« さらば!アンチエイジングです | トップページ | ベジ楽レシピと台所用具サイト・オープン »

グルメ>健康な塩バターキャラメルケーキ

久々に、デブフードの高カロリーグルメフードのお話を。ネット通販で、ACOT(アコット)の塩バターキャラメルケーキと、塩ケーキを友人に頼んで買ってもらっちゃいました。(ビターズの会員でないと買えない、限定数のオークション販売なのです。この記事を一度UPしたら、その友人に、私が入札するまでもう1日待って~、競争激しくなるからと泣きつかれ、一時消去しました。記事のタイトルが2つでていて、すみません)
200708011

私はこういうネットの”お取り寄せグルメ食品”には、実はめったに手を出しません。ネットで売れるような”ダイエットしていない一般人向け”の食品は、白砂糖、マーガリン、悪い添加物等てんこ盛りで、習慣性がつきやすいダイエットに悪すぎるデブフードがほとんどだから。一度食べさせてクセにさせるため、中毒になりやすい白いカーボ(砂糖、小麦粉等)や動物性や人工の油がたっぷりしこんであるんですよね。

ただし、こういう”毒”になるようなデブフードも、美味しいのは事実。毒を一切避けている清く正しすぎる人生もつまらないし、

続きを読む、前にランキングチェキもどうぞ

ネットで人気なもの、売れているものには、味やコンセプトとしての新しさがあって楽しい。だから、美楽>健康で、よほどおっと思ったお取りよせグルメは、たまーに取り寄せています。しかも最近の健康志向の高まりで、ネットの”お取り寄せグルメ食品”にも、美味しさ優先だけどなるべく健康的という、私の美健楽ポリシーと一致するものもちらほらでてきました。

このアコットの塩ケーキも、久しぶりにおっと思った一品。なぜなら、

+美味・健康的ポイント: バターも甘さもたっぷりのデブフードなケーキだけど、写真のように↓材料が吟味してあって、作った人がマクロビオティックの知識があることがわかる。白砂糖ではなく洗双糖、マーガリンでなくバター、小麦粉は地粉。塩だってブランドの海の天然塩。グルメ優先で卵は使ってあるけど、なるべくオーガニック系のものをとの意識が感じられます。

200708012

+楽しさポイント: 味が、いまブームの、甘いもの+塩味。しかもわたしが北フランス・ブルターニュ地方ではまった、【塩バターキャラメル】味ではないですか。(過去記事参照のこと)。この味をケーキにするなんて、うっ真似したい!

という2点の美健楽ポイントにひかれ、注文したわけです。

+お味は、塩の利かせ方が上手で甘辛味が美味しかったし、意外に胃にもたれなかったのも◎。

+あと、塩ケーキとあるので、生地に塩を混ぜ込んであるのかとおもったら。。。意外な効かせ方で上につぶ塩をぱらぱらまぶして適度に表面に混ぜ込んであるよう。そっか、これなら、塩かげんを上と下を食べ分けることで、自分で調整できるわけね、と、とっても勉強になりました。
ただし、
-やはりグルメ・デブフードなので、止められない止まらないの一気食いがおきちゃいましたけどね。GI値のあがりにくい吟味材料だけど、バターたっぷりのカトルカー(フランスの定番パウンドケーキ)で基本バター+粉+卵+茶色の砂糖の4つがたっぷりなので、カロリーは恐ろしく高いデブフードには違いありません。

-お値段も1つ1800円(すみません、値段間違えてたので訂正しました)と小さいわりにお高いので、リピはしないかも。でも、この塩の使い方を参考に、似た味でもっと一気食いがおきないケーキを、自分で作ろうかな。

ただし、親戚の子供へのお土産にとか、ダイエットしていないだれかへのプレゼントとかには利用しそう。子供にこういうデブフードだけど材料を吟味してあるものを食べさせておくと、舌が健康グルメに肥えるので、安いコンビ二スイーツとかの味がうすっぺらく思えて、食べなくなるんですよね。

うちの甥っ子たちは、管理栄養士だけど食いしん坊グルメの姉に育てられたこともあって、こういう上質なケーキしか食べない。コンビ二弁当食べるくらいなら、かんたんなものを自分でつくる、という珍しい若者たちなのです。

いま、チロルチョコも塩バター味をだしているほど、塩スイーツが流行っているよう。昔は健康志向の人に目の敵にされていた”塩”も、健康のためには塩を効かせることも必要というのが、最近の健康志向のひとたちの間で定着しつつある気がします。

高血圧とかの病気の人でない健康人なら、ぴりっときかせる塩はダイエッターにも必要なんですよ。昔の人の知恵でだって、精進料理は意外に塩でしっかり味をつけますし、世界の長生きエリア、沖縄とかコカーサス地方の料理も塩辛かったりする。マクロビオティックでだって、塩は陽性でからだをあたためるというので、積極的に使っています。また、低カロリーをおぎなうためにも、健康系の精進料理やベジタリアン料理では、塩味を利かせているような気がします。

塩は取りすぎると、むくみや別のトラブルも起きますが、もうすこし”塩を効かせる”メリットを、健康・ダイエット志向料理にもとりいれていこうと思いました。

ダイエッターでもグルメもケーキも好きな方は、
1日1回↓こちらを押して賛成・更新リクエストしてね。banner_03Blue
変なサイトに飛んだりお金がかかったりはしない、WEB拍手のようなもんです

8月 2, 2007 60ダイエットな食べ歩き: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/15971578

この記事へのトラックバック一覧です: グルメ>健康な塩バターキャラメルケーキ:

コメント

コメントを書く