« 終結宣言!カテゴリ荒し防止提案 | トップページ | 桜子が今実施中のダイエットとAA法 »

新アンチエイジング=美健楽

カテゴリ荒し疑惑騒動で、なんかカテゴリというものを考えさせられました。実は私、ここ半年ほど、ここのブロガー、読者さんは私の美健楽ダイエッター仲間と同じことやってらっしゃるよな~、と思っていたカテゴリがあり、ちょこちょこ参加させていただいてました。今日から常駐参加させていただくことにします。それは、【アンチエイジング】カテゴリ

従来の意味のアンチエイジングと違う、”新”【アンチエイジング】は実はいま私が一番興味を持っていて、美健楽ダイエットに取り入れているテーマなんです。新アンチエイジングは美健楽ダイエットと共通点が多いというか、ほとんどイコール!そう思う理由は:

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!アンチエイジングにもご興味がある方は、応援・リクエストクリックしてくださいね!
DietSiteRankingTag人気ブログランキング以外の競合も育てないと、強制削除など独占の弊害もあってよろしくないな。と、賛成して頂ける方は、2度手間ですが、こっちもぽち→はいと2度押してやってください。

私のブログの、ランキングでの紹介文を昨日ちょこっと変えて、”仏女性風アンチエイジング生活”という言葉を入れました。これに表されるように、美健楽ダイエットのメリット(最終目標)とは、
+美しく
+健康的に
+楽しい気分になれて、
+スリム体型(体脂肪とか体重とか)になれて維持する
ことだといってきましたが、実はこれを維持していると
+アンチエイジングになってエイジレス(実年齢より若く見える)美男美女
にもなれるんです。まあ、美健楽ダイエット・マスター達人の境地に達した人たちは、以前からみんな気づいてますけどね。

つまり、
美健楽ダイエット
=ウェルネスビューティ(ウェルビューティ)
=アンチエイジング
なんですよ。

そして今回、私がアンチエイジング・カテゴリにも参加する機が熟したと思った理由がいくつかあります:

1.以前私の記事でも予測したように、最近日本人も、【アンチエイジング(抗老化)】という言葉に抵抗がなくなり流行しはじめていること

2.以前の”旧”アンチエイジングというと、どちらかといえばしわとり手術(リフティング)や化粧品といった表面的なことが多かったが、最近はやりだしている”新”アンチエイジングは、もっとココロケア(前向きで明るい心のもちよう)やバランスのとれた食事と生活、サプリメントといった、内面的なものを重視し始めて、美健楽ダイエットと共通点が増えてきた。

3.ダイエットというと”やせる”だけというイメージが強くて、やせたくはないけど、鍛えたり”年齢より若く見えるように生活バランスを整えたり”したい、アンチエイジングな人はダイエットカテゴリに来てくれない可能性が高い

4.実は最近自分が、ベスト体重に達してしまって、あとはこのベストな状態をいかにより理想的な状態いもっていけるかの研究を始めた。例えば、サプリメント、デトックス、より高度なココロケア、スキンケア、メイク法、などだが、これらは実は全部アンチエイジングの方法でもある。

例えば、最近サプリを始めたら、実年齢より3歳若くみえると言われるくらい、肌質が内側から改善してきたので、美健楽ダイエットの究極系=エイジレス美女の効果を実感しています。

5.単純に、自分や自分の身近な人たちが30歳後半をすぎて老化のサインもそれなりに出てきた(?)から。いかに美しく老後を過ごすかは、やはり死ぬまで興味があるとこですよね

でも私のアンチエイジングは、従来の”旧”アンチエイジングと違う、”新”アンチエイジング方法なのです。違いは上の2点目で書いたけど、ひとことでいえば、

【20代から始める(ライフスタイルに組み込む)、フランス女性式アンチエイジング法】

なのです。30代からとか40代とか、老化を感じ始めてからあわてて取り入れるのでは遅いと思うんですよ。

私は以前、1年の1/3ほどフランスに長期出張・滞在していた時期があって、フランス女性の友人たちを見ていました。

どうしてこの人たち生涯”女”としてのツヤと華やかさをキープできるんだろう。日本女性は40代で女が終わったみたいに、枯れちゃう人が多いのに。」

って不思議に思って、色々探ってたんです。日本でよく言われるのが、

「若い頃から、ファッション・メイクと自分の個性を生かすようにこだわりがあるから」
「欧米の男性は、きれいだ、美しい、愛してると女性フェロモンを刺激するセリフを堂々と言ってくれるから」
なんですが、実はもうひとつ、

20代からアンチエイジングを意識してサプリやエステ、ココロケアなども熱心に研究しているから」
なんですね。母親が娘にアンチエイジングを教えたりするんですよ。びっくり。

30代、40代の大人の女性が金にものをいわせて高額な化粧品やエステ、整形手術に走る旧アンチエイジングも多少はカバーしつつ、でもメインは、【20代から生活に組み込んでいける、美健楽なアンチエイジング方法】をお届けしたいです。

あと、スキンケア、ヘアケアなど、表面的・外見的な事に関しても、実年齢より3歳以上若くみえるを目標に、うーんいや違うな、
【年齢不詳のエイジレス美女になる】基本編を
お届けしていく予定。あるときは大人のセクシーな女、あるときはかわいらしくキュートと、やはり七変化するほうが人生楽しいし、若くみえすりゃいいってもんじゃない。

実は私、以前某大手化粧品メーカーに勤務して、化学専攻なもので化粧品・ヘアケア製品の組成からなにから知ってるし、メイク法に関してはプロのメイクアップアーチストに定期的に個人レッスンをうけてます。だからメイクやスキンケア、ヘアケアにお金も時間も結構つぎ込んではいるのです。が、色々研究尽くした結果基本編というべき化粧品の極意に達してしまったんで、最近はシンプルかつ適度な興味程度なんですよね。まあその基本編といえる「これだけは押さえとけ!」ということだけでも、お知らせしたいと思います(さあこれで例の禁断のスキンケア情報も書けるぞ~!)

アンチエイジングとダイエットカテゴリのみなさま、よろしくお願いします。さ~て、今日から、アンチエイジングのカテゴリのブロガーさんとこを見て回って、自分と方向性が合いそうな方のところに、引越しのご挨拶のタオル(コメントのこと)配ってまーわろっと(笑)。

追記: BBSに”新アンチエイジングについて語ろう”スレたてたんで、そちらの私のただいまの研究発表をみて、みなさまもご意見くださいね~。実はひそかに大事な情報をこっそり発表している、裏ブログ化している、桜子のBBS掲示板なんですよ。

お願い:  このサイトは、アフィリエイトもスポンサーもない個人サイトで、みなさまのご声援クリックだけを励みに続けています。ここの情報けっこう役に立つな!頑張って続けてね!と思ってくださった方は、
↓こちらを押してご声援クリックをお願いしますbanner_03Blue

9月 7, 2005 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/5826374

この記事へのトラックバック一覧です: 新アンチエイジング=美健楽:

コメント

SEVIさん、

BBSのとってもよくまとまってます!わたしがしようと思ってたまとめを代わりにやってくれちゃった感じ。ありがとう。不定期更新といいつつアクティブエイジングに励む日々なんで、みなさまのBBSコメントをまとめて記事にさせていただいますね。

カリフォルニア、シリコンバレーのアンチエイジング情報も楽しみにしています。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/09/11 8:57:21

さきほどの私へのお返事ありがとうございます♪
覚えててくださって、嬉しいです。
あのエントリは、管理人さんへの気遣いもあったのですね。直接のやりとり等の詳細を知らなかったので、余計な心配でした。

アンチエイジングもいいですね~。何よりも桜子さんが楽しそう^^
私も実は40代なので、アンチエイジングはダイエットよりも大切なテーマです。もっとも普段は自分の年齢は忘れていますし、自称32歳ですが。。。
(どうやら私は、35歳前後に見られているようです。)
目指すは、50代でもセクシー&年齢不詳です。

先日「フランス女性はなぜ太らない」という本を読みましたが、太らないように生活の中でうまくバランスをとるコツを母親が娘に教える、とありました。内容的には、桜子さんの目指す美健楽とよく似ていました。アンチエイジングにも当てはまりそうです。”フランス女性式”というのもツボにはまっていていいですね。その直感は信じられます。ぜひ解明してください。期待しています。

投稿: Sevi | 2005/09/09 13:41:06

★楽しいです。ダイエットもアンチエイジングも趣味ですから~。

★>>開かない温気アップのバナー、クリックしちゃってたんですから。

めぐみさん、かわい~~。うけちゃいました

★にゃおさん、ありがと。また遊びにいきますよ

★>>年齢を重ねるほどに、個性を活かした美しさって、大切になってきますよね

そうですね。昔の美人がぶさいくになって、たいしたことない人が美健楽美女になったりして、女も顔に生き方が出る時代になってきました。いいことだわ

★肉は多少は食べる。それが日本人の歯のつくりが、肉用も植物用も両方あるから、自然だと思います。週に1-2回くらいわたしは肉食ですな。

★さいきんアンチエイジングの医者を名乗る人がふえてきましたね~。やはりアンチエイジングブームです。

★アンチエイジングカテの2位に、あやしいカテゴリ荒しブログが現れたので、プレッシャーかけようとポイントを20%にふやしました。そしたら追い払えたのはいいいけど、うーん、2位をぬいて1位になっちゃった~。どうしようかなあ。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/09/08 23:26:41

桜子さん、
今見たら、
アンチエイジング・カテゴリーでも1位ですよー!さすが!

投稿: Yumi | 2005/09/08 10:57:52

本当にシンクロですね
水島裕先生が登場したのは驚いた
薬学でのドクターは製薬会社時代
驚愕に値する人物として恐れられていました
わたしも水島先生には代田にある自宅までよく私設ドライバーしましたよ
大いにブロガー桜子さんの注目度も
フォーカスされるかもよ

投稿: とりぞう | 2005/09/08 8:46:44

祝・アンチエイジングカテゴリ常駐!!
桜子師匠、うれしいです!!

ここ数年、アンチエイジングは私のThe biggest concernなのです。マクロビの観点から、いかに老化を防ぐか、を日々考えてきました。私的には「血液浄化」「健康な腸」が基本。
アンチエイジングを考えたとき、いまだに疑問なのは動物性の是非。
確かに、動物性食品は酸性で血液を汚す。消化のために内臓に多大な負担をかける。反動で、アルコールや砂糖などの極陰食品を求める。・・・・・・など、老化を促進する要素ばかり。
しかし、桜子さんもおっしゃっていらっしゃいますが、100%マクロビやってる女性って、高齢になればなるほど、「年齢相応の艶」が欠けてますよね。玄米と塩分で、すっかり「頑固に陽性化した女性」という仙人みたいな女性が多い。オシャレじゃないし。だから、外見上のアンチエイジング対策としては、マクロビはいかがなものかな???と私はずっと疑問に思ってきたのです。今後の課題です。

その一方で、中国医学の女医さんなんかは、60歳をすぎても、ツルピカで艶っぽくて、いかにもみずみずしいですよね。あれは、適度に動物性を食べてコレステロールを摂取しているからだと思うんです。特に、中国医学では内臓食(レバー等)を推奨してますしね。

結局バランスってことになっちゃうんでしょうかね。
自分の身体で人体実験しつつ、自分なりの損益分岐点を確認しつつ、ってかんじですかねぇ。

・・・・・・と語りだすと止まらないのでこのへんで。中途半端ですみません。

千葉氏のNLP理論の本、早速読みました。感想はまたあらためて。

YUMI

投稿: Yumi | 2005/09/08 8:02:22

フランス人の友人が、現在他のフランス人10数名と、ある日本の大手メーカーに出向しているのですが、「受付嬢が全員、ソックリな顔をしている!」とびっくりしていました。確かに日本企業の受付嬢って、メイクや髪型も似ていますし、しかも制服ですもんね。その没個性ぶりは、フランス人チームの嘲笑の的だそうです。

年齢を重ねるほどに、個性を活かした美しさって、大切になってきますよね。私は、美容と同様、仕事や生活の充実が”いいオーラ”となって現れるような、ウェルエイジングをめざしたいと思っています。

投稿: hana | 2005/09/08 1:23:06

桜子さん、こんばんは。
今日は私のブログに訪問してくださってありがとうございました。

共感する内容がたっぷりのブログですので、
更新が楽しみです。
リンクさせていただいてもよろしいですか?
今後ともどうぞよろしくお願いします!

投稿: にゃお | 2005/09/08 0:52:12

>めぐみさん、やはりそこに反応したか…ちょっと期待してたけどねっ。

それは反応しますよ~(笑)
桜子さんが「温気アップのページを会員制にしてパスワードかけて、そこでこっそり話そうかな。」なんて書かれるものだから、
”ひょっとして知らないうちに、会員制になってオープンしているのでは!?”なんて勘ぐって
開かない温気アップのバナー、クリックしちゃってたんですから。
やっぱり美肌、大切です♪

>今度日本のアンチエイジングの第一人者のお医者さんのお話を伺えることになってラッキー!あのQUALのお医者さんではないですが、彼もなかなかエイジレスでしたよね?

QUALのお医者さんも確かにエイジレス(会場で年齢を聞いて驚いた覚えが)でしたが、桜子さんが人脈・出会い運パワーでお会いした先生のお話も気になりますね。
楽しみに報告記事お待ちしていますね♪

投稿: めぐみ | 2005/09/08 0:05:54

楽しそう…。
桜子さんが(笑)

投稿: mama | 2005/09/07 23:25:38

★>アメリカ人ではなくフランス人女性を指標にするところはさすがですね

Mimaさん、ありがとうございます。私は20代の頃NYで働いていたときには、アメリカのキャリアウーマンにあこがれて彼女らをロールモデルにしていたのですが、やはりフランス女性のほうが”女のプロ”ですよね。生涯セクシーでキュート。男性受けも良いですから。

アメリカ人女性、とくにビジネスエリートな人たちは”ダイエット”と”ココロケア”はいろいろ最先端の研究しててすごいけど、美容とか美にかんすることはやはりフランス女性が世界一だと思います。

>日本よりはるかに日が強いのに未だに日光浴に励む人が多いこと!それ故まだ20代なのに目元に皺っていう人が多い

私のウォール街の友人にも、まっしろで綺麗な肌をカリブでのバケーションで焼いてしまって、しみ・そばかすだらけにしていた人がいて、ぎゃ~しんじらんない!と思ってましたよ。

★>きゃ~!!
とうとうスキンケアの謎が解けるんですね!

めぐみさん、やはりそこに反応したか…ちょっと期待してたけどねっ。

アンチエイジングのブロガーさん達のところをみていたら、スキンケア系のことはやはり多いですね。アンチエイジングの効果をはかるには、まず美肌!なんだなあと思いました。

わたしもアンチエイジングは研究中なのですが、私の人脈・出会い運がまた炸裂して、チャンスがきました。今度日本のアンチエイジングの第一人者のお医者さんのお話を伺えることになってラッキー!あのQUALのお医者さんではないですが、彼もなかなかエイジレスでしたよね?

いろいろ取材してきて、またこちらで報告しますね。お楽しみに。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/09/07 22:47:17

Servicemasterさん、

美健楽ダイエットや記事の内容とあまり関係がない内容のコメント・リンクですね。ここはダイエットやアンチエイジングに興味を持つ方のための、情報交換・交流の場所です。

個人サイトや情報商材の宣伝販売目的PRと間違えられてしまう可能性がありますので、こういうコメント・リンクは、これ以上ご遠慮ください。

管理人の判断で、削除させていただくこともございます。ご了承くださいませ。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/09/07 22:33:20

あなたは「破産」を考えたことがありますか?
妻子とマイホームがありながら「破産」が迫り、
自殺まで考えました。
地獄とは死んでから行くところではなく、
この世の生き方で「地獄」があり「天国」があるのです。
どちらに行くかは閻魔大王が決めるのではなく、自分自身です。
「成功のバイパス」が天国への道でした。

http://(本文中の個人サイトへのリンクは、宣伝目的リンクと区別がつきにくいので、一律削除させていただいてます by 管理人)

投稿: Servicemaster | 2005/09/07 19:41:27

>さあこれで例の禁断のスキンケア情報も書けるぞ~!

きゃ~!!
とうとうスキンケアの謎が解けるんですね!
ただやせてもしょうがない。
やっぱり綺麗にならなくちゃ♪
ものすご~く楽しみにしていますねっ(笑)

>メインは、【20代から生活に組み込んでいける、美健楽なアンチエイジング方法】をお届けしたいです。

ああ…こちらもすごく楽しみで興味深いです。
私は27歳ですが、ダイエットは何とか成功、自分なりのコツもつかめてきた今、やっぱり興味はアンチエイジング。
今からしておけば、未来の姿が変わるであろうことはわかっていても、何をすればいいのかわからない(笑)と困っていたところだったんです。
私を10kg以上の減量に導いて下さった桜子さんのレクチャー、ためにならないわけがない!
増々目が離せません♪

投稿: めぐみ | 2005/09/07 13:30:07

桜子さん、相変わらず毎回ツボの押さえどころがプロです!アメリカ人ではなくフランス人女性を指標にするところはさすがですね。私は個人的にフランス人のお友達はいませんが、周りのアメリカ人を見てあまりにお手本に出来る人が少ないのでがっかりしているのも事実。確かにサンフランシスコやニューヨークを歩けば思わず振り返ってしまうようなファッションセンス・スタイルを持った人に出会いますが、それ以外の小さい町では第一ほとんどの人が太りすぎ!日本よりはるかに日が強いのに未だに日光浴に励む人が多いこと!それ故まだ20代なのに目元に皺っていう人が多い。それに美に対して日頃から努力をしていない人があまりに多すぎます!フェイスリフト、Botox、脂肪吸引、豊胸手術といざとなったら人の手を借りればなんでもできると思うからでしょうか?私もそれほど努力してきたとは言えないかもしれませんが、これからの40代を充実して過ごせるように桜子さんの意見を聞いていきたいです。桜子さんのことだから、スキンケアも美健楽、特に楽であることを期待しています!

投稿: Mima | 2005/09/07 12:54:52

コメントを書く