよ。よろしく!

投稿: 桜子(管理人) | 2005/09/02 20:59:06

…とても偶然ですが、その本は持っていますし、私もカイロの学生時代にTFT、EFTとともに履修しました。
まあ、そういっても、専門家の方からみると触りだけといわれそうですが(笑)
何に応用しているのかというと、花粉症の治療や、アレルギー、もちろんダイエット関連ですね。
実際に私はNLPである食物アレルギーが消滅しましたよ(笑)

投稿: mama | 2005/09/02 14:02:32

いつも楽しく拝見させていただいています。

>ネットの世界での顔の見えない神経戦に疲れたら、やはりキレイな前向きな美健楽エナジーをもった人と、じかに会ってお話しましょう。

まったく同感(笑)

インターネットは便利なコミュニティツールだけど、人間て直接会わないとわからないことの方が多いです。

これまでも、知人間でのネットのトラブルが、直接会ったら、あっさり解決したことが多々ありました。


神経言語プログラミング、おもしろそうです。
千葉さんの本、こんど、読んでみます。

投稿: TSURUGI | 2005/09/02 13:08:59

コメントを書く