« LOHAS会議のお弁当 | トップページ | トラバ欄を一時閉鎖します »

ベジフル・スナックが欲しい

LOHAS会議のおやつタイムにでた、美健楽なこのスナック(?)、日本にもこんなのあればいいのにな~と強く思ったのでご紹介します。それは、袋詰めのもちろんオーガニック(有機)のミニニンジンとりんご!

1114-Carrots

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!アメリカから、つながりにくいネットにもめげず、最新美健楽ダイエット情報の実況中。頑張れと思ってくださった方は、応援・記事のリクエストクリックしてくださいね!
DietSiteRankingTagこちらはブログ以外のホームページサイトも含めてのサバイバル・ランキングです。2度手間ですが、こっちもぽち→はいと2度押して応援してやってください。

ニンジンは皮をむいて洗ってあるので、あけたらすぐ丸ごと食べられます。またりんごもカットして洗って、なにか色留めしているらしく、これは皮ごと(アメリカ人はりんごは皮ごと食べるのが普通)食べます。ニンジンは要冷蔵で、なんと3週間近くも保存可能らしい。とはいえ、添加物とか保存料はなにも使ってないとのこと。ニンジンもりんごもほのかに甘いので、何もつけずともスナック感覚でぼりぼり食べられます。

アースボンドという、これまたLOHAS会議のスポンサーで前面協力していたカリフォルニアの農産物生産・加工会社の商品です。ここの会社は、色んなグリーン野菜を洗って詰め合わせた、袋からだしてドレッシングをかけたらすぐサラダになるという袋詰め葉もの野菜商品で有名になったところ。アメリカのたいていのスーパーでみかけます。

ここのオーナーの40代の女性が会議でセミナーもやっていて、20才のときにボーイフレンド(今のだんなさま)と一緒に会社を立ち上げたときの話も聞けて面白かったです。当時は、アメリカにもこうした袋詰めのすぐ食べられる野菜というもの=パッケージドフードはなかったそうで、彼女らが草分けだったらしい。

日本でもこうしたパッケージフードがあればいいのにな~と探しているのですが、ないんです。たまにそれらしきものをスーパーで見かけても、「洗ってください」とあって手間だったり、サラダといえばレタスだけだったり、また値段も高い。ましてやオーガニックなんて絶対ない。日本ではなんか食品衛生法の規則がきびしくて、こういうのができないと聞いたこともあります。

こういうのがあると、ダイエッターにはうれしいし、一人暮らしの人はコンビニ弁当にこれをつけるだけで野菜やフルーツが手軽に摂れるし、絶対いいのにな。どこかの食品メーカーさん、頑張って作っていただけないでしょうか。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!アメリカから、つながりにくいネットにもめげず、最新美健楽ダイエット情報の実況中。頑張れと思ってくださった方は、応援・記事のリクエストクリックしてくださいね!

11月 15, 2005 72  旅先別(海外) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/7115224

この記事へのトラックバック一覧です: ベジフル・スナックが欲しい:

コメント

★703さま、

あと数日カリフォルニアにいるのですが、本の執筆に集中するため、缶詰になってます。ほんとはブログ更新もやめなきゃ~なんですが、皆様の応援クリックやコメントがあるとがんばらなきゃと思うのと、カリフォルニアには美健楽ネタがてんこもりで、書きたいことが増えすぎる。。。

まあカリフォルニアには1年に1-2回はきていて、たぶん来年の夏にもきます。そしたらシリコンバレーのあたりで、また美健楽オフ会しましょう。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/11/18 5:14:33

★Brownsfield、よさげですが、厳格なマクロビアンなら、私にはむりだな~。ただ、精神的な落ち込みや病気を治すには、多少極端な過激マクロや断食をやるほうがよいという説もありますね。お勧めはしませんが。

ぜひ写真とか送ってやってくださいまし。

★おやつに反応したみなさま、

そう、人参もりんごも有機のは甘いから、おやつと言い切れるんですよね。あと、グラノラバーもありました。

ちなみにこれが長持ちする理由は、保存料ではなく、窒素を封入しているからだと思います。窒素は保存料じゃないし、カラダにも害はない自然にも存在するものですから。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/11/18 5:06:34

桜子さん はじめまして
私はこの5月からシリコンバレーに住む独身(!)女性です 最近みるみる太ってこのサイトにたどりつき、一揆読みするぐらい感動しました。 アメリカにはいつまでいるのですか?もっと早くに連絡したかったのですが、ちょっと緊張しちゃいまして。。できたら桜子さんと食事しながらでも一度お会いしてみたいです。お返事いただけたらなー

投稿: 703 | 2005/11/18 2:37:17

桜子さん、LOHAS会議で忙しいさなかの報告、ありがとうごさいます。
私もよくearth boundのパッケージの入った葉っぱ系の野菜や、写真のような人参をよく食べます。やっぱり、『洗わなくてよくて、そのまま食べれる』っていうポイントは高いですよね!
しかも、ほんと日持ちがいいです。結構、長いごと持つので『これ、ほんとに保存料はいってないのかな〜?』と少し懐疑的だったんですが、ほんとに入っていなかったんですね〜。あと、見た感じearth boundの野菜って、他社のオーガニックの野菜と比べて、お手頃価格で助かります(笑)。Dole社とかの値段とあまり変わらないですよね。私的に『earth boundってイケてるな〜ッ』と思っていたので、そこオーナーの人のお話聞けたなんて、、すごいですね〜!日本にも、こんな会社あったらいいのになぁ〜と同感です。

投稿: ムッティー | 2005/11/17 9:09:18

日本のスーパーで袋詰めされて売ってる、表面が白っぽくなって、なんとなく日当くさくなったミニキャロットと大違いですね。
おいしそ~♪
会議におやつタイムがあるのも素敵ですね。

投稿: tomo | 2005/11/15 21:30:01

すごい情報です。おやつですか!?
本当に日本にもコンなのあったらいいですね。
でも売れないかな??
ダイエッターにとってはすごくありがたいですよね。

投稿: OLたまこのダイエット生活 | 2005/11/15 10:49:14

桜子さん、

ご無沙汰しております。お久しぶりです。
米国からのLOHAS会議報告ありがとうございます。

アメリカのミニキャロット、なつかしい!私は、昨年までは、年に1回は米国に行っていて、袋詰めミニキャロットはおやつの定番でした。
WHOLE FOODSというチェーン展開しているオーガニック・スーパーも常連。
アメリカ、特にヘルス・コンシャスなインテリやセレブリティが多いNYCでは、肩肘張ることなくオーガニックライフを難なく送れますね。この、いちいちヒトに有機栽培野菜やマクロビアンであることの意義をゼロから説明する必要のない状況の心地よさ!日本にもやってくるのでしょうか。

さて、私は、11/21より、マクロビアンとして著述の多い中島デコさんが主催する一週間のデトックスプログラムに参加してきます。
デトックスという言葉がはやる以前から、マクロビを始めた2001年から、私にとって血液浄化は日常化しておりました。
マクロの食事に、梅醤番茶・しいたけスープ・大根湯・足湯・腰湯を日常的に組み合わせていれば、最高のデトックスになるのです。

しかし、ここで、あえて第三者が主催するデトックスプログラムに参加する意義とは、
●Brownsfield(デコさんのご自宅)という物理的空間のもつ気・エネルギーに触れたい。
●マクロを始めた2001年より興味のあったBrownsfieldを体験し、そこに集う人々と交流したい。
●腸内洗浄、酵素風呂、オーラソーマ、鍼灸などの多彩なデトックス&ヒーリングMENUにTRYできる。

今から大変楽しみです。
2006年の新年に向けて、停滞している心身の気の流れをなんとかしたい!!

投稿: Yumi | 2005/11/15 5:40:06

コメントを書く