« ベジフル資格とDIET1 | トップページ | ココロケアアンケート »

ベジフル資格とDIET2

ベジフル・マイスターとはなんなのか?

「八百屋の看板娘・おばちゃん」であり
「野菜生産者の“美人”広報係」

なので、ダイエットに役立つ栄養素のことやダイエットメニューまでは、詳しくは知りません。ダイエッターにはあまり役立たない常識程度の知識で、野菜の広報活動してるだけなんです。

えっ嘘、って思う?では恵比寿ガーデンプレイスでのベジフル・イベントのパンフレットを元に、シニア(三段階のいちばん上級資格)ベジフル・マイスターが実際になにをしているか、じっくり分析してみましょう。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!美容・健康・ダイエットのためにベジフル資格や野菜・フルーツに興味ありな方は、この記事待ってました!の応援・継続記事も読みたいリクエストクリックしてくださいね!
DietSiteRankingTagこちらは投票数という数より、ファンがついているかの質がでてるランキング。2度手間ですが、こっちもぽち→はいと2度押して応援してやってください。

1012-VF
1.イベントパンフレットの表紙で、ベジフルの制服?らしき衣装、なんかシェフっぽくしてますが、を着て、きのこを手にして写っている、だけ。

別にシェフを手伝ったり、アドバイスしてるわけじゃありません。パンフの中のベジフル料理は全部、一緒に写真に写っているような各レストランのシェフが独自に作ったもの。別にマイスターがメニュー考えてるわけではないのです。また野菜を見分けている?のでもないはず。だって、プロであるシェフの方が目利きだから、アドバイスなんておこがましくてできませんでしょう。

”野菜のソムリエ”の最上級資格のシニアマイスターなら、野菜をかじればどこの産地、栽培時期、種類か当てられるはず、という期待や伝説についても「本当ですか?」とよく聞かれます。が、この資格を勉強しただけそういう目利きになれるわけありません。ソムリエということばの独り歩きなイメージにすぎないです。

2.パンフの中でのアドバイスその1.「栄養のことを知らなくても、旬の野菜を食べていれば体にいい」(あったりまえじゃん、がくっ…)

3.さらにアドバイス2として、「おいしい○○(野菜)の見分け方」がいくつか。どれもちょっと野菜好きな人や賢い主婦、生産者なら、これまた当たり前に知っているようなことが多い。お願いですから少しは一般人でも「おおっ、さすが野菜の専門家」というような、驚きのうんちくを語ってくださいませ...

実は別の筋から聞いて、苦笑した話がひとつ。ベジフル協会は、今まで野菜の見分け方の本を2冊だしております。で、3冊目を出版しようとしているらしいのですが、マイスターからも野菜の生産者団体からも”見分け方”以上のネタが出てこなくて、困っているとか。噂話ですので真偽のほどはわかりませんが、あり得ると思ってしまった私。

なぜなら協会は、マイスターが教える料理教室も経営しているので、ベジフルマイスターのダイエットに効く野菜レシピとかやれば、いいのにね~と思いますでしょ?が、この料理教室が、あまり美健楽でないテーマな割りに、世間の相場より2割り増しに高くて6000円以上するのがほとんど。マイスターメンバーの私はいつも案内をもらうんですが、テーマと値段をみてオリジナリティないなあと、全く受ける気がしません。クシとかチャヤの料理セミナーのほうがずっと美健楽そうで、コスパいいもんねっ。これじゃあ、本のネタに困ることもありえそうと思っちゃうのですよ。

4.イベント中「オリジナル・ベジフルグッズが抽選であたります」の商品提供タイアップ。とはいえこのオリジナル商品、野菜の生産者団体が野菜普及のために行っているベジフルセブンとかいうキャンペーンのために作っているため、悪いけどデザインださすぎ。ガーデンプレイスのお客様はおしゃれ系やシロガネーゼなどのセレブが多く、ガーデンプレイス内のスポーツクラブの会員の奥様方いわく、「あんなダサいの、もらっても要らなーい」。賛成です。

以上です。あれっ?じゃあこの企画にベジフルマイスターって必要ないんじゃないの?レストランのシェフたちに協力してもらって、「秋のベジフル・グルメ企画」ってすればいいじゃないの?いやいや、

【ベジフル・マイスターを使うビジネス上の理由と存在意義】
が、ちゃんとあるんです。

+ベジフル・マイスターは若い美人(特にシニアはそういう人を選んでるっぽい)が多いので、そういう美人の写真を載せれば、シェフだけより華やかで映えて人目をひける

+”ベジフルマイスター”は今有名になりつつある新しい資格だから、ベジフルって言っただけでなんか新しいイベントのような目新しさがでて、特に女性をひきつけられる。ちょっと前まで流行ってた「有名・鉄人・グルメシェフのイベント」が陳腐化してきたので、それに代わるイベントや権威付けを探しているスポンサーが増えてきているみたい。恵比寿ガーデンプレイスや六本木トータルワークアウトのレストラン、ベルエアみたいなとこですね。

あと、デパートやスーパーなんかからも”ベジフル・マイスター”を派遣してくれという依頼が急増中らしく、これは試食販売のおばちゃん=マネキンさんと呼ばれるお仕事や売り子さんのような仕事らしい。普通のおばちゃんより、キレイで若い女性でこんなベジフル・マイスターの制服着ているマネキンさんのほうが、知的専門家風で目立ちますからでしょう。

ということで、このようにガーデンプレイスのイベントでのベジフルマイスターの役割をみただけでも、特殊能力のある専門家やダイエットの達人ではなく、
「野菜生産者側の若い美人の広報係」であることがわかると思いました。私もこの資格を取る前は、

「ダイエットに役立つ、オリジナルなベジフル料理がたくさん習えて教えられるようになる」
「ダイエットに役立つ、栄養士さんのような栄養学の知識が増えて自分のダイエットにも役立つ」
「野菜や果物をかじっただけで、産地や種類が当てられるくらい、味覚が鍛えられる」

と、漠然と期待してました。でも受講して理解できたのは、それは受講する側の勝手な思い込み。ベジフル協会はマイスターの役割を、

「生産者と生活者をつないで、野菜の楽しさを伝える人」

というふうに漠然と定義して公言しているのです。この意味を30万円以上かけて受講して、やっと実感できたら期待はずれでがっくりしました。まあ勝手に思い込んで期待した私が悪いといわれれば、それまで。ベジフル協会は、元々この資格を、

「野菜の生産や流通、小売にかかわる人たちのための資格」

と位置づけていたらしいのですが、健康ブームと資格好きの女性が、長谷川理恵さんにつられて予想外にどっと押し寄せた。だから講義の内容は、野菜生産・流通・小売業者向けなままで、私のような消費者(生活者)が求める美容・健康・ダイエットに役立つ、それを教えられる講義内容にはなっていない、ということです。

でもその予想外の受講者急増に対して、

「これは野菜生産・流通・小売業者向け資格ですよ。一般生活者向けではないです」

と、はっきりPRせずにいるベジフル協会。そして、じゃあ多くの受講者が期待する、美容・健康・ダイエット系知識も講義内容に入れるように改善しましょうと言わない、言えないベジフル協会。ベジフル・マイスターの中級資格まで受講した過程で私は、その驚きの裏事情を知ることとなりました

とりあえず今日の結論、

ベジフル・マイスター資格は、野菜生産・流通・小売業者向けです。一般ダイエッターに役立つことはあまり教えてもらえません。または元々特殊能力と若い美しい外見を持った、タレント、栄養士、アナウンサーなどのみ、この資格を箔付けにしてマスコミで活躍できます。そういう特殊能力のない一般人がこの資格をとってなれる職業とは、実はそんな華やかなものではなく、とっても地味な…」

この続きは、リクエスト・クリックが多ければ、ご興味のある人が多いと判断できるので、次の機会に書きます。リクエスト少なかったら、他のテーマに行かせてね。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!美容・健康・ダイエットのためにベジフル資格や野菜・フルーツに興味ありな方は、この記事待ってました!の応援・継続記事も読みたいリクエストクリックしてくださいね!

10月 13, 2005 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/6378647

この記事へのトラックバック一覧です: ベジフル資格とDIET2:

コメント

>採用されたら、お店の金銭的な補助アリで、
資格取得を応援するみたいです。

そういう意味ですか~。まあ資格取得を補助して、

【ベジフルマイスターのいる店】

とPRできるからでしょうね。でも2x6=12時間しか授業をとっていなくて、自分で勉強する時間を合わせて40時間勉強すればとれるというお手軽資格なんで、これもってる人といってもたいした知識はないんですよ。あっばらしちゃった…

日本人は、本当に”資格”に弱いですねえ。(私を含め)

投稿: 桜子(管理人) | 2005/10/19 3:25:51

すみません、ちょっと言葉が足りなかったかな(^^;)

>希望者はベジフル資格応援します!

採用されたら、お店の金銭的な補助アリで、
資格取得を応援するみたいです。

ベジフル協会のもう少し深いたくらみ、
の記事も楽しみにしてます。
(でも桜子さん、書くことたくさんあるから、
いつになるかな~っ 笑)

投稿: キャットシッター | 2005/10/17 0:34:29

>先日、デパ地下の八百屋さんの求人広告で、
「希望者はベジフル資格応援します!」とあったのを

ちょっと意味不明な広告の日本文ですが、

「ベジフル資格を持っている人優先・歓迎!」
という意味でしょうか。

そういま、ベジフル協会からも資格取得者に、こうした”求人広告”ががんがんきているんですよ。○○デパートの売り場やら、自然食品店の野菜売り場係やら。

ベジフル資格の継続記事のリクエストが少なかったんで、しばらく書く予定はないので、ここでちらとネタを先ばらししておきましょう。

「ベジフル資格をとったらなれる仕事、
それは【八百屋の店員】です。」

ほんとに、小売業向けの資格ということがよくわかりますよね。14万円かけて資格とって、八百屋の店員さんに転職したい人って多いのかなあ???

でもじつはベジフル協会のたくらみは、さらに深いところにあるんですけどね。だれか当ててみて!いや~、ほんとに商売上手だわ。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/10/16 9:42:38

桜子さん、こんにちは。

先日、デパ地下の八百屋さんの求人広告で、
「希望者はベジフル資格応援します!」とあったのを
見たばかりだったので、桜子さんの「八百屋の看板娘」って
なんか納得いきます・・・。

投稿: キャットシッター | 2005/10/15 22:15:37

★オーガニックコンシェルジュだの、わけわかんない美健楽系資格が大流行です。まあちゃんと支払う受講料にみあったメリットがあれば、いいんですけどね。

★かこさん、初コメありがとう。いえいえ、野菜のソムリエとか野菜=健康にいい、という漠然としたイメージだけにだまされて、とってから後悔しているダイエッターはかなり多いんで、かこさんだけではありません。

リクエスト少なかったんで、ベジフルの続編記事をかくかは様子見中ですが、かこさんみたいに私の記事でベジフル資格のイメージに疑問をもっていただいて、ご自分でちゃんと調べたら、14万円ドブに捨てずにすみますよ。納得して取得するなら、それでもよし。お役にたてれば光栄です。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/10/15 9:07:55

はじめまして!かこと申します。ベジフル資格、イメージだけで取りたいと思っていたんだと、すごく反省しています。まだ聞きたいので、ぽちっと押しました。

投稿: かこ | 2005/10/13 22:51:01

桜子さん、こんにちは~。

昨日新聞を読んでいたら、「雑穀ソムリエ」という資格も出現したそうで「ほぉ~」と思いました。

初級「雑穀エキスパート」→
中級「雑穀アドバイザー」→
上級「雑穀ソムリエ」

という3段階らしいですが、受講&受験料で5.5万円か~。早くも日本雑穀協会には問い合わせ殺到とか。「食の資格」ブームなんでしょうかね??

投稿: hana | 2005/10/13 14:25:07

コメントを書く