« 温泉で気(オーラ)を洗う | トップページ | 正月太りの個人的原因 »

正月太り脱出の第一手

みなさま、今日からお正月明けでお仕事の方も多いと思います。色々ありまして、年始年末の更新とご挨拶が遅れましたが、あけましておめでとうございます。今年もゆるゆるとよろしくお願いいたします

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!年始年末は読んでくださる方が少なかったので、なんか更新気力が低下してしまってました。今年は記事をもっと頻繁に読みたいぞ!という方は、こちらを応援クリックしてエナジーを私に伝えてやってください。更新が早まる!?はず。

20060101-HanabiraMochi-01
20060101-HanabiraMochi-02
【写真】京都の風習でお正月に食べる花びら餅。ここ数年、なんか雅な感じと白みそ餡が気に入って、毎年食べてます。これは白みそのお雑煮に見立てている和菓子なので、お雑煮が省略できて多少はダイエットになるかなと。実はお雑煮が、あまり好きではないだけなんですけど。

大晦日やお正月は十分楽しまれましたか?私もなんだかんだとお酒とおつまみ、さらに

手作りの煮豆やおせち料理と、一応美健楽な美味しいヘルシー料理ながら、美食三昧。年始年末くらいは、ダイエッターでも”人並み”にお正月をエンジョイしてもまあいっかと、ダイエットする気が抜けまくり。ふっと正気に戻る(?)と、下腹の辺りがプチ長州小力になっているではありませんか、とほほ...

とはいえ、まあこれは予想の範囲内。今日からしっかり美健楽ダイエット・モードに戻していけばいいやと、これまた人並みに決意する今日なのでした。

さて、お正月太り解消策、つまり年始年末に太ってしまった分をなんとかやせようと決意したとき、みなさまは何をしますか?食事制限?運動?

まあ正月太りというのは、普段食べない行事食やお酒を食べすぎ飲みすぎで、しかもごろ寝して動かないから起きるという、冬眠前の食いだめ状態。だから、別に目新しいことが必要なわけではなく、ちゃんといつもの美健楽ダイエット・ライフスタイルに戻してやればいいわけなんです。食事・運動・温気アップ・ココロケアという、美健楽ダイエットの4つの分野で、10の極意をまじめに再スタートすればいいだけ。

ただし、言うは易く行うは難しというわけで、でっぷりと太めになってしまった重い体は、いきなりヤセモードな美健楽ダイエットライフスタイルに戻るのを、拒否しちゃうんですよね~。

ということで、

・またダイエット・モードに戻ろうと思ったとき、もしくは
・でっぷりと太った人が一念発起してダイエットを始めるとき、

まず私がやること、それはずばり”温気アップ”です。重い体を”自力”で動かさず、熱、お湯、人手、器械といった”他力”でカラダを動かして代謝アップと、汗をたっぷりかいてデトックス!カラダのが軽い感じになり温まると同時に、気分やオーラもアップする感じがするので、”温と気”がアップします。

具体的には、岩盤浴、ゲルマニウム温浴、半身浴等。まあエステやマッサージでもいいのですが、なんとなく熱やお湯を使ったお風呂テラピー系のほうが、”気”のアップが大きい気がします。

あっ、とはいえ、この温気アップだけでやせようとするのは、まず無理です。これはさびついた車輪を動かし始めるときに、ちょっとだけさす潤滑油のようなもの。動かし始める最初に”潤滑油”という勢いづけをしてやると、さびた車輪も動きだします。

同様に冷え切って脂肪で重くなった動きにくい体は、温気アップを潤滑油にして、ダイエットモードに動かし始める勢いをつけます。この潤滑油とは、かっこよく英語でいえば、ダイエット・”トリガー”(ダイエットの引き金)ですね。

ということで、いきなりお正月のうちに、行って参りました、新規オープンの岩盤浴サロン。その名もデトックス・ストーン・スパという、恵比寿駅徒歩5分に12・15にオープンした岩盤浴とホットヨガのサロンです。

私が自転車で運動をかねてうろうろしているのが、青山~渋谷~恵比寿~代官山近辺なのですが、実は青山と恵比寿というのは、温気アップサロンの激戦区。信じられないくらいの数のエステ・マッサージ・岩盤浴サロン等があり、また常に最新型の美健楽施設がオープンするので、美健楽トレンドが日本で一番早くわかるところなのですよ。

この新しいサロンを含め、最新の美健楽トレンドは、【岩盤浴・ゲルマ温浴の価格破壊が始まった!】ということ。今まで都内での岩盤浴は、60分で4000-2800円と、なかなか値段が下がらなかったのです。まあ土地代高いし仕方ないのかなと思っていました。

ところがこの新しいスパでは、60-70分で2200円(昼間の一番安い料金)と、ついに2000円台前半が登場!それどころか、衝撃のゲルマ温浴980円!という看板を、恵比寿で見つけてしまいましたよ!ということで、価格以外にもおもしろい最新岩盤浴トレンドをみつけてしまったので、次回、最新岩盤浴レポートをお届け予定

・お正月太りなんとかしなきゃ~。でもいきなり食事制限や運動は面倒という方、また、
・岩盤浴が定着しつつあるのでやってみたいけどよく分からないという方、はたまた
・岩盤浴はよく行くお気に入りだけど、もっと効果があがる最新の入り方を知りたい方、など、必見です。
岩盤浴は新しいダイエット法なので、その入り方もサロンも日々進化しているのです

美健楽ダイエットでは、今年も他のダイエットブログにはない、ダイエッター目線の、実践とデータに基づいた、美容・健康・メンタルケア・アンチエイジング・ダイエットの最新情報をお届けしていきます。みなさまの応援クリックをよろしくお願いします。

コメントと気の向くままに応じて、不定期更新中!
続きを読みたい!ランキンクリックでリクエストをどうぞ

1月 4, 2006 39【3温気アップ分野】 |

コメント

ふむふむ、みなさま2~5kg太ってしまい、気を引き締めてダイエットモードにもどすぞっ!という方が多そうですね。

たこすろさんは、痩せたって、なんで???まあお正月とクリスマスくらいは、適度にデブフードを楽しむのも、よろしいのではと思います。そういう行事食で、家族やパートナーとの絆を確かめる機会という意味合いもありますからね。

日本は、温気アップ系のトリートメントがやはり充実しているのがいいところ。温気アップトリートメントで、ダイエットモードになる体慣らしをしてみてください。

温気アップがあまり盛んでない外国に住んでいる方は?バスタブに荒塩(自然塩)を40gほど入れてつかる塩風呂も、半身浴と似たような効果があるそうな。外国のバスタブにつかるのはたいへんですが、やってみてください。私もお家では、塩とにがりを入れて、保温効果とミネラルUPしつつ、半身浴しています。

投稿: 桜子(管理人) | 2006/01/10 20:46:54

Happy New Year♪
新年そうそう、おもしろいです!最初に温気アップでトリッガーにするという点、いいですね。潤滑油ってのもおもしろいです。
私は、このホリデーシーズン、+0.5kgで済んだので、ホッとしています。昨年春から長州小力状態だったので、「小錦になったらどうしよう」と、内心焦っていたのがブレーキになったようです。
少し太めなほうが風邪も引かないからいいと思ってはいるんだけど、夏に日本に帰国する予定なので、そろそろなんとかしないとマズイと思っています。(^^;)
岩盤浴、うちの近くにもあるといいなぁ。とりあえず桜子さんのお薦めどおり、うちの浅いお風呂で半身浴からスタートします。
今年もよろしくお願いします。

投稿: Sevi | 2006/01/05 3:40:14

明けましておめでとうございます。
私は正月で2Kg痩せました。
標準体重まであと6Kg、ガンバリマス。

投稿: たこすろ | 2006/01/05 1:40:06

桜子さん
あけおめです
お正月太りでなんと2キロもせおってしまうことになりました。曇りぞらで寒ったからでしょうか。すんなり細く軽くなりたいのですが体重計の数値が現実を明らかにお知らせしてくれてしまって、驚愕じてしまった!のでした。
岩盤浴ってあまり聞いたことがなく、日本にしかないものなのかもしれないみたいなお風呂。(最近ですよねこれって)調べてみましたら北海道の原石ブラックシリカ、本物はここだけだというサイトに出会いました。ほんとかな?
お風呂の新しい形でお水の少ない国やダイエット、気分の向いたときn健康管理用にもいいのかもと思いました。代謝アップのために、北欧のサウナのように自宅にもつくりたい気分です。

かんな

投稿: カンナ | 2006/01/04 22:22:20

桜子さんもお正月体重オーバーと聞いて、安心しました(笑)。これは私だけじゃないんだ!という仲間意識からです(笑)。温気アップを図るところが私と考えが一緒だなとまたシンクロしています!というのも私も一週間ジムに行かなくて、その間全く何も運動をしなかったので筋力は衰えているし、気合もあまり入らない。だから今日は筋トレとヨガが終わったあとミストサウナに入ってゆっくりしたのです。こうして徐々に元の生活に慣らすという、慣らし期間のようなものですね。子供達もまだ冬休みで完全に自分の時間が取り戻せていないのでトランジション中とでも言いましょうか。

桜子さんは温気アップ系サロンの激戦区に住んでいらっしゃるのですね。うらやましい限りです。私も日本に帰ると必ず温泉に行きます。子供達も温泉が大好きです。やはり日本に帰る楽しみは第一に食べ物、そして第二に温泉です。最新岩盤浴の情報を楽しみにしていますね!

投稿: Mima | 2006/01/04 13:29:39

コメントを書く