« サプリ剤も必要と変心した理由 | トップページ | お坊さんの精進料理弁当 »

サプリ剤嫌いを治せた理由

ただいま水曜の朝11:01です。ココログのメンテ後トラブル、まだまだ続いてます。同じ記事がなぜか3つ投稿されてたり、長い記事や写真が投稿できなかったり、コメントが見られなかったり投稿できなかったり。せっかく更新を楽しみに読みに来ていただいた方にも、ご迷惑をおかけしております。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!新しい記事の更新をいつも楽しみに待っていますと、言ってくださる方は、ここを応援クリックして、トラブル回復を待っててね。さあて、この↓の記事が投稿できるか、やってみます

ココログって比較的こういうトラブルが少なくて、だからわざわざ月に1000円以上も払って契約しているというのに...有料・ビジネス利用者が多いと文句を言う“権利”があるから、すごいクレームが殺到しているでしょうね。私も文句いいたいとこですが、Niftyのサーバーの加え電話線にも負荷をかけるのは可哀想なので、じっと耐えております。

さて、投稿できるかわかりませんが、先日の美健楽ダイエット記事: 
【サプリ剤も必要と変心した理由】の続きで、
私が【サプリ剤嫌いを解消できた理由】です。

その前に、私がサプリメント剤嫌いだった一番の理由は、

”錠剤・カプセル“アレルギー”です。錠剤・カプセルを見ただけで、飲みたくない!ってカラダがのどが拒否してしまう。小さい頃に風邪薬のカプセルを飲もうとして、のどにひっけて死にそうにむせたことがあって、そのトラウマかな。ちょっとのどが敏感みたいで、サプリ剤嫌いは改善しても、いまだに錠剤・カプセル嫌いは直ってません。

こういう錠剤・カプセル嫌いではなくても、かつての私のような”サプリメント剤嫌い”は、世の中に多いようですね。先日TV番組企画の会社の方とお話する機会があったのですが、

「TVの健康番組で錠剤・カプセルのサプリメントを映すのはタブーなんです。すぐ健康オタクおばちゃんの視聴者や健康団体から、そんな人工的なもの・“薬”をTVで薦めるとはけしからんとクレームが来るから」

といってましたから。私もそうでしたが、私が【サプリ剤嫌いを解消できた理由】はこういうことを知ったから:

1)サプリメント剤は“食品”であって、“薬”ではない。だから、飲み合わせとか副作用とかにあまり神経質にならなくてもよい(油性ビタミンのADEKだけは、取りすぎ注意ありなので控えめに摂ります):

最近発表された、わかりにくい英語の置換え日本語でも、サプリメント剤の訳は“栄養補助食品”。そう食品だったのです!

って、みなさん知っていました?すみません、サプリ剤ぎらいの私は知りませんでした。というか意識していず、無意識にあの形とイメージから“薬”だと思っていたみたいですね。薬”だから、飲みすぎが怖い、飲み合わせが判らないと、不安になっていたのです。こういうサプリ剤=薬だから嫌いという人も、結構多いのではないでしょうか。

でも逆に日本には、“食品”っぽくみえつつ、実は“サプリメント剤”というものがたくさんあって人気なんです。例えば、マイク●ダイエット。あれって、結局は低脂肪、低カロリーのマルチビタミン+プロティン剤(溶かして飲むパウダー状)。でも薬やサプリとみなされないように、ダイエット“ドリンク”として食品っぽく売っているので、サプリ剤嫌いの人も気づかずに飲んでしまうのでしょう。

私も15年前にマイク●ダイエットしていた先駆者なんですが、これがマルチビタミン+プロティン剤のサプリメント剤だと気づいたのは、ここ2-3年のことなのですよ。いや~すっかりだまされてました。(笑)

また、にんにく卵黄とかセサミン、青汁等の民間健康“食品”も、特定食物の栄養成分を抽出して強めたものなので、広い意味での“サプリメント剤”ですよね?このように、私たちが気づいていないけど、実はサプリメント剤と食品の境はとっても曖昧で、サプリメント剤は健康食品とも似た、“加工食品”なのです。

2)サプリ大国アメリカには、薬臭くない形、粉や液体、なんとお菓子っぽい形のサプリ剤もあって、いかにも粉ミルクやジュース、お菓子のように“食べられ”て、抵抗感が少ない。日本のサプリも、カプセルをはずせば液体にとかしこんで飲めるタイプのものがある: 

日本のサプリ剤はまだまだマニアやアスリート向けみたいで、錠剤やカプセルがほとんどですが、アメリカのサプリはその形状のバラエティがすごい!たぶん、子供とかマニアではない一般人もサプリ剤を飲むのが常識化しているので、“食べられやすい”形・味の研究がすすんでいるんでしょう。それともそういう薬くささを脱したサプリ剤がでてきたから、一般の人も広く食べるようになったのでしょうか。

私は、液体、粉のもの、カプセルでもそこからだしてしまってジュースに溶かし込んで飲めるもの、またお菓子のように美味しく“食べられる”サプリ剤に限って、美味しいものを厳選して摂っています。

今日はココログのサーバーの負荷が高くて写真をUPできませんが、結構粉のビタミン・ミネラル剤がどこで買えるのというリクエストが多いので、うちのものの写真もお見せしようかな。見てみたい方は、↓をクリックして、写真リクエストしてね。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!この記事、ラッキーにも投稿成功!?読めましたよ!な方は、ココログトラブルと戦いつつ記事更新に励む私に、ここを1日1回応援クリックしてやってください。30分ちかくかかる投稿のイライラにめげず、頻繁更新するパワーにさせて頂きます(笑)

3月 29, 2006 23 食事(バランス系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/9310865

この記事へのトラックバック一覧です: サプリ剤嫌いを治せた理由:

コメント

テスト投稿2回目。なんかわけわかんない読み取りにくいパスワードが現れるよう、ココログが改悪してるようですね。ほんとにも~、ごめんなさい。

コメントくださる方々および管理人のわたしまでも、全員を荒しやスパム扱いするようなあほなココログは、もう見捨てるべきかな。

投稿: 桜子(管理人) | 2006/03/30 15:30:00

ココログ不調のため、テスト投稿です

投稿: 桜子(管理人) | 2006/03/30 7:58:12

クリックしっかりさせて頂きました!(^o^)
粉末サプリの入手法、楽しみにしています!

投稿: maria | 2006/03/29 20:47:46

私は、イギリス留学中に、サプリ嫌いを治せました。
栄養が偏っていくのを実感して、これではダメだって思ったんですよね。
美味しいグミのビタミンCから始めた記憶があります。
安くて美味しくって、サプリ天国(?)のようでした。

投稿: すみれ | 2006/03/29 12:14:53

コメントを書く