« DIETドリンク用バッグの色々(ハンナフラ) | トップページ | DIETの知恵袋-名古屋風あんバタートースト(3時のおやつ) »

楽デリの松花堂弁当でランチ(おうちカフェめし)

昨日は、一番苦手な仕事、会計や領収書整理を集中してやるべく、楽デリ弁当を朝用意。ブログの記事もSTOCKしてたもの2本が自動的にUPされるようにして、書斎にこもっておりました。苦手なことってどうしても”逃げ”たくなるから、普段の数倍の集中力がいるんですよねえ。ともあれ、朝に作った、昼食と夕食、2食分のお弁当がこれ↓。2食分ですよ。

200712222lunchbox

左の大きいほうが昼食、右が夕食、と思ったんですが、夕食のほうは半人前とはいえ、少し小さすぎるなあ。これでは、”濃淡PC”のうち、濃淡野菜とP(プロティン)しか入らない。というわけで、C(カーボ)は、おにぎりとパンを別途用意することに。

お弁当を食べるまえの午前中に食べた、
★”朝食”がこれら↓です。

シトラス果汁(オレンジ系を3種類絞って果汁を凍らせてます)入りの生姜湯。シトラス・ジンジャーティーですね。
200712226yuzutea

それに、持ち歩き用の栄養オードブルのうち、黒砂糖あめと、豆乳おからクッキーを1枚。野菜が足りないなあと感じたら飲むための、ビタミン・ミネラルのサプリメントと、緊急空腹用の黒砂糖も持ち歩いています。

サプリは好きじゃないけど、これは高級会員制のアンチエイジング・エステサロンの知り合いの方から、いただいたもの。ちゃんとした経営陣のサロンで怪しくないところなので、まあ大丈夫だろう、捨てるのももったいない高級・高品質サプリらしいし、ということで、飲んでいます。

でもやっぱり、いただいた量の半分ほどすぎたところで、匂いが鼻について飲みづらくなってきた(苦笑)。この手の合成サプリって、マイクロダイエット同様、どうしても体がなれて拒否し始めるんですよね。効果?うーん、お肌の調子はいいけど、バランスのいい食事をしてるから、このサプリの効果かどうか、いまひとつわかりません。まあ、”薬・健康食品”頼み・漬けのアンチエイジャーの方々とちがって、私はこういうものは”気休め”程度に飲んでます。

200712227snacks

★そして、ランチを12時ごろに食べたくなったのですが、

まずは”栄養オードブル”の豆乳キャロットジュースで、空腹をなだめます。豆乳と100%人参ジュースをまぜると、とろっとしたとろみがでるので、わりにおなかがふくれるし、これ、作るのも簡単。市販品を2種類まぜるだけ。豆乳おからクッキーより安くもつくので、最近の栄養オードブルは、この豆乳+人参ジュースまたは豆乳+野菜ジュースがお気に入りです。

即席の、インド風ラッシーといった感じで、わりに美味しい、でも美味しすぎない(食べ過ぎない)。豆乳をレンジでチンしてちょいと温めてからジュースを入れると、豆乳の”冷え”がやわらげられてよいです。ジュースのビタミンミネラルを熱でこわさないように、ジュースはチンしません。

200712228tonyujuice

そして、主菜の、松花弁当の左の部分だけ使った、デリ・カフェ風ランチプレートがこちら↓

200712223lunch

玄米おにぎりには、自家製の黒すりごまをかけて風味をUP。手持ちの白い角プレートに、お弁当箱の中子(中の容器)がたまたまぴったりで、なかなかいい感じです。お弁当箱からそのまま食べるよりも、ちょっとこういう風にもりつけするほうが、やっぱり見た目にたのしくて、満足感がアップしますね。

楽デリ弁当にすると、おかずが冷えてしまうのが、冬はとくにちょっとネックかな。でもお弁当って、

★全部冷たいとちょっとわびしいですけど、基本的にあたたかいごはんや、あたたかい汁物がひとつあれば、結構満足できるもの。

そして、このお弁当容器の中子は、そのままレンジでチンするのも可能。私は、電子レンジにそれほど目くじらをたてないほどほどの容認派なので、玄米おにぎりを食べる直前にチンして、ほかほかにして食べます。最近は職場に電子レンジはおいてあるところも多いようなので、近代人はレンジを多用しなくても活用はしたらいいと思います。(少なくとも電子レンジの害が科学的に証明される、アメリカあたりで騒がれて禁止されるまでは)

ですが、電子レンジはどうしてもNGというがちがちマクロビアン、”宗教的”思い込みの強い方は、保温ジャーのようなお弁当箱にして、ごはんや汁物だけでも温かく保てるようにするといいと思いますよ。

このランチの”食べる楽しみ”の目玉は、めざしのように見えますが実は違う、”はりこ”という伊豆の、旬の特産品である干物。さんまの幼魚のひもので美味しいよーと、伊豆の方がおすすめするので、先日石原サナトリウムの帰りに、地元の方がお奨めの干物やさん”平田屋”で買ってまいりました。

★100%ベジタリアン食やマクロビオティックは、なんで地味くさくてつまんないかなあと考えたら、やはり肉や魚、乳製品といった”動物性プロティン”がないこと。肉や魚、乳製品は、栄養的というより、”食べるとわくわくする”幸せ効果も大きい

と思います。獲物を獲って生きてきた人間の狩猟本能なのか、”メインのおかず”は肉魚系だった子供時代からの食の刷り込みのせいなのか。特に肉は悪い脂肪もたっぷりなので、脂肪は脳を麻痺させてどか食いさせる”麻薬”効果も。

だから、野菜ばっかりのダイエット料理や健康料理は、食べる楽しみが減っちゃうの。それに、動物性プロティンも少量は食べないと、野心と肌の弾力がなくなるしね。というわけで、今の私は、

★脂肪の少ない魚と肉、乳製品、卵等をメインに、でもほんとうに心から食べたい肉や魚を厳選して、ごく少量、ヘルシーアップして食べています。

ステーキ、とんかつもどんと来い!自炊でヘルシーアップして、最上級グルメなものを食べてやる!少量だから、お値段も怖くないぞという感じで、100g●千円の豪華しゃぶしゃぶとかもしますよ。肉は50-100g、野菜をたっぷりでね。

さてこのランチにもどって。でも実は私、小骨系の小魚が苦手。幼い頃、のどに小骨をさしたトラウマがあるもので、めざしもめったに食べない。でも、このはりこは、とっても美味しく感じました。多分、断食明けで体が塩分を欲していたのと、めざしと違って、さんまのはらわたのような”苦味”があるところが、ちょっと大人の美味しさだったからでしょう。

★断食あけは味覚が鋭くなっているから、苦手な食べ物でもとびきりの素材を選んで食べてみれば、とっても美味しく感じられて、好き嫌いが治ったりします。私の小魚恐怖症も、ちょいと治った感じがするので、今度めざしも食べてみよっと。

そうそう、大根、かぶ、人参の組み合わせは、フランスビストロ風のポトフのものですが、ちょっと”煮物”的に、ゆずこしょうとマスタードで食べてみました。ランチは”日本食”っぽかったので、やはりゆずこしょうのほうが美味しかったな。

こういう感じのプレートランチをだす定食屋さんやカフェ、こういうお弁当を売ってくれるようなお店って、ありそうでないんですよね。濃淡野菜:P:C=3:3:3という、野菜が多めのバランス食は、今の日本ではあまりない。一見健康そうなマクロビオティック食は、C(ごはん)系のカーボが多すぎて、野菜が意外に少なく、しかもPのプロティンをやたらに避けすぎるので、プロティン不足にもなりがち。

アメリカでは妊婦さんは栄養不足の危険があるから、マクロビオティックは注意!といわれているよう。私もたまに恵比寿のクシカフェでお昼を食べる機会がありますが、食べた後カーボが多すぎて重いので、おなかが重くて気持ち悪いんですよね。”肉もどき”にセイタンという特殊食材をつかうのですが、これがまた小麦ベースの”カーボ”だったりするので、ほんとカーボ多すぎです。やはり野菜も多めで野菜の繊維質も多いごはんだと、おなかも軽くてお通じもよい。カーボもプロティンも、偏って摂りすぎるのはよくないと思います。

さて、この日の夜ごはんは、お弁当の右半分と、あとポトフを主菜にして、居酒屋風オードブル(つまみセット)に晩酌付、フレンチ風ポトフのビストロカフェ風ディナーにしてみました。美味しい日本酒をGETしたから、夕食が楽しみーとわくわくしつつ。というわけで、その写真を加工中なので、続きの記事は、もう少々お待ち下さいませ。

桜子身長・体重データ公開のご期待リクエストとして、毎日2ポチ↓のクリックしてみてくださいな
1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

個別にリクエストくだすった方々へ;読者のみなさまの”一般的”リクエスト数によって色々決めているので、リクエストクリックの増加が少なかったら非公開になります。個別リクエストではお応えできませんので、前もって、ごめんなさいね。実際お会いする機会があれば、聞かれたらお答えいたします。

12月 22, 2007 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/17440071

この記事へのトラックバック一覧です: 楽デリの松花堂弁当でランチ(おうちカフェめし):

コメント

コメントを書く