« 自分軸とスタイルが必要な時代です(書籍化裏ワザ2) | トップページ | ブログ1000記事+書き下ろし本・発売!と渋谷のスクールでセミナーのお知らせ »

腸デトックスで正月太り戻し

おはようございます。今年は1・8まで正月休みの私。すみませんが、まだまだお正月モードです。そして、やはりお正月太りのつけが…はいっ、+3kg太りました。しかし、+3kgになんとか踏みとどまりました。+3kgまでは、まだまだ許容範囲内のリバウンドですけどね。

けっこうヘルシーで美味しいお正月料理を選んで食べてたのに、それでも太るんですねー、お正月って。やはり友人・親族たちとパーティしたり飲み食いしたりする機会が多いし、お餅はやはりたべなきゃとか、寒いから食っちゃ寝するからですね。

まあいいんですよ、+3kgくらいまでのリバウンドは。ここ2週間ほどで増えた3kgは、この2週間で落とせるから大丈夫。1・4からはきっぱりココロを入れ替えて、ちゃんと集中ダイエット=からだとココロのリセットに励んでおります。

そこでいまは、↓こんな美味しそうな”見るだけケーキ”で、とりあえず我慢しております。
0701061

0701062

これ実は、

タオルでできたケーキなんですが、美味しそうでしょ(笑)。

みなさまもお正月にどか食いしたり、ご馳走三昧、運動不足できっと太ったでしょ?昨年アンケートをとったら、だいたいみなさま+2-5kgぐらい肥えてました。まじめなダイエッターでもそれくらいはリバウンドするようで、でもそこで慌てないのが美健楽ダイエット・マスター達人。

・短期間で増えた体重は、短期間で戻せるし、戻す自信があるっ!

・でも、ここでだらだらとデブモードを続けると、このリバウンド分の体重はしっかり身につく。1月中に戻さないと、そのまま体重右肩上がりの人生が待っているのを理解している。

というのが、常人とは違うとこです。最近ダイエットブログでも、焼肉とビールのデブフード食べつつやせるとか、どか食いを居直るとかのダイエッターが増えてますが、これ、はっきりいってすぐリバウンドします。デブフードへの未練たらたらながまんダイエッターは、そのうちがまんが、ぶちきれますから。

がまんせずに、食べるときは罪悪感なしに楽しんで厳選して上質を少量食べる、そしてダイエットモードのときはきっぱり食べない。このめりはりができる人は、痩せモードが定着しているのでやせられてリバウンドしません。が、安物デブフードを大量食いするデブフード好きは、やはりデブモードでデブと縁が切れないのです。

安い発泡酒ビールをジョッキ飲みよりは、芸術的な味わいのAOCワインをグラス1-2杯か、名産地の純米酒をゆっくり味わって飲む。味が濃くてごはんを大量に食べさせるように仕組まれている安い脂身だらけの焼肉食べ放題よりは、霜降りでごまかしていない赤身の最上級オージービーフのヒレステーキをがっつり食べる。

25歳すぎたら、質を上げて量を減らすのが、スリム&エイジレスビューティのポイントです。高級品も少量味わって食べるなら、かかるお金は安物の大量食いと変わりません。

さて私は、今回リバウンドしても余裕だったのは、実は新年早々、新たなリバウンド戻しの秘策がありました。それは、【究極の腸のデトックス!!】をやったんですよ。とはいえダイエットやAA法でなく、まっとうな医学的検査。3日間かけて4つの医院をはしごして、徹底的な健康診断をうけているのですが、そのひとつが腸の検査なんです。これが結果的に腸デトックスになるというわけ。

お尻からカメラを入れて、大腸から盲腸までさかのぼって、実際に自分の腸の内部を見るという経験を、生まれて初めてやってみました。最近健康系のお仕事が増えてきたし、ダイエットの本もだしたし、自分が健康と太鼓判がおせなきゃなと思って、徹底的な検査をやってみるかと。

血液検査はあたりまえなので、今回のメインの検査は、お尻からのカメラと、逆に胃からのカメラ検査の2つ。お食事中の方、ごめんなさいまし。これ以降ちょっと下のお話なんですが、腸の検査では、カメラをいれたときに排泄物がじゃまにならぬよう、前日にかすが残りにくいレトルト食品と、2Lの下剤+水分を摂って、徹底的に腸を洗い流してからっぽにする!のです。

昔イギリスでコロン洗浄をやったことがあるのですが、そんなもの比ではないくらい、これ、究極の”腸のデトックス”でしたわ。注射や痛みに実は弱い私。いろんな医学的ネットワーク・コネを駆使して、検査が上手な部長クラスの先生を名指しで予約させていただけたため、まったく痛みがないどころか、かなり”すっきりと体が軽くなって、気持ちよかった”のです。

さらに今回の検査=腸のデトックスでよかったのは、

★カメラを入れることで、自分の腸のかたち・形状が体感できたため、からだの中をすっきりと通っている”軸”=腸が意識できたこと。今後の、便秘解消のためのイメージトレーニングに役立ちそうです。

★さらに、世間様でよく言われる”宿便”というものは、存在しないことが目で確認できたこと。だからコロン洗浄や浣腸・便秘薬でやせるというのは、ほんとに一時的なものに過ぎず、ダイエットでもなんでもないことが、これまた体感できました。

よく便秘薬や下剤入りダイエット食品・サプリのCMとか特集記事で、”宿便=腸にこびりついて、ずっと体に滞在している食物のかす・便”をとると体重が減るとかいわれてますが、これ、まったくのうそでした。腸の中は、ふぐの白子みたいに意外にきれいですべすべしてて、ひだはあっても食物がこびりつけないつるっとしたもの。

だから便秘とは、あくまで排泄される途中の食物のかすが、腸に短期的に滞在している状態。こびりついての長期滞在はできません。だから便秘の原因は、

1.それを流しだしてやるための”水分不足と繊維不足”(便がかたくなる)
2.そして前の食べ物が消化・排泄されてないのに次の食べ物を詰め込んでいる”飽食”、さらに
3.腸を動かす代謝が不足している=”冷えと筋力”不足

ということがはっきりしました。これさえ体感できれば、便秘の解消策って原因をひっくりかえしたものなんで、実は簡単じゃないのー。ということで、ただいま便秘対策をまとめ中。ダイエッターには便秘な人が多いし、アンチエイジャーも便秘を解消すれば、おなかとお肌が中からぴかぴかになれるしね。究極の便秘対策は美健楽にとって重要なんですよ。その究極の便秘解消策は、また次の機会に。

そうそう私の腸の検査の結果は、とってもきれいで健康のお墨付きをいただきました。そして、腸の徹底的なお掃除デトックスで、わたしの体重はなんと一気にー1.3kg減りましたわ。ほほほー、これで正月太りのリバウンド分を、2日でほぼ半分戻したぞっ!

大腸の検査は病院によって違うのですが、保険外で5000-1万円くらい。おっ、ダイエットのためのコロン洗浄とやらが、1回1万円ー3万円なのにくらべて、安いなー(笑)。まあ健康のためにも、30歳をすぎたら1-2年に1回やるとよいそうです。

もちろんこの検査はダイエットではないので、やたらにやったらだめですよ。さてラッキーにもー1.3kg戻せた私ですが、お正月太りはあと1.7kg。これをさらに戻すために、まだまだ集中ダイエット記事、続く予定です。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!究極の便秘解消の秘策にご興味ありな方は、こちらをクリックして、継続記事リクエストをどうぞ!今年もダイエット・AAに役立つ記事をお届けします

★1・17追記: けさのはなまるマーケットで、大腸がんが女性の死亡率1位になったので、わたしがうけた大腸の内視鏡検査をやりましょうという、体験レポートと特集をやっていました。きゃー、またトレンド先取りしちゃっわ(笑)。でも内視鏡検査、ほんと究極のコロン洗浄で、実はけっこう気持ちいいっ!んです。クセになりそう!

1月 6, 2007 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/13351704

この記事へのトラックバック一覧です: 腸デトックスで正月太り戻し:

コメント

コメントを書く