« 更新妨害に困ってます | トップページ | オーガニック発信源は東西セレブ »

新世代マクロビ食の2大特徴

おまたせいたしました。前回、前々回と予告した【M(エム)カフェ ド チャヤ】。美健楽ダイエット一押しレストラン・カフェの、チャヤ・マクロビオティックのオーナーの息子さんが新しくオープンした、新コンセプトのマクロビオティック・カフェとデリについての続報です。

いちばんみなさまが見たいだろう写真に絞ってご紹介。それは、これでしょ?

0227-chayaLunch1

このカフェのメニューがすこしづつ詰めあわせられた、マクロビオティック弁当です。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!“荒し”にめげず更新してねと応援してくださる方は、クリックして、正の応援エナジー送付と更新リクエストしてね

写真のお弁当の、Mカフェのロゴマークシールのあるところから時計まわりに、

1.マクロビの”お寿司もどき”
2.お寿司のしょうゆと“ガリ”だけどきゅうりと合えたもの
3.豆腐ハンバーグと照り焼きソース
4.セロリの根とケールのサラダの2種
5.赤いキヌアサラダとコールスローの2種

最初、なーんだ、こういうメニューなら日本にもありそうだなと思ったのです。が、大きな違いが2つ:

★美楽優先:美味しさと楽しさ優先で作られていて、“ついで”に健康的であること。

★グローバルテイスト:いい意味でアメリカナイズ(カリフォルニア化)されていて、世界を飛び回るアメリカ人セレブやエリート好みのグローバル(国際的、国境を越えた)な味になっていること。

世界を知らない日本人では考えつかないような、創造的で自由な食材の組み合わせや味という”楽しい驚き”があるんです。強いていえば、食材に恵まれたカリフォルニア料理をベースに、アジアの繊細な食材と味をブレンドして、フレンチとイタリアンのアクセントを加えたもの。LAのレストランNOBUから始まったトレンドで、NOBUをより健康化して洗練させたテイスト。一応”グローバル”と書きましたが、この味、テイストをなんと呼ぶべきか、悩んでいるんですけどね。いいアイディアがあれば教えてください。

どうしても健康が優先して地味でつまらない日本のマクロビオティック料理や、日本人の口にしか合いそうにないこてこての”日本の伝統食”といった感じとは違う、”美楽”で”グローバル”優先主義なとこが、私の美健楽ダイエットのコンセプトと似てると思いました。

でも、私が一番気に入ったのは、このお弁当以外のアラカルトのメニューのひとつと、ケーキ!!!なんですけどね。日本のチャヤのマクロビケーキとはまた違った美味しさのケーキと、ここのオーナー一押しのアラカルトメニューの写真と分析は、また今度。

今日のサマリー:今後、美容・健康志向の食事のトレンドは、1)美楽>健康優先と2)グローバルな味。世界の美健楽食は、同じこの方向へ自然と向かっているようです
ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!“荒し”にめげず更新してねと応援してくださる方は、クリックして、正の応援エナジー送付と更新リクエストしてね

2月 27, 2006 72  旅先別(海外) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/8861205

この記事へのトラックバック一覧です: 新世代マクロビ食の2大特徴:

コメント

コメントを書く