« ココロケアの極意はマチュリティ | トップページ | 一生美健楽の特効薬:ライフワーク »

規則正しいDIETより大切な事

最近、本の執筆が楽しくなり、規則正しい美健楽ダイエット生活がぼろぼろです。のっているときにがっーと書いてしまってふと気がつくと、あらっ朝の3時。あらっ、夜ご飯食べたっけ?一寝入りしよ~っと、でも空腹すぎて基礎代謝下がりそうだから、なにか食べよう。と冷蔵庫をのぞくと、買い物にも行けてないし通販してる暇もないんで、からっぽ。自前の美健楽な冷凍食品や野菜も底をつき、仕方ないから缶詰チェック。

1002-Cosmos

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!またお花の写真とココロケアネタ?でも結構面白い!と思ってくださった方は、応援・ココロケア記事のリクエストクリックしてくださいね!
DietSiteRankingTag人気ブログランキング以外の競合も育てないと、強制削除など独占の弊害もあってよろしくないな。と、賛成して頂ける方は、2度手間ですが、こっちもぽち→はいと2度押してやってください。

わ~、一切れ80kcal、ごはん1杯分もの高カロリーなデブフードの、頂き物のスパム缶しかない。って感じで、寝る前に沖縄の高校生のボリュームたっぷりなおやつごはん、ポークたまご(注:沖縄の食堂の定番メニュー、つまり焼いたスパム+玉子焼きのコンビ、でも別に焼くのは面倒だったのでピカタにしてみた、ですわ)を食べちゃったりして。でっ頭が冴えて眠れないから、ちょっとワインも、という、寝る前のデブフード&酒の最悪パターンです。体重もベスト体重+1-2kgくらいとリバ気味

ですがですが、実は最近、規則正しい美健楽なダイエット生活よりももっと大切なものがあるなあと気づいてきたのです。それは、・時間があっと過ぎてしまう、夢中になれるなにかを持つこと。
  ↓
・できれば、それがライフワークとして、死ぬまで続けられること
  ↓
・さらにできれば、多少の収入を伴うこと。
  ↓
つまり、自分が好きでたまらないことを一生続けられる「仕事」にできる

ことです。手垢がついたことばですが、「生きがい(となる仕事)」とも呼べるかもしれません。

私の場合、「本の執筆」がそれになればという気持ちで始めたのですが、違いました(苦笑)。書き始めてから書く作業ってとてもつらくて孤独で、私が好きでも得意でもないことなんだなあというのが、よくわかりました。作家向きじゃないですね(編集者さん、すみません~~)

ではなにかというと、

「色々な美健楽ダイエット法を、調査・分析して人に伝えること」

がひとつだと、このブログを始めてからようやくわかってきました。元々私は、ダイエットは義務だから苦しいもの、仕方なくやっているものだと自分で信じ込んでいたため、ダイエットが自分の趣味、好きなことだと分かったのは、ほんとに最近なんですよ。

さらにその趣味である美健楽ダイエットをこのブログで発表した結果、

「ダイエット・ジプシーや間違いダイエットから抜け出して、カラダとココロが気持ちよくなれました。ありがとう!」

なんてお礼メールを頂いた日には、ちょっぴり社会貢献できた気もして嬉しさ倍増、「生きててよかった~」です

書くこと、本の執筆は夢中になれる仕事の楽しさを、他の人に伝えたい気持ちでカラダが風船みたいにぱんぱんに膨らんではちきれそうだから書いているという、まあ「勢い」です。逆にそれくらい楽しいことでないと、本を書くという重労働は乗り切れないし、いい文章もかけないと思うのですよ。

美健楽ダイエットなライフスタイルを勧めているくせに、「規則正しいダイエット生活しなくてもいい」といっているわけではないですよ。「規則正しいダイエット生活」の前に、「ココロから夢中になれること(生きがい・ライフワーク)」というココロがあることが大切。それがなければ、いくらちゃんとした生活をしていてもちょっと空しい。また、アクティブ・エイジング的観点でいえば、ずばり

「生きがい・ライフワークな仕事がなければ、
お金と健康に恵まれていても、
老ける・ボケるのが早い」

と思います。次回この点をもう少し詳しく分析・解説しますね。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!またお花の写真とココロケアネタ?でも結構面白い!と思ってくださった方は、応援・ココロケア記事のリクエストクリックしてくださいね!

10月 2, 2005 10【1ココロケア分野】: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/6210364

この記事へのトラックバック一覧です: 規則正しいDIETより大切な事:

コメント

★Mimaさん、いつも私の勉強になる、リッチなコメントありがとうございます。

Mimaさんくらい記事の意図を深く理解してくださる読者の方がいてくださるのも、とっても励みになってます。これからも、私の記事以上にリッチな内容のコメント、お願いしますね。

★きな子さん、すっごい偶然にびっくり!以前ポーク玉子を含めた沖縄フードについてお返事したのは覚えているんですが、めったに作らないポーク玉子を作ったその前日に、きな子さんがその沖縄旅行から帰ってきてたなんて。これは、きな子さんの、

「桜子さ~ん、沖縄旅行楽しかったよ!」

オーラに、私が”呼ばれて”、無意識にポーク玉子つくっちゃったのかな?と。シンクロ(同調)ですね。

最近、BBSで旅行の話で盛り上がり、う~ん、旅行ブログ作りたいという気持ちを必死で抑えてます。以前の沖縄情報もBBSにUPしてスレたてておきますので、よかったらきな子さんもコメントくださいね。あ~、沖縄も行きたい。真夏より、今くらいのオフシーズンのほうがいいんだよな~。

★>問題なのは、自分のライフワークのことさえ考えることができないこと。

うっ、mamaさんに、記事の先取りされてる気が。。。問題は、自分のライフワークや好きなことを仕事にするという発想がない、日本のおじさまたち、だと思うんですよ。

いっいかん、あまりしゃべるとネタばれするんで、記事をお楽しみに。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/10/03 4:16:52

自分のライフワークが見つからずにジタバタするのも必要ですよね。
問題なのは、自分のライフワークのことさえ考えることができないこと。
独立して、楽しいことばかりではありませんけど、最近そう思います。

投稿: mama | 2005/10/02 21:49:27

 桜子さん

 こんにちは。久しぶりのコメントですが、いつも興味深く読んでいます。
執筆が大変とのことですが、実は発行を心待ちにしています。
お仕事もあって大変かと思いますが、その忙しさがエネルギーになっているのが伝わってきます。

>「ダイエット・ジプシーや間違いダイエットから抜け出して、カラダとココロが気持ちよくなれました。ありがとう!」
 わたしもこう思っている一人です。
特に食べ物に関する考え方、毎日食べずにいられなかったジャンクフード依存症から脱することができきました。
 それまでのダイエットはとにかく食べる量を減らせばいいんだ、と食事の質に気をつけることもできていなかったのです。


>ポーク玉子
 先日、野菜が届いたという記事で「石垣島に旅行する」とコメントした際、桜子さんに沖縄のおいしいものをたくさん教えていただきました。
昨日旅行から帰ってきたのですが、そのポーク玉子やぜんざい、フーチャンプルーなど、桜子さんが教えてくださったもの、ほとんど食べてきました。
 特にフーチャンプルーとポーク玉子がおいしかったです^^ 情報ありがとうございました。
 桜子さんオススメのちんすこうダークショコラも、自分用のおみやげに少しだけ買ってきました。食べるのが楽しみです。
沖縄の食べ物は食事もお菓子も高カロリーなものが多いですね。
しかもそれが美味しいんだから困ってしまいます。

 旅行中はダイエット休止モードだったので、これから少しずつ日常のダイエットモードに戻ろうと思ってます。

投稿: きな子 | 2005/10/02 10:48:22

桜子さんお仕事大変そうですね。でも充実した時間を過ごされているようで何よりです。美健楽より大切なことってナンだろう???って興味深く読みました。私も桜子さんの意見に大賛成。生きがいって大切です。これが生きていく上での原動力となり、人間のコアの部分になるわけですから。あと、社会貢献ということもありましたが、私もある程度の年齢に達し(笑)、結婚して子供を育てていく上でこの重要性を感じています。若い頃は自分のことしか考えられなくて社会貢献なんて遠い世界のことだと思っていました。でもビル・クリントン婦人(ヒラリー)が以前出版した本の題名に「It takes a village」というのがありますが、本当にこの通り。子供は(大人も)社会の一員として育って生きていくわけですから、一人一人が社会に貢献していって初めてうまくいくと思うのです。この点で、桜子さんは自らの体験をこうしてブログという形でパブリック・ドメインになさっていることはとても勇気がいることでしょうし、嫌な思いもなさっていると思いますが、このブログを通して救われた・目からウロコと言う人も多々いるはずですので(私もその1人)、これからも桜子さんの「社会貢献」を応援しています!

補足ー規則正しくダイエットができないときがあっても自分を許してあげる力量も必要ですね。私の場合自分に甘すぎるときが問題なのですけれど(笑)。

投稿: Mima | 2005/10/02 9:40:46

コメントを書く