« 南国都会の朝フルーツ | トップページ | 正しい揚げ物グルメ »

沖縄ブームの美健楽的批判

おはようございます。沖縄から東京に戻ってきて、秋のような冷え冷え~とした寒さに驚いている桜子です。沖縄は梅雨入りしたというのにカラ梅雨っぽくて、いいお天気が続いて夏のようでしたから。東京の友人・知り合いたちが、【桜子さんブログの沖縄の写真に癒されました~】といってくれてた気持ちが、ちょっとわかりました。

20060524beach

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!記事が面白かったり、毎日記事が読みたい方は、ここをクリックして、更新リクエストしてくださいね。基本的に気まぐれ更新ですが、クリック数が上がるとつい更新してます。

東京でどんよりと厚い雲に覆われていると、イギリスに暮らしていたときのように、なんか鬱陶しくて気分もどよ~んとしてきます。でも、この厚い雲の上には、沖縄に射しているのと同じような太陽の日差しと青い空があるんだとイメージして、お天気に気分まで左右されないようにココロの健康を保ちたいと思います。

さて沖縄では、あまり意識されていない【美健楽ビジネス】を根付かせようと奮闘している方々と知り合い、お世話になりました。

行く先々で自分の名刺を出していたので、みなさま、たぶんこのブログも読んでくださっていると思います。この場をお借りして、ありがとうございました。今後もいいお付き合いをよろしくお願いしますね。このブログでも少しずつ、みなさまのこともご紹介させていただきたいと思います。

沖縄で学んだ美健楽のこともいっぱい。でも、沖縄在住の方からコメントいただいたように、

【沖縄ブームなので沖縄といえば、癒し、健康、長寿と、ほめる一方の風潮】

というのが確かにありますね。でも、元々離島出身で10年以上島に住んでいた私としては、もっと冷静に批判も交えて、沖縄ライフの美健楽ぶりを分析してしまう傾向があります。

アメリカ文化の影響で沖縄の食生活も西洋化して、健康的でなくなってきている。とかいう、これまた最近ありがちの見方に留まらず、昔からの沖縄の食生活やライフスタイルでも、現代の事情に合わなくなって【美健楽でないこと、なってしまったこと】はたくさんあると思いました。

ひとつ大きな点でいえば、

【沖縄のおばあちゃんたちは、いまだ長寿世界一で元気!うらやましい。まねるべきだ】

という“沖縄のおばぁブーム”というのがあります。でもねっ、私が気づいたのは、

【長生き元気なおばぁはたくさんいても、みんな太めのBMI24クラス。しかも美しさには興味があまりない、単に健康的なだけの人が多い】

ってこと。私が歳をとったらああなりたいというような、背筋がしゃんとのびて美しい、かわいいおばぁは少なかったんですよ。だから、“健康的な沖縄ライフスタイル”と画一的なイメージにだまされず、いい点を厳選して取り入れる。しかも沖縄ライフに足りない、

【美しくあろう、なろうとする気持ち(特に女性)】

をちゃんと持って、美楽>健康の、美楽優先主義を心がけたいと思ったのでした。

そういう女としても美しくかつ健康的な沖縄のおばぁ、いやそれとは一線を画して【沖縄の美健楽おばぁ】とでも呼びましょうか。【沖縄の美健楽おばぁ】のおひとりが、先日記事にした、農連市場の朝ごはん食堂、モーニングステーション(朝の駅)のオーナーママさんの金城(きんじょう)さん。彼女の食堂のメニューの上には、

【女であることを忘れない】

という標語が張ってあるんですよね(笑)。そして彼女自身も、ほんとにいいお顔の美人で美健楽オーラというかエナジーあふれる方でした。写真は失礼かと思って撮っていないんですが、彼女に会いたい方は農連市場までごはんを食べに行ってくださいな。

さらに彼女、名刺を頂いてびっくりの、農連市場の組合理事長さんだったのでした。

この昭和の香り漂ういい感じの農連市場、実はあと数年で都市計画だかなにかが予定され、キレイにリニューアルされるそう。え~っ、この雰囲気がなくなってしまうの?行政の都市計画って、無味乾燥でつまんなくしてしまうものね~と、沖縄県民にも危惧されていたところ、この農連市場の組合をつくるおばぁたちが立ち上がり、

【なるべく今の雰囲気を残しつつ、よりよいリニューアルにしよう】

と、自分たちの意見が取り入れられるように、行政に対してがんばっているそう。金城さんはそのリーダーだったんですね~。やはり美健楽美人は、パワーがありました。

そうそう、金城さんに頼まれていたことをひとつ書いておこう: 口コミでしか宣伝してないけど、彼女は農連市場の近所に緊急宿泊所としてアパートを借りていて、彼女自身が使わないときには宿として貸しているそう。宿泊者募集中だそうです。

1泊ひとり2000円から、5名まで泊まれる、台所もお風呂もトイレもついた1DKのアパート。女性が泊まったら、女性同士の相部屋になることはありえるけど、男女混合にはしない”女性専用”か“男性専用”にするとのこと。私も、次回の旅に泊まらせてもらおうと下見をさせてもらったけど、なかなかいい感じのふつ~の沖縄人の家(アパート)暮らしが味わえそうでしたよ。

なによりここに泊まると、
・農連市場のおばさんたちを始めとする地元のひとたちのネットワーク・人間関係が垣間見られるかも
・金城さんが自分のお店でごはんを食べさせてくれそうなことを言っていた(交渉次第?)
・場所も、牧志や農連市場といった市場エリアのどまんなか、国際通りにも徒歩5分だし、交通の便と食べるとこには困らない

という、ディープでリーズナブル(お手頃価格)な沖縄ライフが送れそうですね。ただし、うーん、日本の女性は異常なきれい好きが多くてホテル並みを求めるから、ここはバックパッカー経験もありの上級トラベラー・旅行者でないと厳しいかも。それでも泊まりたいという方は、桜子がご紹介いたしますのでメールくださいませ

沖縄については、ほんと書きたいことがありすぎて、数回の記事にはまとまらないな~。というわけで、今後もちょこちょこ、
・沖縄でまなんだ美健楽ポイントをどう実生活の美健楽ダイエットに生かしていくか
・沖縄で流行していた美健楽なローカルコスメや温気アップ法
・沖縄で美健楽な食生活をしたい人向けのおすすめ食堂
・沖縄料理を取り入れて、本土でも作れるようにアレンジした、沖縄料理風お土産レシピ
等々、お届けしていきたいと思っています。

特に、スピリチュアルにご興味のある方、今回私はひさしぶりに沖縄のユタさんに会って、しかも前世占いをしてもらってきたのさっ。ユタさんってなかなか一見さんや観光客には会ってもらえないので諦めていたら、私のネットワーク運が炸裂して地元民ネットワークを通じ、いきなりお会いできることになったのでした。

そして、桜子の驚愕の前世と守護霊が判明!!丸呑みで信じはしないけど、自分の背中を押してもらうにはとても良かった経験だったのでした。そのお話もまた今度。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!記事が面白かったり、毎日記事が読みたい方は、ここをクリックして、更新リクエストしてくださいね。基本的に気まぐれ更新ですが、クリック数が上がるとつい更新してます。

5月 24, 2006 71  旅先別(国内) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/10215690

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄ブームの美健楽的批判:

» 痩せたくて痩せたくて トラックバック ダイエット
痩せたくて痩せたくて、色々と努力を続けています。色々な情報を整理してゆくと、今ま 続きを読む

受信: 2006/05/30 20:01:04

コメント

はじめまして
沖縄在住のサトです。
沖縄にこられたのですね~
きのう、公設市場や、牧志、国際通りを
ぶらぶらしていました。
沖縄の食生活・・・
楽しいです。
わたしも2食ダイエットで健康ライフ送っています。
TBさせてくださいね~
また遊びにきます。
いろいろ教えてください。

投稿: サト愛☆ | 2006/05/24 15:57:54

コメントを書く