« 写真をちらっと公開です | トップページ | アマゾン予約開始と印税計画発表 »

もう少しまともな写真と裏話

こんな深夜(2時すぎです)に、こんばんは。飲み会から帰ってきてお風呂に入ったら、うーん更新するのめんどうだなーと思ったんですが、リクエストクリックして待ってくださっている人が結構いらしたようなので、約束遵守!お約束の写真をUPします。

061215

桜子の美健楽ダイエットの本、見本誌で数冊、出版社さんからいただきました。ココロケアのテーマカラーの紫がアクセント色で、食事のテーマカラーのオレンジが背景色。オビの色もピンク系の紫なので、今後美健楽ダイエットのメインカラーは”紫”でいこうと思っております。

この紫という色は、ダイエット本にはめったに使われない心理学の色でもあるので、ダイエット本のコーナーで、紫を目印に探していただけると見つけやすいですよ。ひょっとしたら、コンビ二にも置いていただけるかもなので、見つけて一読してやってください。でも中身が本当に濃縮ジュース!という感じでこてこてに濃いいので、きっとあなたは買いたくなるはず…と、宣伝しておこうっと。

いや、自費出版ではなく、ちゃんとした出版社さんから出していただいてるので、売れ残っても私が弁償する必要はないのです。だから宣伝しなくてもいいのです。が、【初版8000部刷りまーす】と編集者さんにあっけらかんっと言われて、うっ、なぜそんなに強気なのっ?売れ残ったら出版さんにご迷惑だなと、小心者の私、責任とプレッシャーが。この手の本は3万部売れたら、”ヒット”なんですって。誰がそんなに買うんだー??

もし売れたら入ってくるかもな微々たる(編集者さん、すっすみませぬ)印税も、美健楽ダイエッターへ還元プランたててますんで、よかったら買ってやってください。夢の印税生活なんて、100万部とか売れないと無理!ということが分かった、現実を知った今日この頃でございます(笑)。

さて、本の表紙の女性のモデルは、もちろんわたくし…というのはまったくの嘘です、すみません。林真理子風辛口ダイエット・AA評論家の私に似合わぬ、君島十和子さん風というか、巻髪の名古屋嬢風というか、フェミニンできれいなお姉さんの表紙なので、ちょっと照れます。人気のイラストレーターさんらしいです。ありがとうございます。

ううっ、眠い。続きは、できたらまたあした。この週末、NLP上級資格の卒業試験があるので、あすは一日お勉強。。といいながら、自宅にいると、つい更新しちゃいそうだわ(笑)。ではまた。

★ここから先、翌朝9;25に一部追記・更新しました

続きを読む↓とランキング応援もよろしくね

実は出版を機に、このブログをどうしようかなあと、今後のことを考え中。本にもしっかり書いちゃったのですが、有益情報を発信する正しいダイエット・マニアさんたちのブログよりも、ライバルに嫌がらせをする間違いダイエッター・リバウンダー、アフィリエイターやカルトブログが人気化している、最近のブログ界・ランキングの”三流週刊誌”化に、かなり疑問を感じております。

今後はブログよりも、直接お会いしてこうした美健楽ダイエットを広めていく機会を増やしたほうが、ちゃんとしたダイエッター、アンチエイジャーさんたちに出会える確率が高いのかもと。ネット社会は匿名ですので、人間の本音をむき出ししした嫌がらせや、自分の写真さらしまくりのクレージーな目立ちたがりも増えているしね。

私がこのブログを始めた頃にたくさんいらした、有益情報をみんなに分けたい、分かち合いたいという、崇高な熱気にあふれた美健楽マスター仲間たち、リンクブロガーさんたちも、嫌がらせされて嫌気がさしたり飽きたりして、更新停止してる人増えています。お気づきですか?

読者のみなさまには伺い知れぬほど、ブロガーの世界って裏ですんごい嫌がらせがあるんですよ。私みたいに、リアルのビジネスの世界で戦ってきた人間にとっては、それと比べるとまだ単なる”嫌がらせ”と、なんとか対抗して自分の心をつぶされずに済むのです。それどころか、読者をだますブロガーや不正な企業を、返り討ちにしたりしております。

がその代償として、そういう気の強い、無駄に正義感の強い人間(はい、自覚しとります)にはさらに”敵”が増えて、ますますストレス倍増。普通の方にとってはこのストレス下では、1年ブログを続けられれば、いいほうじゃないかな。

他のブロガーの嫌がらせもさることながら、一番つらいのは実は、【裏事情を知らない今までの読者からの、縁切りメール】だったりします。執拗な嫌がらせ=いじめに陰であっているとブログの文章にも、愚痴や闘争心やねちねちーとした暗いオーラが現れるもの。本人もわかっていて必死でセーブしてるんだけど、それを多少は出すことで自分の心のストレスになんとか耐えようとしてる。つまり”いじめ”に耐える子供の、周囲への必死のサインのようなものなのです。

でも、事情を知らない読者の方々には、「気持ち悪い」だの「暗くなった」だの言ってバッシングしたり、いきなり読みにこなくなって見捨てる読者さんたちもたくさんいるよう。本当の友人や読者さんたちは、そういうときにこそ見捨てずに愛のあふれる辛口のご忠告やら励ましをくださるのです。が、ちょっとした知り合い程度、こっちの情報を利用しようというだけの”もらうばっかりの読者”だと、手のひらを返したように、容赦なく批判だけぶつけてきます。痛いです。裏事情を知らないから仕方ないけど、嫌がらせに耐えるブロガーたちが落ち込んで暗くても、もう少し温かく長い目で見守ってやってくださいな。

ということで、ちと熱く脱線しました。この先を考え中なのですけど、

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!とりあえず1日1回応援クリックして、私の更新・維持意欲↑に、ご協力をお願いします。

12月 15, 2006 97ブログ関連 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/13073911

この記事へのトラックバック一覧です: もう少しまともな写真と裏話:

コメント

コメントを書く