« ビリーDVD評価:★もう飽きた私… | トップページ | 善玉菌でヨーグルとうふを発明 »

ビリーブームより新骨盤系DIET

さて、世の中ビリーとショップジャパンに踊らされている間に、ひそかにじわじわ~と定着しつつあるのが、【新骨盤系ダイエット】のトレンド!しかもこれ、ビリーと違って、長期的に定番ダイエットになるだろうなあと私は見ております。

えー?今頃、骨盤系ダイエット?とお思いでしょうが、私が注目しているのは、

【骨のゆがみをとってきれいに整えれば、代謝がよくなってやせる】

とかいう、整体師やカイロプラクターのありがちな宣伝文句やマッサージ、エステとは、違います。これなら、そこんじょそこらの整体やエステ、マッサージ屋さんにいけば、1回3000-5000円くらいで、セラピスト(施術者)という他人頼みでいくらでも受けることができますもんね。

ただし、結局自分自身の毎日の習慣を変えないと、一時的にまっすぐになったように見える骨のゆがみは、すぐ元に戻ります。また、戻るのがこわくて、お金も時間もセラピストへ貢ぎ続けるという、セラピスト依存も起きがちです。一般人には続けられません。

というわけで、新骨盤系ダイエットとは、こうした他人依存とは違う、自分で自宅でできる新しい骨盤系ダイエット。それは、以下の2つの特徴をもった、

★徹底的に骨盤を意識して動かすことで、その周りの筋肉を鍛えたり、骨と骨の間のジョイント部分を矯正したり、腰周りの柔軟性を向上させたりする!
★自宅で、本や、できればDVDを見ながら、自分でできる

という、筋肉のフィットネス・トレーニングなのです。今までの”骨のゆがみとり”との混同を避けるために、そうですね、

新骨盤系ダイエット
=【骨盤フィットネス】や【腰フィットネス】


とでも呼びましょうか。

【新骨盤系ダイエットの仲間のダイエット法とは?】

この新骨盤系ダイエット・フィットネスのトレンドは、

★1寺門さんの”骨盤教室”という本

から、数年ほど前に始まりました。作者の寺門さんは、整体系のセラピストですが、自分のサロンに通わせて施術するという従来の方法では効果が続かない。やはり自分でできる骨系ストレッチが必要だと、ちょっと賢いセラピストなら、”本音”として気づきつつあるのでしょう。建前としてはサロンに通わせないと、儲かりませんが。

この本が売れたのでその後、たくさんの類似本が、主として整体・カイロの骨系セラピストからでました。が、どれも似たり寄ったり。でも最近、セラピストではなく、どちらかといえばフィットネス系の主婦SHINOさんが書いた、

★腰回しダイエット

が売れて、腰ストレッチ”へと”進化”しました。この作者の方、40代のわりにみごとに引き締まった20代のようなウェストをもっていてTVで披露していたので、説得力あるんですよね。日本のモムチャンおばちゃん?

この本、書店では売り切れが多いのですが、実はこの作者以前は別の名前(多分本名?)で一作目をだしているので、そちらも内容は似ております。こっちの旧作なら、安い中古本もありそうだし、新品本でも入手しやすいよう。

さらに、ベストセラー本ではないけど、実は、

★ピラティス

も、この新骨盤系ダイエットに近いものだと思います。ヨガよりも、骨盤や骨といったカラダの中心軸を意識する点が、強いから。そしてさらに、

★ナショナルのジョーバ(乗馬型運動器具)

(注:ここではアマゾンから写真を借りましたが、この商品はアマゾンでは高いので、買わないほうがいいです)

も、実はこの仲間ですね。これ、世間では有酸素運動だと間違えられがち。だけど、実際私が購入してのここ数週間の使用感・体感でいえば、ほんとに腰回し・腰ゆらし運動。骨盤とその周りの筋肉をかなり意識して、別々に動かし分けられるように上達しないと、すぐ腰を傷めて挫折します。

言い換えれば、ジョーバって、骨盤周りを意識的にストレッチできるように仕向けてくれる、”骨盤意識向上”のためのトレーニングマシン、ともいえましょう。

では、骨盤やその周りを意識して動かせるようになるとどんなメリットがあるのか?ダイエットだけではなく、アンチエイジングにも大きなプラス効果がっ!その骨盤ストレッチ効果と、お金があまりかからない取り入れ方、習慣化する方法については、また今度。

この記事面白かったから別の新記事も期待します、という方は、
ランキングクリックして教えて下さい
続きや記事を書く、目安と励みにしております。

6月 29, 2007 40【4運動分野】 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/15591709

この記事へのトラックバック一覧です: ビリーブームより新骨盤系DIET:

コメント

コメントを書く