« 京和菓子にも健康トレンド | トップページ | 長谷川理恵・激太り最新画像2 »

京都の美健楽ご飯処:山ふく

京都の、美健楽なごはんが頂けるお店を2つご紹介します。小さい店だったり、限定食だったりするので、本当は内緒にしておきたい店なんだけど、まあうちのブログを見てたくさんの人が押し寄せるということもないだろうから、読者さんサービスです。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!出張で更新お休みしていたらアクセス・クリックがた落ちしちゃいました~。ブログは厳しい、でも分かりやすい世界ですね(笑)。ココロを入れ替えてまじめに毎日更新する予定なので、ここをクリックして、応援リクエストをしてやって下さいね

ちなみに私は、京都は仕事でもよく行っていた時期があり、住んでいたこともあるので、京都のグルメ店には結構詳しいです。老舗の有名高級料理店やら地元の方お気に入りのカウンターのある料理店、お弁当しか作らないしだし弁当屋さん、ガイドブックに乗っているような有名店から、穴場的B級グルメスポットまで、まあ一通りは行っています。そしてその結果、もう飽きました(きっぱり!)。

お酒を入れたら、お一人様10万円近くするような名店は、そりゃあ美味しいし、目にもご馳走な美しさですけど、たまに食べるご馳走だからいいんですよね。フランス料理とかの記念日食と一緒。毎日からだが喜ぶ美健楽食にはほど遠いので、美健楽体質な今はお付き合いでなら行くけど、ひとり旅の時にはわざわざ行きませんわ。

というわけで、自分でわざわざ通いたくなる、毎日でも食べたくなる美健楽な店を捜しまわる今日この頃。京都でのおすすめ2店のうちひとつは、私がもう15年以上通っている、祇園花見小路にあるごはん処、山ふく。ここは特に、お昼12時から限定20食での「おきまり」という定食が、大のお気に入りなのです。

04253food
04254food

お店が京都の町屋らしくうす暗いので、なかなかいい写真が撮れなかったのですが、これで一人分。日によってメニューは変りますが、+季節感と京都らしさを大切にしたおばんざい(家庭のお惣菜)の店で、本日のメニューは、なんと一汁“八”菜:

・竹の子ご飯
・お味噌汁

C(カーボ):
1.煮物
2.肉じゃが

P(プロティン):
3.大豆と桜海老の炊いたん
4.小魚の南蛮漬け
5.揚げだしとうふ
6.冷やっこ

VF(野菜):
7.菜の花の辛し和え(白ゴマ入り)
8.自家製お漬物の盛り合わせ

ただし、お豆腐の2品、冷やっこと揚げだし豆腐は、この日手作り豆腐のいいのが入ったから、という飛び入りメニューで、

「食べられる?」

と、ちゃんと残さず頂けるとお返事した人にのみのサービスでした。

このお店は、多分60代の姉妹2人(たまに3人いる)が切り盛りしています。長女のほうが、京都というよりきっぷのいい大阪っぽい元気のいいおばちゃんで、ここのおかみという感じ。

私は彼女らの亡くなったお母さん、先代のおばあちゃんが、物静かに黙々とおばんざいを作ってサービスしてるのが、「いや~、京都らしくていいわ~」と思って通いだしたのです。あとを継いだ今のおかみさんは、流行っている寿司屋のご主人みたいに、ちと怖い。残すと叱られるし、やったらめったら話しかけてというか一人で話してる、典型的な関西のおばちゃんやし。

でもまあ悪い人ではなさそうだし、なによりご飯の味が先代のおばあちゃんの味がしっかり守られているので、長年通っているのです。

美健楽的ポイントからいくと、【ややハイカーボの日本の伝統食】。C(カーボ)とP(プロティン)とVF(やさい)が、60%:25%:15%くらいの比率でしょうか。(この日はお豆腐2品が入ったので、プロティンがやや多め)。

野菜中心食派で野菜のソムリエの私としては、もう少し野菜を増やしてほしいとこですが、+高カーボでも低脂肪なので、繊維質の多い気持ちいいご飯だと思います。それに、手作りのお漬物を、これまた「食べられるよね?」と念押ししててんこ盛りに出してくれるので、これを“浅漬けサラダ”だと思えば、野菜も多いしね(笑)。

ただ、昔は無条件に美味しくて健康的な店!とここを絶賛してたのですが、美健楽ヤセモード体質に変った今では、
- お漬物など、塩気が強いこと
- 甘味や味付けが濃すぎるものがあること

が、やや気になっています。食べ終わると、ちょっとのどが渇いちゃいますからね。京都のおばんざいは、保存目的で、全体的に塩や砂糖を使って味付けが濃いものも多いようなので、その伝統が残っている感じです。とはいえ、これくらいの味付けは、美健楽モードではない普通の人には薄味なくらいでしょうから、お薦めの店であることには変わりなし。

ちょっと見つけにくい場所かもしれませんが、これらの写真↓をヒントに、ネットででも調べて行って見てくださいな。なぜか魔法瓶がアップで写っていますが、和ブームの今では和モダンに見えるインテリアもなかなか味のある小さいお店です。

04251yamafuku
04252yamafukuinside

でもさらにここより、

「もっと、現代的に美健楽なごはんどころはないものか?」

と、密かに調べていたお店にも行ってしまいました。実は、このお店に行きたいこともあって、京都に寄っていたりする(笑)。

「いや~、美味しい!こんなお店がうちの近所にあったら、毎日通っちゃうなあ」

と、新たにお気に入りリストに加わった、京都の隠れごはんどころなお店の報告レポートは、また今度。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!出張で更新お休みしていたらアクセス・クリックがた落ちしちゃいました~。ブログは厳しい、でも分かりやすい世界ですね(笑)。ココロを入れ替えてまじめに毎日更新する予定なので、ここをクリックして、応援リクエストをしてやって下さいね

4月 25, 2006 71  旅先別(国内) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/9757585

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の美健楽ご飯処:山ふく:

» こんにちは トラックバック 赤ワイン事典
ワインのブログで、みなさまの自慢の料理探してます。自薦他薦といません。コメントに残してもらえればうれしいです。ご迷惑ならごめんなさい。 続きを読む

受信: 2006/04/27 21:17:04

コメント

呼吸法ダイエットです!
http://(直リンクは宣伝目的と区別つかないので禁止です。削除させていただきましたby管理人)

投稿: din | 2006/04/25 22:31:48

またまた美味しそうなレポートありがとう!
今すぐ食べに行きたい~。
次に京都を訪ねられるのはいつかな。東京に住んで
いた頃は何かと理由をつけて行っていたのですが。
しっかり調べてメモしたので、近いうちにはぜひ。

「隠れごはんどころ」の情報も楽しみにしてます。

投稿: ろき | 2006/04/25 20:19:06

コメントを書く