« 悪徳業者の告発BBSはお役立ち | トップページ | 規則正しいDIETより大切な事 »

ココロケアの極意はマチュリティ

今日から10月です。昨晩遅く、10・1の午前0時をもって、ぶきっちょさんの告発ブログが潔く削除されました。お疲れさまでしたと、ありがとう。お疲れ様の花束を…ってぶきっちょさんの連絡先知らないし、ブログ消えちゃったし、ということで、私が大好きなお花のひとつである大輪のカサブランカ・リリーの花束を贈る、という意味を込めて、写真upします。

1001-Lily

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!正のエネルギーを発するお花や季節感のある写真があると、ほっとするね~と思ってくださった方は、応援・リクエストクリックしてくださいね!
DietSiteRankingTag人気ブログランキング以外の競合も育てないと、強制削除など独占の弊害もあってよろしくないな。と、賛成して頂ける方は、2度手間ですが、こっちもぽち→はいと2度押してやってください。

白百合は一部の外国ではちょっと誤解を招く意味があるんでプレゼントしにくいんですが、カサブランカはその香りがとても華やかで素敵で、五感に訴えかける花なので、大好きです。写真のカサブランカ、いま机の前にあるのですが、外出からお部屋に帰ってくると百合の香りが立ち込めているのに気づき、心の空腹が満たされてストレスもすーっと消えていきます。朝夕の瞑想に百合の香りがあると、イメージングがとても豊かで優雅になります。

私のぶきっちょさんのイメージは、美健楽ダイエッターな情熱的なマダム!という感じで、本当は真紅の薔薇?(とげもあるし、ってすみません。笑)なんです。ですが、今は彼女も正義感とはいえ怒りと追及モードが済んで、また色んな“負”のエナジーをぶつけられてお疲れだと思うので、この写真で癒してくださいねっ、ということで。

ぶきっちょさんのコメント欄には、閉鎖直前にまた変な人たちが色々嫌がらせ書き込みをしてたみたいで、そのしつこい“負”のエナジーというか毒気に、私もうんざりしてました。もちろん、ぶきっちょさんの文体も過激で不快感を覚える人も多いのですが、本当にきつい言い方・表現で人を批判すると、その批判が正当であっても“負”のエナジーはどうしても出てしまうものです。(私自身も、反省することしばしば)

また、私も時々“告発”や建設的批判記事を書くのですが、実はこれ、とーーても、自分自身が疲れてぐったりします。負のエナジーになり勝ちな内容を書くことに、対立を嫌う日本人は疲れる、というのがまずひとつ。さらに私の場合、その手の記事を書くときには、相手を怒らせずにこちらの言うことに納得して行動を変えてもらうのを目的とします。

よって相手が受け入れやすいような“フィードバック”というアメリカ式説得術で、かなりトーンに気を使い、淡々と書いているつもり。このフィードバックのやり方だと、他の読者の方にも負のエナジーをばらまかずにすんで、中立的な感じで読みやすいようです。なにより説得成功率がとても高いのもいいですよ。

アメリカのMBAや会社で会得したスキルなんですが、日本人にも、そして特にネット上での顔の見えないやりとりには、特に有効なコミュニケーションスキルだと思います。でもこのフィードバックをするには、通常の記事の3倍の神経を使って3倍の時間がかかるのですよ~。ふぅ~。

ネット上は顔が見えないから、どうしても負のエナジー垂れ流しだったり、相手を刺すだけが目的の「通り魔コメント」したりする人が多いです。一例ですが、先ほどヤフーニュースに、

桜子的に×:「のまネコ問題でエイベックスを脅迫した2ちゃんねら~」

の記事がでていて、がっかり。数日前に、2ちゃんねるの管理人のひろゆきさんが、

桜子的に○:「のまタコという浜崎あゆみロゴのコピー?(認めてませんが)を作って、エイベックスに抗議

という趣旨の記事を読んで、こちらは

おおっ、なかなかスマートなやり方ねっ

と、にやりとして密かに応援してたのです。両者の違いは、負のエナジーを発しているか、正のエナジーを発しているかの違いです。それを読んだ良識的な第三者一般にも、嫌な感じ=負のエナジーを与えるかどうかで判断すると分かりやすい。

エイベックスという企業の勝手なコピー行為に、2ちゃんねら~やネットの住人が怒るのは当たり前だと、私もネット住人のひとりとして思います。でもそれに抗議してエイベックスに反省・撤回行動させるために、「脅迫」という行為と、

「2ちゃんねら~さんたちが味わったのと同じ想いを、エイベックスのやり方を逆手にとってシニカルに味あわせる」

のでは、エナジーの質=魂のレベルが全然違うと思います。

ひろゆきさんが取った“スマートな皮肉”による説得が、一部の過激な2ちゃんねら~のためにかき消され、エイベックス社にそれを逆手にとられて、2ちゃんねら~=悪、エイベックス=善とPRされてしまう結果になったのは、ネットの住人としては残念です。(が、冷徹なビジネスパーソンとしては、私がエイベックス側なら同様の危機管理PRをしますし、万が一の社員の安全確保のためにも仕方ないですね。)

また、脅迫という反社会的行為までいかなくても、強烈すぎる負のエナジーはブーメラン特性があるので、最後には発信者に返ってきて自身を深ーく刺したり、消耗させたりが多いです。止めたほうがいいです。私も若かりし日に多々経験して、痛ーい目にあってます(苦笑)。

って、すっかりダイエットやアンチエイジングと関係ない話のようでしょう?でも実は、美健楽ダイエット&アクティブエイジングのためココロケア(メンタルケア)を最重要視している私としては、ここに大きな学びと気づきがあるのです。それは、

・自分が負のエナジーをぶつけられたとき、なにを~~!とむかっと反応しないこと。
・自分自身、負のエナジーを相手を刺すような勢いで人にぶつけないこと。
・できれば中立か正のエナジーでもって対応すること

言い換えれば、

「色んな危機や批判に対して、自分の心を、中立的や正のエナジーで穏やかに保つこと
大人の成熟度
=英語ではMATURITY(マチュリティ)

これが、自分のストレスを増幅してどか食いに走らない、額にしわをよせたり怒りにゆがんだ顔をしたりしてブスにならない、ために、とっても大切な美健楽ダイエット&アクティブエイジングのココロケアの極意のひとつだと思っているのです。

「成熟度(マチュリティ)」は、年齢に関係なく生まれつきのもの。そして意外に知られていませんが、訓練でレベルアップしていけるという嬉しいものなのですよ!私なんかも昔は、瞬間湯沸かし器(死語?)と言われるくらいキレやすかったのですが、必死でトレーニングして多少はましになってきました。一瞬むっとしても、恨み、怒り、嫌いといった負の感情をコントロールして、自分の中から削除することができます。究極には「一瞬むっとする感情すら起こさない」レベルまで持っていきたいと思っています。

どうやって訓練したのかって?負の感情のコントロールということなんで、NLP心理学でも説明できます。が、長くなるので、そのお話はリクエスト・クリックが多ければ、また次の機会に。

みなさま(自戒も含め)、大人の成熟度を心がけて、ネット上では正のエナジーを発する、せめて中立的で負のエナジーを発さないように、楽しくコミュニケーションしましょうね。できればお互いの正のエナジーを増幅しあえるような、負のエナジーも昇華させたポジティブなやりとりをしていきたいです。ストレス食いを避けられて、美肌ときらっきらな美しい目線やオーラ作りにも役立ちますよ(笑)。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!大人の成熟度(maturity)を訓練してかっとならずに穏やかな心を保つ方法を知りたいと思った方は、継続記事のリクエスト・クリックをしてね!

10月 1, 2005 10【1ココロケア分野】: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/6200302

この記事へのトラックバック一覧です: ココロケアの極意はマチュリティ:

コメント

★>人に対してのリスペクトを持つこと。
そして自分で何をaccomplishしたいのか、
    明確な目的を持つこと、
そして大きな目標を達成するには
小さなことは犠牲にすること、
(彼はよくchoose the battleと言います)
などなど

Mimaさん、成熟度の訓練のポイント、ありがとう。賛成です。でも私の友人は、こうしたポイントを企業でトレーニングするだけで、最低100万円以上のセミナー講師料を取っているんだって!

まあ、理論としてはわかるけど、それをマスターさせるのは難しいから、高くてあたりまえという考えもあるんですが。Mimaさんは、パートナーさんという実例から見て学べるからよいですね。

Mimaさんのコメント、成熟度の継続記事で使わせていただきます。うーん、ココロケアだけの独立ブログも作りたくなってきた。。。時間ないから自重してるのに。

★>「あなたは負のエネルギーを持っているよ」と教えてくれる人がいるかどうかでその後が全く違ってきます。

大賛成です。私もちょっときつめの記事や告発記事を書くと、

「桜子さん、なんかあそこの表現ちょっとやな感じだよ」

「すこし主観的すぎる意見じゃあないの?あなたの人望や評判を下げるから止めときなさい」

とずばり耳の痛い意見をあえて言ってくれる真の友人達に、ほんと助けられてると思う。

自分のブログの読者さんたちは、やはり好意的な意見が多いというか、好意的な意見だからこそコメントしてくださる方がほとんどだと思うのです。同意意見もありがたいですが。自分のブログ内の好意的な反応だけをみて、「みんながこう」と間違って判断しないように、真の友人達の辛口な建設的批判も大事にしています。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/10/03 4:29:21

…一言「深い」としか言えないですよね。
これは訓練しなければ!と思う人より知らずに負のエネルギーを出している人こそ必要なスキルなのですが。
「あなたは負のエネルギーを持っているよ」と教えてくれる人がいるかどうかでその後が全く違ってきます。
私もかなり沸点が低いので気をつけたいんですけど(苦笑)
道のりは遠い(笑)

投稿: mama | 2005/10/02 21:45:15

桜子さんの言うこと、当たっています。私は夫を見てきて、この成熟度のことをよく考えます。夫はとあるアメリカの組織でプロジェクト・リーダーというとてもポリティカルな立場にいます。デリバリー・デイを死守しつつプロダクションチームを引っ張っていかなくてはならない。組織ごとの軋轢も摩擦も相当ある中では至難のワザです。そしてここは土地柄ヒスパニック・ネイティブインディアン・白人と人種間の摩擦が根強くあるのです。それも考慮しつつ仕事を進めていくわけですからそれは大変です。でも彼を見ていて、人との接し方、話し方、アプローチの仕方などなど勉強になることがたくさんあります。

人に対してのリスペクトを持つこと。そして自分で何をaccomplishしたいのか明確な目的を持つこと、そして大きな目標を達成するには小さなことは犠牲にすること、(彼はよくchoose the battleと言います)などなど。私からみてmanipulativeだと思うことがあるのですが、彼にしてみれば全体を見ての一つの手段なんですよね。この姿勢はビジネスの場面だけではなく、夫婦・親子・友人の色々な側面に生かされます。ティーンエイジャーとなった息子に対しても夫の冷静かつ柔軟性を持つアプローチの仕方は、私が感情的になって言うより何倍も効果的です(笑)。桜子さんもアメリカで学んだことをビジネスだけではなく、こうしたプライベートな部分でも生かされているのは素晴らしいです。私も経験がありますが、このmaturityレベルに達するには相当な自己鍛錬を要しますので、私はまだ富士山3合目あたりでしょうか(笑)。

投稿: Mima | 2005/10/02 10:02:33

mimiさん、

ありがとうございます。私がそこまでの大人の成熟度に達しているかどうかは、さておいて…

すっするどい!と思ったのは、フィードバックという技は、MBAや一流企業の幹部候補生訓練で、“組織のリーダー教育”として受けたものなんですよ。アメリカ企業のリーダーは、面と向かってクビ通告をしたり、クビ通告を受けたり、1年に1度部下ひとりひとりと1:1で、仕事の評価と目標決めをしたりと、タフで厳しい条件が課せられます。だからみんな精神的に傷ついて、カウンセラーなしでは生きられないのねと思うくらい。

アメリカ人は多種民族国家なので、日本人ほど以心伝心で伝わりにくいため、相手を傷つけないようにでもずばり指摘して、相手の行動を変えてもらうフィードバックスキルが、発達したんだと思うのですよ。ハーバード大学でも、WinWinの交渉術のひとつとして、教えていると思います。

でも、組織のリーダーを一抜~けたした今の私にも、ひとりで仕事や家事をする人にも、他人とコミュニケーションする人ならだれにでも、とっても役立ちますよ。

追記: 日本の外資系でこのフィードバックスキルなどを、日本人社員に教育している人事系コーチングの友人がいます。なんと、これをトレーニングするだけで、1セミナー、数百万も取るそうな。

私が彼に、

「フィードバックスキルの極意だけ、ダイエッターやブロガーさんたちが実践できるように、簡単に教える記事を書こうかなあ」

と言ったら、

「営業妨害だから止めてくれ~」

と騒いでました。日本のビジネスコーチングって、ばか高いのですね~。私はMBAは自腹でしたが、一流企業教育をただで受けさせていただける環境で、本当に恵まれていたんだなあと思います。

最近の日本企業は終身雇用でないから社員教育もしなくなってきたし、新卒でIT企業なんかに入った日にゃ上司自身がおこちゃまで未成熟だから、新卒さん、若い人は学べる機会がなくてかわいそうですね。

「一流ビジネスパーソンの教え」ブログでも立ち上げようかしら?あっ私のことじゃないですよ、私にいままで、色々耳の痛いことをがっつりでも優しく教えてくださった先輩方の教えです。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/10/02 8:56:17

考えさせられる内容です。大人の成熟度、できるものならアップさせたい。私には忍耐も必要。桜子さん、トレーニングで成熟度をレベルアップされたのですね。情熱的な心と冷静に正しく判断する能力をあわせもち、かつ相手を良い方向に導くってすごいです。お世辞じゃないですよ。これ本当に組織のリーダーこそ必要ですよね。

投稿: mimi | 2005/10/01 23:22:23

コメントを書く