« 体重計から鏡とジッパーへ(芸能人DIETの共通法則2) | トップページ | 芸能人は自宅で代謝アップ(芸能人DIETの共通法則4) »

相反する食事法の取入れ方(芸能人DIETの共通法則3)

芸能人ダイエットの共通法則その3、いちばん長い食事編いきます。ひとりやふたりの芸能人やら、”カリスマ”ブロガーののダイエット法やAA法をまねしても、だめ。体質やライフスタイルが違うと、自分に合わないことが多いですから。

知能犯ブロガーなら、本や他人の一見論理的にみえるうんちくを自説のように語り、自分が信じてもいない商品の楽天アフィリに誘導して、なんでも言うことをきく狂信者ファンを作って商品を売りつける、という高度な手も使いますよ~。私も危うくだまされそうになるくらい、最近手口が高度化してきたので、他を攻撃する狂信者のいるブログには、一切近寄りません。釣りがうまい証拠だから(苦笑)。

ということで、美健楽ダイエットでは、主観と客観のバランスがとれるよう、【美健楽マスター達人の経験・データベース方式】を採用しております。つまり、ダイエットやAAの達人たちが共通してやってる方法の共通点をみいだし、わたしの二千万円の経験と照らし合わせてアレンジすれば、成功する確率が高いだろうという、多数決方式ですね。

今回は、美と健康の必要が非常に高い、みためが命の芸能人たちを、美と健康のトレンド・リーダーとみなす。そして、芸能人の愛用品ブログさんがまとめていらっしゃる、その65名ほどの経験則データベースを元に、共通法則を導きだしております。

さらに、相反する2つの説・食事法があるもの、

・水はたくさん飲んだほうがいいというミネラルウォーターダイエット、飲みすぎはむくむからダメという説、どっちがほんと?
・肉は体の中で腐って便をにおわせるので良くないベジタリアン説と、肉もアミノ酸摂取のために必要説。
・フルーツはダイエットに良いというフルーツダイエット、果糖は太るからだめというカロリー説、どうすりゃいいのよ~?

という、矛盾情報。これらをどうとらえて、自分の美健楽ダイエットに生かすかも、ずばりお応えしちゃいますよ~。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!ランキングでは、間違い・リバウンドダイエッターの釣りにご注意!お次は、水着写真公開?と予想しておこう。リバウンドしにくい美健楽ダイエット支持の方は、ここをクリックして、応援・継続記事リクエストしてね

また、この記事の元データ、有益情報を提供くださっている、
芸能人の愛用品(美容法 ダイエット法) ブログさんのためにも、
ここをクリックしてとんだページの、”人気blogランキングへ”のとこをクリックして、1票応援してさしあげてくださいね~。

実はこのシリーズを、まめに更新してるわけは、

書籍化のために、トレンドと生活者の傾向分析をするのにも役立ってるんですね。といいわけしつつ、食事編へ行きます。

桜子の評価・アドバイスつきの実践編:
【芸能人に人気ダイエット法まとめ
  -美健楽ダイエットの4分野別】

2.食事系:

◎水を1日1-2.5L飲んで体に入れ、半身浴で汗デトックスして毒素とともに出す

のが、芸能人の人気No1、ダイエットのもう常識のよう。水を飲みなれていない人、汗がでにくいダイエットビギナーは最初むくみやすいかも。自分の体調を見ながら、むくみやトラブルのない量のほどほどバランスを探るとよいです。

水はゼロカロリーだからいくら飲んでもOKという説と、飲みすぎはダメという反対の説が世間にはあり、ダイエッターを迷わせるところ。

でも私の結論は、両方のいいとこ取り。女性には1-2.5Lの間くらいで、いつもより意識してやや多めくらいがよいという、両説のバランスをとってやればいいんです。何事にも、行き過ぎはダメ、でもそれを恐れて水を飲まなくなるのもだめです。

◎水以外の、なるべく摂りたい人気食材は、

・肉より、植物性プロティンの豆乳、豆腐、納豆、魚(魚は栄養の性質的には植物と見なされる)

私は、肉はだし代わりや、トッピングとして、豚肉の薄切り、ささみなどを、厳選して少量使用。最近は、ちょっと食べる量をふやして、ほぼ毎日食べてますね。トータルでは、植物性プロティンと魚介類が多いけど。よく、

「肉を食べると便が臭くなるのは、肉は体の中で腐るから。だから肉はだめ」

と、極端なベジタリアン説やシーフードベジタリアン説を本で読みますが、これってバカみたいだと思う。だって、そんなこといったら、肉食獣より草食動物のほうがいい食生活なんで、強者として生き残っているはずだよね~。それに玉ねぎやにら食べても便はにおうけど、これって解毒野菜でいいとされている。便の臭さと食べ物のよしあしって、関連するかなあ?

肉を絶ったり減らしすぎると、短期的に体調はよくなるかも。ですが、実はだんだん”仙人化・植物化”してきて、適度な野心やセクシーさに欠けてくる、肌にも長期的に良くない気がします。それに肉は、”食べる喜び”を与える、脳内快感物質がでるという、幸せフードでもあるらしい。

だから、肉の欠点である”悪い脂肪である肉の脂肪”を食べないように、部位と調理法を選ぶ。しかもだしやトッピングとして少量食べる程度がいいんだと、最近はこのバランスです。芸能人にも、極端に肉を避ける人は少ないよう。彼女らにとって、セクシーさや野心をなくしたら、おしまいだもんね(笑)。

・本物の野菜の味が美味で、天然のビタミンサプリでもある、オーガニック野菜(梅干含):宅配にしてもらって、無理やり食べざるをえないように自分を追い込むのも、慣れたら、メニューが増え自炊するようになって、良いです

美肌のためのフルーツ: 

フルーツは摂るタイミングと、フルーツだけで摂る(他のごはんと一緒に摂らない)というのが最新の重要な美健楽ポイント。フルーツ本来の味が味わえ、酵素が働きやすくなるように、しっかり追熟させ、なるべく常温で味と香りを味わって食べること。

いちばん良いタイミングは、朝食として(ダブルサプリジュースやそのまま)摂る。またおやつとして、生や自家製フルーツコンポート。さらに、夜おなかが空きすぎて眠れないときに、少量だけ夜食としても、食欲がそれをきっかけに暴走しない人はOK。

フルーツも、食べたほうがいい説と食べすぎはカロリー摂りすぎとか血糖値を上げ易い否定説と、二つに分かれていますよね。

私の今の結論は、一日の自分の適量を決め(片手にのる半分量とか)、朝食、おやつ、夜食のいずれかにだけ食べるという時間を限る。でもやたら制限はしない。フルーツは天然のビタミン剤だし酵素の働きも期待でき、かつなんといっても、食べる喜びがあるもんね~。お菓子より、ずーっとまし、でしょ!

そうそう、グレープフルーツは私はXです。日本では、アメリカ輸入ものが多くて、アメリカ本国では禁止されているのに輸出ものにだけ使われているという防カビ剤の害の影響が、むこうでは常識化しつつあるみたいだから。同様の理由でアメリカ産のレモンも、なるべく避けている。神経質ではない私が、なるべく避けているものの、ひとつ。

食べるなら、国産のレモン。まっ、無理に疑わしい輸入物のグレープフルーツを食べるメリットもなく、それ以外の美味しいかんきつ類で国産ものも日本には多いしね。

◎健康的な食生活(三食なにか食べつつ、腹八分の栄養バランスをキープ)

見た目が命の芸能人は、短期・集中ダイエットして、美肌・外見に悪いしリバウンドしたと痛い目にあって学んだ人が多いみたい。3食食べて、緩やかに毎日の食生活を、美健楽ダイエット的にしている人が多い。これは”朝ごはんをしっかり食べる”ということとはまた違って、

・不規則な生活の中でも、三食のタイミングでなにか食べて、血糖値の上下をゆるやかにして腹持ちもキープ。翌日のどか食い防止。

・朝昼夜で、どれか1食を重く、2食を軽くして、1日として腹八分量にする
という、美健楽ダイエットにも通じることです。

芸能人DIETの共通法則、桜子の評価・アドバイス・実践編、まだあるよ!代謝アップのための温気アップと運動編も読みたい方は、↓をクリックしてね;

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!桜子の芸能人のダイエット法結論と実践法への応用にご興味のある方は、ここをクリックして、継続記事リクエストしてくださいね

9月 18, 2006 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/11942191

この記事へのトラックバック一覧です: 相反する食事法の取入れ方(芸能人DIETの共通法則3):

コメント

初めまして。時々チェックさせて頂いてます。
水分に関しては医学的な計算式があって、1500+(体重kg-20)×20mlの水分が1日に必要とされています。大体食事で1000mlの水分は摂取しているので、追加で1000~1500mlを1日に摂取していれば大丈夫。頻尿さえ気にしなければ、腎機能に問題なければ水分はナンボとっても大丈夫です。
肉は腸内で腐敗するわけではなく、匂いがきついのは肉に含まれる硫黄が硫化水素となって出ているだけ。ただ腸内の細菌環境は肉を摂取しすぎると悪化しますので、やはり摂り過ぎは好ましくないようです。
また肉の脂肪は好ましくないと言われますが、常温で固形の脂肪は血液の粘稠度を上げるが発がん性は上がらず、常温で液体の脂肪は血液の粘稠度を下げるが発がん性はあがる、という特性があります。血栓症や狭心症の既往がある方で無ければ、植物性の脂肪に片寄る必要性は乏しく、むしろ動物性と植物性のバランスが重要と考えられます。
万人に共通に効果のある健康法は存在しない、というんが実際のところなのかも知れません。

投稿: 鍋 | 2006/09/19 0:35:39

こんにちは!はじめまして。アンチエイジング@健康バンキングの杏です。

食欲の秋、果物が豊富になってきますね。
夜は、控えなくちゃ・・

応援ポチ!

投稿: アンチエイジングの杏 | 2006/09/18 14:03:56

コメントを書く