« LOHAS激レア最新情報 | トップページ | 米国LOHAS会議出張です »

恨み・嫌を完了する美健楽ワザ

アクティブエイジングと美健楽のための、ちょっと重めのココロケア、温気アップ、運動法をミックスした、美健楽ワザのご紹介です。

昨日更新をサボってしまい、ごめんなさい。実はお友達のブログが、ちょっと非友好的なコメントとそれに便乗したあおりストーカーに”攻撃”され、BBS閉鎖、更新停止に追い込まれていたので、そちらの応援に時間を割いていたのですよ。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!自分のブログにも嫌がらせがあったし、そういうのを読んで不快感を覚えたことがある方は、荒らし・中傷・通り魔コメント撲滅に賛成・応援リクリックしてくださいね!
DietSiteRankingTagこちらはブログ以外のホームページサイトも含めてのサバイバル・ランキングです。2度手間ですが、こっちもぽち→はいと2度押して応援してやってください。

ストーカーはともかく、非友好的コメントをした方は、実はリアルな世界で管理人さんとトラブルがあり、数年前から恨みを抱いていた人らしい。友人の管理人さんは、自分の本業のPRサイトとブログをリンクしてたので、特定されてしまったのです。

非友好的コメントをした人は、たまたまネットで、私のお友達のブログを見つけて、自分とのトラブルのことを書いてあるのに恨みが再燃したんでしょうね。第三者を入れていったんけりがついたはずの過去のトラブルを蒸し返し、営業妨害になりかねない悪意を感じるコメントを匿名で行ったのでした。(注:この件はその友人の許可も得て、匿名で記事にしています。)

私はお友達にコメント応援したり、過去に嫌がらせされた経験豊富なんで(苦笑)対処法をアドバイスしたりしてたのです。が、だんだんその非友好的なコメントをした人のほうにも、怒りより悩んでいそうだなあと感情移入しちゃったので、【心に恨みやわだかまりを引きずる人のためのココロケア・セラピー】について、考えさせられました。これって、NLP心理学を応用したココロケアなんです

心に恨みを引きずるのは、恨みをぶつけられる相手もですが、自分自身がとても辛く、ついには自分の肉体まで崩壊させてしまうことがあります。

実は私の60代の大先輩が、お金も健康も家族もたくさん持っていて幸せな引退生活を送っていたのに、自分の心の中の恨みで自分自身を崩壊させてしまったんです。長年おしどり夫婦と言われていたダンナの、水商売の女性との浮気が発覚しました。ダンナはもちろん遊びで平謝りしたのですが、結婚40年めの裏切りに、彼女はダンナへの恨みが心からどうしてもぬぐえず拡大させていきました。3年ほどずーっと愚痴を言い続けてだれにも相手にされなくなり、ついにはココロの傷が原因でカラダにも異常が発生し、さらにほんの2年でゆっくりと正気を失ってしまったのです。

当時私は愚痴のお相手はできても、それを改善サポートできるような心理学的ワザを知らなかったし、心療内科や精神科も紹介したけど、お会いした先生たちは向精神薬を処方するだけで助けにならないと、彼女は愚痴ってました。探せばいい先生もいるんだろうけど、薬というハードがメインで、心のカウンセリングというソフトをじっくりやっている暇もスキル(ココロケアのワザ)もないというのが、日本の一般的な精神科・心療内科の医者だなあというのは、私自身もかつて経験して感じたことです。

また心の恨みがてきめん現れるのが、顔の筋肉としわ。昔離婚訴訟さわぎをしていた元女優の奥さんが、だんだんみけんに深い”苦悩じわ”が刻まれてしまい、離婚成立と同時に整形手術でそのしわを取って再出発!と語っていたのをふと思い出しました。悩みがあると、みけんの苦悩じわ、眉が下がって悩み顔になったり、顔の筋肉の一部がぴくぴく動いてとめららなくなったりといった、まず顔に出ることが多いようです。ブスになるから、アンチエイジング、そして美健楽の敵!ですよね

【心を恨みや嫌なことといった負のエナジーではなく、前向きの正のエナジーで満たしておくこと】は、美健楽やアクティブエイジングの大切なココロケアのひとつだと思います。お金や健康、家族といったものをたくさんもっていても、ココロに負の感情がとりついてしまえば、人間はあっけなくがっくりと年老い崩壊するものだと、先輩の彼女をみていて思い知りました。また友人としてサポートできなかった後悔もあって、NLP心理学を真剣に勉強する動機のひとつになったのかもしれません。

もちろん私は、重い精神病などの”治療”行為ができる医者ではないし、NLP心理学・プラクティショナー勉強中の身なので、【心に恨みやわだかまりを引きずる人のためのココロケア・セラピー】を語れるほどのレベルではまだないんです。もう少し実践と裏づけを重ねたら、一般的なコツとしてNLPココロケアを公開していきますね

ですが、根深い恨みはともかく、すぐできる美健楽ワザとして、
【心に恨みやわだかまりを引きずると、自分自身を殺すと意識する】だけでも違います。他人の悪口を言っている人の顔はみんなブスでしょう?恨み続けると、ブス顔が定着します。

具体的には、温気アップの香り、深呼吸や運動法のヨガを組み合わせて、
【1日の終わりにアロマ香でも焚きつつ、
ヨガや瞑想で深い呼吸をしながら、
その呼吸(氣の流れ)に意識を集中することで、
頭の中から負の感情を真っ白にクリアして、
”完了・リセット”する】

だけでも、日常の嫌なことを忘れて1日をリセットできたり、正の方向に意識を向けて楽しいエナジーを得ることができて、自分自身のココロの流れがよくなります。自分のカラダとココロの流れをよくするというのは、美健楽ダイエットの10の極意のひとつでしたよね。

どうしても他人への深い恨み・わだかまりが解けないあなた、自分自身のココロとカラダの流れをよくするため、そして幸せ感を感じることができる美健楽な人になれるために、恨みはすっきり完了してリセットしましょう。自分のためです

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!最近BBS荒らしや嫌がらせが多いね、負のエナジーを他人にぶつけて何が楽しいんだろうと疑問で苦々しく思う方は、荒らし・中傷・通り魔コメント撲滅に賛成・応援リクリックしてくださいね!

実はうちのBBS荒らしさんも、私だけに分かる方法で、いまだにちょくちょく嫌がらせしてます。彼の場合は恨みというよりも、こういう形ででも私に自分を認めてもらいたいのかなあとちょっと理解できる気もするので、地道に削除で消極的にお相手してます。でもちゃんと正のエナジーで、友好的なコメントをしてくださったほうが、もっと正のコミュニケーションができて、ご自分のためなのになあ。

11月 3, 2005 10【1ココロケア分野】: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/6872616

この記事へのトラックバック一覧です: 恨み・嫌を完了する美健楽ワザ:

コメント

★負のエナジーは引き込む力が強く、しかも正のエナジーを持つ人を引きずり落とそうとか吸い取ろうとしてすりよってくるので、たいへんです。

私も昔、もうすごい悲観主義の性格だった頃は、愚痴っぽい人が寄ってこなかったけど、30歳を境にとある転機で楽観主義になったとたん、悲観主義で愚痴だらけの人たちにやたら相談を持ちかけられるようになりました。

私は愚痴を聞くのも相談事もキライじゃないので、のって差し上げますが、明確なルールがあって、
・同じテーマの愚痴は3回までしか聞かない
・その後、改善策のアドバイスをあげて、それを実行して愚痴の元を解消する努力をする人のみ

しか、相談を受けないことにしています

Mimaさんが取ったココロケアな方法は、
第一:Dissociate(客観的にみる)
第二:Position Change(他人の靴をはく、というアメリカのことわざの意味)
第三:1と2の結果、自分自身を客観的にみる

というNLP心理学用語に当たるもので、アメリカのカリスマカウンセラーが使っている効果的な実践法ですよ。まあわざわざNLPとかもちださずとも、Mimaさんのように良いコミュニケーションを意識している方は、自然に経験的に効果的だとわかって、とっている方法なのでしょう。

あと、日本ではPositive Thinkingというのがちょっと手垢がついてうそっぽい言葉になってきたし、アメリカ人のポジシンはちょっとむりして頑張っているきらいもあると思います。が、Riskやココロの暗い部分もちゃんと経験・認識した上での、Positive Thinkignは、やはり基本で大切ですよね。

★edさんのように、運動マニアな方は汗を流すカラダのデトックスでココロまでデトックス(気分転換)できるようですね。

女性は私のような運動ギライが多く、運動はハードルが高いので、高級?かは分かりませんが、温気アップ(アロマ、呼吸法、ヨガストレッチ)などのほうが、とっつきやすいと思います。ご自分の得意な方法で、ココロのデトックスをすればいいんだと思いますよ。

★>>他人が介在している問題では、その人がストーカーなどの精神的にも社会的にも問題があるケースがあり

そうですね。医者にかかるほどの”病気”な方が相手だと、やはり自分の心の持ちようだけではだめで、相手をなんとかしてもらわないと危険だと思います。また、自分自身も”病気”にまで進行してしまうと、薬の助けも必要になると思います。こうした例は、マイナス(病気)をゼロ(健康)にするココロケアですね。

私は医者ではないので、このブログでは、あくまでゼロ(健康、もしくは病気ではないけどプチ鬱)をプラス(ハッピーな状態)にするか、プラスをよりパワーアップするココロケアしか、目的にしないことにしています。

それにしても、今日の不快コメント1の記事でも書きましたが、ネット上で”匿名”となるととたんにストーカーや通り魔化する人って多いんですよね。リアルな世界では、目立たないおとなしい人が多いらしいのですが、警察や相談所はこういうネットストーカーの相談には乗ってくれないのです。対応が遅れてる。

なんかこういうネットストーカーを探ってくれる探偵や、その被害から守ってくれるネットガードマンやセコムみたいなサービスがあったら、流行ると思うんですけどね。

投稿: 桜子(管理人) | 2005/11/04 11:40:55

自分の精神的な苦悩を如何に解消していくかは難しい問題ですね。‘健全なる精神は健全なる肉体に宿る’の格言通り、あくまで個人的な問題のみであれば、自分を追い込むくらいの運動でもして、サウナで汗を流し、酒でも飲めば解消できると思います。私には桜子さんのように‘温気アップの香り、深呼吸や運動法のヨガを組み合わせる’といった高級な方法はできませんので(苦笑)。しかし、他人が介在している問題では、その人がストーカーなどの精神的にも社会的にも問題があるケースがあり、その場合は警察や相談所などに相談するしか他に方法がないかもしれませんね。

投稿: exercise dependency | 2005/11/03 22:34:37

桜子さんがおっしゃること、とてもわかります。実は私も最近大変不愉快な思いをして負のエネルギーを持つ人と接することがいかに大変か思い知らされたからです。事の詳細は割愛しますが、要約すると、私が友人だと思って接してきた人がうちの息子に対してとんでもない言いがかりをつけてきたのです。まさに根拠のない個人攻撃です。多少息子に非があったのは認めますが、それでも彼女の言い分には非常に無理があります。夫とも相談して善後策を考え、夫婦してどうやって対処していったらよいか話し合いました。

ここで私たちが取った処置は第一に感情的にならない。第二に彼女がどうしてそのような行動・態度をとったのか彼女の立場に立って考えてみる。第三に彼女を一方的に悪者にするのではなく、息子にも非があるわけだから、それを改めさせる。桜子さんの対処法と似てますね(笑)。

後日わかったことですが、彼女の攻撃の矛先はうちの息子だけではなく、他の子供達の親御さんにもかなり電話しまくっていたらしいのです。彼女は以前からアメリカ・アメリカ人にいつも不満を持っているアメリカに帰化したイギリス人(桜子さんもイギリス人のドライ・ユーモアはご存知だと思います)。ある意味彼女はracist 的なところがあり、すべてに批判的であります(負のエネルギーが多い)。そして自分の生活は常にアップダウンがありいつも何かしらの問題を抱えています。こういうことを冷静に判断材料に加えていったところ、彼女の攻撃もナットクはできなくても別に青天のへきれきでもないと思うようになりました。そして彼女のことを許すというか、これ以上わだかまりを持つのをやめようと思った瞬間から何かしら解放感を味わえるようになりました。

私も夫もそして息子も相当傷ついたわけですから、簡単に忘れることはできません。そしてやっかいなことに彼女の娘もうちの息子と同じ歳で同じ学校に通っているし、小さい町なので顔をあわせることもしょっちゅうです。でもこちらがいつまでも引きずっているのもバカバカしいし、もうこんなくだらないことで悩んでいる自分の時間がもったいないし、自分の心の中でケリをつけました。こういう作業をスムースにできないと、心の中のドロドロした部分が行き場を失いどんどん溜まっていって、その重症ケースが精神にも体にも異常をきたした桜子さんのご友人ですよね。

正のエネルギーを持ち続けると言うことは負のエネルギーに打ち勝つということでもありますから大変なことだと思います。でも常にポジティブ・シンキングを心がけて、それを実行に移せば良い練習になるのではと思っています。長々とごめんなさい。

投稿: Mima | 2005/11/03 15:35:15

コメントを書く