« 15分スローフードレシピ:フランス風ポトフ2(お肉は最小限) | トップページ | 楽しく酔った後の二日酔い防止とデトックス法 »

DIETを休んでこだわりお酒で年越しです

いよいよ今年もあと2日。今日からお友達と一緒に、伊豆でお正月を過ごすので、これから4日間、上げ膳据え膳の幸せタイム。これはもうダイエットを忘れるしかない!という、グルメ三昧、飲み放題の日々。

しかし、最近、そう考えてもあまり解放感がありません。なんか毎日の楽デリごはんで、食べたいものを少量でもがっつり食べてるし、好物の”すき焼き”とかも”もどき”料理にヘルシーアップして、しっかり満足感をえて食べている。晩酌だって毎晩してるし。だから、ダイエット考えなくてもいいと思っても、自然とヘルシーグルメな食事が続いちゃうんですよ。デブフードがことさら食べたいと、心から思わなくなってきました。

お酒もですね、大好きなんだけど、前ほど量を飲みたくないの。量より質、というか、おさけも量をあまり飲みたくなくなってきたから(その後のデトックスが気分悪いし、めんどう)、その分がっちり質にこだわりたい。ということで、年始年末用のお酒を今年は、写真の2種にしました。

★ネットで取り寄せた、”純米酒のにごり酒”、米と米こうじのみで、醸造アルコール無添加というナチュラルで、辛口なもの。

こないだ”さゆり”というお酒でも書いたように、

日本のお酒は、”純米酒”以外は、醸造アルコールという添加物入りが多いです。焼酎は酔いにくい、日本酒は悪酔いすると思っていたのですが、ある時純米酒を飲んだら、ぜんぜん悪酔いしないどころか、すっと体にお酒がなじみました。ああそうか、日本酒のせいではなくて、”醸造アルコール”で気持ち悪かったんだと、わかりました。体質の差はあるかもしれませんけどね。

また、とくににごり酒は、糖分も添加して甘口にしてあるものが多い。だから、このタイプのお酒は、近くにはまず売っていない。ネットでさがしてようやく、新潟・佐渡の酒屋さんで1種類だけみつけました。こないだご紹介したさゆりは売り切れちゃたし、こういう”ナチュラル”なお酒、添加物フリーなお酒って、あまり人気ないのかレアなんですよね。お正月のおとそ用に持って行きます。楽しみー。

★缶のほうは、オーストラリアのスパークリングのワイン。赤と白、写真以外のロゼの3種類があって、1本400円くらい。つまり1本1200円くらいのお手ごろなワイン。

これ、一見チューハイみたいに安っぽいけど、値段も割安だけど、私みたいにグルメ・ブランドワインをフランスやアメリカでさんざん飲んだ舌にとっても、なかなかあなどれない美味しさ。特に、赤のスパークリングが、重めの赤なのにスパークリングという、日本では珍しい味なのでお奨め。冬のシャンパンはちょっと寒い?とか、お肉だからシャンパンよりちょいと重めの赤ワイン、だけどちょっと胃がもたれる、というときは、赤のシャンパン風スパークリングはぴったりです。

量も優秀。この1缶で、ふつうのワインボトルの1/3サイズ(250ml)、グラス1.5杯分。これくらいのサイズ、1杯では物足りないけど、ハーフボトルでは大きいしという私にとっては、ちょうどいい晩酌サイズです。

これ、最近流行ってきているらしいですが、私はこの缶入りブランドが日本で初めて売られ始めた頃に、たまたまデパートでこれを日本にもってきた会社の担当という方とお話をしました。そして試飲ですぐ気に入ったので、これはこういうデパートよりも、こだわりのひとり暮らしまたはカップルな大人のグルメが多い、成城石井とかほうが売れますよと、いろいろおせっかいアドバイスしてしまった。そしたら数ヵ月後、ほんとに成城石井で売られていて、がんがん売れているみたい。そういうこだわり系グルメショップで、買えるようです。

ワインといえば、ガラス瓶とコルク栓というのが伝統的によいとされてきたけど、最近ではコルクも不要、こういう缶でも品質を保てるように、醸造技術があがってるようですね。なんでも伝統的なものにこだわりすぎず、こういう新しいワインやこだわりの日本酒の世界を試してみる好奇心も、わくわくできる”アクティブエイジング”の技で、楽しいです。

ダイエットしててもお酒大好き!な方も、応援クリック!。ダイエッターでも、お酒もグルメも楽しまなくちゃ、人生、損!ですよー。
1ポチ↓banner_03Blue   
 2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

12月 30, 2007 60ダイエットな食べ歩き: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/17518861

この記事へのトラックバック一覧です: DIETを休んでこだわりお酒で年越しです:

コメント

コメントを書く